House of M

アクセスカウンタ

更新情報

zoom RSS 「アメリカン・ビューティーAmerican Beauty」とサム・メンデスSam Mendes監督。

<<   作成日時 : 2016/05/29 14:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

“どんなに悲惨な人生でも、すべてが完璧に組織化された管理社会でその存在すら抹消されることよりマシだ。 ....Even the most miserable life is better than a sheltered existence in an organized society where everything is calculated and perfected.”― 映画「甘い生活 La Dolce Vita」より

画像

「アメリカン・ビューティー American Beauty」(1999年)
監督:サム・メンデス Sam Mendes
製作:ブルース・コーエン&ダン・ジンクス
脚本:アラン・ボール Alan Ball
音楽:トーマス・ニューマン Thomas Newman
撮影:コンラッド・L・ホール Conrad L. Hall
出演:ケヴィン・スペイシー(レスター・バーナム)
アネット・ベニング(キャロライン・バーナム)
ソーラ・バーチ(ジェーン・バーナム)
ウェス・ベントリー(リッキー・フィッツ)
ミーナ・スヴァーリ(アンジェラ・ヘイズ)
クリス・クーパー(フランク・フィッツ大佐)他。

画像

なんの変哲もない新興住宅地に住むレスター。職業は広告屋。年齢は42歳。冴えない風貌、ミッドライフ・クライシスに悩まされる典型的中年男。妻キャロリンは不動産ブローカー。家のすみからすみまで己の趣味でコーディネイトする。人生の“勝ち組”になるのが夢なのに、夫はうだつがあがらない。よっていつもヒステリー気味。一人娘のジェーンは難しい年頃。常に情緒不安定で不機嫌で、口もきかない。
ある日レスターは、娘がチアガールになっているバスケットの試合を見に行く。そこで娘の友人のアンジェラという美少女に出会う。一目で恋に落ちた。ジェーンはそんな父を軽蔑する。だが、隣に越してきたリッキーにビデオカメラで盗み撮りされていることに気づくと、急速に二人は接近していく。
新しい隣人一家は、父フランクが元海兵隊大佐であったことから、軍隊さながらの厳格さで家庭が支配されている。妻はキレる寸前。息子リッキーはおとなしいがビデオオタクで、覗きが趣味という有様だ。
クリスマス・パーティーの夜、レスターはリッキーからマリファナをすすめられる。初めて味わう最高にハイな気分。そして、自分がマッチョになればアンジェラとベッドインできると確信したレスターは、その夜から突如トレーニングに励みはじめる。

画像

真夜中、レスターはアンジェラが薔薇の花びらを浮かべたバスに妖艶に横たわる姿を夢想して、自慰に及ぶ。それを目撃した妻キャロリンは爆発した。ついにレスターも箍がはずれてしまう。
次の日会社に辞表をたたきつけ、ハンバーガーショップでアルバイトを始める。家に帰ればわめきちらす妻に皿を投げたり、馬鹿にする娘には平手打ちを見舞う。派手なスポーツカーを購入し、リッキーからはマリファナを買う。すべてはアンジェラに好かれんがため。夫がそうなら妻も負けじと、さっさと不動産王と肉体関係を結ぶ。両親がともに壊れてしまった家庭で、娘ジェーンは隣家のリッキーに慰めを求める。
リッキーは鳥の死骸やスーパーの袋が風に飛ばされる様に惹かれるという。リッキーの父は鉄拳で息子をねじふせようとする人間だが、実は死んでも隠し通したい秘密を抱えている弱い人間なのだ。それがわかっても…、いや、父の弱さを知っているからこそ、余計に父を憎んではいない。しかし、ジェーンは自分の父親の変貌に不快感を覚えこそすれ、とても理解する気にはならなかった。
そして、半ば予測された悲劇がレスター一家に起きてしまう。マリファナ購入のトラブルから、レスターが殺されてしまうのだ。


アメリカン・ビューティー [DVD]
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
2006-06-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


どこにでもありそうなアメリカのサラリーマン家庭の、内なる不毛を風刺するコメディとして始まって、なんと最後は悲劇で終わる。この作品をはじめて見た時には、これはスクリューボール・コメディならぬ“スクリューボール・トラジェディ screwball tragedy”だと感じましたね。

本当に、表向きは完璧に組織化され、完璧に美しく整えられた、完璧な管理家庭であるところの、アメリカ中流社会の郊外族を代表するかのような、バーナム家。しかしながら、その化けの皮を一枚剥いでみれば、素っ頓狂にイカレた連中が寄り集まって一つ屋根の下に暮らしてただけだったという、無頼っぷりが可笑しくて悲し過ぎる。アメリカのみならず世界中で、最も大切な社会の基礎である家庭が、もはや家庭としての働きを為してない状態が既に長く続いております。にも関わらず、社会の中の一歯車として生きていくために、家庭の体裁だけは守っていかにゃならんわけです。この映画は、その矛盾と不毛と疲弊を明らかにすることで、実は多くの現代人を癒してくれているのではないでしょうか。ああよかった、うちだけじゃなかったんだ、よそのお家も似たようなもんなんだ、と思わせてくれますものね(苦笑)。

画像

登場人物たちが体裁を気にするのをやめ、やりたかったことを思いっきりやり始めるのを目の当たりにして、思わず自分自身をそこへ重ねあわせてみる。そして彼らと一緒に開放感を味わう。そう、これこそがホントにやりたかったことなんだ!実生活では不道徳な行いでも、映画の中なら許されるのだし!そうしてみると、この映画の描く大人たちの生態はカリカチュアされているとはいえ、我々日本人にも共感できる部分はたくさんあると思いますよ。

画像

本来子供たちのお手本であるべき大人たちが、子供に戻ってはしゃぐ姿を傍観する二人のティーンエイジャー―ジェーンとリッキー―は、物語の語り手たる監督の目線を与えられています。二人は、空を自由に飛び回っていた鳥も死んでしまうことを知っています。そして、スーパーのよれよれの袋さえ、風にのれば美しく舞うことができることも。しかし袋は風を失うとただの袋に戻ってしまうのですね。リッキーとジェーンは無意識のうちに、大人たちがやがては元の体裁を守る姿に戻らねばならないことを感じています。後戻りの出来なかったレスターは、結局現実に罰せられるかのように死んでいくしかなかったのですね。

真紅のバラは、“アメリカの美”というその名の通り、アメリカの甘受する富と栄光、そして図らずもレスターが夢想したような豊潤な官能性を象徴します。しかし、どんなに美しくともバラの花びらはいずれ散り、葉は萎れ、最後に残るのは鋭い棘だけ。一時の夢から醒めた者が、このバラの枯れた後に何を見、何を思うのか。棘だらけの現実にあえて足を踏み入れ、前に突き進むのは、遺された子供達…ジェーンとリッキー…の背負う運命であるのでしょう。

自我を開放することを“美”と表現し、ストレスを抱える多くの“普通の”アメリカ人(及び他の国の普通の人々も)を癒したであろうこの作品。しかし結局自我を開放したところで、現実はさして変わらないんだよと、最後に観客に向かって舌を出すかのようなラストは、観る人を混乱させたでしょうね、多分にね。後味が悪いと感じる人、物語の目線があまりに痛烈でシニカル過ぎて、逆にいやらしさを感じてしまった人、いやいや現代の家族が抱える闇をあぶりだした傑作だと思う人。
オスカーでは作品賞はじめ5部門での受賞を勝ち得ましたが、選出したアカデミー会員はどのような理由でこの作品を評価したのでしょうか。映画はしょせん映画です。アメリカ人の精神分析はできても、現実を変えることなどさらさら不可能なわけで。この作品の底意地の悪さはそのまま、脚本を手がけたアラン・ボールとサム・メンデス監督のクール極まる視線だといっていいでしょう。

「アメリカン・ビューティー American Beauty」は、テレビのコメディ番組の脚本家であったアラン・ボール Alan Ballの初めての映画作品です。ドリームワークスに持ち込まれたこの脚本は、スピルバーグの心を射止め、一切の手直しなしで映像化することが決定されたそうです。

最後にネタバレをひとつ。リッキーのマッチョ幻想石頭親父フランクの抱える秘密とは。…実は同性愛の嗜好があることでした。潜在的に同性愛者である人ほど、実は同性愛を毛嫌いするゲイフォビアに走る傾向があるそうです。自身のアイデンティティを明らかに出来ない、よって自分だけでなく周囲の人間までも不幸にしてしまうある種の悲劇が、このフランクという男によって象徴的に描かれていました。

余談ですが、脚本家のアラン・ボールは既にカミングアウト済み。「アメリカン・ビューティー」で評価された後、アメリカの野心的なテレビ局HBOにて「シックス・フィート・アンダー Six Feet Under」というテレビシリーズを製作し(2001年から2005年まで放映)、大当たりをとりました。


画像

サム・メンデス Sam Mendes
(サミュエル・アレクサンダー・メンデス,CBE Samuel Alexander Mendes, CBE)

1965年8月1日生まれ
英国バークシャー、レディング出身

●フィルモグラフィー

1999年「アメリカン・ビューティ American Beauty」
2002年「ロード・トゥ・パーディション Road to Perdition」監督&製作
2005年「ジャーヘッド Jarhead」
2007年「君のためなら千回でも」製作総指揮
2008年「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで Revolutionary Road」監督&製作
2008年「悲しみが乾くまで」製作のみ
2009年「お家をさがそう Away We Go」
2012年「007 スカイフォール Skyfall」
2012年「ランズエンド 闇の孤島」製作総指揮のみ
2015年「007 スペクター Spectre」

メンデス監督は、元々ロンドンやニューヨークで舞台の演出を手がけていました。1998年から1999年にかけてニコール・キッドマンがロンドンとブロードウェイの舞台に立って話題になった、「ブルー・ルーム」など。また英国のテレビ界では、ミステリー系のテレビドラマの演出も経験しました。英国出身の監督さんはキャリアの下積み時代には、みなさん一様に英国産の上質なミステリードラマの演出を経験しておりますけどね。

舞台での演出の腕を買われたメンデス監督は、「アメリカン・ビューティー American Beauty」で初の映画界進出、そしていきなりオスカー受賞と、彗星のごとくハリウッドに登場したシンデレラボーイだったわけですね。ドリームワークスの企画であった「アメリカン・ビューティー」の成功により、監督は再びドリームワークスの元で「ロード・トゥ・パーディション」の製作に携わります。本来スピルバーグ監督が手がけるはずであったこの企画で、彼はアメリカを舞台にしたフィルム・ノワールに妙味を醸し、地味ながらも佳作に仕上げました。

しかし、映画監督としての彼にとり、内外から真価を問われた作品は2005年の「ジャーヘッド」ではないかと思われます。ベトナム戦争に次ぐアメリカの歴史の汚点となるかもしれない湾岸戦争が題材。アメリカ海兵隊員の湾岸戦争の回顧録の初の映像化ですね。興味がある方は、彼が湾岸戦争を通じてどのようにアメリカを“分析”したのか、ぜひとも本編で確かめてみてください。アメリカ出身の映画監督とはおそらく全く異なる肌触りの“戦争映画”になっていたと思いますよ。
感傷を抑え、皮肉すら交え、“部外者”にしかできない冷ややかな視線でこの“間違いの戦争”を風刺する。十把ひとからげでいかにも重々しく語られる“戦場での狂気”という言葉のすぐ裏側には、場違いで間違いの戦争のもたらす大笑いするしかない馬鹿馬鹿しさが隠れていることを、「ジャーヘッド Jarhead」は教えてくれます。それを受け入れられるかどうかで、私達観客の“戦争”という現象への神経の麻痺具合も推し量れようというものですな。

その後は舞台での演出を手がけつつ、他作品の製作にまわったりしておりました。その彼がボンド映画を、しかもおそらく歴代のボンド映画の中でも5本の指に入るであろう傑作ボンド映画を作り上げてしまったのだから、人の運命ってどこに転がっていくか分からないもんです。「007 スカイフォール Skyfall」後のボンド・ストーリーの新たなる章である、待望の「007 スペクター Spectre」も世界中でお披露目されました。この「007 スカイフォール Skyfall」「007 スペクター Spectre」の2つの作品でとてつもない興行成績を叩き出し、メンデス監督はこのシリーズを勇退するうわさも流れています。現実に、「007 スペクター Spectre」に続くボンド作品については、まだ全てが白紙の状態であり、何も決定していない状態。これからいろいろな噂が飛び交うことになるのでしょうが、気長にボンドの行く末を見守ることにしましょうかね。


このブログには、サム・メンデス監督関連作品として、

「リア王 King Lear」の遠い旅路ーNational Theatre Live in Japan 2014
スカイツリーではなく「007 スカイフォール」だろうがっ!「007 スカイフォール Skyfall」

2つの作品のレビュー記事がございます。暇で死にそうだという方は、どうぞご覧下され。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

にほんブログ村

「アメリカン・ビューティーAmerican Beauty」とサム・メンデスSam Mendes監督。 House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる