House of M

アクセスカウンタ

zoom RSS 第85回アカデミー賞ノミネート一覧―The 85th Annual Academy Awards追記

<<   作成日時 : 2013/01/11 10:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

…おちおち寝込んでもいられませんや。次から次へと情報が流れてきてアップアップ状態です。追記しました。

日本時間で昨夜遅く、第85回アカデミー賞のノミネート全てが発表されました。アメリカ国内最大の映画賞、ひいては、やっぱり世界でもトリを飾る映画のお祭りであることには変わりがない賞です。“●△賞”というステータスが大好きなアメリカ人にとって、このオスカー争奪戦は、かの大統領選に例えられ、皮肉られるほどの盛り上がりを見せます。尤も、本当に良い映画に飢えている世界中の映画好きには、とっくの昔にf*ck *pされている(苦笑)のではありますけどね。


Are you "Humpty Dumpty" or "Mickey Mouse"? ― for The 85th Annual Academy Awards Nominees list
Humpty Dumpty sat on a wall.
Humpty Dumpty had a great fall.
All the king's horses and all the king's men
couldn't put Humpty together again.

ハンプティ・ダンプティは塀の上にふんぞり返る
ハンプティ・ダンプティがぶざまに落っこちた
王様の馬全部、王様の家来が皆わらわら集まっても
ハンプティを元に戻せなかった… ―「マザーグースの唄」



The 85th Annual Academy Awards Nominees

今年のオスカーの授賞式は2月24日に開催される予定です。

なお、衣装デザイン賞部門に、故石岡暎子女史が「白雪姫と鏡の女王 Mirror Mirror」でノミネートされていました。故人の遺した偉大な業績へのリスペクトを込め、改めてご冥福をお祈り申し上げます。


・作品賞 Best Motion Picture of the Year
Nominees:
「愛 アモール Amour」 (2012): To Be Determined
「アルゴ Argo」 (2012): Grant Heslov, Ben Affleck, George Clooney
「ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜 Beasts of the Southern Wild」 (2012): Dan Janvey, Josh Penn, Michael Gottwald
「ジャンゴ 繋がれざる者 Django Unchained」 (2012): Stacey Sher, Reginald Hudlin, Pilar Savone
「レ・ミゼラブル Les Misérables」 (2012): Tim Bevan, Eric Fellner, Debra Hayward, Cameron Mackintosh
「ライフ・オブ・パイ Life of Pi」 (2012): Gil Netter, Ang Lee, David Womark
「リンカーン Lincoln」 (2012): Steven Spielberg, Kathleen Kennedy
「世界にひとつのプレイブック Silver Linings Playbook」 (2012): Donna Gigliotti, Bruce Cohen, Jonathan Gordon
「ゼロ・ダーク・サーティ Zero Dark Thirty」 (2012): Mark Boal, Kathryn Bigelow, Megan Ellison

・主演男優賞 Best Performance by an Actor in a Leading Role
Nominees:
ブラッドリー・クーパー Bradley Cooper for Silver Linings Playbook (2012)
ダニエル・デイ=ルイス Daniel Day-Lewis for Lincoln (2012)
ヒュー・ジャックマン Hugh Jackman for Les Misérables (2012)
ホアキン・フェニックス Joaquin Phoenix for The Master (2012)
デンゼル・ワシントン Denzel Washington for Flight (2012/I)

・主演女優賞 Best Performance by an Actress in a Leading Role
Nominees:
ジェシカ・チャステイン Jessica Chastain for Zero Dark Thirty (2012)
ジェニファー・ローレンス Jennifer Lawrence for Silver Linings Playbook (2012)
エマニュアル・リヴァ Emmanuelle Riva for Amour (2012)
Quvenzhané Wallis for Beasts of the Southern Wild (2012)
ナオミ・ワッツ Naomi Watts for Lo imposible (2012)

・助演男優賞 Best Performance by an Actor in a Supporting Role
Nominees:
アラン・アーキン Alan Arkin for Argo (2012)
ロバート・デ・ニーロ Robert De Niro for Silver Linings Playbook (2012)
フィリップ・シーモア・ホフマン Philip Seymour Hoffman for The Master (2012)
トミー・リー・ジョーンズ Tommy Lee Jones for Lincoln (2012)
クリストフ・ヴァルツ Christoph Waltz for Django Unchained (2012)

・助演女優賞 Best Performance by an Actress in a Supporting Role
Nominees:
エイミー・アダムス Amy Adams for The Master (2012)
サリー・フィールド Sally Field for Lincoln (2012)
アン・ハサウェイ Anne Hathaway for Les Misérables (2012)
ヘレン・ハント Helen Hunt for The Sessions (2012)
ジャッキー・ウィーヴァー Jacki Weaver for Silver Linings Playbook (2012)

・監督賞 Best Achievement in Directing
Nominees:
ミヒャエル・ハネケ Michael Haneke for Amour (2012)
アン・リー Ang Lee for Life of Pi (2012)
デヴィッド・O・ラッセル David O. Russell for Silver Linings Playbook (2012)
スティーヴン・スピルバーグ Steven Spielberg for Lincoln (2012)
ベン・ザイトリン Benh Zeitlin for Beasts of the Southern Wild (2012)

・オリジナル脚本賞 Best Writing, Screenplay Written Directly for the Screen
Nominees:
「愛 アモール Amour」 (2012): Michael Haneke
「ジャンゴ 繋がれざる者 Django Unchained」 (2012): Quentin Tarantino
「フライト Flight」 (2012/I): John Gatins
「ムーンライズ・キングダム Moonrise Kingdom」 (2012): Wes Anderson, Roman Coppola
「ゼロ・ダーク・サーティ Zero Dark Thirty」 (2012): Mark Boal

・脚色賞 Best Writing, Screenplay Based on Material Previously Produced or Published
Nominees:
「アルゴ Argo」 (2012): Chris Terrio
「ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜 Beasts of the Southern Wild」 (2012): Lucy Alibar, Benh Zeitlin
「ライフ・オブ・パイ Life of Pi」 (2012): David Magee
「リンカーン Lincoln」 (2012): Tony Kushner
「世界にひとつのプレイブック Silver Linings Playbook」 (2012): David O. Russell

・アニメーション映画賞 Best Animated Feature Film of the Year
Nominees:
「メリダとおそろしの森 Brave」 (2012): Mark Andrews, Brenda Chapman
「フランケンウィニー Frankenweenie」 (2012): Tim Burton
「ParaNorman」 (2012): Sam Fell, Chris Butler
「The Pirates! In an Adventure with Scientists!」 (2012): Peter Lord
「Shugâ Rasshu」 (2012): Rich Moore

・外国語映画賞 Best Foreign Language Film of the Year
Nominees:
「愛 モール Amour」 (2012)(Austria)
「Rebelle」 (2012)(Canada)
「No」 (2012/I)(Chile)
「En kongelig affære」 (2012)(Denmark)
「Kon-Tiki」 (2012)(Norway)

・撮影賞 Best Achievement in Cinematography
Nominees:
「アンナ・カレーニナ Anna Karenina」 (2012/I): Seamus McGarvey
「ジャンゴ 繋がれざる者 Django Unchained」 (2012): Robert Richardson
「ライフ・オブ・パイ Life of Pi」 (2012): Claudio Miranda
「リンカーン Lincoln」 (2012): Janusz Kaminski
「スカイフォール Skyfall」 (2012): Roger Deakins

・編集賞 Best Achievement in Editing
Nominees:
「アルゴ Argo」 (2012): William Goldenberg
「ライフ・オブ・パイ Life of Pi」 (2012): Tim Squyres
「リンカーン Lincoln」 (2012): Michael Kahn
「世界にひとつのプレイブック Silver Linings Playbook」 (2012): Jay Cassidy, Crispin Struthers
「ゼロ・ダーク・サーティ Zero Dark Thirty」 (2012): William Goldenberg, Dylan Tichenor

・プロダクション・デザイン賞 Best Achievement in Production Design
Nominees:
「アンナ・カレーニナ Anna Karenina」 (2012/I): Sarah Greenwood, Katie Spencer
「ホビット 思いがけない冒険 The Hobbit: An Unexpected Journey」 (2012): Dan Hennah, Ra Vincent, Simon Bright
「レ・ミゼラブル Les Misérables」 (2012): Eve Stewart, Anna Lynch-Robinson
「ライフ・オブ・パイ Life of Pi」 (2012): David Gropman, Anna Pinnock
「リンカーン Lincoln」 (2012): Rick Carter, Jim Erickson

・衣装デザイン賞 Best Achievement in Costume Design
Nominees:
「アンナ・カレーニナ Anna Karenina」 (2012/I): ジャクリーン・デュラン Jacqueline Durran
「レ・ミゼラブル Les Misérables」 (2012): パコ・デルガド Paco Delgado
「リンカーン Lincoln」 (2012): ジョアンナ・ジョンストン Joanna Johnston
「白雪姫と鏡の女王 Mirror Mirror」 (2012/I): 石岡暎子 Eiko Ishioka
「スノーホワイト Snow White and the Huntsman」 (2012): コリーン・アトウッド Colleen Atwood

・メークアップ賞 Best Achievement in Makeup and Hairstyling
Nominees:
「ヒッチコック Hitchcock」 (2012): Howard Berger, Peter Montagna, Martin Samuel
「ホビット 思いがけない冒険 The Hobbit: An Unexpected Journey」 (2012): Peter King, Rick Findlater, Tami Lane
「レ・ミゼラブル Les Misérables」 (2012): Lisa Westcott, Julie Dartnell

・作曲賞 Best Achievement in Music Written for Motion Pictures, Original Score
Nominees:
「アンナ・カレーニナ Anna Karenina」 (2012/I): ダリオ・マリアネッリ Dario Marianelli
「アルゴ Argo」 (2012): アレクサンドル・デスプラ Alexandre Desplat
「ライフ・オブ・パイ Life of Pi」 (2012): ミカエル・ダナ Mychael Danna
「リンカーン Lincoln」 (2012): ジョン・ウィリアムス John Williams
「スカイフォール Skyfall」 (2012): トーマス・ニューマン Thomas Newman

・歌曲賞 Best Achievement in Music Written for Motion Pictures, Original Song
Nominees:
「Chasing Ice」 (2012): J. Ralph("Before My Time")
「レ・ミゼラブル Les Misérables」 (2012): Alain Boublil, Claude-Michel Schönberg, Herbert Kretzmer("Suddenly")
「ライフ・オブ・パイ Life of Pi」 (2012): Mychael Danna, Bombay Jayshree("Pi's Lullaby")
「スカイフォール Skyfall」 (2012): Adele, Paul Epworth("Skyfall")
「テッド Ted」 (2012): Walter Murphy, Seth MacFarlane("Everybody Needs a Best Friend")

・音響録音賞 Best Achievement in Sound Mixing
Nominees:
「アルゴ Argo」 (2012): John T. Reitz, Gregg Rudloff, José Antonio García
「レ・ミゼラブル Les Misérables」 (2012): Andy Nelson, Mark Paterson, Simon Hayes
「ライフ・オブ・パイ Life of Pi」 (2012): Ron Bartlett, Doug Hemphill, Drew Kunin
「リンカーン Lincoln」 (2012): Andy Nelson, Gary Rydstrom, Ron Judkins
「スカイフォール Skyfall」 (2012): Scott Millan, Greg P. Russell, Stuart Wilson

・音響編集賞 Best Achievement in Sound Editing
Nominees:
「アルゴ Argo」 (2012): Erik Aadahl, Ethan Van der Ryn
「ジャンゴ 繋がれざる者 Django Unchained」 (2012): Wylie Stateman
「ライフ・オブ・パイ Life of Pi」 (2012): Eugene Gearty, Philip Stockton
「スカイフォール Skyfall」 (2012): Per Hallberg, Karen M. Baker
「ゼロ・ダーク・サーティ Zero Dark Thirty」 (2012): Paul N.J. Ottosson

・視覚効果賞 Best Achievement in Visual Effects
Nominees:
「アベンジャーズ The Avengers] (2012): Janek Sirrs, Jeff White, Guy Williams, Daniel Sudick
「ホビット 思いがけない冒険 The Hobbit: An Unexpected Journey」 (2012): Joe Letteri, Eric Saindon, David Clayton, R. Christopher White
「ライフ・オブ・パイ Life of Pi」 (2012): Bill Westenhofer, Guillaume Rocheron, Erik De Boer, Donald Elliott
「プロメテウス Prometheus」 (2012/I): Richard Stammers, Trevor Wood, Charley Henley, Martin Hill
「スノーホワイト Snow White and the Huntsman」 (2012): Cedric Nicolas-Troyan, Phil Brennan, Neil Corbould, Michael Dawson

・ドキュメンタリー映画賞 Best Documentary, Features
Nominees:
「5 Broken Cameras」 (2011): Emad Burnat, Guy Davidi
「The Gatekeepers」 (2012): To Be Determined
「How to Survive a Plague」 (2012): To Be Determined
「The Invisible War」 (2012): To Be Determined
「シュガーマンを探して Searching for Sugar Man」 (2012): To Be Determined

・短編ドキュメンタリー映画賞 Best Documentary, Short Subjects
Nominees:
「Inocente」 (2012): Sean Fine, Andrea Nix
「Kings Point」 (2012): Sari Gilman, Jedd Wider
「Mondays at Racine」 (2012): Cynthia Wade, Robin Honan
「Open Heart」 (2013): Kief Davidson, Cori Shepherd Stern
「Redemption」 (2012/V): Jon Alpert, Matthew O'Neill

・短編アニメーション映画賞 Best Short Film, Animated
Nominees:
「Adam and Dog」 (2011): Minkyu Lee
「Fresh Guacamole」 (2012): PES
「Head Over Heels」 (2012): Timothy Reckart, Fodhla Cronin O'Reilly
「Paperman」 (2012): John Kahrs
「The Simpsons: The Longest Daycare」 (2012): David Silverman

・短編映画賞 Best Short Film, Live Action
Nominees:
「Asad」 (2012): Bryan Buckley, Mino Jarjoura
「Buzkashi Boys」 (2012): Sam French, Ariel Nasr
「Curfew」 (2012/I): Shawn Christensen
「Dood van een Schaduw」 (2012): Tom Van Avermaet, Ellen De Waele
「Henry」 (2011/III): Yan England

館長による魅惑の説教タイム開始(笑)。

というより、そもそも今回のオスカーの選考に怒っている人たちというのは、オスカーに一体何を期待しているのじゃよ?まずそこから見解違いを正さにゃ。

オスカーというのは、お祭りと“△×賞”というのが大好きなアメリカ人による、アメリカ人のための、アメリカ人の映画賞です。基本、“アメリカ映画とアメリカ映画で活躍する映画人のための賞”であるので、選考内容もアメリカ映画寄りになりますし、作品の内容もオーソドックスで無難なものが好まれますね。どんなに面白い作品であっても、過激過ぎたり難解であったりカルトちっくであったり、とにかく前衛的過ぎるものは、やはり敬遠されてしまう傾向があります。
それもこれも、候補作、及び受賞作の選考を行うアカデミー会員が、映画界を引退したとっしょりばかりだからだ…というね。まあ年を食ってくると、人間誰しもトンガりすぎたモノは受け付けなくなり、昔懐かしいモノに回帰していくようになりますから。この手の問題は今まで散々議論されてきたことなのですが、何しろ今は世界中が高齢化社会になっているご時勢、映画界だけ若返りを図るというわけにもいかないのが実情です。

今年のオスカーのノミネートのラインナップを見ても、まあ、オスカーだからこういうチョイスにならざるを得んわね、という無難かつ保守的な王道路線は健在のように思われます。まずは、アメリカ建国の父リンカーンの死の直前の姿を描いた王道伝記映画「リンカーン」の多部門独占ノミネート、それに続いていかにもオーソドックス好みの映画人が票を入れそうな感動作「レ・ミゼラブル」、陰鬱なニュースが続く現実からの逃避としてのファンタジックな「ライフ・オブ・パイ」の高評価は、予想の範疇であります。いいのよ、それで。オスカーなんだから。

ただまあ、あの名物映画評論家ピーター・トラヴァース(ローリング・ストーン誌)おっちゃんも激怒していた、「ゼロ・ダーク・サーティ」と「ザ・マスター」の監督賞からの落選(「ザ・マスター」にいたっては作品賞からも落選)という現象を見ていると、やはり“オスカーの限界値の低さ”を痛感しますよね。前者はオサマ・ビン・ラディン暗殺の模様を追ったスリリングなサスペンス・アクション映画、後者は、戦後自我を見失った帰還兵がカルト宗教にのめり込む様を追った心理劇。作品のテーマとストーリーだけを拾うと、描く世界観や方法論は異なるものの、両者共に、大きな事件を経たアメリカ社会全体を襲った“不安”を、暗に示した映画だと表現することもできます。その“不安”感は、今もなお、アメリカだけではなく世界全体を覆い尽くしていますよね。普段、私たちがあえて考えないようにしているそうした暗部を、五感に強く訴える映画として受け入れることは、作る側にも観る側にも勇気が試されるのではないでしょうか。
オスカーがそんなリスクの高い作品を取り上げるかと問われれば、やっぱり“No”だといわざるを得ませんね。

「アルゴ」の監督ベン・アフレックが、やはり監督賞部門から落選の憂き目に遭った理由は分かりません(ただし、オスカー・ノミネート発表の直後に行われた映画批評家協会賞では見事監督賞を受賞し、受賞スピーチの壇上でアカデミー会員に感謝の意を述べていた)。ただ、私の想像する範囲では、今回のオスカーが「ゼロ・ダーク・サーティ」VS.「アルゴ」という構図になるのを避けるためだったかもしれないなあ…と。多少なりともアメリカ政治の恥部を扱い、それでもアメリカ国家万歳的なニュアンスも感じられなくはない(「ゼロ・ダーク・サーティ」はどうか分かりませんが、「アルゴ」に関しては、政治的というよりもむしろ映画への愛情を強く描く作品ではありますが)作品同士が、オスカーでガチンコ勝負するという流れは、政治から距離を置きたいオスカーとしてはマズイかもしれませんよね。

じゃあ、キャサリン・ビグロー監督の「ハートロッカー」での快挙はなんだったんだ!という話にもなりますが、これはまた全然別。「ハートロッカー」における彼女の監督賞受賞は、オスカーとして史上初、“女流監督にオスカーを授与する”ことそのものが、何より重要だったのです。もちろん、ビグロー監督の演出手腕への評価が二の次だったと言いたいわけではありません。彼女の才能は当然素晴らしいものです。でも、オスカーが新時代に向け、広く女性クリエイターたちにも門戸を開放していますよとアピールしたい思惑が、ビグロー監督のオスカー受賞への道のりをほんのちょっぴりだけ楽にした部分もあったのでは…と考えています。まあしかし、一度オスカーを受賞したビグロー監督に、“二度目はないよ”といわんばかりの今回のオスカーの対応には、苦笑いするしかありません。

画像

(画像は、第65回カンヌ国際映画祭授賞式の際のザイトリン監督)

結局、アフレック、ビグロー、アンダーソン3名が抜けてしまった監督賞枠残り一つには、みずみずしい処女作「ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜 Beasts of the Southern Wild」(全編サウス・ルイジアナでロケを敢行)で高い評価を得たベン・ザイトリン Benh Zeitlin監督が入りました。サプライズ・ノミネートと受け取られているザイトリン監督ですが、第65回カンヌ国際映画祭では“ある視点”部門にて最高賞のカメラ・ドールを授与され、サンダンス映画祭でもGrand Jury Prizeを獲得しているのをはじめ、多くの映画祭、映画賞にノミネート、受賞を果たしている新鋭監督です。過去に3本のショート・フィルムを撮っているそうですが、まだ30歳の若手。いきなりのオスカーに根負けすることなく、地道に監督作品を製作していって欲しいものです。

画像

(画像は第65回カンヌ国際映画祭時のQuvenzhané Wallisちゃん)

なお、同作品の主演Quvenzhané Wallisちゃんの主演女優賞へのノミネートは、かつての「クジラ島の少女」のケイシャ・キャッスル=ヒューズのそれを思い起こさせる出来事でした。大人の事情ばかりが横行するドロドロした世界に(笑)、少しでも爽やかな風が流れるといいですね。

そんなこんなで、どの側面においても安全策を優先したオスカー・ノミネーションでありましたが、ポジティヴな点もいくつかあるにはあるんですよ。

画像

(画像は「愛 アモール」セット。主演のエマニュエル・リヴァとジャン・ルイ=トランティニャンを演出中のハネケ監督)

ひとつは、他の映画賞でも健闘していた「愛 アモール」の主要部門へのノミネートですね。プロダクションも何もかも全て純然たる外国語映画でありながら、作品賞や監督賞、主演女優賞、脚本賞(オリジナル部門)など、主要部門に渡って満遍なくノミネートされた意味は大きいでしょう。以前なら、どんなに優れた映画でも英語以外の言語で製作された作品は、“外国語映画賞”を目指すしか道はありませんでした。でもここ数年、外国語映画であっても優れた作品には、主要部門にノミネートされる傾向が徐々に現れ始め、昨年の「アーティスト」の躍進が一つの転機になったのかもしれません。今回はミヒャエル・ハネケ監督が、おそらくは「ザ・マスター」のポール・トーマス・アンダーソン監督と入れ替わるようなポジションでノミネート枠に入ってきました。この「愛 アモール」、ヨーロッパではカンヌ映画祭はじめ、各映画祭や映画賞でも賞を獲りまくっていましたが、この勢いをさすがのオスカーも無視するわけにはいかなかったようですね。

“グローバル化”にはまだまだ程遠いオスカーですが、こうして徐々に非英語圏の優れた作品がチョイスされるようになれば、ハリウッドの外国語映画への理解ももうちょっと進むのではないかと希望を持っています。


にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村
…石岡暎子さんの衣装が着られて良かったね、ショーン…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
第85回アカデミー賞ノミネート一覧―The 85th Annual Academy Awards追記 House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる