テーマ:俳優名鑑

Kadおっちゃん、我が道を行く。

Kad Merad(本名:Kaddour Merad) キャッド・メラッド 1964年3月27日生まれ アルジェリア出身 現在46歳のこのむさいルックスのおっさんは、只今フランスで絶大なる人気を誇るコメディアンなのであーる。そして、わたくし、豆酢館長のツボにもしっくりはまっているおっさんなのであーる。 アル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何処にもいない貴方―「アイム・ノット・ゼア I'm not There」

どれほど悠久の世紀が流れるのか 山が海となるには どれほど人は生きねばならぬのか ほんとに自由になれるために どれほど首をかしげねばならぬのか 何もみてないというために その答えは 風に吹かれて 誰にもつかめない ―“風に吹かれて Blowin' In The Wind”から一部抜粋 (アルバム「Free Wheelin…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスター・オブ・無精髭―フランコ・ネロ Franco Nero

8年程前、映画館で観たラブ・ロマンス映画「ジュリエットからの手紙」で、フランコ・ネロ Franco Neroを久しぶりに観た。ロレンツォを演じるフランコの佇まいは、めっきり白髪の増えた頭髪同様、若い頃の野生丸出しのセックス・アピールがちょうど良い塩梅に熟成され、酸いも甘いも噛み分けた老齢の男の悲哀と懐の深さを感じさせていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリザベス・テイラー Elizabeth Taylor, life of big love.

“伝説的ハリウッド女優であり、優れたビジネスウーマンであり、またリスクを恐れぬ社会活動家でもあった偉大なる女性エリザベス・テイラーは2011年3月23日ロスの病院シーダーズ・サイナイ医療センターで息を引き取った。幾度にも渡る結婚で得た4人の子供たち―マイケル・ワイルディング、クリストファー・ワイルディング、リザ・トッド、マリア・バートン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謎めいた貴女―シルヴァーナ・マンガーノSilvana Mangano

人生を二度生きた、ある貴婦人の肖像 シルヴァーナ・マンガーノ Silvana Mangano 1930年4月23日生まれ 1989年12月16日没(スペイン、マドリード) イタリアのローマ出身 1930年に、シチリア鉄道の車掌を勤めた父親と、英国籍の母親のもとにローマで生まれた。幼い頃から踊りの才能を見せ、7歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「天国の門 完全版 Heaven's Gate」で待っていて。

「天国の門 Heaven’s Gate」完全版を観つつ、マイケル・チミノ Michael Cimino 監督を偲んでみたいと思います。以下の記事は2016年7月に書かれたものです。 マイケル・チミノ Michael Cimino監督が2016年7月2日土曜日、家族に見守られながら77歳で死去しました。カンヌ国際映画祭ディレクターの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家族を心から愛し続けた“結婚しない女”―ジル・クレイバーグ

派手ではなかったけれど、その控えめでクールな美貌は晩年も衰えを知らず、女優として息の長いキャリアを築いていた方だったと思います。ポール・マザースキー監督の名作「結婚しない女」で、“男から自立する女”の肖像を生き生きと体現した女優ジル・クレイバーグが11月5日、長年闘ってきた白血病に倒れました。享年66歳。ご冥福をお祈りします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ぴよぴよとボク。

このブログが、まだエ●サイ●に間借りしていた頃のこと。あるブランドから発売された豆乳飲料が、ショーン・ビーン・ファンの間で話題になったことがありました。 古株のショーン好きの皆さん、覚えてますか(笑)?懐かしいでしょ?これを覚えているということは、ショーンのファンの皆さんの中でもかなりの古参兵の筈。豆乳飲料のその名も“ま●…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ルトガー・ハウアー/危険な愛 TURKS FRUIT」

ただ一度の愛の物語。 「ルトガー・ハウアー/危険な愛 TURKS FRUIT」(日本劇場未公開)(1973年製作) 監督:ポール・ヴァーホーヴェン Paul Verhoeven 製作:ロブ・ホウワー 脚本:ジェラルド・ソエットマン 原作:ヤン・フォルカーズ『TURKS FRUIT』 撮影:ヤン・デ・ボン 音楽:ロジェ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“プリンセス・シシー”は永遠に。ーRomy & Sissi

ロミー・シュナイダー Romy Schneider 1938年9月23日生まれ 1982年5月29日没(フランス、パリ) オーストリアはウィーン出身 本名はRosemarie Magdelena Albach-Retty。演劇の家系に生まれ、女優の母マグダ・シュナイダーのアドバイスに従って、芸名を“シュナイダー”とす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天国のライダー、デニス・ホッパー Dennis Hopper

前立腺から骨に転移した癌と長年戦っていたデニス・ホッパー Dennis Hopperは、2010年5月29日についに帰らぬ人となりました。あの「イージー・ライダー Easy Rider」で乗りこなしていたバイクにまたがり、ニュー・オーリンズではなく、天国を目指して行ってしまったのですね。 デニス・ホッパー Dennis L…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ブロークバック・マウンテンBrokeback Mountain」からの情景とヒース。

突出した才能に恵まれた美しい人間というのは、神に早く召されてしまうのでしょう。2016年、私たちは数多くの偉人、才人を喪いました。天寿を全うした人もいれば、早すぎる死の運命を受け入れざるを得なかった人も。しかし、早逝する人間というのは、他人とは違う何かを持っている場合が多いと思いますね。 2009年に突如この世を去ったヒース・レジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

刑事コロンボ、最期の事件。 The last case of Columbo.

「うちのかみさんがね…」の名文句で知られる刑事コロンボ Columbo。そして、刑事コロンボと言えばこの人、ピーター・フォーク Peter Falkの最大の当たり役でありました。 ピーター・フォーク Peter Falk 1927年9月16日生まれ 2011年6月23日死没 (満83歳) 出身地:ニューヨーク州オシニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銃を取るのは誇りのため-「荒野の七人The Magnificent Seven」

「最後にはいつでも農民が勝つのだ」 「荒野の七人 The Magnificent Seven」(1960年製作) 監督:ジョン・スタージェス 製作:ジョン・スタージェス 共同製作:ルー・モーハイム 製作総指揮:ウォルター・ミリッシュ 原作:黒澤明&橋本忍&小国英雄「七人の侍」 脚本:ウィリアム・ロバーツ&ウォルター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

壊れた天使―ピア・アンジェリ Pier Angeli

生涯で愛した人はただ1人、ジェームズ・ディーンよ…。 ピア・アンジェリ Pier Angeli 本名:アンナ・マリア・ピエランジェリ 1932年6月19日生まれ 1971年9月10日没 イタリア、サルデーニャ島カリアリ出身 ピア・アンジェリは美術学校を卒業した後、16歳のときにイタリア映画でデビューしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイケル・ファスベンダーの「SHAME -シェイム- Shame」

What's the 'shame'? マイケル(ドイツ語読みではミヒャエル)・ファスベンダー Michael Fassbender 1977年4月2日生まれ ドイツ、ハイデルベルグ出身 父親はドイツ人、母親は北アイルランド出身。姉が一人という家族構成。生まれはドイツのハイデルベルグだが、子供時代をアイルランドの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女と男とイタリアの街の物語-「昨日・今日・明日 Ieri, Oggi, Domani」

イタリアの空の下、男と女は生きる。 「昨日・今日・明日 Ieri, Oggi, Domani」(1963年製作) 監督:ヴィットリオ・デ・シーカ 製作:カルロ・ポンティ 脚本:エドゥアルド・デ・フィリッポ&ヴィラ・ヴィラ&チェザーレ・ザヴァッティーニ 撮影:ジュゼッペ・ロトゥンノ 音楽:アルマンド・トロヴァヨーリ 出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おめでとう、レオ。

「レヴェナント:蘇えりし者 The Revenant」(2015年)で、ついにオスカー・ウィナーとなったレオナルド・ディカプリオ。この作品は4月22日から日本でも劇場公開される予定です。主演がレオであること、そしてレオの主演男優賞、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ Alejandro Gonzalez Inar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Gone Bill gone…デヴィッド・キャラダイン David Carradine

“Don't think, feel !” 映画「燃えよ!ドラゴン Enter the Dragon」からの名台詞。いましばらくの間、この台詞を己が肝に銘じておこうと思います。 さて、映画の世界に“カンフー Kung Fu”をもたらし、衝撃を与えたのがブルース・リー Bruce Leeだったとしたら、そのカンフーをアメリカの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつか晴れた日に再び会おう…アラン・リックマン R.I.P. Alan Rickman

最近では、信じられないことが当たり前にように起こります。英国の名優アラン・リックマン氏が1月14日、癌のため急逝しました。享年69歳。70歳の誕生日を目前に控えていたというのに。デヴィッド・ボウイもアラン・リックマンも、彼らより先に逝ってしまったモーターヘッドのレミーまでが癌で…。私自身の青春時代に元気いっぱいに活躍していた人々が、才能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナターシャ・リチャードソン Natasha Richardson…散った百合。

2009年3月18日、カナダのスキー場で初級クラスのレッスンを受け、転倒してしまった英国女優ナターシャ・リチャードソン Natasha Richardsonが、そのわずか1時間後に脳損傷のため脳死に至ってしまいました。転倒した際には、ご本人は大事無いと言っていたそうなのですが、やはり打ち所が悪かった模様。生命維持装置なしでは呼吸もままな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宿無しと神様―「聖なる酔っ払いの伝説 La Leggenda del Santo Bevitore」

最近、自分自身の“老い”について考えることが増えたせいでしょうね。キラキラした若者を主人公にした映画より、老境に達した人間を描いたものに強く惹かれるようになりました。 名匠エルマンノ・オルミ監督のフィルモグラフィーの中でも、国際的に名を知られたある俳優を起用したことで特に知られる「聖なる酔っ払いの伝説」は、死を前にした一人の男に起…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無精髭保存会 File No.3…ゲイリー・オールドマン Gary Oldmam編

無精髭部心得 The Rules of Stubble “無精髭には年齢制限がある。持論では、少なくとも30代になってから無精髭って欲しいのだ。10代だか20代だかのケツの青いヒヨッコに、無精髭などとんでもない!そんな連中は、毎朝欠かさずきれいに髭をあたり、ついでにパックなんかも貼付けて、精々お肌のコンディションを整えるがいいのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“手”は口ほどにものを言い。Your hands are talking.

ショーン・ビーンという人は、演技をしているときも普段インタビューなどを受けているときも、長い指を顔の前で持て余しているときがあります。 手を口元に置いてみたり、両手を組んでみたり、指で鼻をいじってみたり…。「必殺処刑人」こと(涙笑)「Outlaw」関係のインタビュー画像でも、そんなひとコマがありましたねえ。 今にも鼻をほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「セントルイス銀行強盗 The Great St. Louis Bank Robbery」

俺は悪魔なんかじゃない…みんな俺を誤解してるんだ…あの銃撃をやめさせてくれ! 「セントルイス銀行強盗 The Great St. Louis Bank Robbery」(未)(1959年製作) 監督:チャールズ・グッゲンハイム&ジョン・スティックス 製作:ジェーン・ブリッジス他。 製作補:リチャード・T・ヘフロン 脚本:リ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リン・レッドグレイヴ Lynn Redgrave, a jewel in the life.

“私は、5世代にわたる才能豊かな俳優一家の生まれであることを、終生誇りに思っています。…祖父母、両親、姉、兄、そして姪たち…。” リン・レッドグレイヴ Lynn Redgrave 1943年3月8日生まれ 2010年5月2日(享年67歳)没 英国ロンドン出身 アメリカコネチカット州にて乳癌のため死去 父親サー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダーク・ボガードへの恋文...A love letter to Mr. Bogarde

ダーク・ボガード Dirk Bogarde 1921年(諸説ある)3月28日生まれ 1999年5月8日没 (チェルシーにて死去) イギリス、ロンドンのウェスト・ハムステッド出身 ●ニックネーム オデオン、英国版ロック・ハドソン、ピップorピピン(第2次世界大戦中) ●本名 デレク・ユーリ・ガスパール・ウルリッヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誕生日でヨッパライ、マイケル・ファスベンダーMichael Fassbender

4月2日はファス男ことマイケル・ファスベンダーの誕生日でありまして、こやつは今年ついに38歳になってしまいました(笑)。あと2年で40の大台に乗るじゃありませんか!早いなあ。今年のファス男関連の新作は、西部劇『Slow West』やマクベスに挑戦した『Macbeth』、現在撮影中のダニー・ボイル監督&脚本家アーロン・ソーキン&主演ファス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショーン・ビーン、ムービー◯ター誌に返り咲き(笑)…と豆拾い。

追記しました。 「ロード・オブ・ザ・リング Lord of the Ring」シリーズの頃を懐かしく思い出します(嬉し泣き)。 ショーン・ビーンとヴィゴ・モーテンセンが日本の誇る映画誌ムービー◯ターに載る日を再び迎えようとは…(号泣)。 3月28日から公開されるウォーシャウスキー姉弟監督の「ジュピター …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more