テーマ:映画監督列伝(ヨーロッパ編)

「天使が隣で眠る夜Regarde les hommes tomber」―ジャック・オディアール監督

孤独な魂が寄り添う夜。 「天使が隣で眠る夜 Regarde les hommes tomber」(1994年製作) 監督:ジャック・オーディアール 製作:フランク・ル・ウィタ&マルク・ド・ベイセル 製作総指揮:ディディエ・オードパン 脚本:アラン・ル・アンリ&ジャック・オーディアール 原作:テリー・ホワイト「真夜中の相棒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリック・ロメール Eric Rohmerと最後の光線。

フランス時間で2010年1月11日の未明、エリック・ロメール Éric Rohmer監督が心臓発作のため89歳で逝去しました。 エリック・ロメール Éric Rohmer (本名ジャン=マリ・モリス・シェレール Jean-Marie Maurice Schérer) フランス中央部ヌーヴェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この、青春の、痛み―エリック・ゾンカと「さよならS Le petit voleur」

空を飛ぶ鳥のように自由で、かごの中の鳥のようにあがき続ける。…たぶん、それを“青春”と呼ぶ。 エリック・ゾンカ Erick Zonca 1956年9月10日生まれ フランス、オルレアン出身 ●フィルモグラフィー 2008年『Julia』(監督、脚本) 2000年「愛撫」(脚本のみ) 1998年「さよなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Three Billboards Outside TIFF 2017 トロント

今年は、映画賞レースに関連した記事を一つも書いておらず―そもそも新しい記事そのものを全く更新できず―、今年の映画界の動向に追いつけていない状態で、今必死に遅れをカバーしている体たらくです。申し訳ない。 北米最大の映画祭であるトロント国際映画祭 Toronto International Film Festivalでは、先に閉幕した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ブルー・イグアナの夜Dancing at the Blue Iguana」―マイケル・ラドフォード

踊り子たちの見る夢は、夜の闇に消えてゆく。 「ブルー・イグアナの夜 Dancing at The Blue Iguana」(2000年製作) 監督:マイケル・ラドフォード Michael Radford 製作:ラム・バーグマン&マイケル・ラドフォード他 脚本:マイケル・ラドフォード&デヴィッド・リンター 撮影:エリクソン・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暗闇を照らす詩の心―ジャック・オディアールと「預言者 A Prophet」

ジャック・オディアール Jacques Audiard監督の「預言者 UN PROPHÈTE (A PROPHET)」が日本で公開されたのは2012年の1月21日から。作品完成時から実に3年越しの、待ちくたびれて諦めかけていた末の、ようやくのランデブでありましたね。数年前、この「預言者」がハリウッドでリメイクされるというニュー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「真夜中のピアニスト」―ジャック・オディアール監督Jacques Audiard

僕の心はピアノの音色に揺れ続ける。 「真夜中のピアニスト Da battre mon coeur s'est arrêté」(2005年製作) 監督:ジャック・オーディアール 製作:パスカル・コーシュトゥー 脚本:ジャック・オーディアール&トニーノ・ブナキスタ オリジナル監督&脚本:ジェームズ・トバック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

調和と情熱―ベルナール・ラップ Bernard Rapp

“監督の仕事は、スタッフとキャストの仕事の全てをうまく調和させること。調和こそがいい作品の条件だと思っている。そして僕の作品のスタッフは、それぞれが自分の仕事だけではなく、常に作品全体に神経をいきわたらせていたんだ” harmonie et passion ベルナール・ラップ Bernard Rapp 1945年2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カール・Th・ドライヤーCarl Theodor Dreyer…胸に残るは母の面影

―あなたにとって映画とは何ですか? 「…それは私のただひとつの偉大なる情熱です。」 カール・Th(テオドア、テホ)・ドライヤー Carl Theodor Dreyer カール・テオドール・ドライエル カール・T・ドライエル カール・ドライエル 1889年2月3日生まれ 1968年3月20日没 デンマー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「イル・ポスティーノ Il Postino」―マイケル・ラドフォード監督

いつか来た詩の道。 「イル・ポスティーノ Il Postino / The Postman」(1996年製作) 監督:マイケル・ラドフォード Michael Radford 製作:マリオ・チェッキ・ゴーリ&ヴィットリオ・チェッキ・ゴーリ他 原作:アントニオ・スカルメタ『バーニング・ペイシェンス』 脚色:アンナ・パヴィニャー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画オタ一代-エドガー・ライト参上―Edgar Wright here!

エドガー・ライト監督の「ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う! The Worlds End」を映画館で見る前のこと。この作品の一つ前の作品が、ちょっとアレでソレな感じの微妙な内容だっただけに、ライト監督のコンディションをちょっぴり心配していました。ですが、「ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う! The Worlds End」を見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放浪する英国人―マイケル・ラドフォード Michael Radford と「1984」

マイケル・ラドフォードという人は実に不思議な監督さんです。彼を見ていると、いつもここではないどこかへ行こうとしているように見えるのですね。一体全体、彼自身の原風景はどこにあるのでしょうか。 失われた原風景を求めて。 マイケル・ラドフォード Michael Radford 1946年2月24日生まれ インド、ニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「夜と霧 Nuit et brouillard」-アラン・レネAlain Resnais監督

“この地上に生きる者はすべて、この映画を見ねばならない。そうすれば、すべてはもう少し良くなるだろう…”―映画理論家アド・キルー Ado Kyrou「ポジティフ Positif」誌1956年5月号より 夜と霧 [DVD]アイ・ヴィ・シー 2005-06-24 Amazonアソシエイト by 「夜と霧 Nuit et …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性が生きること-ニキ・カーロ(Niki Caro)

急遽再アップします。ニュージーランド出身の監督ニキ・カーロ(ジェシカ・チャステイン Jessica Chastain主演のドラマ『The Zookeeper's Wife』が公開間近。実はこれ、以前から楽しみにしていた作品です)が、ディズニーによる壮大なライフワーク“ディズニーの名作アニメーション作品群の実写映画化”企画に参戦することが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「二十四時間の情事 Hiroshima Mon Amour」Part1―アラン・レネ監督

故アラン・レネ監督の名作「二十四時間の情事 Hiroshima Mon Amour」のレストア版が、現地時間で26日から始まるニューヨーク映画祭(The 52nd NY Film Festival)でリバイバル上映されるそうです。観たあぁぁぁいぃぃぃ(悶絶)。そんなわけで、急遽今作の解説記事を再アップしておきます。これを機会に、1人でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「裁かるるジャンヌ」Part2―カール・Th・ドライヤー監督Carl Th Dreyer

「エリザベス:ゴールデン・エイジ Elizabeth: The Golden Age」をご覧になった人なら、背水の陣でスペイン無敵艦隊を迎えうつエリザベスが、自ら甲冑に身を固めて兵士たちの前に躍り出るシーンを覚えておいでのことだろうと思う。長い髪を風にたなびかせ、白馬の上で民衆に勝利を誓う女王の姿は、歴史にそう興味のない人間にも、ある1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「裁かるるジャンヌ」Part1―カール・Th・ドライヤー監督

我が王は、悪魔にあらず、シャルルにもあらず、ただ1人最高のキリスト教徒である。 ジャンヌ・ダルク Jeanne d'Arc 1412年1月6日生まれ 1431年5月30日没 フランス、ロレーヌ地方ドンレミ村出身 農家の娘として生まれ、3人の兄と1人の姉の5人兄妹の末っ子。出身地のドンレミ村はカトリックを信仰して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孤独な魂に寄り添う―ジョン・シュレシンジャーJohn Schlesinger

-私がなにより興味を引かれるのは、ヒーローではなく負け犬、成功ではなく失敗だ- ジョン・シュレシンジャー John Schlesinger, CBE (本名:ジョン・リチャード・シュレシンジャー John Richard Schlesinger) 1926年2月16日生まれ 2003年7月24日没(アメリカのカリフォ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粘土に命が宿るとき―ニック・パーク Nick Park

彼らは友達…ニック・パークと“ウォレスとグルミット” Nick & Wallace & Gromit, they are best friends. ニック・パーク Nicholas Wulstan Park 1958年12月6日生まれ イングランド・ランカシャー州プレストン出身 1997年にCBEの称号を贈られた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ラルジャン L’argent」とロベール・ブレッソン Robert Bresson監督

今年のニューヨーク映画祭のリバイバル企画 The Revivals Section of the 54th New York Film Festivalのうちの一つとして取り上げられている、ロベール・ブレッソン Robert Bresson監督の遺作「ラルジャン L’argent」とブレッソン監督のフィルモグラフィーをご紹介します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マチュー・アマルリック Mathieu Amalricは蝶の夢を見る

2010年度カンヌ国際映画祭において、最優秀監督賞をゲットしてしまったマチュー・アマルリック。本来は、クセのある性格俳優として、フランス国内だけではなく国際的にも活躍する名優ですが、監督としてもその個性を評価されました。 彼が通算4本目に撮った監督作品が『On Tour』ですね。内容については以前ちょろっと触れたとおり、現役ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“美”に捧げた生涯―レニ・リーフェンシュタールLeni Riefenstahl

“この世界で悪が善よりも強いものならば、とっくに善を喰いつくしてしまっているでしょう。それなのに自然はこんなに美しい。春は繰り返しやってくる。だから自分は、人生に向かって常に「はい(ヤー)」と言おう” レニ(レーニ)・リーフェンシュタール Leni Riefenstahl 1902年8月22日生まれ、2003年9月8日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リード・マイ・リップス Sur mes levres」―ジャック・オディアール監督

貴方は唇で私の愛を読む。 「リード・マイ・リップス Sur mes levres」(2001年製作) 監督:ジャック・オーディアール Jacques Audiard 製作:フィリップ・カルカソンヌ&ジャン=ルイ・リヴィ 脚本:ジャック・オーディアール&トニーノ・ブナキスタ 撮影:マチュー・ヴァドピエ 音楽:アレクサンドル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Focus on Anton Corbijnーアントン・コービンのフォーカス

アントン・コービン(“コルバイン”が正しい発音)Anton Corbijn 1955年5月20日生まれ オランダ、ストライエン出身 写真に目覚めた時期とロックに目覚めた時期が同時であったコービン。後に、ロック・ミュージシャンを被写体に得たポートレイト写真家として著名になる下地はできていたわけだ。 1979年か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「第5惑星 Enemy Mine」―ウォルフガング・ペーターゼン監督

“敵”は己の中にあり。 「第5惑星 Enemy Mine」(1986年製作) 監督:ヴォルフガング・ペーターゼン Wolfgang Petersen 製作:スティーヴン・フリードマン 原作:バリー・ロングイヤー『Enemy Mine』 脚本:エドワード・カーマラク 撮影:トニー・アイミ 音楽:モーリス・ジャール 特殊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛しい人が眠るまで―アンソニー・ミンゲラ Anthony Minghella

「イングリッシュ・ペイシェント The English Patient」。アンソニー・ミンゲラ監督の作品の中では最も好きなものです。人が一生の中で経験するあらゆる感情が、この1作の中に凝縮されているような気がしますね。題材の性格からして、おそらく若い人たちには理解できない類のお話でしょうが、ある程度年齢を経、人生の苦味を知った上で観ると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「星に魅せられて(10ミニッツ・オールダー イデアの森)」―マイケル・ラドフォード監督

豪華な映画作家が集ったコンピレーション作品「10ミニッツ・オールダー イデアの森」の中から、今や新世代ジェームズ・ボンドの顔となったダニエル・クレイグが主演したエピソード、“星に魅せられて(Addicted to the Stars)”をご紹介。実はこれ、監督はマイケル・ラドフォードその人だったんです。 このコンピレーションには、他に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more