House of M

アクセスカウンタ

zoom RSS 神vs.ハエ、仁義なき戦い―『The God』

<<   作成日時 : 2013/03/10 00:42   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

まず最初にお断りをば。これからご紹介するショートアニメ『The God』ですが、元動画のタイトルに“Pixar”と銘打ってあります。しかしながら、コメント欄で多くの人が指摘しているように、これ多分例のピクサーとは全く関係ない作品だと思われますのでご注意を。なお、文字通り“神様”を徹底的におちょくった内容のシニカルな作品ですので、場合によっては罰当たりであると不快に思う方もおられるかもしれません。重ねてご注意を申し上げておきます。…私はいかなる宗教にも肩入れしない人間であり、まあ、ただ単純に面白がって観たクチです。

“The God”


『The God』
Melnitsa Animation presents
Directed by Konstantin Bronzit

画像

…何本もの腕を持ち、常に片足で宇宙空間に立つ神。この腕はそれぞれ異なる使命を持ったものなのだそうだ。この物語は、そんな神秘的なパワーを有する万能の神の像と、その高貴なる立ち姿に図々しくも張り付いた、1匹のハエとの壮絶な戦いを描いたものである…。

―いつも不思議に思うんですが、ハエや蚊っていう奴は、一度まとわりつくと何故いつまでもいつまでもしつこく同じ場所をブンブン飛び回るんでしょうかね。手で追い払っても、必ず戻ってくるでしょ?神よ、何故あなた方は、ハエや蚊といった生き物にそんな意味のない執着心と、叩かれても蹴っ飛ばされても追いすがってくる根性を与えたもうたのでしょう。

画像

移動できる人間ですら、ハエにブンブン飛び回られたらイライラしちゃうもんです。ずーっと同じ場所に立ってなきゃならない像にしてみれば、そりゃたまったもんじゃないでしょうよ。

画像

今こそ、この複数の腕を活用する時。でも、たくさんあるからといって、必ずしも有利だとは限らないんですね。

画像

特にハエのような、小さくて、飛べて、すばしっこいものを捕まえようとする場合は特に。たくさんある腕は、むしろこんがらがって解けなくなってしまう。これは大変です。神は偉いんです。神たるもの、たかだか1匹のハエのごときいやしい存在相手に、みっともない姿は晒せません。

画像

しかし、捕まえたと思っても指の隙間殻から逃げ出して、神をあざ笑うように鼻の穴に入ってみたりするハエに、神もいい加減ブチ切れた模様。体裁に構っていられなくなりました。

―ちなみに、もう一つ不思議に思うのは、小さな生き物って何故狭い所へ狭い所へ入っていこうとするのでしょうかね。その狭き門の先に、何か深遠なる世界が待っているのか?神よ、何故あなた方はこのような理解不能な本能を、小さきもの達に与えたもうたのでしょう。

画像

複数の手をそれぞれの使命に任せて動かしていたのでは、またまた腕が絡まってしまうので、やむなく同じ動きで統率し、ハエをつぶそうと目論む神。確か、殺生しちゃいけないとか言っていたような気もしますが、もうそんなことに構っていられないほど切羽詰った様子が窺えます。しまいにゃ、頭突きを繰り出すほどですから。

画像

神は一応全知全能なのですから、その神の子であるところのハエは、本来なら全く歯が立たないはず。神の方も、なりふり構わず追っかけた甲斐があり、ようやくハエをその手に捕まえることに成功しました。ホントなら、もっと早く、しかもスマートにハエのおいたを懲らしめねばならぬところではありますが、まあ散々手こずらされた末の勝利ですものね。こんな、神にあるまじきドヤ顔になってしまうのもむべなるかな。

―さらに不可解に思うのは、ようやく勝利を手中に収めんという段になって、何故我々はついつい余計なことをしでかしてしまうのでしょうかね。そういうときこそ理性を総動員し、何を置いても勝利を確実にすることが先決でしょうに。肝心な時についお調子に乗ってしまったがために、勝利を逃してしまうという“うっかりミス”は、どんな人間にも身に覚えのあること。神よ、何故あなた方はこんな無様な本能を我々に与えたもうたのでしょう。


…なぁんだ。この“詰めの甘さ”って、神様由来のものだったんだ。それじゃあ、仕方ないやねぇ…


にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村
ワタシは、“蠅の王”「ならぬ、“豆の王”です♪


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い 面白い
神vs.ハエ、仁義なき戦い―『The God』 House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる