House of M

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012年度の英国アカデミー賞受賞者リスト=オスカー有力候補。

<<   作成日時 : 2012/02/13 10:46   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

毎年毎年、オスカーの行方を左右するといわれる英国アカデミー賞(以下BAFTA)。確かに、BAFTAで作品賞や監督賞等、主要部門を独占した作品が、結局土壇場でオスカーを掻っ攫っていく例がここ最近続いています。従って今回も、BAFTAで選出された“今年の一本”が、オスカー本番でもアメリカ国内における“今年の一本”の対抗馬になる可能性が高いでしょう。BAFTA推奨の“今年の一本”とハリウッド推奨の“今年の一本”のどちらに軍配が上がるかは、オスカー授賞式当日になってみないと分かりません。ここのところずっと、BAFTA推奨の“今年の一本”の勝率が高いようには思いますけどね。

英国アカデミー賞受賞者リスト

・作品賞BEST FILM
「The Artist」

・英国映画賞OUTSTANDING BRITISH FILM
「Tinker Tailor Soldier Spy」Tomas Alfredson, Tim Bevan, Eric Fellner, Robyn Slovo, Bridget O'Connor, Peter Straughan

・主演男優賞LEADING ACTOR
Jean Dujardin 「The Artist」

・主演女優賞LEADING ACTRESS
Meryl Streep 「The Iron Lady」

・助演男優賞SUPPORTING ACTOR
Christopher Plummer 「Beginners」

・助演女優賞SUPPORTING ACTRESS
Octavia Spencer 「The Help」

・監督賞DIRECTOR
「The Artist」 Michel Hazanavicius

・英国映画処女作賞OUTSTANDING DEBUT BY A BRITISH WRITER, DIRECTOR OR PRODUCER
「Tyrannosaur」 Paddy Considine (Director), Diarmid Scrimshaw (Producer)

・長編アニメ映画賞ANIMATED FILM
「Rango」 Gore Verbinski

・オリジナル脚本賞ORIGINAL SCREENPLAY
「The Artist」 Michel Hazanavicius

・脚色賞ADAPTED SCREENPLAY
「Tinker Tailor Soldier Spy」 Bridget O'Connor, Peter Straughan

・外国語映画賞FILM NOT IN THE ENGLISH LANGUAGE
「The Skin I Live In」 Pedro Almodóvar, Agustin Almodóvar

・ドキュメンタリー映画DOCUMENTARY
「Senna」 Asif Kapadia

・撮影賞CINEMATOGRAPHY
「The Artist」 Guillaume Schiffman

・美術賞PRODUCTION DESIGN
「Hugo」 Dante Ferretti, Francesca Lo Schiavo

・衣装デザイン賞COSTUME DESIGN
「The Artist」 Mark Bridges

・メーキャップ賞MAKE UP & HAIR
「The Iron Lady」 Marese Langan

・音響効果賞SOUND
「Hugo」 Philip Stockton, Eugene Gearty, Tom Fleischman, John Midgley

・編集賞EDITING
「Senna」 Gregers Sall, Chris King

・特殊効果賞SPECIAL VISUAL EFFECTS
「Harry Potter And The Deathly Hallows」Part 2 Tim Burke, John Richardson, Greg Butler, David Vickery

・短編映画賞SHORT FILM
「Pitch Black Heist」 John Maclean, Gerardine O'Flynn

・短編アニメ映画賞SHORT ANIMATION
「A Morning Stroll」 Grant Orchard, Sue Goffe

・作曲賞ORIGINAL MUSIC
「The Artist」 Ludovic Bource

・一般人が選明日のスター賞THE ORANGE WEDNESDAYS RISING STAR AWARD (Voted For By The Public)
Adam Deacon

画像

既に日本語の記事もあちこちで出ていますが、蓋を開けてみれば、フランス産の異色無声映画「The Artist」が主要部門を含む合計7部門を制覇したことになります。
今作は、スタッフもキャストもフランス人、本来トーキーで撮影したらば“外国語映画”というカテゴリに入ってしまうところを、古き良きハリウッド映画の時代…無声映画が大衆の娯楽であった時代を背景にすることにより、“外国語映画である”というネックを克服した、いわゆるアイデア勝ちの作品です。
“言語”の枠を取っ払ったおかげで、作品の中身そのものの面白さが、純粋に観客に伝わることになりますよね。その意味では、台詞に頼らない本当に面白い映画を作らねば評価は得られないわけで、脚本も担当したMichel Hazanavicius監督の手腕は確かなものだと言えそうです。
また、複合芸術形態である映画の中でも大きな位置を占める“音声”がないために、却って映画本来の魅力がストレートに観客に届くのではないかとも思います。3D映画の台頭などにより、映画の意義が地滑りを起こしている今こそ、映画には元々こういう面白さがあったんだと、映画人も映画ファンも共々再認識するべきでしょうな。おそらくそういった点が、「The Artist」の高評価につながったのではないかと推測します。

画像

なお、オスカー本番ではこの「The Artist」一派と激突する予定の(笑)、3D映画「Hugo」を率いるマーティン・スコセッシ監督は、BAFTAからBAFTA Fellowship賞を授与されました。

画像

主演男優賞候補者もどんぐりの背比べ状態ですかね。ゴールデン・グローブ賞ではジョージ・クルーニー兄貴に軍配が上がりましたが、BAFTAでは、作品そのものの勢いもあって、ジャン・デュジャルダンがトロフィーを掲げました。オスカーはどっちになるか分かりません。このジャン・デュジャルダンという俳優さんですが、一見すると二枚目色男の王道を行くように見えて、フランスではアホ・コメディーも余裕でこなす硬軟両刀の演技派です。ジャン・レノの系譜に連なる中堅どころの俳優ですが、今後、ハリウッドでも活躍できるようになるかが注目ですね。

画像

主演女優賞にメリル・ストリープが選ばれたのも、やはり英国で最も著名な人物を演じる困難に果敢に挑んだメリルの勇気と才能に、敬意を表してのことだと思います。このラインナップなら、どなたが受賞してもおかしくはないでしょうが、今年度は、主演男優賞も主演女優賞も予想しがたい激戦になりそうですねえ。トロフィーをメリルに渡したのは、「英国王のスピーチ」で悲願のオスカーを獲得したコリン・ファース先生でした。

画像

個人的には、最も素晴らしい処女作品に贈られるOUTSTANDING DEBUT BY A BRITISH WRITER, DIRECTOR OR PRODUCERに、英国俳優パディ・コンシダインの監督デビュー作品「Tyrannosaur」が選出されたことが嬉しかったですね。このパディ・コンシダインという方、最近作では「ホット・ファズ」や「レッド・ライディング・トリロジー」等にも出演している地味〜な役者さんなんですが(失礼な・笑)、非常に味わい深い演技で印象に残ります。英国の作品だけではなく、ハリウッド映画にもフットワーク軽く出演しているので、顔を覚えておられる方もいるかと思われます。これからは、パディの監督作品にも注目しなければ。

画像
(向かって左側がパディ・コンシダイン)
その前に、この「Tyrannosaur」が日本で観られるようにならないか、日本の配給会社さんの手腕にも期待していますよ(笑)。

画像

今年度のオスカー候補からは、残念ながら漏れてしまったミヒャエル・ファスベンダー。ご本人も悔しかっただろうとお察ししますが、彼の出演作はこれからどんどん輸入されるはずです。まだ若いのだし、下手に大きな映画賞を受賞してプレッシャー負けしてもつまりません。演技派俳優として息の長いキャリアが築けるよう、この経験を生かして欲しいですね。

画像

今や、“スマイリー”といえば、サー・アレック・ギネスではなくて、このゲイリー・オールドマンを指しますよ。オスカーではミヒャと入れ替わるようにして、主演男優賞候補に入りました。年下の奥様を同伴してのレッド・カーペットでした。でも、明らかに奥様に手綱を握られている感がありありの(笑)ゲイリー。いつ見てもラブリーです(微笑)。

画像

最後に、ゲイリーと「Tinker Tailor Soldier Spy」で共演している俳優ジョン・ハート爺ちゃんの、でら可愛い画像を貼ってお別れしましょう。ジョン爺ちゃんは、長年の英国映画界への貢献を称えて、BAFTAから“Outstanding Contribution to British Cinema award”を贈られました。壇上に上がった爺ちゃんの嬉しそうな笑顔を見るだけで、こちらも幸せな気分になれますね(笑)。

受賞者の皆さん、おめでとうございました。

BAFTAS Live Streamはこちら

All pics from Empire Online and The Guardian.


にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村


映画(全般) ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス
2012年度の英国アカデミー賞受賞者リスト=オスカー有力候補。 House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる