House of M

アクセスカウンタ

更新情報

zoom RSS 「12 Years A Slave」トロントでスタンディング・オベーションされる。追記。

<<   作成日時 : 2013/09/07 13:27   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

第38回トロント国際映画祭は、ビル・コンドン監督・ベネディクト・カンバーバッチ主演による伝記ドラマ「The Fifth Estate」のプレミア上映を合図に開幕しました。個人的に注目している作品が、初日と2日目に立て続けに紹介される日程なので、ただいま頭の中が氾濫する情報で大混乱中であります。

・9月6日(2日目)上映作品(招待作品、特別企画作品含む)…注目作品は太字ハイライトにしてあります

12 Years a Slave
Director: Steve McQueen
USA | 133 minutes

The Railway Man
Director: Jonathan Teplitzky
Australia / United Kingdom | 116 minutes

Of Good Report
Director: Jahmil X.T. Qubeka
South Africa | 109 minutes

The Square
Director: Jehane Noujaim
Egypt / USA | 99 minutes

Prisoners
Director: Denis Villeneuve
USA | 146 minutes

Closed Curtain
Directors: Jafar Panahi, Kambozia Partovi
Iran | 106 minutes

Hateship Loveship
Director: Liza Johnson
USA | 102 minutes

Watermark
Directors: Jennifer Baichwal, Edward Burtynsky
Canada | 90 minutes

Something Necessary
Director: Judy Kibinge
Kenya / Germany | 85 minutes

Around the Block
Director: Sarah Spillane
Australia | 104 minutes

Lucky Them
Director: Megan Griffiths
USA | 97 minutes

Parkland
Director: Peter Landesman
USA | 93 minutes

What is Cinema?
Director: Chuck Workman
USA | 83 minutes

Bad Words
Director: Jason Bateman
USA | 88 minutes

MANAKAMANA
Directors: Stephanie Spray, Pacho Velez
USA / Nepal | 117 minutes

Violette
Director: Martin Provost
France / Belgium | 139 minutes

Attila Marcel
Director: Sylvain Chomet
France | 106 minutes

Love is the Perfect Crime
Directors: Arnaud Larrieu, Jean-Marie Larrieu
France / Switzerland | 111 minutes

Pioneer
Director: Erik Skjoldbjærg
Norway / Germany / Sweden / France / Finland | 106 minutes

Beyond the Edge
Director: Leanne Pooley
New Zealand | 93 minutes

Hotell
Director: Lisa Langseth
Sweden / Denmark | 99 minutes

Horns
Director: Alexandre Aja
USA | 123 minutes

Cinemanovels
Director: Terry Miles
Canada | 89 minutes

The Last of Robin Hood
Directors: Richard Glatzer, Wash Westmoreland
USA | 94 minutes

Heart of a Lion
Director: Dome Karukoski
Finland / Sweden | 99 minutes

All About the Feathers
Director: Neto Villalobos
Costa Rica | 85 minutes | PG

Triptych
Directors: Robert Lepage, Pedro Pires
Canada | 90 minutes | 14A

Manila in the Claws of Light
Director: Lino Brocka
Philippines | 124 minutes | 14A

Palestine Stereo
Director: Rashid Masharawi
Palestine / Tunisia / France / Norway / United Arab Emirates / Italy / Switzerland | 90 minutes | PG

Palo Alto
Director: Gia Coppola
USA | 98 minutes | 14A
俳優のジェームズ・フランコがはじめて上梓した短編小説集「Palo Alto」を基に、ジーア・コッポラが初めて監督した作品です。原作者のフランコ、エマ・ロバーツ、ゾーイ・レヴィンという若手注目株のキャストが集まりました。

The Station
Director: Marvin Kren
Austria | 93 minutes | 14A

Abuse of Weakness
Director: Catherine Breillat
France / Belgium / Germany | 104 minutes | 14A

Intruders
Director: Noh Young-seok
South Korea | 99 minutes | 14A

Cannibal
Director: Manuel Martín Cuenca
Spain / Romania / Russia / France | 116 minutes | 14A

Wild Duck
Director: Yannis Sakaridis
Greece | 88 minutes | 14A

Southcliffe
Director: Sean Durkin
United Kingdom | 190 minutes | 14A

Trap Street
Director: Vivian Qu
China | 93 minutes | 14A

Empire of Dirt
Director: Peter Stebbings
Canada | 99 minutes | 14A

Midway
Directors: Chris Jordan, Sabine Emiliani
USA | 82 minutes | PG

Faith Connections
Director: Pan Nalin
France / India | 115 minutes | 14A

REAL
Director: Kiyoshi Kurosawa
Japan | 127 minutes | PG

People In Places
Director: Juan Cavestany
Spain | 83 minutes | PG

Blind Dates
Director: Levan Koguashvili
Georgia | 95 minutes | 14A

Sapi
Director: Brillante Ma Mendoza
Philippines | 102 minutes | 14A

Mission Congo
Directors: Lara Zizic, David Turner
USA | 68 minutes | 14A

Border
Director: Alessio Cremonini
Italy | 95 minutes | 14A

Wavelengths 1: Variations On...
| 71 minutes | 14A

Jason Reitman's Live Read of Boogie Nights
新作「Labor Day」が注目を集めているジェイソン・ライトマン監督が、なんと「ブギーナイツ」のライブ朗読会を豪華ゲストを招いて開催。生でご覧になった方は超ラッキーですね。


現地時間で6日、スティーヴ・マックィーン監督の注目の第3作目「12 Years A Slave」のプレミア上映が行われ(プレス・カンファレンス開始時刻は日本時間では8日の午前3時ごろになるそうです)、大変大きな反響を呼んだそうです。マックィーン監督の生々しい描写が一般の観客にどう影響するか、私としては非常に不安でしたが、上映が終わるやいなや、そのような心配を吹っ飛ばすほどの熱いリアクションを得られたようです。

良かった良かった。

プレス・カンファレンスでどういう質問が飛んでくるか、逆にすごく興味が出てまいりましたよ。

まずは、第一段階を見事に突破しましたね。各映画サイトが今作のレビューを出してきていますが、絶賛するレビューばかり。こんなに褒めちぎられてしまって大丈夫かしらと不安になるぐらい(笑)。


画像

主役のソロモン・ノーサップを熱演したキウィテルイジョフォー。

画像

自身の製作会社Plan Bで今作のプロデュースも務めたブラッド・ピットと助演のベネディクト・カンバーバッチ。ピットのプロデュース手腕にも賛辞が送られています。

画像

今作では、ソロモンと敵対する非情な農園主を演じるマイケル・ファスベンダー。

画像

実はポール・ダノも出ています。

画像

ソロモン・ノーサップの前に立ちはだかるポール・ジアマッティも登場。

画像

そして、3作品でタッグを組み、苦楽を共にしたファスベンダーとマックィーン監督の2ショット。監督、いい笑顔だ♪

…こりゃね、この「12 Years A Slave」、今年の賞レース、オスカー戦線の目玉になりそうです。いい風が吹いてるかも。

「12 Years A Slave」当館内の紹介記事は、こちらこちらこちらに。

TIFF 2013 World Premiere of "12 Years a Slave"

6日に行われたワールド・プレミアでのレッド・カーペット上でのインタビュー集です。劇中ではわずかなカメオ出演に留まりましたが、今作の製作を手がけているブラッド・ピット、助演のポール・ダノ、ベネディクト・カンバーバッチ、新生ルピータ・ニョンゴ、ベテラン女優のアルフレ・ウッダード、ラストを飾るのは愛すべきテディ・ベア監督、スティーヴ・マックィーン監督です。監督の情熱と演出の冴え、音楽を担当したハンス・ジマーなどスタッフの才能、そしてやっぱり見事なアンサンブル演技をみせてくれた役者陣など、映画を構成する様々な要素がピタリとあるべき位置に収まった、そんな作品に仕上がったのでしょうね。

12 YEARS A SLAVE Press Conference | Festival 2013

なんとなく嫌な予感はしてたんですがね。当たったわ、予感が(苦笑)。プレス・カンファレンスの模様なんですが、荒れ気味。くだらねえ質問、監督や俳優陣など出席者を苛立たせるような質問が飛んできて、マックィーン監督も気分を害しています。…今作へのネガティヴ・キャンペーンのつもりか?オスカーへのノミネートの話もでていただけに、そんな前評判を貶めようとでも?人種差別の、全く極端な例を描いたこの「12 Years A Slave」ではありますが、奇しくもこの映画の存在自体が、いまだに根絶できない根深い異人種間の対立構造を露呈する結果となったのでしょうかね…。以前の記事で、私はこの作品が今年度の賞レースの劇薬的な存在になるかもしれないと書きましたが、予言が当たりそうな気がしてきました。嗚呼。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

にほんブログ村

「12 Years A Slave」トロントでスタンディング・オベーションされる。追記。 House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる