テーマ:アニメ・コミック、SF映画

ヒーロー誕生―「アメイジング・スパイダーマン2 The Amazing Spider-Man 2」

“彼女のため”ではない。彼女が君の道となるのだ。 「アメイジング・スパイダーマン2 The Amazing Spider-Man 2」(2014年) 監督:マーク・ウェブ 脚本:アレックス・カーツマン&ロベルト・オーチー&ジェフ・ピンクナー 原案:ジェームズ・ヴァンダービルト 製作:アヴィ・アラッド&マシュー・トルマッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「X-MEN フューチャー&パスト X-MEN: Days of Future Past」いったぜ!

いよいよ明日の夜、「X-MEN:フューチャー&パスト X-MEN Days of Future Past」の先行上映が、舞台挨拶生中継つきで行われますね。 ここ、黄金のしゃちほこの街では、TOHOシネマズ名古屋ベイシティにてキックオフでございます。皆さん、鼻息も荒く早々にチケットを入手され、先行上映に向けて精神統一に入って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Godzilla is still breathing...

ギャレス・エドワーズ監督が、自身のオタ魂を込めたリメイク版「ゴジラ Godzilla」。日本での宣伝活動があまりなされていないのは、多分にストーリーの設定のためである。 …確かに3.11の後では、津波、原子力全てがこのゴジラに関係していた、津波による悲劇も、その後の放射能管理上の様々な問題、悲劇も、従って起こるべくして起こりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひつじのショーン、映画スターになるの巻♪Shaun The Sheep the Movie!

うちのショーン・ビーンの本名と同じ名前を持つ(笑)、小ひつじのショーン(Shaun)。ニック・パークの創造した「ウォレスとグルミット」シリーズに初登場して人気者になったショーンが一枚看板を背負ったのが、「ひつじのショーン Shaun the Sheep」というスピンオフのテレビ番組でした。世界中で放映された「ひつじのショーン」は、老…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意思を持った少女たちー「アナと雪の女王 Frozen」

…そして、プリンセスを魔法から救えるのは“真実の愛”だけなのです。… 「アナと雪の女王 Frozen」(2013年) +短編「ミッキーのミニー救出大作戦」 監督:クリス・バック&ジェニファー・リー 製作:ピーター・デル・ヴェッチョ 製作総指揮:ジョン・ラセター 原案:アンデルセン『雪の女王』 脚本:ジェニファー・リ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショーンおいたん、木星で頑張ってるの巻―Jupiter Ascending

…実を言いますとね、先にアップした“取扱説明書”は、このたびリリースされたウォーシャウスキー姉弟監督の新SF超大作『Jupiter Ascending』の新しいトレーラーをご紹介するための前振りでありました(爆)。まあまあ、そうお怒りにならずとも(笑)。まずはトレーラーをご覧になってみてくださいな。 Jupiter Ascendi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第67回英国アカデミー賞(The 67th BAFTA Awards)ノミネート・リスト発表。

2日ほど前のニュースで既に速報性など失っているのですが(笑)、英国アカデミー賞(以下BAFTA)は近年益々、オスカーの行方を直接左右する重要な映画賞となっているので、ノミネート・リストも記録しておきましょうね。最後に、「ゼロ・グラヴィティー」の脚本賞ノミネートについて私見を述べております。 映画賞レースで先頭グループを走っているよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いい年だった、本当に。ギレルモとアルフォンソに御礼を言わなくちゃ。追記。

「パシフィック・リム Pacific Rim」と「ゼロ・グラヴィティー Gravity」にありがとう。「ゼロ・グラヴィティ」について感想を追記しました。…観賞してから数日経ちますが、この「ゼロ・グラヴィティ」で体験した様々な感情が今も頭にこびりついて離れてくれません。もう少し落ち着いてから記事にしようかと思っていたのですが、とりあえず、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Warner Bros. Japanに告ぐ―『Jupiter Ascending』トレーラー解禁。

チャニング・テイタム君とミラ・クニス嬢主演の近未来SFアクション大作『Jupiter Ascending』のオフィシャル・トレーラーが公開されました。 Jupiter Ascending - Official Teaser Trailer [HD] やっぱり、なんぞかんぞ言われても、ウォーシャウスキー姉弟が潤沢な予算を使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボクら、子豆ミニオンず。―「怪盗グルーのミニオン危機一髪」

昨日、ボクとお兄ちゃんとお母さんで、えいがを見に行きました。「怪盗グルーのミニオン危機一髪」というえいがです。 えいがかんに入ると、ボクはちょびっとだけきんちょうしましたが、えいがが始まったら大笑いばっかりして、すごくすごく楽しかったです。ミニオンめちゃかわいかった。また見に行きたいです。 こまめ2ごうより。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

…やっぱりきたよ…「ゼロ・グラヴィティ Gravity」

既に複数のメディアで報じられていますが、アメリカで10月4日に劇場公開されたアルフォンソ・キュアロン監督(「トゥモロー・ワールド Children of Men」)の新作「Gravity」(日本では「ゼロ・グラヴィティ』のタイトルで12月13日に公開)が、事前の評判にたがわぬ興行成績(オープニング興行成績5560万ドル)をおさめたそうで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「2001年宇宙の旅」へのタイムスリップ。

'“新・午前十時の映画祭”上映企画、「2001年宇宙の旅 2001: A Space Odyssey」を観に来ております。私の住んでいる街からはちょっと遠い場所にある映画館なので、普段滅多に来ないのですが、今日ばっかりはわざわざ足を運んだ甲斐があったと感激しています。 本日のお題は、スタンリー・キューブリック監督の手になる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パシフィック・リム」欠乏症。

今「アベンジャーズ The Avengers」観てるんですけどね。 「マイティ・ソー」では、家族と周囲のアスガーディアン達への積もり積もった恨みが大爆発し、積み木崩しちゃったロキちゃん。思い余って故郷を出奔し、兄上が守っている(つもりの)地球を手に入れんがため、チタウリとかいう連中と手を組んでしまいました。 …映画公開時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう一人のゴッサムの守護者、ジム・ゴードンの若き日の戦い。

クリストファー・ノーラン監督が再生した21世紀のバットマン・サーガは、「ダークナイト・ライジング」をもって終了しました。シリーズ第1作目「バットマン ビギンズ」、コミック・ヒーローもの映画の概念を根底から覆すことになった第2作目「ダークナイト」(Part1 Part2 Part3 Part4)、批判的な批評もちらほら聞こえていた第3作目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」―ニック・パーク監督

空飛ぶうさぎ、巨大野菜、なんて素敵な大冒険! 「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ! Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit」(2005年製作) 監督:ニック・パーク&スティーヴ・ボックス 製作:ニック・パーク&クレア・ジェニングス&ピーター・ロード他。 脚本:ニック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次は「スタートレック イントゥ・ダークネス」だな。

全国の劇場での公開は今月23日からになる映画「スタートレック イントゥ・ダークネス Star Trek Into Darkness」。海外ではとっくに公開済みであるのに、日本での劇場公開が異様に遅く、痺れを切らし過ぎて立てんようになるとこでしたわい。もちっと早う公開してくださらんか。ホンマに頼んまっせ!! 昨日、J…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼の、彼による、彼のための映画―「裸のランチ Naked Lunch」

「戦慄の絆」で監督としての評価をさらに高めたクローネンバーグの元には、興味深い企画がいくつか持ち込まれたようです。 たとえば、フィリップ・K・ディック原作短編「追憶売ります」の映画化。これはクリストファー・ウォーケンを主演に迎え、ロケハンまで行ったにもかかわらず、企画が流れてしまいました(後にポール・ヴァーホーベン監督がアーノルド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社長とアードマンとひつじのショーン?―Shaun the Sheep

大型連休も後半戦に入りました。皆さん、充実してますかぁーーーーっ!!!!! 子豆1号の具合もだいぶんよくなったのですが、全快にはもう少し時間が必要だということで、わたくしめ、本日は子豆ズを父豆に預けて単独休暇を頂けることになりました。あざーっす、父豆。 何を差し置いても観たい映画は幾つかあれど、まだ私の縄張りでは公開され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ティムのガールズ・ムービー―「アリス・イン・ワンダーランド Alice in Wonderland」

ティム・バートン監督という人は、その特異なビジュアリストっぷりで有名になった、“オタク監督”の始祖である(笑)。特に彼の熱心なファンではない私だが、大ヒット作「ビートルジュース」、こちらに記事を書いた「マーズ・アタック!」は非常に気に入っている。オタならではの自虐的ひねくれ視点といい、マジョリティに真っ向から反発するごとくのマイノリティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DCが歯噛みする横でMarvelが世界を征服する。「Thor: The Dark World」

昨年、マーベルコミックスのヒーロー大集合映画「アベンジャーズ」が日本でも大ヒットを記録しました。日本での公開は真夏の盛りでしたね。とにかくクソ暑いさなか、小難しい映画なんか観とれるかってんで、私も映画館まで赴いて大いに気勢を上げさせていただきました。一度は売店でビール買って飲みながら観たよ(笑)。すんごい楽しかった。 まあね、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪ Over the yellow flowers ♪ー「オズ はじまりの戦い」

オズの魔法使 特別版 [DVD]ワーナー・ホーム・ビデオ 2010-04-21 Amazonアソシエイト by 映画「オズの魔法使い」は、異次元とこの世を越境したファンタジー映画の名作です。 その「オズの魔法使い」の前日譚…オズがなぜ偉大なる魔法使いとなったのか…を描くサム・ライミ監督の「オズ はじまりの戦い Oz: Grea…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“クローネンバーグ”誕生―「ステレオ/均衡の遺失 Stereo」

このカテゴリーの最初の記事(こちらからどうぞ)にて、クローネンバーグ監督の簡単なバイオグラフィーとフィルモグラフィーをご紹介していますが、初の商業用長編映画「シーバーズ」(1975年)以前の作品について、今までほとんど触れていませんでした。作品レビューも、1982年の「ヴィデオドローム」以前のものについては未だ手つかずの状態で申し訳ない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一つの“過渡期”ってやつ―「エイリアンズ・オブ・ザ・ディープ Aliens of The Deep」

もう随分前のことのような気がする、第82回アカデミー賞授賞式。ジェームズ・キャメロンとキャサリン・ビグローという、元夫婦、しかも両名共に著名な映画監督によるオスカー受賞を巡ってのガチンコ対決が、世界中から注目を集めておりました。ビグロー監督の方は「ハートロッカー」、キャメロン監督の方は「アバター」での勝負。 結局、「ハートロッカー」が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スタートレック イントゥ・ダークネス Star Trek Into Darkness」…所々訂正w

リブート版「スタートレック Star Trek」シリーズを監督しているJ・J・エイブラムスには、今後はリブート版(厳密にはリブートではないですが)「スター・ウォーズ」シリーズの監督という新しい肩書きが加わります。“新世代のスピルバーグ”がSF映画史に残るこの二つのストーリーをどのように再生するのか、世界中からその手腕に注目が寄せられるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

J.Jついに新生「スター・ウォーズ」を監督す。

日本時間にして今朝方未明からこっち、映画界はこのビッグ・ニュースでもちきりでした。私自身は速報を見ても、このニュースが本当のことかどうか分からなかったので聞き流していたのですが、とうとうニューヨーク・タイムズのサイトにも“J.J. Abrams to Direct Next ‘Star Wars’ Movie”という記事が掲載されました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理性は本能を制御でき……ない?―「ALPHA」

アニメーション制作を学ぶ才能豊かな学生や、インディペンデントに創作を行っているアニメーション・クリエイターたちを発掘し、その知られざる作品を世に問う活動を行っているMad Artist Publishing。彼らは、今や世界中に無数の視聴者を抱える大手情報発信ツールであるYou Tubeにも、専用のチャンネルOfficial Indep…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「フランケン(犬)ウィニー Frankenweenie」を観たでよ♪( ´θ`)ノ

本日は、日本上陸を首を長~くして待っていた愛しの映画「テッド Ted」の劇場公開初日。ホントなら、エロ親父可愛いテディベア、テッドをモフモフしに映画館に馳せ参じなきゃならんところではあるのですが、流石に名○屋ベイシティまでは行けりゃせんがな…_| ̄|○ ガックシ。 てな訳で、今日は見逃していた「フランケンウィニー F…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

希望は、常にある。―「R'ha」…追記しました。

「第9地区」あたりの流れを汲む、一種のアポカリプス的SFショートムービーなのですが、ネット上で公開されるやいなや、海外では結構な話題を呼んだCGアニメーション・ショートムービーです。 “R'ha” おいっ、ここで終わるんかい、ぬおおおおおーーーーいっ!エイリアンは最後まで希望を捨てず、ボロボロになりながらも母星を目指…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more