House of M

アクセスカウンタ

更新情報

zoom RSS ナタリー・ウッドの死の謎…Death in the dark water

<<   作成日時 : 2011/11/18 15:46   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

まだ詳細がよく分からないので、迂闊なことを書くわけにはいきません。しかし、一時代を築いた名女優故ナタリー・ウッドの謎多き死の真相を明らかにするため、再捜査が行われることになったというニュースは、いろいろな意味でショックですね。ナタリーの衝撃の死から、もう30年の年月が経過しています。30年も経って今更何を調べるというのでしょうか…。The Hollywood Reporterに驚きの記事が掲載されました。

画像


1981年、ナタリーにとって遺作となった映画「ブレインストーム」(ダグラス・トランブル監督)で共演したクリストファー・ウォーケンを交えて、ナタリーと当時の夫ロバート・ワグナー(「探偵ハート&ハート」など)の3人が自家製ヨットでクルージングに出かけました。ある夜、ウォーケンとワグナーが何事かを議論中に、ナタリーが1人で真っ暗な甲板へ。そこでアクシデントが起きてナタリーは夜の海に落下、そのまま亡くなってしまった…という事件が起こりました。ハリウッドで一時代を築いた大女優ナタリー・ウッドは、水中で43年の短い生涯を閉じることに。

目撃者がいないこと、事件が起こったときの状況があまりに不明瞭なこと、そしてなんといっても、当時スターとしての人気は下り坂であったとはいえ、映画史に名を残す大女優が突如亡くなったという事実が、世界に与えた衝撃は大き過ぎました。
当時も、映画の撮影中にナタリーとウォーケンが不倫関係になり、クルージング中にそのための話し合いが持たれたに違いないと、様々な憶測が流れました。果ては、嫉妬に狂ったワグナーが、ナタリーが泳げないのを承知で彼女を海に突き落としたのだ、とまことしやかに語る者まで出てくる始末。かと思えば、いやいやナタリーは、当時翳りがみえてきたキャリアに悩んでおり、自身の苦しみを理解する人間がいないことに絶望して、自ら海に飛び込んだのだ…と主張する者も。
しかし結局、その夜に何が起こったのか、誰もきちんと説明することはできませんでした。どんなことがあったにせよ、ナタリーの死の真相を知る者は、他ならぬナタリー自身しかいないのですから。証拠不十分で捜査は打ち切られ、最終的に、ナタリーは何らかの理由で夜の甲板に出てきて、そのまま不幸な事故が起こったと結論付けられました。

この不可解な事件は、捜査陣の結論に納得しなかったゴシップ雀たちによって、長い間格好のネタにされてきたものですが、今回の突然の再捜査開始によって、再びナタリーの死が取り沙汰されています。ナタリーの遺児たちはもちろんのこと、事件の当事者であるワグナーもウォーケンもまだ健在であるのに、好奇の視線で彼らを追いかけるゴシップ報道が早くも過熱しそうで心配です。
再捜査がどういった経緯で決定したのかは不明ですが、どうか、死者をこれ以上鞭打たないよう、また、遺族の方々の古傷に塩をすり込むようなことがないよう、祈るばかりです。…正直に申し上げて、今更30年も前の事件を掘り起こして何を証明しようとしているのか、捜査陣の意図がわかりません。あるいは、彼らの重い腰を持ち上げさせるような何かがあったのか。

追記
再捜査の決定打になったのは、問題のヨットの操縦を任されていた船長が、今頃になって新しい証言を行ったためのようです。…まったく…。

画像

(VFXの天才ダグラス・トランブルがメガホンを取ったSF作品「ブレインストーム」から。作品そのものへの評価はB+といったところですが、“他人の感じた様々な感覚や記憶を、ある機械を通じてまったく同じように追体験できる”というアイデアは、現在公開中のダンカン・ジョーンズ監督の「ミッション:8ミニッツ」にも密かに流用されているように、なかなか面白いです。今作についてはまた別の機会にお話したいと思います)

…いずれにしても、女優として、これから円熟の域に入っていこうとしていた1人の才能ある女性が、痛ましくも悲劇的な事故に遭い、志半ばで逝ってしまったという事実には、なんら変わりがありません。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

にほんブログ村

ナタリー・ウッドの死の謎…Death in the dark water House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる