Kadおっちゃん、我が道を行く。

Kad Merad(本名:Kaddour Merad) キャッド・メラッド 1964年3月27日生まれ アルジェリア出身 現在46歳のこのむさいルックスのおっさんは、只今フランスで絶大なる人気を誇るコメディアンなのであーる。そして、わたくし、豆酢館長のツボにもしっくりはまっているおっさんなのであーる。 アル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お父ちゃんのブルース―「パパのしごとはわるものです」

このお話を、世界中の頑張ってるお父ちゃんに捧げます。そしてこの世の中が、“善玉”と“悪玉”のバランスの上に成り立っていることを忘れちゃいけない。 パパはがんばってわるいことをしているんだ。わかるか? 今から、宿題になった「おとうさんのしごと」について調べてきたことを発表します。 ぼくのお父さんは、髪の毛はちょっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「コッホ先生と僕らの革命 Der Ganz Groe Traum」…追記しました。

本日のお題は、「コッホ先生と僕らの革命 Der ganz grosse Traum」。 ドイツ版「いまを生きる」と称される本作、ドイツに初めて“サッカー”という概念を持ち込んだ、ドイツ・サッカーの父“コンラート・コッホ先生”の伝記映画ですね。ドイツ・サッカーの黎明期を探ると同時に、19世紀末のドイツでは当たり前でもあった、厳格…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「もうひとりの息子 Le fils de l'autre」Part2 (解説)

2012年に開催された東京国際映画祭は、この、ロレーヌ・レヴィ監督の長編第3作目にあたる「もうひとりの息子」にグランプリと最優秀監督賞を与えました。 もうひとりの息子 [DVD]Amazonアソシエイト by 今作がフランス人監督(ユダヤ系)の手によるフランス映画であり、だからこそ、イスラエルとパレスチナという複雑な遺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「もうひとりの息子 Le fils de l'autre」Part1 (ストーリー)

“もう一人の僕へ。君は君が選んだ人生を成功させろ。僕は僕の選んだ道で絶対に成功してみせる” 「もうひとりの息子 Le fils de l'autre」(2012年製作) 製作:ヴィルジニー・ラコンブ他。 監督:ロレーヌ・レヴィ 原案:ノアム・フィトゥッシ 脚本:ロレーヌ・レヴィ&ナタリー・ソージェン&ノアム・フィトゥッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛のカタチはふわふわ毛玉―「タンタンタンゴはパパふたり and Tango makes three」

世界中の愛すべき人間たちと、ペンギンを愛する子供たちへ。 2004年2月7日付けの電子版サンフランシスコ・クロニクル紙に、こんな記事が掲載されました。 マンハッタンのセントラル・パークの名物、セントラル・パーク動物園の人気ペンギン・ハウスには、素敵なペンギンのカップルが住んでいるそうだ。彼らの名前はロイとシロ。共にヒゲペンギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「暗殺の森 Il Conformista」或いは卑怯者の憂鬱。

デジタル・リマスター版で蘇った、ベルナルド・ベルトルッチ監督の傑作「暗殺の森 Il Conformista」を見てきた。よもやこの作品を、リフレッシュされた美麗映像で、しかも大きなスクリーンで再見できる日が来ようとは思わなかった。普段は何かと、煩わしい厄介事を私たちの日常生活にもたらすデジタルの世ではあるが、こんな時は流石にその凄みを実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゾンビの絨毯。ー「ワールド・ウォー Z World War Z」

お盆休みもとうに終わりまして、情け容赦なく通常モードでお仕事の日々が戻ってきた方も沢山いらっしゃると思います。朝夕は少し凌ぎやすい気候になったとはいえ、日中の暑さはまだまだ尋常じゃござんせん。夏の間の疲労が蓄積された身体は、病気にもかかりやすいものです。皆さん、お気をつけくださいませね。 お盆休みの間、我らザ・豆ーズは二つの水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私からハロウィンの呪いをこめて(笑)―「ハロウィン Halloween」

昔々私が住んでいたマンションには、片田舎に住んでるただの専業主婦だというのに、かなり気位の高いセレブ志向の奥様連中が多数とぐろを巻いておりました。まあ、転勤族ばかりの家庭が入居していましたから、“前住んでたところではああだった、こうだった”と、以前の生活の華やかな側面を再現することに必死だったんですねえ。その気持ちはわからんでもないが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー Metallica Through The Never」追記完了!

第41回International Emmy Awards(国際エミー賞)でうちのショーン・ビーンが価値ある最優秀男優賞を獲得した時、私はといえば、IMAXシアターでこっそりヘドバンの真っ最中でありました(笑)。 “生きてるか?” “生きてるってどんな感じだ?” 「メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー Metallica…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死せる魂との対話―「Solus」(short film animated)

フランス生まれの哀感漂うショートアニメーション映画です。細部まで緻密に作りこまれた、非常に完成度の高い美麗なCGで綴られる近未来の物語は、しかしあまりに根源的な悲しみを揺さぶります。 “Solus” Solus from Solus LeFilm on Vimeo. 「SOLUS」 監督:Robin Bersot&…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

館長一家、パリ自然史博物館で迷子になる。

夏休み真っ最中であります。夏休みの宿題に追われるお子様もいらっしゃることでしょう。その一環で、子供の博物館巡りにお付き合いされる親御さんも多いでしょうね。 そこで、2009年7月13日、館長一家がまだパリにいた頃に書かれた日記を転載。パリ自然史博物館を訪れたときのものです。何かの参考に(ならんだろ・笑)なれば幸い。 ~~~~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人の世の哀しみと喜び-「ブラック・ビューティー/黒馬物語 Black Beauty」

僕の目には、人間の喜びと哀しみが見えている。 「ブラック・ビューティー/黒馬物語 Black Beauty」(1994年製作・劇場未公開) 監督:キャロライン・トンプソン Caroline Thompson 製作:ピーター・マクレガー=スコット&ロバート・W・シャピロ 原作:アンナ・シュウエル「黒馬物語」 脚本:キャロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何処にもいない貴方―「アイム・ノット・ゼア I'm not There」

どれほど悠久の世紀が流れるのか 山が海となるには どれほど人は生きねばならぬのか ほんとに自由になれるために どれほど首をかしげねばならぬのか 何もみてないというために その答えは 風に吹かれて 誰にもつかめない ―“風に吹かれて Blowin' In The Wind”から一部抜粋 (アルバム「Free Wheelin…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終末の中のバベルの塔―「The Origin of Creatures」

【バベルの塔】 元々人々は同じ一つの言語を共有してコミュニティーを作り、一緒に暮らしていた。肌の色や顔立ちが違っていても、皆同じ言葉をしゃべっていたから争いが起こることもなく、彼らが形成する社会は繁栄し、技術も進化し、文明も高度に発達した。ところが、生活が豊かになって力を得るようになると、彼らは慢心し、父なる神を侮るようになった。誇り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3人の男に受け継がれた鎮魂歌―「ウォー・レクイエムWar Requiem」Part2

第3章ジャーマン Derek Jarman “この映画の主題の一つは、卑しむべき戦争がその罪を清められることだ。でも、現代においてこのミサ曲にはエイズに対する共鳴の気持ちが含まれていることも、私には分かっていた。だから私は心の中で、この映画を昨年(エイズで)死んだ私の友人達に捧げた。つまり、これは私自身のエイズ映画と言うことも出来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3人の男に受け継がれた鎮魂歌―「ウォー・レクイエムWar Requiem」Part1

“親愛なるブリテン様、ご持論ではレクイエムには素晴らしい歴史があるとのことですが、世にレクイエムはもう十二分にあるのではないでしょうか。また、ウィルフレッド・オーウェンの詩をつけたとしても、大勢には受けないと我々は考えます”―デレク・ジャーマン著「ラスト・オブ・イングランド」より抜粋 「ウォー・レクイエム War Requie…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「天使が隣で眠る夜Regarde les hommes tomber」―ジャック・オディアール監督

孤独な魂が寄り添う夜。 「天使が隣で眠る夜 Regarde les hommes tomber」(1994年製作) 監督:ジャック・オーディアール 製作:フランク・ル・ウィタ&マルク・ド・ベイセル 製作総指揮:ディディエ・オードパン 脚本:アラン・ル・アンリ&ジャック・オーディアール 原作:テリー・ホワイト「真夜中の相棒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスター・オブ・無精髭―フランコ・ネロ Franco Nero

8年程前、映画館で観たラブ・ロマンス映画「ジュリエットからの手紙」で、フランコ・ネロ Franco Neroを久しぶりに観た。ロレンツォを演じるフランコの佇まいは、めっきり白髪の増えた頭髪同様、若い頃の野生丸出しのセックス・アピールがちょうど良い塩梅に熟成され、酸いも甘いも噛み分けた老齢の男の悲哀と懐の深さを感じさせていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more