House of M

アクセスカウンタ

更新情報

zoom RSS ロック様と一緒に牛乳を飲もうぜ!―“Got Milk?”

<<   作成日時 : 2013/02/04 17:22   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

一つ前の記事でも書きましたが、アメリカにおけるスーパーボウル・ビジネスというのは、日本のプロ野球巨人阪神戦の比ではない程(笑)巨大なものです。そりゃまあ、アメリカ人だけではなく、いろいろな媒体を通じて世界中の人間が見ているわけですから、宣伝効果といった面では計り知れない影響力を持つであろうことは容易に察しがつきます。

てなわけで、このスーパーボウルのハーフタイムの間に行われるショーも、知名度抜群のスーパースターが登場し、それぞれ趣向を凝らしたショーをみせるという伝統があります。ハーフタイム・ショーに出演すること自体が、アーティスト達にとっては大きなステータスになるわけですね。今年はビヨンセちゃんでしたが、マドンナ大先生(口パクでした・爆)がご老体を厭わずトリを務め、飛んだり跳ねたりバック転したり大忙しの体育会系ショーを披露してくれた年もありました。ビヨンセちゃんの今年のハーフタイム・ショーは、露出度高めのアダルト系ショーといった趣きでしたか。まあ、ご不満を抱かれた方々もおられたかもしれませんが、世界中の老若男女が見ているお祭りですからね。あんまり嗜好性の高いショーはできないでしょうよ(笑)。くだんの国歌斉唱口パク事件についても、ご本人が潔く口パクを認めたうえで記者会見でアカペラ斉唱してみせたわけですから、それはそれでいいじゃないですか。

それにしても、本筋とは関係ありませんが、ビヨンセちゃんの太もも凄かったですね(爆)。あの太ももに挟まれて足4の字固めをきめられたら、死んでまうかもよ(笑)。

さてさて、前置きが長くなりました。このスーパー・ボウル中継中に流れるコマーシャルも、やはり宣伝効果は抜群とあって、企業の知名度、センス、内容共に質の高いものが放映される傾向にあります。コマーシャルだと思ってバカにしちゃいけませんよ。さすがはスーパー・ボウル効果様々、一つの作品として結構面白い掘り出し物があるんですから。今年のコマーシャルの中では、これが一番気に入ったかな(笑)。

“Milk Mustache Campaign Super Bowl XLVII TV Commercial”
 ―shared from Milk Mustache Campaign

画像

朝食のテーブル。寝ぼけ眼の子供達にシリアルを用意したロック様でしたが、冷蔵庫を開けてびっくり、なんと肝心のミルクを切らしてしまっていたのです。がっかりする子供達になんとか美味しいミルクを飲ませてやりたい。ロック様は躊躇せず外に飛び出し、まだその辺にいるであろう牛乳配達のトラックを追っかけます。

しかし、急いでいるときに限って様々な障害が行く手を阻むというのは、世界共通の真理でありますね。凶悪犯を追う刑事の形相で牛乳配達を追いかけるロック様に、木の上から降りられなくなった猫の飼い主や、動物園から脱走したライオンに襲われそうになっている老婦人からの救助願いが飛び込んできます。それらは、一市民として見過ごすわけにはいかないピンチではあるのですが、ミルクを待っている子供達のため、ロック様も心を鬼にして走り続けます。果ては銀行強盗団にまで出くわすものの、時間を無駄にはできぬと歯軋りしつつ、トラックに追走するロック様。なんとかかんとか、牛乳配達のお兄さんからミルクをゲットしたロック様、ホクホク顔で帰宅しました。

画像

再び朝食の和やかなテーブルで、子供達と一緒に口の周りに白い髭を作りつつ、ミルクを飲むロック様。しかし、窓の外では信じがたい世紀末的光景が繰り広げられていました。UFOに乗った宇宙人が来襲し、謎の光線で街が破壊され、エイリアンがロック様の家の窓にまで侵入してきますが、なーに大丈夫。ミルクを飲んでエネルギー満タンなロック様の敵ではありません。

さあキミも、おいしいミルクを一杯飲んで、ロック様と一緒に地球を守ってみないか!!

…とまあ、こんな内容のコマーシャルが、ロック様堂々主演で放映されたわけです(笑)。

めっさ面白ぇ♪

もうさ、ロック様は安っぽいアクション映画なんか作ってないで、コメディ路線を極めればいいんだと思うのよ。だってすんごいキュートじゃん、このロック様(笑)。かわいい子供達を前にするとイマイチ押しが弱くなるのに、凶悪なエイリアンをこぶし一つで撃退してるし(笑)。ロック様の持ち味やキャラクターを上手く利用した楽しい作品ですよね。

また、このCMを監督したのが、例のラジー賞(ゴールデン・ラズベリー賞)主要部門に大量ノミネートされた話題の超大作「バトルシップ」の監督ピーター・バーグとくるから、余計に可笑しい(涙笑)。
彼は元々は役者さんでして、「シカゴ・ホープ」というドラマではイケメン・ドクターに紛してちょっとした人気俳優になりました。その後、“カメラの後ろ側”の仕事でキャリアを築くようになり、脚本や監督作品をいくつか手がけています。監督としては、後にテレビ・ドラマ化されて長い人気を誇った「プライド 栄光への絆 Friday Night Lights」(2004)や「キングダム/見えざる敵 The Kingdom」(2007年)といった骨太な佳作も撮る一方で、なぜか「ハンコック Hancock」(2008年)やくだんの「バトルシップ Battleship」(2012年)のような大コケ・ダメダメ作品も作ってしまうという、作品の仕上がりにえらくムラがあるタイプの人ですね。まあ、ハリウッドで監督として生きていくのは、やはり大変だということでしょうか(笑)。

そのバーグ監督、2003年にロック様主演の映画「ランダウン ロッキング・ザ・アマゾン The Rundown」を手がけた縁により、子供達にもっと牛乳を飲んでもらおうという“Milk Mustache Campaign”企画のコマーシャルで、再度ロック様とタッグを組むことになりました。出来上がった作品はご覧の通り、ロック様の映画やバーグ監督自身の過去作品…「ハンコック」や「バトルシップ」など…をネタにした自虐パロディと、他の映画から引っ張ってきたパロディ要素満載のものになりましたね(笑)。いやー私は好きですよ、こういうの(笑)。

解説に拠ると、Milk Mustache “got milk?” Campaignのコマーシャルがスーパーボウル中継枠内に流れるのは、今回が初めてなのだそうです。へええ。ロック様の出演映画のTVスポットも、同じ枠内で流れた関係からのタイアップでしょうかね。いずれにしても楽しいCMでした。

そしてこちらが、スーパーボウル・バージョンの大好評にお応えして公開された(笑)完全版の動画です!ぜひご覧になってくださいね。ロック様が可愛くて面白いから♪

“Milk Mustache Campaign Super Bowl XLVII TV Commercial (Extended Version)”


画像

…それにしてもロック様のパンチ速ぇー!!残像しか見えないよ!さすがはプロの格闘家ですなあ。


にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い 面白い

にほんブログ村

ロック様と一緒に牛乳を飲もうぜ!―“Got Milk?” House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる