テーマ:アニメ・コミック、SF映画

「第5惑星 Enemy Mine」―ウォルフガング・ペーターゼン監督

“敵”は己の中にあり。 「第5惑星 Enemy Mine」(1986年製作) 監督:ヴォルフガング・ペーターゼン Wolfgang Petersen 製作:スティーヴン・フリードマン 原作:バリー・ロングイヤー『Enemy Mine』 脚本:エドワード・カーマラク 撮影:トニー・アイミ 音楽:モーリス・ジャール 特殊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“引用”と“応用”―「モンスター vs エイリアン Monsters vs. Aliens」

To quote (and then adapt it) or not to quote, that is the question. 昨今では、映画的表現形式の一つとしてすっかり定着した感のある過去の作品からの“引用”。これは、“パロディ”か、はたまた“オマージュ”かという悩ましい問題をも引き連れてくる厄介なものではありますが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「マーズ・アタック!Mars Attacks!」ーくたばれ人類!…シルヴィア以外は♪

落ちこぼれは人類を救う。 「マース・アタック! Mars Attacks!」(1996年) 監督:ティム・バートン 製作:ティム・バートン&ラリー・フランコ 脚本:ジョナサン・ジェムズ 撮影:ピーター・サシツキー 音楽:ダニー・エルフマン 出演:ジャック・ニコルソン(ジェームズ・デイル、アメリカ大統領、アート・ランド)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来は野生のためにある?―「ファンタスティックMr.FOX」

きっと、この作品への期待値が事前に高くなりすぎたせいでしょう。初見時には“まあまあ”の出来かなぁという微妙な感想をもったわたくしめ、2度目に見た際には今作への印象が少し変わりました。昔読んで感銘を受けた原作本「父さんギツネバンザイ Fantastic Mr. Fox」(「すばらしき父さん狐」)(ロアルド・ダール Roald Dahl …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恋する赤鬼-「ヘルボーイ Hellboy」

ギレルモ・デル・トロ Guillermo del Toro監督の待望の新作「クリムゾン・ピーク Crimson Peak」は、今月末に日本でも公開されます。アメリカでは少し早く16日公開。世界中でこの作品がヒットしますように念じつつ、当ブログで扱ったギレルモの過去作品を再掲します。 思えば2013年はギレルモ・ファンにとって本当に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ミニオンズ Minions」 ...The BOOOOOOSS!

当ブログ内の「ミニオンズ Minions」関連記事へのアクセスがあまりに多く、肝心の感想記事をまだ書いていないことに大きな罪悪感を感じるようになりました(冷や汗)。このブログ内のミニオン記事ときたら、“ぎゃー、ミニオン可愛いー可愛いーとっとと映画を日本で公開しやがれ下さーい♪”と叫んでいるだけのアホ記事なのでね(笑)。 てなわけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素人スーパー・ヒーロー参上!―「ミステリー・メン Mystery Men」

「X-メン」「バットマン」はたまた「スーパーマン」。コミック発のヒーロー活躍映画は、相変わらずの人気振りだ。アイデアは出尽くしたと言われながら、今も続々とマーベル・コミックを中心に、アメコミ・ヒーローものが製作され続けている。それら真面目な(?)王道のヒーロー映画を徹底的にパロディ化してみせた「ミステリー・メン Mystery Men」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム Shaun the Sheep The Movie

ここ日本では、さながら7月はアニメーション映画祭りが開催されているようでありますな。 まずは、7月4日から全国で公開が始まった、アードマン・アニメーションズ Ardman Animationsの人気者「ひつじのショーン」の初映画化作品「映画ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム Shaun the Sheep The Mo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“2人の”フュリオサ大隊長に敬礼っ! Salute Imperator Furiosa.

見てきたで。デスってきたで。「マッドマックス 怒りのデス・ロード Mad Max: Fury Road」を。 「マッドマックス 怒りのデス・ロード Mad Max: Fury Road」(2015年) 監督:ジョージ・ミラー 脚本:ジョージ・ミラー&ブレンダン・マッカーシー&ニコ・ラサウリス 製作:ジョージ・ミラー他…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンヌへのデス・ロード―「マッドマックス 怒りのデス・ロード Mad Max: Fury Road」

核戦争を生き抜き、地球が荒廃しきってもなお妻子を喪った痛みから立ち直れないまま、あてのない旅を続けていたマックス。そんな彼の最後の旅になるかと思われた「マッドマックス/サンダードーム Mad Max Beyond Thunderdome」(1985年)から実に27年もの月日を経て、新たなマックスのさすらい一人旅が再開しようとは、夢にも思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

芸術は混沌だぁっ―「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) Birdman」

“なぜいつも、俺が愛を乞う側なのだ?” 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)」(2014年) 監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ 製作:アレハンドロ・G・イニャリトゥ他。 製作総指揮:クリストファー・ウッドロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「バンビ Bambi」、愛の調べ。

愛は終わりのない歌のよう 人生が慌しく過ぎてゆき 希望が消えても愛の調べは不滅 夜明けと共によみがえる ―“Little April Shower”より 「バンビ Bambi(デジタル・リマスター版)」(オリジナル版は1942年製作) 監督:デヴィッド・D・ハンド 製作:ウォルト・ディズニー 原作:フェリックス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ウエストワールド Westworld」―マイケル・クライトンMichael Crichton監督

高性能の人工知能を生み出すことが、私達の未来を左右する重要要素となってずいぶん経ちます。しかし、コンピューターが私達の社会を支える支柱になると、同時に私達は、“ただの機械”にいずれは主導権を握られてしまうのではないかという新たな不安に苛まれることとなりました。“人工知能 vs. 人間”というモチーフをとりあげた映画が、ことごとく世紀末的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Don't think, just feel!―「パシフィック・リム Pacific Rim」

~~~~2013年の記事の再掲です。~~~~ パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]ワーナー・ホーム・ビデオ 2013-12-11 Amazonアソシエイト by ここ数年間、作品自体の出来不出来に関係なく、こんなにハマり倒した映画ってありませんでしたねえ。私にとっては、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

創造的破壊は芸術だ!―「パットとマット A je to!! / Pat & Mat」

僕らはより良い生活に向かって突き進む!! …いや、気持ちはわかるけど、キミ達、それでいいのか?! 「パットとマット」(テレビアニメシリーズ・1976年~)チェコ製作 "A je to!! / Pat & Mat" 監督:ルボミール・ベネシュ Lubomír Beneš & Vladimír J…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サブリミナル近未来―「イントゥ・ザ・ストーム Into the Storm」

皆さんは既にお気づきであろうか。 私は時々、自分が見た映画から思いついたイラストをちょろっと描いちゃあ、記事の隙間隙間にさりげなく貼り付けて知らん顔をしていたんですが(大笑)。 …めっちゃ適当に描かれ、勝手気ままに記事に貼られていたように見えるこれらのイラストたち。実は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“Jupiter Ascending”は今のハリウッドが思い描く未来の映画だよ。

…信じないだろうけどね。 こないだ、久し振りにVimeoで短編映画を漁っておりましたら、来年5月22日全米公開のジョージ・クルーニー、ブリット・ロバートソン主演SFアドベンチャー映画『Tomorrowland』(ブラッド・バード監督、ヒュー・ローリー共演)や「トロン・レガシー」(2010年)、「プロメテウス」(2012年)、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やだもう、もっと早ぅ言うてよー「ミニオンズ Minions」2015年公開(ただしアメリカで)!

【ご注意たもれ】「ミニオンズ Minions」、日本でも2015年7月31日から劇場公開され申したぞよ。そして、本編の感想記事はこちら( http://s.webry.info/sp/blackmamesu.at.webry.info/201509/article_8.html )であります。暇で死にそうな方は、ご覧になってたもれ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランケンシュタイン Frankensteinと猿の惑星 Planet of the Apes

セリエAのナポリvs.ローマの試合、凄かったですね(笑)。頑張れナポリ。わたくし館長も、ここ数日間、頭が割れるんじゃないかと不安になるほど酷かった頭痛に勝利を収めつつありますよ。 ……頭痛は少し治まったんですが、まだ気分が悪いっす…… 頭蓋骨に、フランケンシュタイン博士のクリーチャーのよろしく、無数のひび割れができている感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人類滅亡への道ー「オール・ユー・ニード・イズ・キル Edge of Tomorrow」

そして、夏休み映画は地球を破壊する…。 ...And blockbuster movies ruin the earth. いやいや、こう見えてもですね、日本では夏休み中に封切られるお祭り大作映画は、一応一通り押さえてはあるんですよ。…ちょっと疲れていて、感想記事を書く気力が起こらないだけで(笑)。 「オール・ユー・ニード・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人は未来を変えられるか-「デッドゾーン The Dead Zone」

その未来は、彼にしか見えない… 「デッドゾーン The Dead Zone」(1983年製作) 監督:デイヴィッド・クローネンバーグ 製作:デブラ・ヒル 製作総指揮:ディーノ・デ・ラウレンティス 原作:スティーヴン・キング「デッドゾーン」 脚本:ジェフリー・ボーム&デイヴィッド・クローネンバーグ 撮影:マーク・アーウィ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閑話休題、バットマンに抱かれた男たち(笑)。

サン・ディエゴで開催されているコミック・コンの興奮がネットの海を通じて伝えられ、今日は気もそぞろというか、上の空というか、全く落ち着かない一日を過ごしてしまいました。殺気立った気持ちを静めるため、過去のおヴァカ記事を再発掘し、共に賢者タイムに突入いたしましょう(笑)。 クリストファー・ノーラン監督によるバットマン・シリーズが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隊長、事件です!―「ザ・ペンギンズ from マダガスカル」が帰ってくる!

……しかも劇場版で!これがトレーラーだ! THE PENGUINS OF MADAGASCAR - Official Trailer (2014) ぎゃーぎゃーぎゃー、ペンギンズーーー!!私の理想の上司像、ペンギンズ隊長はじめ、ペンギンズの頭脳コワルスキー、歩く武器庫もしくは歩くドラえもんの四次元ポケットことリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウォーシャウスキー姉弟監督の「ジュピター Jupiter Ascending」公開延期に。

“良い知らせと悪い知らせがあるんだが、どちらから先に聞きたい?”とたずねられたら、迷わず悪い知らせから聞くタイプの館長です。皆さんお元気ですか? 現在体調不良のため、今後の当館の記事更新頻度を下げねばならなくなりました。以前のように長い記事もしょっちゅうは投稿できないと思いますが、感想を書きたい映画はあるので、どなたもネタバレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more