アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
House of M
ブログ紹介
"Everyone says love hurts, but that is not true. Loneliness hurts. Rejection hurts. Losing someone hurts. Envy hurts. Everyone gets these things confused with love, but in reality love is the only thing in this world that covers up all pain again. Love is the only thing in this world that does not hurt." -- Liam Neeson

更新情報

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
地球は「へんないきもの」でいっぱいの愉快な星。
地球は「へんないきもの」でいっぱいの愉快な星。 かなり前に、「へんないきもの」というタイトルの、文字通り地球上の奇妙な生き物ばかりを集めて紹介する本が、大変評判になりました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/26 00:07
第54回NY映画祭トレーラー解禁 The 54th NYFF Trailer.
第54回NY映画祭トレーラー解禁 The 54th NYFF Trailer. 第54回ニューヨーク映画祭 The 54th New York Film Festivalは、9月30日から10月16日 September 30 – October 16まで開催される予定です。摩天楼全体が巨大映画館になるまであと1週間となりましたので、フィルム・ソサエティー・リンカーン・センター Film Society of Lincoln Centerからリリースされた今年のニューヨーク映画祭のトレーラーを見て、お祭りの始まりを楽しみに待っていましょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/23 13:20
「二十日鼠と人間 Of Mice and Men」 NT Live in Japan 2015
「二十日鼠と人間 Of Mice and Men」 NT Live in Japan 2015 “実はジョン・スタインベックが原作「二十日鼠と人間 Of Mice and Men」を執筆した当時、この作品に描かれているような季節労働者たちはアメリカ社会からはいなくなっていた。スタインベックは過去の彼自身の経験と見聞に基づいてこのストーリーを創造したけれど、いわばこの作品は、もうその頃にはアメリカから消え去っていた‘幽霊’について語ったものだともいえるの。”―アンナ・D・シャピロ Anna D. Shapiro(「二十日鼠と人間 Of Mice and Men」演出家) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/20 23:54
「ブロークバック・マウンテンBrokeback Mountain」からの情景とヒース。
「ブロークバック・マウンテンBrokeback Mountain」からの情景とヒース。 突出した才能に恵まれた美しい人間というのは、神に早く召されてしまうのでしょう。2016年、私たちは数多くの偉人、才人を喪いました。天寿を全うした人もいれば、早すぎる死の運命を受け入れざるを得なかった人も。しかし、早逝する人間というのは、他人とは違う何かを持っている場合が多いと思いますね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/20 10:21
刑事コロンボ、最期の事件。 The last case of Columbo.
刑事コロンボ、最期の事件。 The last case of Columbo. 「うちのかみさんがね…」の名文句で知られる刑事コロンボ Columbo。そして、刑事コロンボと言えばこの人、ピーター・フォーク Peter Falkの最大の当たり役でありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/17 01:03
哲学者からの手紙―A letter from philosopher.
哲学者からの手紙―A letter from philosopher. 哲学者アラン・ド・ボトン Alain de Botton氏は現代に生きる思索家であり哲学者。彼の著作は、哲学にカテゴライズされるものの、非常にユニークな体裁をもっています。彼の「小説 恋愛をめぐる24の省察」はこちら。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/15 13:59
第73回ヴェネチア映画祭 Venice 73、宴の後。
第73回ヴェネチア映画祭 Venice 73、宴の後。 さて、現在トロントでは、トロント国際映画祭 Toronto International Film Festivalが連日大盛況を呈していますが、先ほど閉幕した第73回ヴェネチア国際映画祭 The 73rd Venice Film Festivalの受賞者リストを確認しておきましょう。来年の2月まで続く長い長い映画賞レースの始まりですよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/13 12:24
楽天家でいこう。
楽天家でいこう。 "With optimism, you look upon the sunny side of things. People say, 'Studs, you're an optimist.' I never said I was an optimist. I have hope because what's the alternative to hope? Despair? If you have despair, you might as well put your head in th... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/11 20:38
銃を取るのは誇りのため−「荒野の七人The Magnificent Seven」
銃を取るのは誇りのため−「荒野の七人The Magnificent Seven」 「最後にはいつでも農民が勝つのだ」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/09 12:19
おもちゃの冒険から、おもちゃと人の絆へ―「トイ・ストーリー3 Toy Story 3」
おもちゃの冒険から、おもちゃと人の絆へ―「トイ・ストーリー3 Toy Story 3」 「トイ・ストーリー Toy Story」「トイ・ストーリー2 Toy Story 2」は、観る人をことごとく童心に帰らせてくれる、楽しく痛快なシリーズものではあるけれど、その背後にはシリアス且つ大きなテーマを一貫して背負っていたと思います。それは、“大人になることの本当の意味”でありますね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/06 17:32
コウノトリ、純愛を運ぶ(涙)。
コウノトリ、純愛を運ぶ(涙)。 コウノトリでさえ、己を犠牲にして他者に献身することを知っている。その点、我々人間はどうだ。ややもすると、他者を踏み台にして保身に走ってしまうではないか。恥を知らねば。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/04 22:02
もう始まっちゃったよテルライド―The 43rd Telluride Film Festival!
もう始まっちゃったよテルライド―The 43rd Telluride Film Festival! 【注意】テルライド映画祭は開催期間が非常に短いため、見逃しや取りこぼしがないように公式サイト Telluride Film Festivalの上映スケジュールを頭に叩き込んでくださいね(笑)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/03 10:42
拳銃とジョー・カーナハンと「NARC:ナーク」Guns, Joe, "Narc"
拳銃とジョー・カーナハンと「NARC:ナーク」Guns, Joe, "Narc" ジョー・カーナハン Joe Carnahan ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/01 16:53
タジーヌ鍋からアクビちゃん? Cooking with Tagine
タジーヌ鍋からアクビちゃん? Cooking with Tagine 皆さんお元気ですか?夏バテ気味で怠くて怠くて困ってる館長です(笑)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/30 16:43
第54回NY映画祭ドキュメンタリー部門 54th NYFF Documentary
第54回NY映画祭ドキュメンタリー部門 54th NYFF Documentary ドキュメンタリー映画への注目度が上がってから時間が経ちますが、今年も世界中の映画祭で、ドキュメンタリー部門には国や言語、文化の違いを超えて興味深い作品が集中していると感じます。今年のトロント国際映画祭 TIFFでもニューヨーク映画祭 NYFFでも、人種や文化の多様性 diversityを推し進めるといった意味からも、ドキュメンタリー作品の充実振りは、やはり注目に値します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/28 16:20
恋と王冠の人生―「エリザベス:ゴールデン・エイジElizabeth: The Golden Age」
恋と王冠の人生―「エリザベス:ゴールデン・エイジElizabeth: The Golden Age」 人間エリザベスの物語。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/27 12:41
暑いし、幸せの鶏飯でもいただきましょうぜ。
暑いし、幸せの鶏飯でもいただきましょうぜ。 数年前、父豆が出張した折に、知り合いの方に“鶏飯(けいはん)”という料理のことを教えてもらったことがありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/25 12:23
NY映画祭リバイバルラインナップ NYFF54 Revival Lineup
NY映画祭リバイバルラインナップ NYFF54 Revival Lineup クラシック映画ファンにはとっては、このリバイバル企画は殊の外楽しみなものです。世界中のラボと協力しながら、時の経過とともに劣化してしまったフィルムを修復し、保存する作業が続けられていますが、今年のニューヨーク映画祭では、リマスタリングを施された過去の名作が長編9本、そして長らく所在の分からなかった故ジャック・リヴェット Jacques Rivette監督の最初の短編映画3本が蘇ります。貴重な作品が上映される、例年以上に重要な意味を持つ企画になるでしょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/23 17:36
「ラルジャン L’argent」とロベール・ブレッソン Robert Bresson監督
「ラルジャン L’argent」とロベール・ブレッソン Robert Bresson監督 今年のニューヨーク映画祭のリバイバル企画 The Revivals Section of the 54th New York Film Festivalのうちの一つとして取り上げられている、ロベール・ブレッソン Robert Bresson監督の遺作「ラルジャン L’argent」とブレッソン監督のフィルモグラフィーをご紹介します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/21 13:51
シネマで(余計な)一言劇場…「ダークナイトThe Dark Knight」番外編
シネマで(余計な)一言劇場…「ダークナイトThe Dark Knight」番外編 クリストファー・ノーラン監督による新解釈バットマン・シリーズ第2作「ダークナイト」が、世界中で興奮をもって受け入れられてからずいぶん時間が経過しました。何だかもう、遠い昔のお話のような気すらしますねえ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/21 07:57

続きを見る

トップへ

月別リンク

にほんブログ村

House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる