House of M

アクセスカウンタ

更新情報

zoom RSS TIFF 2016最初の招待作品発表!

<<   作成日時 : 2016/07/29 00:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

7月26日、カナダはトロントで、今年のトロント国際映画祭 Toronto International Film Festivalに招待される作品群のうち一部が発表されました。

2016年度のTIFFは9月8日から9月18日まで開催されます。詳しい日程については、トロント国際映画祭公式サイト TIFF official siteにて順次発表されますので、トロント行きを決めていらっしゃる方、並びにトロント在住の方で映画まみれの日々を堪能される予定の方は、公式サイトをチェックしてくださいね。

Toronto International Film Festival Press Conference 2016
shared from TIFF Live
7月26日に行われたプレス・カンファレンスの動画です。TIFFアーティスティック・ディレクターのキャメロン・ベイリー氏とCEOであるピアース・ハンドリング氏両名から発表されました。最後に、今年のTIFFの方向性についても説明してくれています。今、映画界でも大きな潮流になっている多様性 diversity、あらゆる観点においての平等性 equalityを更に推し進めた、昨年以上に画期的で挑戦的なラインナップになっていると自信を見せておられました。

この日発表された今年のTIFF招待作品ラインナップは、とりあえずガラ作品(Galas)と特別上映作品(Special Presentations)で、現在招待が決定している作品のみということです。毎年そうですが、開催日までまだ時間があるため、随時招待作品のタイトルは増えていく模様。次の発表を楽しみに待っていましょう。


2016年度トロント国際映画祭 Toronto International Film Festival 2016


ガラ上映作品 Galas Presentetions


画像

画像

“Arrival” ドニ・ヴィルヌーヴ Denis Villeneuve監督

“Deepwater Horizon” ピーター・バーグ Peter Berg監督
“The Edge of Seventeen” ケリー・フレモン・クレイグ Kelly Fremon Craig監督
“The Headhunter’s Calling” マーク・ウィリアムズ Mark Williams監督
“The Journey is the Destination” ブロンウェン・ヒューズ Bronwen Hughes監督

画像

“JT + The Tennessee Kids” ジョナサン・デミ Jonathan Demme監督

画像

“LBJ” ロブ・ライナー Rob Reiner監督

画像

“Loving” ジェフ・ニコルス Jeff Nichols監督

画像

“A Monster Calls” フアン・アントニオ・バヨナ J.A. Bayona監督

画像

“Norman: The Moderate Rise and Tragic Fall of a New York Fixer” ヨセフ・シダー Joseph Cedar監督

画像

“Planetarium” レベッカ・ズロトヴスキ Rebecca Zlotowski監督

画像

“Queen of Katwe” ミーラー・ナイール Mira Nair監督

画像

“The Promise” テリー・ジョージ Terry George監督

画像

“The Rolling Stones Ole Ole Ole!: A Trip Across Latin America” ポール・ダグデール Paul Dugdale監督

画像

“The Secret Scripture” ジム・シェリダン Jim Sheridan監督

画像

“Snowden” オリバー・ストーン Oliver Stone監督

“Strange Weather” キャサリン・ディークマン Katherine Dieckmann監督

“Their Finest” ロネ・シェルフィグ Lone Scherfig監督

画像

“A United Kingdom” アマリラ・アサンテ Amma Asante監督


特別上映作品 Special Presentations


“(Re)ASSIGNMENT” ウォルター・ヒル Walter Hill監督
“150 Milligrams / La Fille de Brest” エマニュエル・ベルコ Emmanuelle Bercot監督

画像

“The Age of Shadows / Miljeong” キム・ジウン Kim Jee woon監督

“All I See Is You” マーク・フォースター Marc Forster監督

画像

“American Honey” アンドレア・アーノルド Andrea Arnold監督

画像

“American Pastoral” ユアン・マクレガー Ewan McGregor監督

“Asura: The City of Madness” キム・スンス Kim Sung-soo監督
“Barakah Meets Barakah / Barakah yoqabil Barakah” Mahmoud Sabbagh監督
“Barry” ヴィラム・ガンジー Vikram Gandhi監督
“Below Her Mouth” エイプリル・ミュラン April Mullen監督
“Birth of the Dragon” ジョージ・ノルフィ George Nolfi監督

画像

“The Birth of a Nation” ネイト・パーカー Nate Parker監督

“Bleed for This” ベン・ヤンガー Ben Younger監督
“The Bleeder” フィリップ・ファラドー Philippe Falardeau監督
“Blue Jay” アレックス・レーマン Alex Lehmann監督
“Brain on Fire” ジェラルド・バーレット Gerard Barrett監督
“Brimstone” マーティン・クールホーヴェン Martin Koolhoven監督

画像

“BrOTHERHOOD” ノエル・クラーク Noel Clarke監督

“Burn Your Maps” ジョーダン・ロバーツ Jordan Roberts監督
“Carrie Pilby” スーザン・ジョンソン Susan Johnson監督
“Catfight” Onur Tukel監督
“Christine” アントニオ・カンポス Antonio Campos監督
“City of Tiny Lights”ピート・トラヴィス Pete Travis監督

画像

“The Commune / Kollektivet” トマス・ヴィンターベア Thomas Vinterberg監督

“A Death in the Gunj” Konkona Sensharma監督
“Denial” ミック・ジャクソン Mick Jackson監督
“The Duelist” アレクセイ・ミジレフ Alexey Mizgirev監督

画像

“Elle” ポール・ヴァーホーヴェンPaul Verhoeven監督

“The Exception” デヴィッド・レボー David Leveaux監督
“Foreign Body / Jassad Gharib / Corps Etranger” Raja Amari監督
“Frantz” フランソワ・オゾン Francois Ozon監督

画像

“The Handmaiden / Agassi” パク・チャン・ヌク Park Chan-wook監督

画像

“Harmonium / Fuchi ni tatsu” 深田 晃司 Koji Fukada監督

“I Am Not Madame Bovary” フォン・シャオガンFeng Xiaogang監督

画像

“I, Daniel Blake” ケン・ローチ Ken Loach監督

画像

“In Dubious Battle” ジェームズ・フランコ James Franco監督

画像

“It's Only the End of the World” グザヴィエ・ドラン Xavier Dolan監督

“The Journey” ニック・ハム Nick Hamm監督
“King of the Dancehall” ニック・キャノン Nick Cannon監督

画像

“La La Land” デイミアン・チャゼル Damien Chazelle監督

“The Limehouse Golem” ホアン・カルロス・メディナ Juan Carlos Medina監督

画像

“Lion” ガース・デイヴィス Garth Davis監督

“The Long Excuse / Nagai Iiwake 永い言い訳” 西川美和 Miwa Nishikawa監督

画像

“Manchester by the Sea” ケネス・ローナガン Kenneth Lonergan監督

画像

“Mascots” クリストファー・ゲスト Christopher Guest監督

“Maudie” エイスリング・ウォルシュ Aisling Walsh監督
“Mean Dreams” ネイサン・モーランド Natham Morlando監督
“Neruda” Pablo Larrain監督

画像

“Nocturnal Animals” トム・フォード Tom Ford監督

“The Oath” Baltasar Kormarkur監督
“Orphan / Orpheline” アルノー・ドゥ・パリエール Arnaud des Pallieres監督
“Paris Can Wait” エレノア・コッポラ Eleanor Coppola監督

画像

“Paterson” ジム・ジャームッシュ Jim Jarmusch監督

“Rage” 李 相日 Sang-il Lee監督

画像

“The Salesman” アスガー・ファハルディ Asghar Farhadi監督

画像

“Salt and Fire” ヴェルナー・ヘルツォーク Werner Herzog監督

“Sing” ガース・ジェニングス Garth Jennings監督
“Souvenir” Bavo Defurne監督
“Things to Come / L’Avenir” ミア・ハンセン・ラヴ Mia Hansen-Love監督

画像

“Toni Erdmann” マーレン・アーデ Maren Ade監督

画像

“Trespass Against Us” アダム・スミス Adam Smith監督

“Two Lovers and a Bear” キム・グエン Kim Nguyen監督
“Una” ベネディクト・アンドリュース Benedict Andrews監督
“Unless” アラン・ギルセナン Alan Gilsenan監督

画像

“Voyage of Time: Life's Journey” テレンス・マリック Terrence Malick監督

“Wakefield” ロビン・スウィコード Robin Swicord監督
“The Wasted Times / Luo Man Di Ke Xiao Wang Shi” Cheng Er監督
“Weirdos” ブルース・マクドナルド Bruce Mcdonald監督
“Window Horses (The Poetic Persian Epiphany of Rosie Ming)” アン=マリー・フレミング Ann Marie Fleming監督

【注】画像はトロント国際映画祭 TIFF公式サイトからお借りしています。

画像をつけた作品は、今年のサンダンス映画祭、カンヌ国際映画祭等の映画祭で注目された作品や、映画祭からの情報を加味して個人的に観たいと思っている作品です。今年も映画賞レースの最後に控えている、例のあの映画賞(大笑)で候補にあがる作品かどうかという判断基準は無視して、私は個人的に注目している作品たちです。

今年のトロント映画祭のラインナップは、昨年にも増して、人種の多様性と男女平等、そして映画のジャンルの壁をも超越しようとする姿勢を前面に打ち出した内容になっていると思いますよ。以前も書きましたが、もう一度繰り返します。世界一大きな映画祭であるトロント国際映画祭 TIFFにしかできない試み―映画という芸術媒体を通じて、国境や人種、様々な差別の壁を超えること―を実現するために、TIFFは新しい時代に向けて着実に前進しています。私たち観客も、TIFFの歩みを理解し、共に歩めるようになりたいものですね。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

にほんブログ村

TIFF 2016最初の招待作品発表! House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる