アクセスカウンタ

更新情報

zoom RSS テーマ「反戦映画」のブログ記事

みんなの「反戦映画」ブログ

タイトル 日 時
「夜と霧 Nuit et brouillard」−アラン・レネAlain Resnais監督
「夜と霧 Nuit et brouillard」−アラン・レネAlain Resnais監督 “この地上に生きる者はすべて、この映画を見ねばならない。そうすれば、すべてはもう少し良くなるだろう…”―映画理論家アド・キルー Ado Kyrou「ポジティフ Positif」誌1956年5月号より ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/21 11:00
飛ぶ夢をもう見ない−「バーディ Birdy」(Dir. Alan Parker) Part2
飛ぶ夢をもう見ない−「バーディ Birdy」(Dir. Alan Parker) Part2 野良犬を捕まえたら、1匹1ドルで買い上げるとあのデブは言ってた。ジョーが世のため人のためになることをやるなんて、俺は最初から怪しいと思ってたよ。とにかく俺とお前は、網を持って野良犬を追い回すことになった。野良犬の集団が全速力で逃げ回るもんだから、俺たちは網を片手に車で追っかけた。俺たちの大活躍で犬どもは一網打尽。ところが、自分ちの飼い犬を返せって、すげー剣幕で走ってきた奴がいたんだ。ジョーはそいつの車に体当たり。そいつも俺たちのことを犬泥棒呼ばわりする。どうなってんだ。ジョーの言う目的地は、なん... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/08 14:13
飛ぶ夢をもう見ない−「バーディ Birdy」(Dir. Alan Parker) Part1
飛ぶ夢をもう見ない−「バーディ Birdy」(Dir. Alan Parker) Part1 俺達は戦場から飛び立てるのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/07 14:12
アナーキーのすすめ−「M★A★S★H マッシュ」Part2
アナーキーのすすめ−「M★A★S★H マッシュ」Part2 “SSgt. Gorman: Goddamn army. P.A. Announcer: That is all. ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/18 23:00
アナーキーのすすめ―「M★A★S★H マッシュ MASH」Part1
アナーキーのすすめ―「M★A★S★H マッシュ MASH」Part1 “SSgt. Gorman: Goddamn army. P.A. Announcer: That is all. ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/18 11:31
「まぼろしの市街戦 The King of Hearts」―ハートの王様と戦争ごっこ
「まぼろしの市街戦 The King of Hearts」―ハートの王様と戦争ごっこ ハートの王よ、貴方に尋ねる。戦争と狂人、一体どっちが狂ってる? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/06 00:00
時代を映す人の顔―「アウグスト・ザンダー August Sander」
時代を映す人の顔―「アウグスト・ザンダー August Sander」 あらゆる人間の顔に表れる表情を見るのが大好きだ。人の顔はその持ち主の歴史を語る。だが悲しいことに、私にはその人の顔を記録にとどめる絵心がない。従って、才能溢れる人たちが撮影した人物のポートレイトや、肖像画を見ることで心を慰めている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/07 23:27
最前線悲惨物語―「フューリー Fury」
最前線悲惨物語―「フューリー Fury」 “理想は平和だが、歴史は残酷だ” ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/13 00:48
事実は小説よりも奇なり−「将軍月光に消ゆI'll Met by Moonlight」
事実は小説よりも奇なり−「将軍月光に消ゆI'll Met by Moonlight」 そもそも、フランス風刺週刊誌シャルリー・エブド(Charlie Hebdo)が掲載したイスラム教預言者ムハンマドの風刺画に抗議し、テロリストたちがシャルリー・エブド本社で銃を乱射した事件が事の始まり。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/20 01:00
きっと誰も悪くない−「ドイツ零年 Germania anno zero」
きっと誰も悪くない−「ドイツ零年 Germania anno zero」 “「ドイツ零年」を作るにあたっての私の意図は、私の全ての作品と同じでした。愛することの出来る心と、考えることの出来る頭脳を持った世界中の観客の為に、カメラが捉えたままの正確な真実を再現したかったのです”―ロッセリーニ・インタビューより抜粋 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/19 23:24
不条理と戦争と資本主義=「キャッチ22 Catch-22」
不条理と戦争と資本主義=「キャッチ22 Catch-22」 狂っているのは俺か、戦争か、世の中か。自己矛盾と不条理の支配する世界へようこそ! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/05 00:21
「禁じられた遊び Jeux interdits」Part2―ルネ・クレマン監督
「禁じられた遊び Jeux interdits」Part2―ルネ・クレマン監督 ルネ・クレマンは、日本においてはことのほか、今作によって強く記憶されている映画監督でしょう。リアリズムとリリシズムが適度な抑制をもって溶け合う今作は、特に日本人の繊細な感性とマッチするものなのです。また今作は、クレマンの映画作家としてのアカデミックな評価を決定付けた作品として、クレマンのキャリアを語るのに欠かせないものともなりました。「太陽がいっぱい」をひとつの転機として、以後クレマンのキャリアは激変することになりますが、しかし彼の全ての作品の根底に流れる主旋律は、今作にも顕著に現れていた人間性... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/14 23:40
「禁じられた遊び Jeux interdits」Part1―ルネ・クレマン監督
「禁じられた遊び Jeux interdits」Part1―ルネ・クレマン監督 無二の真摯なる純真な眼差しの力を 悲劇と戦禍のただなかにある幼子の無垢の昇華とする術を知りて… ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/14 23:34
逆説的反戦映画、核に呪われた時代に復活す―「博士の異常な愛情 Dr. Strangelove」
逆説的反戦映画、核に呪われた時代に復活す―「博士の異常な愛情 Dr. Strangelove」 ―この映画に描かれているような事故は、絶対に起こりえないと合衆国空軍は保障する。また、ここに登場する人物は、すべて架空で実在の人物との関連は少しもない― …そうであって欲しいと願うわ(苦笑)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/30 09:22
魂の死に至る病−「地獄に堕ちた勇者ども La Caduta degli dei」Part 2
魂の死に至る病−「地獄に堕ちた勇者ども La Caduta degli dei」Part 2 「この作品を撮った動機だが、ナチス時代のヨーロッパを今撮ることが、重要だと考えたからだ。当時のことをよく知らない新しい世代に、大きな影響を与えるはずだよ。最も大切なのは、当時の出来事を批判的に受け止め、人々がずっと忘れないでいることだ」―ルキノ・ヴィスコンティ映画完成後のインタビューより抜粋 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/25 00:09
魂の死に至る病−「地獄に堕ちた勇者ども La Caduta degli dei」Part 1
魂の死に至る病−「地獄に堕ちた勇者ども La Caduta degli dei」Part 1 人はなぜ悪に堕ちていくのか。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/24 00:01
史実の裏側の物語―「ヒトラーの贋札 The Counterfeiters」Part2
史実の裏側の物語―「ヒトラーの贋札 The Counterfeiters」Part2 史実の裏側には、いつだって人間存在の真理が潜んでいる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/09 17:09
正義に殉ずるか生き抜くか、それが問題だ―「ヒトラーの贋札」Part1
正義に殉ずるか生き抜くか、それが問題だ―「ヒトラーの贋札」Part1 造らなければ死、造ればそれは家族や同胞への裏切り。彼らの命を賭けた選択とは?ナチスのもう1つの犯罪、国家レベルでの史上最大の贋札偽造事件とされた“ベルンハルト作戦”の裏に隠された、知られざる物語。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/09 17:04
「Uボート捕獲大作戦―エニグマ暗号を解読せよ!―」
「Uボート捕獲大作戦―エニグマ暗号を解読せよ!―」 このドキュメンタリーは、数奇な運命を辿った潜水艦U−505の真実の物語である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/09 23:50
「メル・ブルックスの大脱走 To Be Or Not To Be」
「メル・ブルックスの大脱走 To Be Or Not To Be」 生か死か?いやいや、名優か大根なのか、それが問題だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/09 20:10
24年後の再会―24 years later, "Empire of the Sun "
24年後の再会―24 years later, "Empire of the Sun " スティーヴン・スピルバーグ Steven Spielberg監督の作り出す作品は、賞賛より批判の対象になることの方が多い気がする。理由は色々あるだろう。興行的に大ヒットをかっ飛ばした作品を数多く手がけたことへの、同業者からの妬み、成功した作品と失敗した作品の間にある出来の落差が大きいこと、つまりは、取り上げる題材によっては、その卓越した演出力を充分に生かしきれないケースが目立つこと、そして、彼がユダヤ人であること…等々。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/19 11:00

トップへ | みんなの「反戦映画」ブログ

にほんブログ村

House of M 反戦映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる