アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
House of M
ブログ紹介
"Life is a tragedy when seen in close-up, but a comedy in long-shot." -- Charlie Chaplin


更新情報

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
称えよ、豆である人を―「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」
称えよ、豆である人を―「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」 泣いても笑っても、「Mr.ビーン」はこれで見納め。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/23 14:02
幸せなら手を合わそうよ―National High-Five Day
幸せなら手を合わそうよ―National High-Five Day 現在、“国際〇〇デー”と称する特別な日が世界中に無数に存在すると言われています。中には名前も存在すら知らないものもあるんでしょうね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/21 16:29
映画オタ一代−エドガー・ライト参上―Edgar Wright here!
映画オタ一代−エドガー・ライト参上―Edgar Wright here! エドガー・ライト監督の「ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う! The Worlds End」を映画館で見る前のこと。この作品の一つ前の作品が、ちょっとアレでソレな感じの微妙な内容だっただけに、ライト監督のコンディションをちょっぴり心配していました。ですが、「ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う! The Worlds End」を見た限りでは、“ライト節”はちゃんと復活していたと思います。まあ、今作の後の「アントマン Ant-Man」では、マーベル社と創造上の意見の相違があったとかで映画完成... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/19 15:00
クローネンバーグのシネマへの伝言―「それぞれのシネマTo Each His Own Cinema」
クローネンバーグのシネマへの伝言―「それぞれのシネマTo Each His Own Cinema」 2007年、カンヌ国際映画祭は誕生して60回目の開催を迎えた。この記念すべき区切りを祝うため、ジル・ジャコブは、カンヌにゆかりの深い世界中の映画監督たちに3分間の短編製作を依頼した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/18 14:30
“命”が生まれる―「こいぬがうまれるよMy Puppy is Born」
“命”が生まれる―「こいぬがうまれるよMy Puppy is Born」 子豆1号こと長男が、まだ幼稚園児だった頃のこと。そう、子豆2号が生まれた直後ぐらいでしたかね。ある日、こんな本を幼稚園から借りてきたことがありました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/16 19:14
夢のまた夢―「インセプション Inception」
夢のまた夢―「インセプション Inception」 “夢から醒めて、現実と向き合え” ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/15 13:14
ロック様と一緒に牛乳を飲もうぜ!―“Got Milk?”
ロック様と一緒に牛乳を飲もうぜ!―“Got Milk?” アメリカにおけるスーパーボウル・ビジネスというのは、日本のプロ野球巨人阪神戦の比ではない程(笑)巨大なものです。そりゃまあ、アメリカ人だけではなく、いろいろな媒体を通じて世界中の人間が見ているわけですから、宣伝効果といった面では計り知れない影響力を持つであろうことは容易に察しがつきます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/13 20:02
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーGuardians of the Galaxy」
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーGuardians of the Galaxy」 私が生まれて初めて映画館のでっかいスクリーンで観た映画は、「スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲 Star Wars: Episode V - The Empire Strikes Back」でした。結局私自身は熱心なスター・ウォーズ信者にはなれなかったクチですが、最初の映画館体験が「スター・ウォーズ」だったのは、自分にとって本当に幸運だったと思います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/11 15:00
Love or Hate?ー善悪の彼岸。
Love or Hate?ー善悪の彼岸。 “自分がどんなひどいことを行うかわかっていても、怒りは抑えられない。人間に最大の禍をもたらすのが怒りである。 I know indeed what evil I intend to do, but stronger than all my afterthoughts is my fury, fury that brings upon mortals the greatest evils. I understand too well the dreadful act I'm going to co... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/10 17:30
「オットー戦火をくぐったテディ・ベア Otto」―トミー・アンゲラーTomi Ungerer
「オットー戦火をくぐったテディ・ベア Otto」―トミー・アンゲラーTomi Ungerer ひょっとしたら、ボクがたどった数奇な運命というのは、大いなる力によって人と人の間に結ばれた、目に見えない一本の糸だったのかもしれない。それを人は“絆”と呼ぶのだろう…。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/07 19:00
死を見つめよ、さらば生きられん―「50/50 フィフティ・フィフティ」
死を見つめよ、さらば生きられん―「50/50 フィフティ・フィフティ」 “人は死から目を背けているうちは、自己の存在に気を遣えない。死というものを自覚できるかどうかが、自分の可能性を見つめて生きる生き方につながる” ―「存在と時間 Being and Time」(マルティン・ハイデッガー Martin Heidegger著)より ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/07 11:41
パイソンズ+アメリカ=「ワンダとダイヤと優しい奴ら A Fish Called Wanda」
パイソンズ+アメリカ=「ワンダとダイヤと優しい奴ら A Fish Called Wanda」 ジョン・クリーズとマイケル・パリンの、モンティ・パイソン以外の出演作の中ではこれが一番好きです。そして、劇中で前代未聞の迷演技、あるいは一世一代の珍演技(観ればわかります・笑)を見せる、アメリカ演劇界きっての偉大なるシェイクスピア俳優ケヴィン・クラインにも乾杯(涙笑)! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/04 18:30
馬はいい。The horse is good.
馬はいい。The horse is good. 突然何を言い出すかと思えば(笑)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/02 19:00
放浪する英国人―マイケル・ラドフォード Michael Radford と「1984」
放浪する英国人―マイケル・ラドフォード Michael Radford と「1984」 マイケル・ラドフォードという人は実に不思議な監督さんです。彼を見ていると、いつもここではないどこかへ行こうとしているように見えるのですね。一体全体、彼自身の原風景はどこにあるのでしょうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/31 13:00
「ドン・ジョン Don Jon」ー“愛の運び手”は地獄に堕ちたのか?
「ドン・ジョン Don Jon」ー“愛の運び手”は地獄に堕ちたのか? 先頃閉幕した第67回カンヌ国際映画祭では、ある視点部門に、人気俳優が監督を務めた作品が複数招待されておりました。マチュー・アマルリックの“La Chambre Bleue”、ライアン・ゴズリングの“Lost River”、アーシア・アルジェントの“The Misunderstood (INCOMPRESA)”ですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/29 14:00
元気のでる歌や音楽を挙げていこうか―Movies and Music
元気のでる歌や音楽を挙げていこうか―Movies and Music 音楽はいいモンですよ。心身ともに疲れ切り、さすがの映画狂も映画すら観る気にならないとき、気分をリフレッシュできる良いツールとなります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/27 11:46
「つみきでとんとん」「おまかせコックさん」
「つみきでとんとん」「おまかせコックさん」 つみきでとんとん金の星社 竹下 文子 Amazonアソシエイト by 「つみきでとんとん」 竹下文子:文 鈴木まもる:絵 (金の星社刊行) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/23 14:30
ここがあなたのいるべき場所。―「The Place」(short film)
ここがあなたのいるべき場所。―「The Place」(short film) 現在、同性婚についてはかなりの国や地域で法的に認められるようになってきました。しかし、まだまだ世界中の多くの国で、引き続き議論が交わされている状態です。賛成の意を表明している人たちもいれば、強硬に反対する人たちもいる。それぞれの立場に言い分があって、お互いに一歩も譲らぬ状態であり、両派の衝突と膠着状態は改善しないのではないかと危惧しています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/21 15:21
Love in the sketchbook ―「Samare」(short film)
Love in the sketchbook ―「Samare」(short film) 子供の頃、ノートや教科書の片隅にパラパラ漫画ってのを描いてよく遊んでたもんです。皆さんも覚えがありますでしょ?ロケットが発射するまでとか、人が右から左に走っていく様子とかを一こまずつ1ページに描いてくんですよ(笑)。以前の記事で、鉄拳の制作するパラパラ漫画を一つご紹介したことがありますが、このパラパラ漫画というやつ、アニメーションの最も原始的な形式ながら、それゆえに却って自由にアレンジを施すことができるようですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/20 21:53
シネマで(余計な)一言劇場「アメリカン・サイコ American Psycho」編
シネマで(余計な)一言劇場「アメリカン・サイコ American Psycho」編 映画「アメリカン・サイコ American Psycho」(2000年)から一言。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/18 22:37

続きを見る

トップへ

月別リンク

にほんブログ村

House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる