House of M

アクセスカウンタ

zoom RSS ショーン・ビーン情報で息抜きさせてください(お願い)。

<<   作成日時 : 2012/04/15 21:52   >>

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

ショーン・ビーン関連の情報をちまちまっとまとめて、ニヤつこう(私が)という企画。そこのあなた、「え〜?また〜?」とか言わないように。今世間様は、ちょっとしたショーンさん祭り状態なんですよ、ええ。嘘じゃありません。

HBOのエピック・ファンタジー・シリーズ「Game of Thrones」(シーズン1のみ)、現在アメリカで放映中のABCのサスペンス・アクション・シリーズ「Missing」、アメリカでは既に劇場公開され、批評家筋あるいはRotten Tomatoesからは散々に叩かれている(大笑)ファンタジー映画「Mirror Mirror」、英国では劇場公開中のサスペンス・アクション「Cleanskin」など。ショーンたら、結構メジャーなところにちょいちょい顔を出しておりますのよ。


Access Hollywoodに掲載されたインタビュー記事Q&A: Sean Bean Talks Coming Back To Life In ‘Missing’では、出演作品の中で死ぬことが多いことに絡めて、アシュレー・ジャッドと夫婦を演じる「Missing」のみならず、くだんの「Game of Thrones」などの話も取り上げられています。


また、KTTV FOX 11 News - Los Angelesが、番組終了後にGoogle+のハングアウト機能を用いて、その日のゲストを招いて各地の視聴者と共にチャットを行うという、現地ならではのうらやましい企画を行っています。ショーンもゲストとして呼ばれ、ファンからの質問に答えたり、「Game of Thrones」や「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズなどで演じた役柄について、司会者のインタビューに答えたりしたようですよ。

Fox 11 Google+ Hangout: Game of Thrones - Sean Bean

shared from KTTV FOX 11 News - Los Angeles
画質は大変悪いですが、まあ貴重な映像なのでご容赦を。


映画の方での新作となるアクション「Cleanskin」に関してのショーンのインタビュー動画をひとつご紹介。

Sean Bean exclusive interview - new film Cleanskin

shared from ScreenthingUK's channel

画像

ショーンだけではなく、監督や敵役の俳優さんのインタビューも含まれます。トレーラー映像も要所要所で挟まれますが、ショーンはやっぱり、殴られる演技が最高に上手い俳優だと改めて確信いたしました(笑)。殴り合いのシーンなど、本当に痛そうだもの(涙)。ひっさびさに格好良いショーン(無精髭、ウェイトもちゃんと落としてる)が見られるようなので、わたしゃこの「Cleanskin」の日本公開を心待ちにしているわけですよ。


今んとこ、メジャーどころのショーンが劇場で観られそうな確立が一番高そうなファンタジー映画「Mirror Mirror」のプレミア映像が管に挙がっていたのでご紹介。このときのショーンが、えらくぼわーっとした雰囲気で、なんとなーく冴えないのではありますが(ちっ)。

Sean Bean at "Mirror Mirror" Premiere Arrivals


Sean Bean greets fans at Mirror Mirror Premiere in Hollywood!


画像

白雪姫リブート作品としては、他に「トワイライト」シリーズでアイドルになったクリステン・スチュワート主演の「ロード・オブ・ザ・リング」モロパクリ作品「Snow White and The Huntsman」が、先に日本に上陸を果たしそうですね。こちら「Mirror Mirror」の主演リリー・“眉毛”・コリンズちゃんは、あのフィル・コリンズ(元ジェネシスにして大御所ポップ・シンガー)の娘さんだそうですが、彼女の演技のつたなさも、酷評の要因の一つに挙げられているとかで、なんだかもうがっかりです(笑)。批評とかもうどうでもいいんで(笑)、とにかく日本でも劇場公開してくださいよ。ファミリーで観ても全然へいちゃらな毒にも薬にもならんファンタジー映画ですからね。ゴールデン・ウィーク中に公開しちゃっても、全然構わんでしょ?


ショーンのインタビューものとしては、最も充実しているのがこちらですかね。

Jonathan Ross with Sean Bean

shared from Kanaal van Govi20
若い頃のエリック・アイドルによく似たトークショーのホスト、ジョナサン・ロスの番組“The Jonathan Ross Show”に、ショーンが出演したときのインタビューですね。ショーン・ファンの中の大姐御Goviが、動画を管に挙げてくれましたので、早速シェアさせていただきましょう。

画像

若干、首周りがきつそうな感は否めませんが(笑)、ショーンの珍しい三つ揃いスーツ姿が見られます。七五三みたいに見えなくもありません。でも10分もあるインタビューだし、これはこれで貴重な動画なのでは。


TheTalk.avi

shared from Kanaal van Govi20
そして、もういっちょ、Govi姐さんからシェアさせていただくのは、クソ姦しいオババ軍団がペチャクチャペチャクチャしゃべり倒す喧しいトーク番組「The Talk」に、ショーンが生贄にされた際のインタビュー映像です。ありがとう、Govi。同じくオバハンの私から見ても、このババア連中はうるせぇわ(笑)。

画像

ババア連中がぎゃーつくぎゃーつくわめくトークショー。ゲスト席に座らされているショーンが萎縮しているように見えるのは、きっと私だけではないはず。

画像

複数のオカン(年齢不詳。たぶん全員合わせて10000歳ぐらいっているはず)におもちゃにされているショーン(50代の働き盛りのセクシー俳優)。

こうしてトークショーに呼ばれているショーンを見ていますとね、やっぱりアメリカって基本的にテレビ文化の国なんだなあと思いますね。いくら優れたインディペンデント映画に出て映画賞をとっても、アホみたいに広い国アメリカでは、まず名前すら覚えてもらえない。人気テレビ番組に出て、お茶の間に顔を覚えてもらって、ナンボの世界なんですよ。だからアメリカの俳優達は、人気のあるテレビドラマのレギュラーになることに必死になる。テレビに出て視聴者に顔と名前を知ってもらえれば、少なくともアメリカでは一定の人気を得られるから。
ショーンだって、「Game of Thrones」や「Missing」というテレビ・シリーズに連続出演して初めて、こんなにいろいろな媒体からインタビューを申し込まれたりしたのですからね。アメリカでは、テレビの力は映画よりもはるかに大きいと思い知りました。うーむ。


にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
「Mirror Mirror」の王様。王様はちっとも悪くありません。悪いのは、ショーンを主役にしなかったターセム・シン・ダンドワール監督です(断言)。


映画 ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ショーン・ビーン情報で息抜きさせてください(お願い)。 House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる