テーマ:注目すべき動画・短編映画

死せる魂との対話―「Solus」(short film animated)

フランス生まれの哀感漂うショートアニメーション映画です。細部まで緻密に作りこまれた、非常に完成度の高い美麗なCGで綴られる近未来の物語は、しかしあまりに根源的な悲しみを揺さぶります。 “Solus” Solus from Solus LeFilm on Vimeo. 「SOLUS」 監督:Robin Bersot&…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終末の中のバベルの塔―「The Origin of Creatures」

【バベルの塔】 元々人々は同じ一つの言語を共有してコミュニティーを作り、一緒に暮らしていた。肌の色や顔立ちが違っていても、皆同じ言葉をしゃべっていたから争いが起こることもなく、彼らが形成する社会は繁栄し、技術も進化し、文明も高度に発達した。ところが、生活が豊かになって力を得るようになると、彼らは慢心し、父なる神を侮るようになった。誇り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

繭の外へ―「Caterpillar」(short film)

自らを真に理解する過程で、人は時に自身を見失うことがある。 “Caterpillar” CATERPILLAR from David Field on Vimeo. 「Caterpillar」(2012年) 監督&製作:David Field 出演:Leslie Bornstein Angela Mar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分は不幸だと嘆いておられる方へ。

"The world breaks everyone, and afterward, some are strong at the broken places. 世界は誰をも分け隔てなく打ち負かす。そして倒れ伏した人間たちの中の幾人かが、壊れ果てた場所で雄々しく立ち上がるのだ。" -- Ernest Hemingway アーネスト・ヘミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生命の唯我主義者―「SOLIPSIST」(short film)

今をさかのぼること約5億4200万年前から5億3000万年前の間、つまり古生代カンブリア紀に突然起こった生命の大爆発(カンブリア爆発、カンブリア大爆発 Cambrian Explosion)の原因は、現在でもよくわかっていないというのが正直なところです。諸説出されていていますが、結局どれも決定打に欠ける。どの説にしろ、カンブリア爆発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネイサンは鳥の夢を見るか?-“Je m'appelle Nathan”

SUPINFOCOMで3Dアニメーションを学んでいたBenoit Berthe君が、学校の卒業制作として6ヶ月かけてコツコツと作り上げたショート・フィルムをご紹介します。Vimeoでは、既に5年前に紹介されていた作品ですね。非常にシュールかつ美しい世界観が見られますので、ご覧になってみてください。 Je m'appelle N…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロック様と一緒に牛乳を飲もうぜ!―“Got Milk?”

アメリカにおけるスーパーボウル・ビジネスというのは、日本のプロ野球巨人阪神戦の比ではない程(笑)巨大なものです。そりゃまあ、アメリカ人だけではなく、いろいろな媒体を通じて世界中の人間が見ているわけですから、宣伝効果といった面では計り知れない影響力を持つであろうことは容易に察しがつきます。 てなわけで、このスーパーボウルのハーフタイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここがあなたのいるべき場所。―「The Place」(short film)

現在、同性婚についてはかなりの国や地域で法的に認められるようになってきました。しかし、まだまだ世界中の多くの国で、引き続き議論が交わされている状態です。賛成の意を表明している人たちもいれば、強硬に反対する人たちもいる。それぞれの立場に言い分があって、お互いに一歩も譲らぬ状態であり、両派の衝突と膠着状態は改善しないのではないかと危惧してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Love in the sketchbook ―「Samare」(short film)

子供の頃、ノートや教科書の片隅にパラパラ漫画ってのを描いてよく遊んでたもんです。皆さんも覚えがありますでしょ?ロケットが発射するまでとか、人が右から左に走っていく様子とかを一こまずつ1ページに描いてくんですよ(笑)。以前の記事で、鉄拳の制作するパラパラ漫画を一つご紹介したことがありますが、このパラパラ漫画というやつ、アニメーションの最も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"Winter"

真冬にあれほど冷え込んでいたところへ、ここ最近の気温の急激な上昇具合に、いよいよ春の到来かと思っていました。 しかし、雨が降ったこともあって、またもや冬期の寒さが戻ってきましたね。 冷え込みから解放された身体がちょっと油断した隙に、再度の冷気の襲来は老体には堪えます(笑)。 日付を跨いでしまったのでもう昨日のことになるのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

布とケーブルとギター―「playa」

柔らかい布地と、それをクルクル回すために取り付けられたモーター、モーターに電流を流すケーブル、コンピューター。これがアコースティック・ギターを奏でると、世にも妙なる不思議な音色が生まれます。 “playa” by Rubén D`Hers playa from Rubén D`Hers on …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

切り絵が描く世界。

週始めの憂鬱から解放されたい方々へ、この素晴らしいプロモーション・ビデオ PVをお贈りします。 Josh Ritter - “Love Is Making Its Way Back Home” shared from Josh Ritter Director : Erez Horovitz Concept : Sam …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死が私達を分かつまで―「The End」(short film animated)

実は数年前にご紹介したモノクロ、台詞なしの短編アニメーション作品“The End”についての記事を再投稿します。これ、すごく良くできた作品でしてね。ぜひご覧になってみてください。 死が私達を分かつまで… “The End” 「The End」(2005年) 監督:Maxime Leduc, Michael S…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Volkswagen: The Force - チビ・ベイダー、フォースに慄く(笑)。

「スター・ウォーズ Star Wars」サーガの象徴的キャラクター、レイア・オーガナ姫 Leia Organaことキャリー・フィッシャー Carrie Fisherが、先日心臓発作を起こして緊急入院したと報じられていましたが、日本時間で今朝未明、亡くなってしまいました。享年60歳。突然の、あまりにも早過ぎるお別れでした。70年代のスター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そこに光を―“It was the light”

…まったく、この2016年は波乱万丈の大波が一万回ぐらいまとめて襲いかかってきたような、途轍もない一年でしたね…。私たちの世界を照らし、支えてくれた偉人たちが次々とこの世を去り、私たちを悲しみと混乱の中に置き去りに。そして最後の駄目押しが、アメリカ大統領選挙でした。 …そんなわけで、とりあえず、今暫くの間は心安らかに過ごせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やがて哀しき道化者―「Fred」(short film animated)

さて、“面白いショートフィルム発掘の旅”も一時中断していましたが、そろそろ再開していきたいと思いますよ。本日のお題はショートアニメ作品。しかも私が愛してやまないストップモーション・アニメでございます。そして私がその演出力と編集の妙、ストーリーテリングの巧妙さに惚れ込んだ若きフィルムメーカー(そして近い将来にはきっと、優れた長編映画で映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Cargo」(2013)(short film)

だいぶ前に一度ここでご紹介した、ゾンビものの変形秀作短編「Cargo」。ゾンビものっていうのは、ジョージ・A・ロメロの聖典をはじめとして、その続編、亜流含め、星の数ほど映画が作られているジャンルですが、この「Cargo」は中でも大変よくできた作品でした。が、これがなんとマーティン・フリーマン氏の主演で長編映画として製作されるらしいという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

輪廻する魂―「Grounded」 (short film)

さて、カンヌ国際映画祭も無事に終了し、映画祭シーズンも一つの大きな山場を越え、全体的にやれやれと安心したような雰囲気です。本日は約4年目、2012年9月に書いた記事を再投稿いたしましょうかね。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 今日は、SF、ホラー、フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

折れた翼を広げて―「Broken Wing」(short film animated)

これからは、僕が君の翼となろう。 “Broken Wing” (short film animated) Broken Wing [Film] from amossussigan on Vimeo. 誰にでも、あんまり思い出したくない過去ってのがあるだろう。 僕にとっては子供の頃の自分自身かな。チビで太っていて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スポーツは人類をゾンビから救う…かも知れない―「XXL - zombie」

今や、傑作長寿テレビ・シリーズとなっている「ザ・ウォーキング・デッド The Walking Dead」、ブラッド・ピット先生念願のゾンビ映画「ワールド・ウォーZ World War Z」などなど、“ゾンビもの”の流行は衰えることを知りません。ついにこんなCMまで制作されてしまう御時世(笑)。まさしくアイデアの勝利。ゾンビものってハズレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愚か者の道標―「ALTNEULAND」(short film animated)

“自由諸国では、国民の大半は自由ではない。彼らは少数者によって彼ら自身にも知られていない目的へと駆り立てられている。” ―サー・ラビーンドラナート・タゴール Sir Rabindranath Tagore 彼らの行動を馬鹿だと嘲笑うことは誰にもできないと思う。今の私もあなたも似たようなものだ。どの国に住んでいようが、何を信仰し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マーブルは歌う―“Marble Machine” by Wintergatan

スウェーデンのポップ・バンドWintergatenが、目にも耳にも奇想天外でヘンテコな、でも底抜けに楽しいビデオを作ってくれました。百聞は一見にしかず。まずは一見、そして一聴を。 “Marble Machine” by Wintergatan Wintergatan - Marble Machine from Wint…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誕生日はもうこない―「Birthday」(short movie)

“行間を読む”という言葉があります。そこに直接書かれているわけではないけれども、前後の文脈の間に消失している“心で読み取る”べき言葉を推測する行為ですね。目には見えない感情を、その周囲の事象から汲み取ることだともいえるでしょうか。この“行間を読む”という作業、情報が溢れる社会になった昨今ではますます困難になりつつあります。 今回、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“Love Story in Milk”....―これをハッピーエンドにするためには?

同じ工場で製造され、ベルトコンベアに乗って店に出荷される途中で恋に落ちた2つのミルクのボトル。片方のふたは青でもう片方は赤のふた。彼らは別々にパッキングされるのですが、幸運にも同じ店の棚に並ぶことになりました。ようやく隣り合った幸せをかみ締めます。 Love Story in Milk まったくの幸運から、彼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わんこの見た世紀末―「Play Dead」

Don't eat dogs. この「Play Dead」という作品の面白いところは、通常、ゾンビに追われる側の人間が主人公になることが多い設定の視点をずらしている点ですね。今作では、ゾンビに襲われて自らもゾンビ化していく人間が飼っていたペットのわんこ達が主人公になっているのであります。 それでは、兄弟で製作したホラー映画の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more