テーマ:映画監督列伝(J・ロージー)

ロージーとネオ・レアリスモ―「拳銃を売る男Stranger on the Prowl」

“ハリウッドを離れる前夜、私の脳裏にはなんらの希望も楽観もありえなかった…” ハリウッドで最後の作品となる「大いなる夜」完成直前のこと。ロージーは、以前参加したマルキストの勉強会に居合わせた2人の人物が、非米活動委員会で彼の名前を挙げたことを知らされます。「真実の瞬間」でも繰り返し登場した“共産主義のレッテルを貼られないための密告…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パリの灯は遠く Mr. Klein」ー間違えられた男。

“間違えられた運命”を受け入れよ。 アラン・ドロン Alain Delonを主演に迎えて製作されたジョゼフ・ロージー Joseph Losey監督サスペンス映画「パリの灯は遠く Mr. Klein」(1976年)の日本語国内版DVDが、2008年12月4日に廉価版にて再発されました。未見の方の方が多いに決まっているのは百も承知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「夕なぎ Boom!」と「秘密の儀式 Secret Ceremony」…ジョセフ・ロージー監督

いまだにDVDあるいはBlu-ray化されていない作品が多いジョセフ・ロージー監督の諸作品。エリザベス・テイラーが貫禄の演技を見せている2作品「夕なぎ」と「秘密の儀式」が、初めてDVD化されたのは2008年のことでした。 夕なぎ [DVD]キングレコード 2008-08-06 Amazonアソシエイト by 「夕なぎ BO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暗闇からの脱出-「緑色の髪の少年 The Boy With Green Hair」Part3解説

…今の日本人に観ていただきたい作品です。 処女作にはその作家の本質が現れるとよく言われますが、このジョゼフ・ロージー監督の商業用劇映画第1作目も、その例に漏れません。この後続く波乱万丈の映画監督人生の中で、営々と追及されることになるテーマ“社会から疎外された個人の行く末”、“孤独に陥った人間の葛藤”、あるいは“子供の視点から解析さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暗闇と寓話-「緑色の髪の少年 The Boy With Green Hair」Part2

「こんな話、大人は誰も信じない。たとえエバンス博士でもね。だって大人は口では信じるといっても、後で必ず心変わりするもの」 博士はことさら怖い顔を作ってピーター少年を諭した。他人のハンバーガーを食べておいて話さないつもりなら、君は恩知らずだと。子供のような博士の言い分に、ピーターは呆れてしまう。博士はここで作戦を変える。 「よし、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暗闇と寓話-「緑色の髪の少年 The Boy With Green Hair」Part1

明るいときに見えないものが暗闇では見える。 「緑色の髪の少年 The Boy With Green Hair」(1948年製作) 監督:ジョセフ・ロージー 製作:ドア・シャリー 原作:ベッツィ・ビートン 脚本:ベン・バーズマン&アルフレッド・ルイス・レヴィット 撮影:ジョージ・バーンズ 音楽:リー・ハーライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロージーからお茶目-「唇からナイフ Modesty Blaise」

2009年5月2日に、ロージー監督作「唇からナイフ」のDVDが発売されました。今回が初のDVD化です。「夕なぎ」といい「秘密の儀式」といい、未DVD化作品が多かったロージー監督にとって、これは本当に嬉しい出来事でした。できればこの勢いを駆って、名作「恋」やヘルムート・バーガー、マイケル・ケイン競演という魅力的なドラマ「ロマンチックなイギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリウッドを遠く離れて…Part2―「真実の瞬間 Guilty By Suspicion」

J・エドガー・フーバーFBI長官という男は、ジョセフ・ロージー監督にとって、そしてその存在意義も危うい“ブラックリスト”に載せられて人生を潰されてしまった他の多くの知識人にとって、忌むべき悪魔のごとき存在であります。 ショッキングな手記「FBIフーバー長官の呪い」が日本で読まれるようになり、またクリント・イーストウッド監督が伝記映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョセフ・ロージー監督初期作品のDVD-BOX発売決定。

もう日本語版は出ないものとあきらめ、パリにいた頃に「銃殺」のDVD(恐怖のフランス語バージョン・笑)を買っちまったのに(しかも1枚30ユーロぐらいした。バカ高)…。 ジョセフ・ロージー BOX J・ロージー×D・ボガード×中田秀夫《初回生産限定》 [DVD]IVC,Ltd.(VC)(D) 2011-08-26 Amazonアソシエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリウッドを遠く離れて…Part1

“私たちはみんな孤独なの。私たちには、何が自分を思い悩ませているか知っていてくれる人がいなきゃならないわ…”―「大いなる夜」より、ジョーン・ローリングの台詞 “ハリウッド最大の汚点”と、自虐的に語られるのがもはやお約束となっている“赤狩り”。今の私たちは、当時のことを記した文献や、またブラックリストに載せられた人々の証言などから、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ジョセフ・ロージーの「召使 The Servant」Part2

死ぬまでに、もう一度“本物のアメリカ映画”を撮りたい… ジョセフ・ロージー Joseph Losey 1909年1月14日生まれ―1984年6月22日没 アメリカ、ウィスコンシン州出身 ウィスコンシン州の裕福な家庭に生まれ育ったロージーは、わずか17歳でダートマス・プレイヤーズ劇団に参加。1930年代にはリヴィ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョセフ・ロージーの「召使 The Servant」Part1

“階段を堕ちていくのは誰?” 「召使 The Servant」(1963年製作)日本初公開は1968年 監督:ジョセフ・ロージー 製作:ジョセフ・ロージー 原作:ロビン・モーム 脚色:ハロルド・ピンター 撮影:ダグラス・スローカム 音楽:ジョン・ダンクワース 出演:ジェームズ・フォックス(トニー) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more