アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
House of M
ブログ紹介

更新情報

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
第54回NY映画祭ドキュメンタリー部門 54th NYFF Documentary 1
第54回NY映画祭ドキュメンタリー部門 54th NYFF Documentary 1 ドキュメンタリー映画への注目度が上がってから時間が経ちますが、今年も世界中の映画祭で、ドキュメンタリー部門には国や言語、文化の違いを超えて興味深い作品が集中していると感じます。今年のトロント国際映画祭 TIFFでもニューヨーク映画祭 NYFFでも、人種や文化の多様性 diversityを推し進めるといった意味からも、ドキュメンタリー作品の充実振りは、やはり注目に値します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/28 16:20
恋と王冠の人生―「エリザベス:ゴールデン・エイジElizabeth: The Golden Age」
恋と王冠の人生―「エリザベス:ゴールデン・エイジElizabeth: The Golden Age」 人間エリザベスの物語。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/27 12:41
暑いし、幸せの鶏飯でもいただきましょうぜ。
暑いし、幸せの鶏飯でもいただきましょうぜ。 数年前、父豆が出張した折に、知り合いの方に“鶏飯(けいはん)”という料理のことを教えてもらったことがありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/25 12:23
NY映画祭リバイバルラインナップ NYFF54 Revival Lineup
NY映画祭リバイバルラインナップ NYFF54 Revival Lineup クラシック映画ファンにはとっては、このリバイバル企画は殊の外楽しみなものです。世界中のラボと協力しながら、時の経過とともに劣化してしまったフィルムを修復し、保存する作業が続けられていますが、今年のニューヨーク映画祭では、リマスタリングを施された過去の名作が長編9本、そして長らく所在の分からなかった故ジャック・リヴェット Jacques Rivette監督の最初の短編映画3本が蘇ります。貴重な作品が上映される、例年以上に重要な意味を持つ企画になるでしょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/23 17:36
「ラルジャン L’argent」とロベール・ブレッソン Robert Bresson監督
「ラルジャン L’argent」とロベール・ブレッソン Robert Bresson監督 今年のニューヨーク映画祭のリバイバル企画 The Revivals Section of the 54th New York Film Festivalのうちの一つとして取り上げられている、ロベール・ブレッソン Robert Bresson監督の遺作「ラルジャン L’argent」とブレッソン監督のフィルモグラフィーをご紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/21 13:51
シネマで(余計な)一言劇場…「ダークナイトThe Dark Knight」番外編
シネマで(余計な)一言劇場…「ダークナイトThe Dark Knight」番外編 クリストファー・ノーラン監督による新解釈バットマン・シリーズ第2作「ダークナイト」が、世界中で興奮をもって受け入れられてからずいぶん時間が経過しました。何だかもう、遠い昔のお話のような気すらしますねえ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/21 07:57
第54回NY映画祭Convergence, Projections―映画の未来がここに。
第54回NY映画祭Convergence, Projections―映画の未来がここに。 未来の映画界をリードする方法論になるのではないかと話題の、“バーチャル・リアリティ Virtual reality”あるいは“増大型リアリティ Augmented reality”。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/18 14:17
TIFF 2016招待作品リスト Masters, City to City...Part 3
TIFF 2016招待作品リスト Masters, City to City...Part 3 2016年度トロント国際映画祭招待作品 Toronto International Film Festival 2016 Line-up ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/17 18:14
TIFF 2016招待作品リスト Discovery, Short Cuts....Part 2
TIFF 2016招待作品リスト Discovery, Short Cuts....Part 2 さて、今年のトロント国際映画祭のために世界中から集められた作品が、続々と発表されております。現時点で分かっている追加作品を記録しておきましょう。今後追加される作品が発表されれば、その都度追記していきますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/16 16:13
第54回ニューヨーク映画祭 54th New York Film Festival Part 2
第54回ニューヨーク映画祭 54th New York Film Festival Part 2 第54回ニューヨーク映画祭メインスレート作品のご紹介。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/13 22:18
第54回NY映画祭 54th New York Film Festival Part 1
第54回NY映画祭 54th New York Film Festival Part 1 待ちに待った第54回ニューヨーク映画祭 The 54th New York Film Festivalのメインスレート Main Slate(今年の映画賞レースにも絡んでくるであろう、今年製作・公開された主要招待作品)に選ばれた作品群が発表されましたので、ざーっとおさらいしておきましょう。…後ほど追記します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/10 17:42
伝統と未来、そして「ディオールと私 Dior et Moi / Dior & I」
伝統と未来、そして「ディオールと私 Dior et Moi / Dior & I」 “モノづくりの基本”という言葉。本来、私ら日本人の持ち味であった丁寧かつ正確な“モノづくり”の精神に、今一度たち返ろうという意味だと解釈しています。進むべき道に迷ったらちょっと立ち止まり、自分の原点を見つめ直すのも必要なことでしょう。実は、本日の映画「ディオールと私 Dior & I」は、原点に戻ろうとしている今の私たちに最も近しい感情を喚起する作品ではないかと思っています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/08 18:49
病は人間を語る―「Dr. HOUSE ドクター・ハウス House M.D.」
病は人間を語る―「Dr. HOUSE ドクター・ハウス  House M.D.」 ……当ブログは基本的に映画ブログですので、テレビシリーズのお話はしておりません。ですが、これまでに例外として一時期大ハマりしていたテレビシリーズ「FBI失踪者を追え! Without a Trace」の、特に初期シーズンの中で気に入ったエピソード解説を投稿したことがありました。また、次に気に入ったテレビシリーズ、やはりFBIの捜査もののドラマなのですが、「クリミナル・マインド Criminal Minds」についても少し記事にしましたね、そういえば。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/06 21:05
張り巡らされた蜘蛛の音−ドナルド・フェイゲン「ナイトフライ The Nightfly」
張り巡らされた蜘蛛の音−ドナルド・フェイゲン「ナイトフライ The Nightfly」 1980年代の音楽は、私にとって忘れられない音楽経験であったと同時に、これほど豊穣でバラエティーに富んだ音楽が量産された時代もなかっただろうと思う。80年代に繰り返し聴いた、ドナルド・フェイゲン Donald Fagenのアルバム「ナイトフライ The Nightfly」も、豪奢な80年代を代表する音楽作品だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/04 22:24
「シチズンフォー|スノーデンの暴露 Citizenfour」とガラスの世界。
「シチズンフォー|スノーデンの暴露 Citizenfour」とガラスの世界。 この、全ての個人情報が丸裸にされ、監視された上に記録される今の世界で、まず私たちが為さねばならないことは、アメリカと英国の情報機関に向かって最高の笑顔で挨拶の言葉を述べることではなかろうかと最近痛切に思う。冗談ではなく、本気で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/03 17:59
「普通の人々 Ordinary People」―ロバート・レッドフォードRobert Redford
「普通の人々 Ordinary People」―ロバート・レッドフォードRobert Redford 「今生きていることを感じろ」 「辛いだけだ」 「いや、快い」 「なぜわかる」 「…友達だからだ」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/02 11:41
今年はヴェネチア国際映画祭(Venice FF)も面白くなりそうだ。
今年はヴェネチア国際映画祭(Venice FF)も面白くなりそうだ。 先だってトロントにて、2016年度のトロント国際映画祭 Toronto International Film Festivalの一部の招待作品が発表されましたが、その後を追うようにして、2016年度ヴェネチア国際映画祭 2016 Venice International Film Festivalのラインナップも発表されました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/31 00:17
TIFF 2016最初の招待作品発表!
TIFF 2016最初の招待作品発表! 7月26日、カナダはトロントで、今年のトロント国際映画祭 Toronto International Film Festivalに招待される作品群のうち一部が発表されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/29 00:17
「シングルマン A Single Man」―トム・フォード Tom Ford監督
「シングルマン A Single Man」―トム・フォード Tom Ford監督 “…全てがありのままに清新に見えた時、“それ”もまた訪れるべくして訪れた。” ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/28 20:16
「フューチャー・イズ・ワイルド The Future is Wild」
「フューチャー・イズ・ワイルド The Future is Wild」 映画という芸術媒体における3Dの意義を、根底から覆す結果となった「アバター Avatar」(2009年、ジェームズ・キャメロン James Cameron監督)。今や、近年の映画史を語る上で避けては通れない重要な作品となりましたね。私もパリにいた時に映画館で初めて今作を観賞したのですが、その際、真っ先に思いついたのが、以前旧ブログでも書いたことがある「フューチャー・イズ・ワイルド The Future is Wild」というテレビ番組。ジェームズ・キャメロン監督も、「アバター」の世界観作りに絶対... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/26 17:02

続きを見る

トップへ

月別リンク

にほんブログ村

House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる