House of M

アクセスカウンタ

更新情報

zoom RSS ♪ Over the yellow flowers ♪ー「オズ はじまりの戦い」

<<   作成日時 : 2013/03/26 23:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

オズの魔法使 特別版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オズの魔法使 特別版 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

映画「オズの魔法使い」は、異次元とこの世を越境したファンタジー映画の名作です。

その「オズの魔法使い」の前日譚…オズがなぜ偉大なる魔法使いとなったのか…を描くサム・ライミ監督の「オズ はじまりの戦い Oz: Great and Powerful」は、ストーリーに盛り込まれた意外性と、最終的には“映画のはじまり”の時代へのリスペクトに帰着する語り口の巧さがここ日本でもウケ、好調な興業成績をあげていると聞きます。

画像

私も大きなスクリーンで観てまいりましたが、黎明期の映画を思わせる切り絵風のアニメ仕立てのオープニングから、オズがエメラルド・シティに飛ばされるまでのモノクロのシーンに繋がる流れまで、本編冒頭部分で既にすっかり魅了されておりました。
例のスパイダーマン・シリーズを不本意な形で降板し、しかも新しくリブートされたマーク・ウェブ版スパイダーマンが、批評、興行成績共に好調なスタートを切ったことで、ライミ自身がかなり凹んでいた…なんていう話も漏れてきていただけに、この作品での演出に影響が出なければいいがなあと心配していたんですけどね。杞憂だったようです。
ジェームズ・フランコも、尊大で自己チューだったオズが成長していく様子を好演していました。まあ確かに、当初オズ役にはロバート・ダウニーJr.が予定されていたということがよくわかるキャラクター設定、並びに演出ではありましたが、あのふにゃ〜っとした笑顔でオズの頼りなさを、その笑顔を引っ込めて一発逆転における大胆不敵さを表現、なかなかハマった役者っぷりでしたよ。
真性ファンタジー世界の中に、“映画”という、現実世界の中のマジックを持ち込み、映画の技術を駆使して魔法と戦うというアイデアは、やっぱり映画好きにはたまらないもの。クライマックス、悪の魔女達との工夫を凝らしたDIY対決(笑)は、本当にワクワクしました。思うにこの「オズ はじまりの戦い」は、ライミ監督にとっての「ヒューゴの不思議な発明」だったのかもしれませんね。

画像

よく足を運ぶシネコンでも、中央広場に映画のパネルや関連グッズを展示する企画展が開かれていました。会場は決して広くはないのですが、映画本編でも印象的だった菜の花が植えられ、なかなかに凝った雰囲気を醸し出していましたよ。映画では、エメラルド・シティの書割チックな原色世界が、オリジナル作品のイメージをよく再現していて面白かったですね。実はこの写真、Instagramでも割と好評でした。「オズ はじまりの戦い」は、オリジナルの方の不朽の名曲“虹の向こうに Over the Rainbow”ならぬ、“黄色い花の向こうに Over the Yellow Flowers”垣間見えた夢の国でありましたとさ。


にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

にほんブログ村

♪ Over the yellow flowers ♪ー「オズ はじまりの戦い」 House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる