テーマ:コメディ映画

『Zack&Miri Make a Porno』改め、「恋するポルノグラフィティ」。

アメリカではその名を知られたコメディアン兼クリエイター、セス・ローゲン。ちょっと前にとある界隈で彼の名前を見かけたので、「50/50 フィフティ・フィフティ」の他にももう一つ、彼の主演作でお気に入りの作品をご紹介しておきます。これを機に、セス・ローゲン・ファンが増えるかも知れないしね! おそらく日本での劇場公開はないだろうと思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パーティー The Party」ー人生は泡だらけのパーティーだ!

“ハリウッド”なんて所詮はバブル(泡)のようなもの。 「パーティー The Party」(1968年) 監督:ブレイク・エドワーズ Blake Edwards 製作:ブレイク・エドワーズ Blake Edwards 原作:ブレイク・エドワーズ Blake Edwards 脚本:トム・ウォルドマン&フランク・ウォルドマン&ブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

博物館は踊る-「ナイトミュージアム Night at the Museum」

当博物館は、夜開館いたします。 「ナイト ミュージアム Night at the Museum」(2006年) 監督:ショーン・レヴィ 製作:ショーン・レヴィ&クリス・コロンバス他 脚本&原案:ロバート・ベン・ガラント&トーマス・レノン 撮影:ギレルモ・ナヴァロ 音楽:アラン・シルヴェストリ 出演:ベン・スティラー(ラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すべてはローンのため。―「サンキュー・スモーキング Thank You for Smoking」

ニコチンパッチの貼りすぎにはご注意を! 「サンキュー・スモーキング Thank You for Smoking」(2006年製作) 監督:ジェイソン・ライトマン 製作:デヴィッド・O・サックス 原作:クリストファー・バックリー「ニコチン・ウォーズ」(東京創元社) 脚本:ジェイソン・ライトマン 撮影:ジェームズ・ウィテカー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンツの下には誇りがある!―「フル・モンティ The Full Monty」

裸は男の勲章だ! 「フル・モンティ The Full Monty」(1997年製作) 監督:ピーター・カッタネオ 製作:ウベルト・パゾリーニ 脚本:サイモン・ビューフォイ 撮影:ジョン・デ・ボーマン 音楽:アン・ダッドリー 出演:ロバート・カーライル(ガズ) トム・ウィルキンソン(ジェラルド) マーク・アディ(デイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身長120センチ以下、万歳―「白雪姫と鏡の女王 Mirror Mirror」

全く期待せずに観に行った、ターセム・シン監督の「白雪姫と鏡の女王 Mirror Mirror」。結論から述べると、もう一本の白雪姫映画「スノー・ホワイト Snow White & The Huntsman」より、よっぽど面白く観られた映画でありましたぜよ。頻出していた酷評レビューが叩くほど、酷い内容ではなかったと思うけどね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全身全霊おバカな大人達とつっぱる女の子達―「聖トリニアンズ女学院St. Trinians」

最近、映画で世界は救えないけれども、“お笑い”はひょっとしたら人類を救うかもしれないと本気で考えるようになってまいりました(笑)。いえ、私の頭の調子が悪いとかそういうことではなくてですね、たとえばほら、重い病気に苦しんでいても、笑う回数が増えれば免疫力が上がったりするでしょ? それに、今の世の中なんて、ざーっと周囲を見回しただけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ロボジー 」は最強。

昨年暮れから今年にかけて映画日照りも甚だしい状態です。今年に入ってからも散々ぼやいているように、なにしろ、公開を心待ちにしていた作品の多くが“残念で賞”という状態。たっかい金を払って映画館に行っても、心躍る経験がめっきり減りました。 その代わりというかなんというか、あんまり期待せず家族と一緒に見に行ったような作品や、映画フリークな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お詫びのお知らせ-本日は休業。

つい先程の話なんですが、ログインはおろか、自分のブログにアクセスできないという不具合が起こり、記事の投稿を断念いたしました。 明日も早いので、本日は休業ということでひとつ宜しゅうに。 梅雨で天候が不順な上に、夏休み前でいろいろとゴタゴタしており、ちょっと現実逃避しがちな館長ですが、ひとつ生暖かい目で見守ってつかあさい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Stephen Wildishからの挑戦状その3―Comedy Film Alphabet

英国を拠点に活動するデザイナーStephen Wildishが、映画狂を自称する人たちに贈る“この映画のタイトルはな~んだ?”クイズ・ポスターの第3弾が届きました。詳しくはStephen自身のタンブラー・ブログの該当記事をどうぞ。 …ほ~ぅほぅほぅ。 ふふ~ん? ああ、なるほどねえ、そうきたか…。 へぇぇ、なかなか通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

史上最低且つ最高にクールな内幕―「トロピック・サンダー/史上最低の計画Tropic Thunder」

最高に濃くてくどいメンツによる、業界内幕モノ兼業界おちょくり映画。 トロピック・サンダー/史上最低の作戦 ディレクターズ・カット 調子にのってこんなに盛り込んじゃいましたエディション【2枚組】 [DVD]角川エンタテインメント 2009-11-20 Amazonアソシエイト by 「トロピック・サンダー/史上最低の作戦 T…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「魔法にかけられて」…いたのは誰?

それは、ディズニー史上最も“アリエナイ”魔法。 「魔法にかけられて」(2007年製作) 監督:ケヴィン・リマ 製作:バリー・ソネンフェルド&バリー・ジョセフソン 脚本:ビル・ケリー 撮影:ドン・バージェス プロダクションデザイン:スチュアート・ワーツェル 衣装デザイン:モナ・メイ 編集:スティーヴン・A・ロッター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PGAとWGAとBAFTAはGGを醒めた目で見ている…のか?PGA、WGAとコメディ。

実は今、英国アカデミー賞(以下BAFTA)の2012年度ノミネート作品のリスト―Orange British Academy Film Awards in 2012―を見ていました。そのリストと、先日発表されたゴールデン・グローブ賞(以下GG賞)のノミネートを比べると、明らかな相違点があることがわかります。 アメリカと英国というお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひまわりの花が咲いたら―「カレンダー・ガールズ Calender Girls」

私たちは、たとえ盛りを過ぎても咲き誇る。 「カレンダー・ガールズ Calender Girls」(2003年製作) 監督:ナイジェル・コール 製作:ニック・バートン&スザンヌ・マッキー 脚本:ティム・ファース&ジュリエット・トウィディ 撮影:アシュレイ・ロウ&オリヴァー・カーティス 音楽:パトリック・ドイル 出演:ヘレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デヴィッド・ドゥカヴニーとコメディ、その鼻声の効用。

さてデヴィッド・ドゥカヴニー氏。……こらこら誰ですか、「きーっ!私、この男大嫌いーっ!」ってPCをオフにしようとしてるのは(笑)。 いや確かに、確かに、寝てるんだか起きてるんだかよくわからない眠そうな容貌、映画俳優にしては高すぎる知性の割りに、案外カツゼツが悪いのね(笑)といった、大変微妙な個性の持ち主ではありますよ。そりゃも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

おぢさんはかわいい。―「チアガール VS テキサスコップ Man of The House」

堅物オヤジ、ハジケる。 「チアガール VS テキサスコップ Man of The House」(未)(2005年製作) 監督:スティーヴン・ヘレク 製作:トッド・ガーナー他 製作総指揮:デレク・ドーチー&マーティ・P・ユーイング&トミー・リー・ジョーンズ 原案:ジョン・J・マクローリン&スコット・ロブデール 脚本:ロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地獄いいとこ一度はおいで―「リトル・ニッキー Little Nicky」

オジー!!!オジー・オズボーン登場に涙した人は、館長のお仲間です(笑)。 パパは悪魔でママ、天使…そしてボクは地上を支配する?! 「リトル★ニッキー Little Nicky」(2000年製作) 監督:スティーヴン・ブリル 製作:ジャック・ジャラプト&ロバート・シモンズ 製作総指揮:ロバート・エンゲルマン&アダム・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢遊病にはご注意を

とにかく人は、大きなストレスを抱えていると熟睡できないものだ。大震災からちょうど4ヶ月経過した今日に至ってもまだ、避難所生活を強いられている3万人以上の人たちの中には、深刻な不眠に悩まされている方も多いと思う。彼らが一日も早く、安心できる場所で日常生活を送ることが出来るように、義援金の迅速な分配等の切実な問題に着手していただきたい。心か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もしも…バトンと「トッツィー Tootsie」

もし~だったら、あなたならどうする? 【1】もし、あなたの性別が今現在と逆だったら? 私自身は、女性であることに格別不満を感じているわけではありません。むしろ女性で良かったと思っているぐらいで。しかし、もし万が一、男性として生まれてきたならば、やはり異性を理解することに努めるでしょう。簡単なことではありませんが、それが人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画鑑賞簡単メモ書きその4―「ゲット スマート Get Smart」

それいけ!ドンくさスマート! ゲット スマート 特別版(2枚組) [DVD]ワーナー・ホーム・ビデオ 2009-03-11 Amazonアソシエイト by 「ゲット スマート Get Smart」(2008年製作) 監督:ピーター・シーガル 製作:マイケル・ユーイング&アレックス・ガートナー&アンドリュー・ラザー&チャール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくい…について教えましょう」Part2

…そして主よ、全ての変態に等しく慈悲を与えたまえ。 ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう [DVD]20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2008-04-25 Amazonアソシエイト by 「ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくい…について教えましょう」Part1

ねえ、愛しい君、一緒にイイことしようよ。 ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう [DVD]20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2008-04-25 Amazonアソシエイト by 「ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「FAIK ID」と「パートナーズ」の関係

ストレートの人達に贈る、“クローゼット”からの素敵な脱出方法指南。 『FAKE ID』 フェイク アイディー (レンタル専用版) [DVD]Blowout Japan 2006-10-27 Amazonアソシエイト by 「FAKE ID フェイク アイディー」(未)(2003年製作) 監督:ギル・D・レイエス 製作:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“パートナー”は辛いよ―「チャックとラリー おかしな偽装結婚!?」

同性間の“パートナーシップ”について、今やむしろ退化の道を辿っているとしか言いようのない某大国にとって、この作品は至極皮肉な意味合いを持つことでしょう。 「チャックとラリー おかしな偽装結婚!?」(2007年製作・劇場未公開) 監督:デニス・デューガン 製作:ジャック・ジャラプト他。 脚本:バリー・ファナロ他。 撮影:ディ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2年前の子豆ズと「エキストラ:スターに近づけ!」

今や小学校3年生になった子豆1号が、まだまだ幼稚園児の気分が抜けなかった小学1年生だったときのお話です。 当時の1号は、厳しかった担任の先生から通称“閻魔帳”に載せられておりました。いえいえ、別に彼が問題行動を起こすわけではありません。彼はいたっておとなしい、トラブルとかケンカを好まない、私のような荒っぽい人間から生まれてきたとは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「ペンギンの問題」…というより子豆たちの問題だ!

子豆2号の咳ですが、だいぶ治まってきました。まだまだ薬を飲み続けないといけませんし、予断を許さない状況ではありますが、とりあえず呼吸困難になるほどの酷い状態からは脱したかな。今は私のほうがダウンしておりますので(涙)、いただいたコメントへのレスはもう少しお待ちください…。 最近子豆達が、子供向けテレビ番組「おはコロ(おはようコ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Simon & Nick goes to Comic-Con?―『Paul』

英国出身のコメディ・コンビ、サイモン・ペッグとニック・フロスト(共演作に「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ」など)が再びコメディ映画で共演したそうなので、“今後必ず観る映画リスト”の中にメモしておきます(笑)。 実は某所でこっそりフォローしている(笑)サイモン・ペッグが、盛んに『Paul』という新作をPRしていたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱力石器コメディ(笑)―「フリントストーン2/ビバ・ロック・ベガス」

ちょっと待って!DuranDuranのベーシストだったジョン・テイラーが出演してたですってぇ!ど・どこに?!(←初見時さっぱり気が付かなかった人) 「フリントストーン2/ビバ・ロック・ベガス The Flintstones In Viva Rock Vegas」(2000年製作) 監督:ブライアン・レヴァント 製作:ブルース・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広川太一郎さん死去の記事を今頃?…でもいいんでないかい。

先日、某所からやってきたメールをみて、無性にモンティ・パイソンの作品が観たくなってきました。そしてパイソンズの吹き替えと言えば、真っ先に思い出すのが広川太一郎氏。でも、氏は2年前に既に亡くなっていたりしちゃったりなんかして…。 以前、当館でも「空飛ぶモンティ・パイソン」日本語吹き替え復活版DVD-BOXに触れた記事をお届けしました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more