アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
House of M
ブログ紹介
無粋なメッセージをここに書くことをお許しください。

このブログの記事は全て無断転載禁止です。このブログにはたくさんの記事がありますが、これらはすべて私が自分で書いたものです。いくら無料で公開しているとはいえ、これを勝手にコピーして他の場所にペーストされることほど頭にくることはありません。どうか、無断転載だけはおやめください。よろしくお願いいたします。

更新情報

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
「25年目の弦楽四重奏 A Late Quartet」
「25年目の弦楽四重奏 A Late Quartet」 “私は音楽を、愛という以外の形では、理解できない。”―ヴィルヘルム・リヒャルト・ワーグナー ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/01 16:50
映画はインディペンデントなスピリットだぜ!
映画はインディペンデントなスピリットだぜ! 今や、やれインディ映画だの、メジャー映画だのと区別するのもバカバカしくなる程、昨今の映画界はインディ、メジャーの別なく混沌とした様相を呈しております。毎年開催される映画祭でも、むしろリスクを厭わぬインディ映画の中から面白くて優れた作品がたくさん登場する傾向が相変わらず強いですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/27 21:56
「愛についてのキンゼイ・レポート Kinsey」―ビル・コンドン監督
「愛についてのキンゼイ・レポート Kinsey」―ビル・コンドン監督 コンドンは、前作「ゴッドandモンスター」で映画界の注目を集めたあと、その作品でも苦楽を共にした作家クライヴ・バーカーの初期の傑作「血の本」シリーズを映像化するという企画に携わりました。しかし企画は頓挫。そこで、ボブ・フォッシー原作の舞台「シカゴ」(2002年)を映画化するロブ・マーシャル作品に、脚本家として参加したのです。この映画は興行的にも批評的にも大成功を収め、ミュージカル作品の脚色という難しい仕事をやってのけたコンドンへの評価をも改めて高める結果をもたらしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/26 22:27
エブリバディ・ウォンツ・サム!!世界はボクらの手の中に Everybody Wants Some!!
エブリバディ・ウォンツ・サム!!世界はボクらの手の中に Everybody Wants Some!! テキサスはヒューストン出身のリチャード・リンクレイター Richard Linklater監督の作品には、彼自身の人生での経験であるとか、地元テキサスの風物などが色濃く反映されている事が多いように思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/23 11:03
孤独な魂に寄り添う―ジョン・シュレシンジャーJohn Schlesinger
孤独な魂に寄り添う―ジョン・シュレシンジャーJohn Schlesinger −私がなにより興味を引かれるのは、ヒーローではなく負け犬、成功ではなく失敗だ− ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/20 22:57
そこに光を―“It was the light”
そこに光を―“It was the light” …まったく、この2016年は波乱万丈の大波が一万回ぐらいまとめて襲いかかってきたような、途轍もない一年でしたね…。私たちの世界を照らし、支えてくれた偉人たちが次々とこの世を去り、私たちを悲しみと混乱の中に置き去りに。そして最後の駄目押しが、アメリカ大統領選挙でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/18 13:00
「レッドタートル ある島の物語 The Red Turtle」と生きる。
「レッドタートル ある島の物語 The Red Turtle」と生きる。 “…空と海の永遠に連なる暦では計れない時、世界は言葉では答えない。もうひとつのいのちで答える。”―谷川俊太郎「Red Turtleに寄せて」より抜粋 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/15 12:32
父性の役割と「とうさんはタツノオトシゴMr. Seahorse」―エリック・カール
父性の役割と「とうさんはタツノオトシゴMr. Seahorse」―エリック・カール 「とうさんはタツノオトシゴ Mister Seahorse」 エリック・カール Eric Carle/作 さの ようこ/訳 (偕成社刊行) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/12 22:10
2016年度AFIフェスティバル温故知新編 AFI Festival 2016 Part 3
2016年度AFIフェスティバル温故知新編 AFI Festival 2016 Part 3 2016年度アメリカ映画協会フェスティバル伝説的映画 Cinema's Legacy Sections at AFI Festival 2016の「追い越し野郎 Il sorpasso / The Easy Life」(1962年)(イタリア)(ディーノ・リージ Dino Risi監督)、『Mifune: The Last Samurai』(2015年)ドキュメンタリー(日本)(スティーヴン・オカザキ Steven Okazaki監督)、「ピカデリー Piccadilly」(1929年)(英国)... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/11 11:35
2016年度AFIフェスティバル温故知新編 AFI Festival 2016 Part 2
2016年度AFIフェスティバル温故知新編 AFI Festival 2016 Part 2 2016年度アメリカ映画協会フェスティバル伝説的映画 Cinema's Legacy Sections at AFI Festival 2016、特に「カルメン Carmen Jones」(1954年)(オットー・プレミンジャー Otto Preminger監督)、「市民ケーン Citizen Kane」(1941年)(オーソン・ウェルズ Orson Welles監督)、『Daughters of the Dust』(1991年)(ジュリー・ダッシュ Julie Dash監督)、「アメリカの災難... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/09 12:53
「モーターサイクル・ダイアリーズ The Motorcycle Diaries」の旅。
「モーターサイクル・ダイアリーズ The Motorcycle Diaries」の旅。 現在でも、“反体制のイコン”として世界中の人々の精神的支えとして君臨する革命家チェ・ゲバラ(本名:エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ Ernesto Rafael Guevara de la Serna、1928年6月14日生まれ1967年10月9日没)。彼がまだ“チェ・ゲバラ Che Guevara”として覚醒する前、学生時代に親友アルベルト・グラナードと共に1年がかりで敢行した南米大陸縦断の旅は既に伝説となっていますが、この顛末を、ゲバラが残した日記とグラナード本人の証言を元に映... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/08 14:58
2016年度アメリカ映画協会フェスティバル AFI Festival 2016 Part1
2016年度アメリカ映画協会フェスティバル AFI Festival 2016 Part1 2016年度アメリカ映画協会フェスティバルワールド・シネマ招待作品 AFI Festival 2016 World Cinema Lineupと2016年度アメリカ映画協会フェスティバル特別上映作品 The Special Screenings section of AFI Festival 2016、特に"Jackie"(パブロ・ラライン Pablo Larrain監督)、ミュージカル映画"La La Land"(デイミアン・チャゼル Damien Chazelle監督)、"Rules Don... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/04 19:42
「ジャングル・ブック The Jungle Book」を読み解く。
「ジャングル・ブック The Jungle Book」を読み解く。 “ジャングルの掟は青空のように古い真実 掟を守るオオカミは栄え、破れば死あるのみ 木に巻きつく蔓のように掟はゆきわたる 群れの結束はオオカミの力 オオカミの結束は群れの力” ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/01 19:16
私からハロウィンの呪いをこめて(笑)―「ハロウィン Halloween」
私からハロウィンの呪いをこめて(笑)―「ハロウィン Halloween」 昔々私が住んでいたマンションには、片田舎に住んでるただの専業主婦だというのに、かなり気位の高いセレブ志向の奥様連中が多数とぐろを巻いておりました。まあ、転勤族ばかりの家庭が入居していましたから、“前住んでたところではああだった、こうだった”と、以前の生活の華やかな側面を再現することに必死だったんですねえ。その気持ちはわからんでもないが、静かに暮らしたい私のような人間にとっては、彼女達の引き起こすお祭り騒ぎに度々巻き込まれたことは、大変な苦痛を伴う思い出ですねえ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/31 16:57
「ロマン・ポランスキーの吸血鬼 The Fearless Vampire Killers」
「ロマン・ポランスキーの吸血鬼 The Fearless Vampire Killers」 紆余曲折あった映画人生を歩むロマン・ポランスキー Roman Polanski監督。この小柄なポーランド人映画作家が手がける映画は独特の陰を持つ。それは、彼自身が戦時中に体験したユダヤ人排斥の辛い過去や、これからご紹介する作品にヒロイン役として起用した、かつての最愛の妻シャロン・テート Sharon Tateを異常な殺人事件で喪ってしまった心の傷等々も、もちろん関係しているだろう。彼の身の内に鬱積した負の感情が、一体どこから生まれてくるのかは本人のみぞ知ることだろうが、その彼が作り出す作品は... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/29 22:41
雪崩する本を押さえる粋な奴―Bookends by Knob Creek Metal Arts
雪崩する本を押さえる粋な奴―Bookends by Knob Creek Metal Arts ケンタッキー州を拠点に活動するKnob Creek Metal Arts(公式サイトはこちら)は、鉄を使った様々な製品を作り出している会社です。しかも、ただ単に鉄で出来たものだというのではなく、ひとつひとつの商品が創意工夫に富み、ユーモアたっぷりのアイデアに裏打ちされていることが大きな特徴です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/27 22:22
新世界と「アバター Avatar」。
新世界と「アバター Avatar」。 映画が公開された当時の今作の公式サイトには、“映画の歴史が変わる”という謳い文句がありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/25 17:34
第26回ゴッサム・インディペンデント映画賞ノミネート一覧
第26回ゴッサム・インディペンデント映画賞ノミネート一覧 北米における映画賞レースの先陣を切るゴッサム・インディペンデント映画賞も、今年で26回目を数えるようになりました。インディ映画の祭典として始まったこの映画賞も、年を追うごとにメジャー映画とインディ映画の区別が曖昧になっていく状況で、重要性を増していく一方だと思いますね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/23 22:34
岸辺で再び、私は人生と相見える―「岸辺のふたり Father and Daughter」
岸辺で再び、私は人生と相見える―「岸辺のふたり Father and Daughter」 “家族とは、誰も置き去りにされたり忘れられたりしないということを意味する。 Family means no one gets left behind or forgotten.” -- David Ogden Stiers ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/22 12:31
粘土に命が宿るとき―ニック・パーク Nick Park
粘土に命が宿るとき―ニック・パーク Nick Park 彼らは友達…ニック・パークと“ウォレスとグルミット” Nick & Wallace & Gromit, they are best friends. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/20 22:16

続きを見る

トップへ

月別リンク

にほんブログ村

House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる