House of M

アクセスカウンタ

更新情報

zoom RSS 日本映画界の巨星消える。

<<   作成日時 : 2014/11/18 12:22   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

私にとってはあまりに巨大な存在で、ここで取り上げることもできなかった名優高倉健氏が、11月10日午前3時49分に悪性リンパ腫のため都内の病院で亡くなっていたことが発表されました。享年83歳。

大きな騒ぎになることを避け、発表の時期をあえてずらしたのだろうとお察しします。

かつての面白い日本を作り上げてこられた幾多の偉人たちを、相次いで見送らねばならない昨今、中でもとりわけ健さんの訃報は私達の心に大きなダメージを与えます。健さんの年齢を考えれば、ある程度は覚悟していなければならない事態だったのですが、いざ本当に亡くなってしまったことを知らされると大変なショックですね。

きっとこれから、各所で健さん追悼の企画が立ち上がることでしょう。健さんが日本の映画界に残してきた足跡は、それらの追悼企画でおさらいすることにしましょうね。

洋画中心の当館では、リドリー・スコット監督、マイケル・ダグラス、アンディ・ガルシア、松田勇作と健さんが共演した「ブラック・レイン Black Rain」の画像を貼ってご冥福をお祈り申し上げます。

画像


画像

“黒い雨”に打たれて震えていたのは一体何だったのか。私達の良心か、それとも先の見えない未来への恐怖か。どうか、どうかゆっくりお休みください、健さん。長い間日本映画界を支え、牽引してくださり、本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。



にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

にほんブログ村

日本映画界の巨星消える。 House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる