テーマ:映画雑記

「コッホ先生と僕らの革命 Der Ganz Groe Traum」…追記しました。

本日のお題は、「コッホ先生と僕らの革命 Der ganz grosse Traum」。 ドイツ版「いまを生きる」と称される本作、ドイツに初めて“サッカー”という概念を持ち込んだ、ドイツ・サッカーの父“コンラート・コッホ先生”の伝記映画ですね。ドイツ・サッカーの黎明期を探ると同時に、19世紀末のドイツでは当たり前でもあった、厳格…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私からハロウィンの呪いをこめて(笑)―「ハロウィン Halloween」

昔々私が住んでいたマンションには、片田舎に住んでるただの専業主婦だというのに、かなり気位の高いセレブ志向の奥様連中が多数とぐろを巻いておりました。まあ、転勤族ばかりの家庭が入居していましたから、“前住んでたところではああだった、こうだった”と、以前の生活の華やかな側面を再現することに必死だったんですねえ。その気持ちはわからんでもないが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

繭の外へ―「Caterpillar」(short film)

自らを真に理解する過程で、人は時に自身を見失うことがある。 “Caterpillar” CATERPILLAR from David Field on Vimeo. 「Caterpillar」(2012年) 監督&製作:David Field 出演:Leslie Bornstein Angela Mar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリザベス・テイラー Elizabeth Taylor, life of big love.

“伝説的ハリウッド女優であり、優れたビジネスウーマンであり、またリスクを恐れぬ社会活動家でもあった偉大なる女性エリザベス・テイラーは2011年3月23日ロスの病院シーダーズ・サイナイ医療センターで息を引き取った。幾度にも渡る結婚で得た4人の子供たち―マイケル・ワイルディング、クリストファー・ワイルディング、リザ・トッド、マリア・バートン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信念が正しいとは限らない…「裏切りのサーカス Tinker Tailor Soldier Spy」

最後にゲイリー・オールドマンの面白いインタビュー動画を追記しています。大変に濃い内容のディスカッションになっているので、ぜひご覧になってくださいね。 名古屋における「裏切りのサーカス Tinker Tailor Soldier Spy」の劇場公開は、2012年7月下旬からやっと始まったかと思いきや、たった2週間の上映でとっとと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私達は民主主義の夢を見る―「コリオレイナス Coriolanus」

…ちょっとだけ政治の話をしよう。まあ、そんな嫌な顔をせずに。あなたにとっても私にとっても、政治は日常生活そのもの。政治は対岸の火事なんかじゃない。私たち国民の生活から切り離して考えられるべきではないのだから。 シェイクスピア最晩年の作品「コリオレイナス Coriolanus」では、かつて繁栄を誇った強力な国家が、“民主主義”の真意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたは何者なのだ?ー「ザ・マスター The Master」

“All great truths begin as blasphemies. すべての偉大なる真理は、最初は冒涜の言葉として出発する -- ジョージ・バーナード・ショー George Bernard Shaw ポール・トーマス・アンダーソン監督の「ザ・マスター The Master」を観てきた。事前に出回っていた情報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「欲望という名の電車 A Streetcar Named Desire」をリメイクするとしたら?

「今のハリウッドときたら、新作映画はアメコミ原作のスーパーヒーロー映画か、リメイク映画ばっかりとくらぁ。リメイク映画しか作る根性も才覚もねぇなら、私が見たいリメイク映画を作ってみやがれ企画」 1.ぜひリメイクしてほしい作品は?(映画・TVシリーズ) 2.主演は誰で? 3.共演者は? 4.監督は? この、過去に製作さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分は不幸だと嘆いておられる方へ。

"The world breaks everyone, and afterward, some are strong at the broken places. 世界は誰をも分け隔てなく打ち負かす。そして倒れ伏した人間たちの中の幾人かが、壊れ果てた場所で雄々しく立ち上がるのだ。" -- Ernest Hemingway アーネスト・ヘミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Don't be a victim.

"To complain is always nonacceptance of what is. It invariably carries an unconscious negative charge. When you complain, you make yourself into a victim. When you spe…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

摩天楼に映画を―55th NY Film Festival

フィルム・ソサエティー・リンカーン・センター Film Society of Lincoln Centerによる映画祭、ニューヨーク映画祭も今年で55回目を数えるようになりました。毎年一度だけ摩天楼が巨大映画館に様変わりする映画のお祭りも、既に長い歴史を刻んでいたんですねえ。NY映画祭の開催期間は、9月28日から10月15日まで。追…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Three Billboards Outside TIFF 2017 トロント

今年は、映画賞レースに関連した記事を一つも書いておらず―そもそも新しい記事そのものを全く更新できず―、今年の映画界の動向に追いつけていない状態で、今必死に遅れをカバーしている体たらくです。申し訳ない。 北米最大の映画祭であるトロント国際映画祭 Toronto International Film Festivalでは、先に閉幕した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Shape of "The 74th Venice Film Festival"

うははははははは。笑いが抑えきれぬわ。 我らがgeekの守護天使であるところのギレルモ・デル・トロ Guillermo del Toro監督の期待の新作『The Shape of Water』が、第74回ベネチア国際映画祭で最高賞にあたる金熊賞 Golden Lionを獲得しました。 既にネット上に出回っているイメージ、ある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生命の唯我主義者―「SOLIPSIST」(short film)

今をさかのぼること約5億4200万年前から5億3000万年前の間、つまり古生代カンブリア紀に突然起こった生命の大爆発(カンブリア爆発、カンブリア大爆発 Cambrian Explosion)の原因は、現在でもよくわかっていないというのが正直なところです。諸説出されていていますが、結局どれも決定打に欠ける。どの説にしろ、カンブリア爆発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネバーエンディング・エンドロール Never Ending "End Credit Roll".

映画館に行く回数そのものがうんと減った感のある館長ですが、それでも大きなスクリーンで映画という別世界を旅する感動は、他の何にも代え難いものがあります。たとえ、今製作されている映画の全てが、既に過去の熱狂が形骸化してしまった抜け殻だったとしても、私に生涯愛することのできるものを与えてくれた映画には、言葉に尽くせぬ絆が存在すると信じています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第70回カンヌ国際映画祭 Festival de Cannes 2017

今年のカンヌ国際映画祭は、例年よりちょっぴり遅い開幕になるようです。公式招待作品がほぼ出揃いましたので、記録しておきますね。 第70回カンヌ国際映画祭 Festival de Cannes 2017 オフィシャル・セレクション The Official Selection (2017年5月17日~5月28日 17…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガンスリンガー Gunslingerは唯一人―The Dark Tower

スティーヴン・キング Stephen King先生のライフワークにしてベストセラー大作「ダーク・タワー The Dark Tower」(英国幻想文学大賞 British Fantasy Awardsを受賞)の映像化は大昔から噂されていました。しかし、原作の世界観があまりに壮大でストーリーも長いため、実際に作品として結実するのはかなり困難…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネイサンは鳥の夢を見るか?-“Je m'appelle Nathan”

SUPINFOCOMで3Dアニメーションを学んでいたBenoit Berthe君が、学校の卒業制作として6ヶ月かけてコツコツと作り上げたショート・フィルムをご紹介します。Vimeoでは、既に5年前に紹介されていた作品ですね。非常にシュールかつ美しい世界観が見られますので、ご覧になってみてください。 Je m'appelle N…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロック様と一緒に牛乳を飲もうぜ!―“Got Milk?”

アメリカにおけるスーパーボウル・ビジネスというのは、日本のプロ野球巨人阪神戦の比ではない程(笑)巨大なものです。そりゃまあ、アメリカ人だけではなく、いろいろな媒体を通じて世界中の人間が見ているわけですから、宣伝効果といった面では計り知れない影響力を持つであろうことは容易に察しがつきます。 てなわけで、このスーパーボウルのハーフタイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Love or Hate?ー善悪の彼岸。

“自分がどんなひどいことを行うかわかっていても、怒りは抑えられない。人間に最大の禍をもたらすのが怒りである。 I know indeed what evil I intend to do, but stronger than all my afterthoughts is my fury, fury that brings upon m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬はいい。The horse is good.

突然何を言い出すかと思えば(笑)。 昨日たまたま観ていた映画で、ヒロインが颯爽と馬にまたがるシーンがあったのですね。それをみて、やっぱり馬が走るシーンはいいもんだと改めて感心した次第なのです。 馬が疾走する姿は本当に美しい。鬣を風になびかせ、筋肉の全てを躍動させてその身体を空中に躍らせる様は、誰が撮っても絵になります。また欲を言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元気のでる歌や音楽を挙げていこうか―Movies and Music

音楽はいいモンですよ。心身ともに疲れ切り、さすがの映画狂も映画すら観る気にならないとき、気分をリフレッシュできる良いツールとなります。 “元気の出る音楽は何よ?”というテーマは、色んなところで出てくる話題でありますが、まあいい。今は特にモチベーションが必要な時期だからして。 前にも記事に書いた、映画「ロッキー Rocky」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここがあなたのいるべき場所。―「The Place」(short film)

現在、同性婚についてはかなりの国や地域で法的に認められるようになってきました。しかし、まだまだ世界中の多くの国で、引き続き議論が交わされている状態です。賛成の意を表明している人たちもいれば、強硬に反対する人たちもいる。それぞれの立場に言い分があって、お互いに一歩も譲らぬ状態であり、両派の衝突と膠着状態は改善しないのではないかと危惧してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Love in the sketchbook ―「Samare」(short film)

子供の頃、ノートや教科書の片隅にパラパラ漫画ってのを描いてよく遊んでたもんです。皆さんも覚えがありますでしょ?ロケットが発射するまでとか、人が右から左に走っていく様子とかを一こまずつ1ページに描いてくんですよ(笑)。以前の記事で、鉄拳の制作するパラパラ漫画を一つご紹介したことがありますが、このパラパラ漫画というやつ、アニメーションの最も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シネマで(余計な)一言劇場「アメリカン・サイコ American Psycho」編

映画「アメリカン・サイコ American Psycho」(2000年)から一言。 只今キャンペーン期間中につき、お客様に、髪のダメージを最小限に抑える最新式のドライヤーをお使いいたしております。 …さて、その使い心地たるやいかが? どうんなんだろ、原作者のブレット・イーストン・エリス Bret Easto…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"Winter"

真冬にあれほど冷え込んでいたところへ、ここ最近の気温の急激な上昇具合に、いよいよ春の到来かと思っていました。 しかし、雨が降ったこともあって、またもや冬期の寒さが戻ってきましたね。 冷え込みから解放された身体がちょっと油断した隙に、再度の冷気の襲来は老体には堪えます(笑)。 日付を跨いでしまったのでもう昨日のことになるのですが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月光、スピリット賞Spirit AwardsとオスカーOscarsを照らす

……そして、月光がオスカー Oscars 2017も照らしました! 【速報】 2017年度アカデミー賞授賞式が終わりまして、最後の最後に信じられんハプニングが起こった後(冷や汗)、なんと我らが「ムーンライト Moonlight」が、最優秀作品賞 Best Picture、最優秀脚色賞 Best Adapted Scree…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more