House of M

アクセスカウンタ

更新情報

zoom RSS 第89回アカデミー賞ノミネート Noms for the 89th Academy Awards

<<   作成日時 : 2017/01/25 17:19   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

既に世界中の映画サイトで報じられましたが、当ブログでも記録しておきます。第89回アカデミー賞のノミネート Nominations for the 89th Academy Awardsが発表されました。日本で公開済み、あるいは公開予定で日本語のタイトルが既に分かっている作品もありますが、一々日本語表記を併記するのが大変面倒くさいので(ごめん)、英語表記のままで勘弁してくだされ。さあ、見てみましょう。



第89回アカデミー賞ノミネート一覧 The complete list of nominations for the 89th Academy Awards


・作品賞 Picture

“Arrival”
“Fences”
“Hacksaw Ridge”
“Hell or High Water”
“Hidden Figures”
“La La Land”
“Lion”
“Manchester by the Sea”
“Moonlight”


・監督賞 Directing

Denis Villeneuve for “Arrival”
Mel Gibson for "Hacksaw Ridge"
Damien Chazelle for “La La Land”
Barry Jenkins for “Moonlight”
Kenneth Lonergan for “Manchester by the Sea”


・主演男優賞 Actor in a leading role

Casey Affleck for “Manchester by the Sea”
Andrew Garfield for “Hacksaw Ridge”
Ryan Gosling for “La La Land”
Viggo Mortensen for “Captain Fantastic”
Denzel Washington for “Fences”


・助演男優賞 Actor in a supporting role

Mahershala Ali for “Moonlight”
Jeff Bridges for “Hell or High Water”
Lucas Hedges for “Manchester by the Sea”
Dev Patel for “Lion”
Michael Shannon for “Nocturnal Animals”


・主演女優賞 Actress in a leading role

Emma Stone for “La La Land”
Natalie Portman for “Jackie”
Ruth Negga for “Loving”
Meryl Streep for “Florence Foster Jenkins”
Isabelle Huppert for “Elle”


・助演女優賞 Actress in a supporting role

Viola Davis for “Fences”
Naomie Harris for "Moonlight"
Nicole Kidman for “Lion”
Octavia Spencer for “Hidden Figures”
Michelle Williams for “Manchester by the Sea”


・脚色賞 Adapted Screenplay

“Lion” by Luke Davis
“Arrival” by Eric Heisserer
“Moonlight” by Barry Jenkins
“Hidden Figures” by Theodore Melfi and Allison Schroeder
“Fences” by August Wilson


・オリジナル脚本賞 Original Screenplay

“Manchester by the Sea” by Kenneth Lonergan
“Hell or High Water” by Taylor Sheridan
“La La Land” by Damien Chazelle
"20th Century Women" by Mike Mills
“The Lobster” by Efthymis Filippou and Yorgos Lanthimos


・撮影賞 Cinematography

Bradford Young for “Arrival”
Linus Sandgren for “La La Land”
Greig Fraser for “Lion”
James Laxton for “Moonlight”
Rodrigo Prieto for “Silence”


・長編ドキュメンタリー作品賞 Documentary feature

“Fuocoammare / Fire and Sea” dir. Gianfranco Rosi
“I am Not Your Negro” dir. Raoul Peck
“Life, Animated” dir. Roger Ross Williams
“OJ: Made in America” dir. Ezra Edelman
“13th” dir. Ava DuVernay


・短編ドキュメンタリー作品賞 Documentary short

“Extermis”
“4.1 miles”
“Joe’s Violins”
“Watani: My Homeland”
“The White Helmets”


・外国語映画賞 Foreign language film

“Toni Erdmann” (Germany) dir. Maren Ade
“Forushande / The Salesman” (Iran) dir. Asghar Farhadi
“En man som heter Ove / A Man Called Ove” (Sweden) dir. Hannes Holm
“Tanna” (Australia, Vanuatu) dir. Martin Butler, Bentley Dean
“Under sandet / Land of Mine” (Denmark) dir. Martin Zandvliet


・音響編集 Sound editing

“Arrival”
“Deepwater Horizon”
"Hacksaw Ridge”
“La La Land”
“Sully”


・音響効果 Sound mixing

“Arrival”
"Hacksaw Ridge”
“La La Land”
“Rogue One: A Star Wars Story”
“13 Hours"


・作曲賞 Original score

Justin Hurwitz for "La La Land"
Mica Levi for "Jackie"
Nicholas Britell for "Moonlight"
Volker Bertelmann and Dustin O'Halloran for "Lion"
Thomas Newman for "Passengers"


・主題歌賞 Original song

“City of Stars” of “La La Land”
“How Far I’ll Go” of “Moana”
“Audition (The Fools Who Dream)” of “La La Land”
“The Empty Chair” of “Jim: The James Foley Story”
“Can’t Stop the Feeling!” of “Trolls”


・プロダクション・デザイン賞 Production design

Patrice Vermette, Paul Hotte for "Arrival"
Stuart Craig, Anna Pinnock for “Fantastic Beasts and Where to Find Them”
Jess Gonchor, Nancy Haigh for "Hail, Caesar!"
David Wasco, Sandy Reynolds-Wasco for "La La Land"
Guy Hendrix Dyas, Gene Serdena for "Passengers"


・視覚効果賞 Visual effects

“Deepwater Horizon”
“Doctor Strange”
“The Jungle Book”
“Kubo and the Two Strings”
“Rogue One: A Star Wars Story”


・メーキャップ&ヘア・スタイル賞 Makeup and hairstyling

“A Man Called Ove”
“Star Trek Beyond”
“Suicide Squad”


・衣装デザイン賞 Costume design

Mary Zophres for "La La Land"
Madeline Fontaine for "Jackie"
Consolata Boyle for "Florence Foster Jenkins"
Colleen Atwood for "Fantastic Beasts and Where to Find Them"
Joanna Johnston for "Allied"


・編集賞 Film Editing

Joe Walker for “Arrival”
Jake Roberts for "Hell or High Water"
John Gilbert for “Hacksaw Ridge”
Tom Cross for “La La Land”
Joi McMillon, Nat Sanders for “Moonlight”


・短編作品賞 Live-action short

"Ennemis intérieurs" dir. Selim Azzazi
"La femme et le TGV" dir. Timo von Gunten
"Silent Nights" dir. Aske Bang, Kim Magnusson
“Sing” dir. Kristof Deak, Anna Udvardy
"Timecode" dir. Juanjo Gimenez


・短編アニメーション作品賞 Animated Short Film

"Blind Vaysha”
"Borrowed Time"
"Pear Cider and Cigarettes"
"Pearl"
"Piper"


・長編アニメーション作品 Animated Feature Film

“Kubo and the Two Strings” dir. Travis Knight
“Moana” dir. Ron Clements, Don Hall, John Musker, Chris Williams
“Ma vie de Courgette / My Life as a Zucchini” dir. Claude Barras
“La tortue rouge / The Red Turtle” dir. Michael Dudok de Wit
“Zootopia” dir. Byron Howard, Rich Moore, Jared Bush



今年もアカデミー賞へのノミネート作品、ノミネート者が発表され、あちこちで喧々囂々の議論を巻き起こしました。プロのライターの方々、プロの業界人の方々、プロの批評家の方々が散々議論して議論しても、なかなか思うように改革が進まない…というか、多くの人々を納得させ得るようなチョイスができない状態であるのは、毎年ノミネート発表後に沸き起こる反発や不満、落胆の声を聞いていれば分かります。ただし、私個人の感想としては…

【現時点では、これ以上の選択は無理だろう】

…ということです。もちろん、今年の選出方法ではまだまだ不十分だということは分かっています。女性の映画人が選出される率と男性の映画人のそれもまだ不平等ですし、目立つ部門における黒人と白人の選出率は近くなってきたように見えますが、他の民族への配慮はまだ為されていない状態ですしね。

しかしながら、今の時点では、これが限界じゃないかなあと思っています。改革は急速には進みませんし、世界中のありとあらゆる国々から才能が集結するハリウッドでは、世界情勢の変化による金の流れの変化、各民族間の力関係の変化に引きずられ、こうした映画祭におけるノミネートの傾向は微妙に変わっていくものですから。それに、いくら改革を推し進めても、必ずしも全ての人たちを満足させ得るわけではありません。

様々な部門の選出の傾向を見てみても、今年のアカデミー賞が、“白人と黒人の選出のバランスに特に留意した”ことは明白。特に演技賞部門がそうですね。“人種の多様性”への対応の遅れが批判の対象になっていたのですから、アカデミーがまずその部分を変革していくだろうことは容易に察せられます。それに、つい忘れがちになりますが、アカデミー賞はあくまでも“アメリカの映画賞”でありますから、まずは黒人の映画人へのノミネートのチャンスを上げることが緊急の課題になるでしょう。次は恐らく、演技賞部門以外の部門への女性映画人のノミネート数を増やすことが目標になると思います。その次は、“映画のジャンルの壁”を超えることかな。尤も、この課題はなかなか解決するのが難しいでしょうね。

個々の部門の候補者については、大体において、現時点での最善の選出内容になっているとは思います。が、作品賞 Pictureで、マーティン・スコセッシ Martin Scorsese監督の「沈黙 Silence」がノミネートから漏れたことと、監督賞 Directingで「ノクターナル・アニマルス Nocturnal Animals」のトム・フォード Tom Ford監督が脱落したことは、残念無念でしたね。トム・フォード Tom Ford監督については、脚色賞 Adapted Screenplay部門のノミネートには入るかと期待していたのですが、そちらもダメでした。がっかり。
それから、無いものねだりになるかもしれませんが、名女優アネット・ベニング Annette Bening("20th Century Women")がノミネートから外れたのは納得できないなあ。でも、今年の主演女優賞部門には、個性的でパワフルな魅力を持つ候補者が何人もいるので、彼女がノミネートに入るのは難しかったかもしれんなあ。

文句を言い始めればきりがない。よし、今度は今年のノミネート内容で嬉しかった点を挙げていきましょうか。

画像

主演男優賞ですよ。ヴィゴ・モーテンセン Viggo Mortensenが、多分に彼自身の素顔のイメージとリンクする作品と役柄で、見事にオスカーのノミネートを勝ち取りましたね!これは嬉しいわあ。そして、インディペンデントのコメディ映画ということで日本で公開されるかどうか一抹の不安があったその作品自体も、「はじまりへの旅 Captain Fantastic」というタイトルで日本公開が無事決定。映画祭で大変評判が良かった作品ですし、個人的にもとても楽しみにしていたので、日本公開決定は素直に嬉しいです。

画像

もう一つ嬉しかったのは、何とも表現の仕様がない感慨が観賞後もずーっと胸の中に残る「ロブスター The Lobster」がオリジナル脚本賞候補になったことですね。ヨルゴス・ランティモス Yorgos Lanthimos監督には、今後もユニークな作品をどんどん撮ってほしいですな。

にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

にほんブログ村

第89回アカデミー賞ノミネート Noms for the 89th Academy Awards House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる