Don’t steal my posts. All posts on this blog are written by me.

House of M

アクセスカウンタ

zoom RSS なんじゃとーっぐおらーっ(激怒)!!

<<   作成日時 : 2010/05/01 16:48   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

名監督も、お金の魔力には勝てないとみえる。…すいません、あらかじめお断りしておきます。今記事では館長は怒り狂っておりますので、気分を害される恐れのある方はご覧にならないでください。それから「トワイライト」シリーズのファンの方々もね。


クリストファー・ノーラン監督による「バットマン/ダークナイト」の続編製作決定が、ワーナー・ブラザーズから公式にアナウンスされたというめでたいニュースに浮かれておりましたら…たら…。

別の映画サイトさんでこんなニュースを発見し、血管がキレそうなほど怒り心頭な館長。これがホントの天国から地獄。なんでも、お花畑で女子高生と吸血鬼がいちゃつくハーレクィンロマンス映画「トワイライト」シリーズの最終章「ブレイキング・ドーン」(2011年公開予定だって。来年ぢゃん)の監督に、かねてから噂されていた(そして嘘であって欲しいと館長が祈っていた)ビル・コンドン監督が正式決定したという…いう…いう……パタリ(←倒れた)。

嘘だろーっ!!!

はあああ……。

ちなみに、“ビル・コンドンって誰ぇ?あたし知らな〜い”という、トワイライター・ガールズのために、館長が過去に涙ながらに書いた(脚色あり)記事をリンクして差し上げます。

妄想と現実の綱渡り―ビル・コンドン
「ゴッド and モンスター」紹介記事
「愛についてのキンゼイ・レポート」紹介記事
「ドリームガールズ」紹介記事

嗚呼…ビル・コンドン監督よ…貴方がどんどん遠くなっていく…。貴方は一体何処へ行こうとしているの…。

なんかもう、怒りを通り越して泣けてきちゃった。涙が出るよ、ほんと。今にして思えば、ミュージカル風MTVミュージック・クリップ映画「シカゴ」の脚本を書いた辺りから、違和感は感じていたんだよなあ…。ビル・コンドン監督とミュージカルって、私にはどうしても正しい選択だとは思えなくて、今でもやっぱり「ドリームガールズ」は嫌いな映画になってしまっています。あんなテーマなら、別にコンドン監督じゃなくてもいいもんね?で、お次がヴァンパイア風MTVプロモーション・ビデオ映画「トワイライト」ですか…。
関係ありませんが、私、このシリーズ2作とも観ちゃってるんですよ!時間の無駄遣いでしたよ!でも、これじゃあ4作目も観ないといけなくなるじゃん!どうしてくれんのよ!(←知るか)

まあ、いつまでも怒っていても仕方ありません…。この悲劇を最大限ポジティヴに捉えるとしましょうか。

ある意味そら恐ろしいとすら言える、電波妄想系ロマンス映画をコンドン監督が手がけるなら、根暗女子高生と優柔不断ヴァンパイアの惚れた腫れたはもはや主題とはなりません。そう、ずばり申し上げて、最終章のメインテーマは、“狼男とヴァンパイアの種族を超えた禁断の愛”であるでしょう。どうだ!これなら面白くなるぞ!わっはっは!シリーズの最後にふさわしいお話だ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い 面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。いやぁ、面白いブログですなぁ。俺も洋画大好きなんですけど、こんな面白い文かけないなぁ。一寸前に007映画制作中止について書いたんだけど、よかったらコメントくれませんか?因みに俺は【ドリームガールズ】はけっこう好きだけど(モータウンの裏話として見てるんで・・・)
ロック仙人TF
URL
2010/05/02 00:19
ひええええ。

はじめまして、ロック仙人TF様。そしてレスが遅れて申し訳ありません 自分は主婦なもので、連休中は家事に追われてしまって時間がありませんでした…。

さて、「ドリームガールズ」について補足をば。

ちょうどあの映画で描かれた頃は、黒人の音楽とロックが複雑に交錯する、音楽史としてもエキサイティングで興味深い時代でした。そういう意味では私も非常に面白く観ることができたのですが、なにぶん、もとがミュージカルの舞台。映像になると、肝心のドラマの部分が忙しなく感じてしまうのと、歌とお芝居の割合のバランスがあまり良くなかったかなあと思いました。このお話なら、むしろ本物の舞台で、かぶりつきで観てみたかったとしみじみ感じましたね。

それよりなにより、問題なのは監督さんなわけです(自虐)。私自身は、このビル・コンドン監督には、このようなジャンルではなく、もっと違う内容の映画を撮って欲しいと願っています。ミュージカルなら、他に適任者がいたと思うし…。難しいもんです(苦笑)。

コメントをありがとうございました!こんないい加減なブログでございますが、今後ともどうぞよろしゅうお願いします。ロック仙人様のところにもお邪魔させていただきますね!
豆酢
2010/05/06 10:17
なんじゃとーっぐおらーっ(激怒)!! House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる