Don’t steal my posts. All posts on this blog are written by me.

アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
House of M
ブログ紹介
"Life is a tragedy when seen in close-up, but a comedy in long-shot." -- Charlie Chaplin


zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ゾンビの絨毯。ー「ワールド・ウォー Z World War Z」
ゾンビの絨毯。ー「ワールド・ウォー Z  World War Z」 お盆休みもとうに終わりまして、情け容赦なく通常モードでお仕事の日々が戻ってきた方も沢山いらっしゃると思います。朝夕は少し凌ぎやすい気候になったとはいえ、日中の暑さはまだまだ尋常じゃござんせん。夏の間の疲労が蓄積された身体は、病気にもかかりやすいものです。皆さん、お気をつけくださいませね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/02 16:21
私からハロウィンの呪いをこめて(笑)―「ハロウィン Halloween」
私からハロウィンの呪いをこめて(笑)―「ハロウィン Halloween」 昔々私が住んでいたマンションには、片田舎に住んでるただの専業主婦だというのに、かなり気位の高いセレブ志向の奥様連中が多数とぐろを巻いておりました。まあ、転勤族ばかりの家庭が入居していましたから、“前住んでたところではああだった、こうだった”と、以前の生活の華やかな側面を再現することに必死だったんですねえ。その気持ちはわからんでもないが、静かに暮らしたい私のような人間にとっては、彼女達の引き起こすお祭り騒ぎに度々巻き込まれたことは、大変な苦痛を伴う思い出ですねえ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/10/01 23:30
「メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー Metallica Through The Never」追記完了!
「メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー Metallica Through The Never」追記完了! 第41回International Emmy Awards(国際エミー賞)でうちのショーン・ビーンが価値ある最優秀男優賞を獲得した時、私はといえば、IMAXシアターでこっそりヘドバンの真っ最中でありました(笑)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/09/05 18:02
死せる魂との対話―「Solus」(short film animated)
死せる魂との対話―「Solus」(short film animated) フランス生まれの哀感漂うショートアニメーション映画です。細部まで緻密に作りこまれた、非常に完成度の高い美麗なCGで綴られる近未来の物語は、しかしあまりに根源的な悲しみを揺さぶります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/14 00:10
館長一家、パリ自然史博物館で迷子になる。
館長一家、パリ自然史博物館で迷子になる。 夏休み真っ最中であります。夏休みの宿題に追われるお子様もいらっしゃることでしょう。その一環で、子供の博物館巡りにお付き合いされる親御さんも多いでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/25 15:01
人の世の哀しみと喜び−「ブラック・ビューティー/黒馬物語 Black Beauty」
人の世の哀しみと喜び−「ブラック・ビューティー/黒馬物語 Black Beauty」 僕の目には、人間の喜びと哀しみが見えている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/14 18:00
何処にもいない貴方―「アイム・ノット・ゼア I'm not There」
何処にもいない貴方―「アイム・ノット・ゼア I'm not There」 どれほど悠久の世紀が流れるのか 山が海となるには どれほど人は生きねばならぬのか ほんとに自由になれるために どれほど首をかしげねばならぬのか 何もみてないというために その答えは 風に吹かれて 誰にもつかめない ―“風に吹かれて Blowin' In The Wind”から一部抜粋 (アルバム「Free Wheelin」(1963年)収録) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/02 16:01
終末の中のバベルの塔―「The Origin of Creatures」
終末の中のバベルの塔―「The Origin of Creatures」 【バベルの塔】 元々人々は同じ一つの言語を共有してコミュニティーを作り、一緒に暮らしていた。肌の色や顔立ちが違っていても、皆同じ言葉をしゃべっていたから争いが起こることもなく、彼らが形成する社会は繁栄し、技術も進化し、文明も高度に発達した。ところが、生活が豊かになって力を得るようになると、彼らは慢心し、父なる神を侮るようになった。誇り高き人類が膝を折るのは神ではないと。 彼らは、自らが神と対等であることを証明せんと、石の代わりに煉瓦を、漆喰の代わりにアスファルトを用いて高い高い塔を築きはじめ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/16 18:49
3人の男に受け継がれた鎮魂歌―「ウォー・レクイエムWar Requiem」Part2
3人の男に受け継がれた鎮魂歌―「ウォー・レクイエムWar Requiem」Part2 第3章ジャーマン Derek Jarman ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/02 19:10
3人の男に受け継がれた鎮魂歌―「ウォー・レクイエムWar Requiem」Part1
3人の男に受け継がれた鎮魂歌―「ウォー・レクイエムWar Requiem」Part1 “親愛なるブリテン様、ご持論ではレクイエムには素晴らしい歴史があるとのことですが、世にレクイエムはもう十二分にあるのではないでしょうか。また、ウィルフレッド・オーウェンの詩をつけたとしても、大勢には受けないと我々は考えます”―デレク・ジャーマン著「ラスト・オブ・イングランド」より抜粋 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/06/02 19:01
「天使が隣で眠る夜Regarde les hommes tomber」―ジャック・オディアール監督
「天使が隣で眠る夜Regarde les hommes tomber」―ジャック・オディアール監督 孤独な魂が寄り添う夜。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/28 16:01
繭の外へ―「Caterpillar」(short film)
繭の外へ―「Caterpillar」(short film) 自らを真に理解する過程で、人は時に自身を見失うことがある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/17 06:04
マスター・オブ・無精髭―フランコ・ネロ Franco Nero
マスター・オブ・無精髭―フランコ・ネロ Franco Nero 8年程前、映画館で観たラブ・ロマンス映画「ジュリエットからの手紙」で、フランコ・ネロ Franco Neroを久しぶりに観た。ロレンツォを演じるフランコの佇まいは、めっきり白髪の増えた頭髪同様、若い頃の野生丸出しのセックス・アピールがちょうど良い塩梅に熟成され、酸いも甘いも噛み分けた老齢の男の悲哀と懐の深さを感じさせていた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/07 14:00
“鋼鉄の男”の作り方―「アイアンマン Iron Man」
“鋼鉄の男”の作り方―「アイアンマン Iron Man」 「アイアンマン Iron Man」は、フランス語バージョンで観ても、やっぱり面白かったよ…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/29 20:00
リトル・ビーンズとMr.ビーン LittleBeans & Mr. Bean
リトル・ビーンズとMr.ビーン LittleBeans & Mr. Bean 2012年に書いた、名作TVシリーズ「Mr.ビーン Bean」に関する記事を再掲します。可愛い盛りだった(過去形・爆)子豆たちのイラスト付きでっせ♪ ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/25 15:00
「カッコーの巣の上で One Flew Over the Cuckoo's Nest」 Part 2
「カッコーの巣の上で One Flew Over the Cuckoo's Nest」 Part 2 「カッコーの巣の上で One Flew Over the Cuckoo's Nest」の感想です。観る度に違った感想が生まれる、重層的な人間ドラマ。私達に深く思考することを求めてくる、真の傑作だと思います。その魅力は、製作から早40年近くの年月が経過しても、一向に色褪せません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/14 22:51
「カッコーの巣の上で One Flew Over the Cuckoo's Nest」 Part 1
「カッコーの巣の上で One Flew Over the Cuckoo's Nest」 Part 1 “体制”とそれに反抗する一個人との戦いを、精神病院における非人道的な管理体制と、それに隷属させられる患者とを対比させることにより象徴的に描いた、アメリカン・ニューシネマ最後の傑作。まずはストーリーのご紹介から。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/14 22:50
美しく、哀しき「怪談 Kwaidan」(1964年)小林正樹監督
美しく、哀しき「怪談 Kwaidan」(1964年)小林正樹監督 追記しましたよ。 Finished additionally writing. ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/11 19:00
「ストレンジャー・ザン・パラダイス Stranger Than Paradise」
「ストレンジャー・ザン・パラダイス Stranger Than Paradise」 何も変わらないように見えて何かが為す術もなく変わってゆく、この不条理なるモノクロームの世界。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/03 00:12
「ゼラルダと人喰い鬼」―トミー・アンゲラー
「ゼラルダと人喰い鬼」―トミー・アンゲラー “鬼”と“人”は紙一重。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/21 21:00

続きを見る

トップへ

月別リンク

House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる