アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画監督列伝(アメリカ編)」のブログ記事

みんなの「映画監督列伝(アメリカ編)」ブログ

タイトル 日 時
「ストレンジャー・ザン・パラダイス Stranger Than Paradise」
「ストレンジャー・ザン・パラダイス Stranger Than Paradise」 何も変わらないように見えて何かが為す術もなく変わってゆく、この不条理なるモノクロームの世界。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/14 12:58
存在の耐えられない“曖昧さ”―リチャード・ブルックスRichard Brooks
存在の耐えられない“曖昧さ”―リチャード・ブルックスRichard Brooks “脚本さえうまく書ければ、後はなんとでもなるもんだ” ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/11 14:07
「声をかくす人 The Conspirator」―ロバート・レッドフォード監督
「声をかくす人 The Conspirator」―ロバート・レッドフォード監督 今日は、本国アメリカでは黙殺の憂き目にあったロバート・レッドフォード監督の意欲作「声をかくす人 The Conspirator」のお話をしましょうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/30 19:00
「愛についてのキンゼイ・レポート Kinsey」―ビル・コンドン監督
「愛についてのキンゼイ・レポート Kinsey」―ビル・コンドン監督 コンドンは、前作「ゴッドandモンスター」で映画界の注目を集めたあと、その作品でも苦楽を共にした作家クライヴ・バーカーの初期の傑作「血の本」シリーズを映像化するという企画に携わりました。しかし企画は頓挫。そこで、ボブ・フォッシー原作の舞台「シカゴ」(2002年)を映画化するロブ・マーシャル作品に、脚本家として参加したのです。この映画は興行的にも批評的にも大成功を収め、ミュージカル作品の脚色という難しい仕事をやってのけたコンドンへの評価をも改めて高める結果をもたらしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/26 22:27
拳銃とジョー・カーナハンと「NARC:ナーク」Guns, Joe, "Narc"
拳銃とジョー・カーナハンと「NARC:ナーク」Guns, Joe, "Narc" ジョー・カーナハン Joe Carnahan ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/01 16:53
「普通の人々 Ordinary People」―ロバート・レッドフォードRobert Redford
「普通の人々 Ordinary People」―ロバート・レッドフォードRobert Redford 「今生きていることを感じろ」 「辛いだけだ」 「いや、快い」 「なぜわかる」 「…友達だからだ」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/02 11:41
「シングルマン A Single Man」―トム・フォード Tom Ford監督
「シングルマン A Single Man」―トム・フォード Tom Ford監督 “…全てがありのままに清新に見えた時、“それ”もまた訪れるべくして訪れた。” ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/28 20:16
美は彼を称う―トム・フォード(Tom Ford)
美は彼を称う―トム・フォード(Tom Ford) トム・フォード Thomas Carlyle Ford ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/22 21:01
「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件 Mr. Holmes」ビル・コンドン監督
「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件 Mr. Holmes」ビル・コンドン監督 名探偵ホームズ最後の事件は、“彼自身"を解き明かすこと。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/18 01:03
貴族と猟犬ー「フォックスキャッチャーFoxcatcher」
貴族と猟犬ー「フォックスキャッチャーFoxcatcher」 “言葉にならない感情”を映像で表現する場合、音楽に代わりに語ってもらうというやり方は有効だよね〜という話を「はじまりのうた Begin Again」でいたしました。そういえば「ブルックリンの恋人たち Song One」も、言葉のない映像の隙間を音符や雑踏が埋めていくタイプの作品でした。閑話休題、アン・ハサウェーが主演したこの「ブルックリンの恋人たち Song One」も、英国出身のミュージシャン兼俳優のジョニー・フリンJohnny Flynnが出演し、プロならではの素晴らしいライブ・パフォーマン... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/04 23:26
時代を映した音楽と映画ー「ナッシュビル Nashville」
時代を映した音楽と映画ー「ナッシュビル Nashville」 2006年に製作されたロバート・アルトマン Robert Altman監督の遺作「今宵、フィッツジェラルド劇場で A Prairie Home Companion」を観た時、ああこれは「ナッシュビル Nashville」の完結編なのだなと感じたものです。と同時に、映画人としての人生に幕引きをしようとした監督の、一種の走馬灯的作品であったのだろうとも。残念ながら、作品の出来としては監督自身の最盛期である「ナッシュビル Nashville」に及びませんでしたが、「ナッシュビル Nashville... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/20 15:07
人間を愛した稀代の偏屈親父、アルトマンRobert Altman
人間を愛した稀代の偏屈親父、アルトマンRobert Altman 「監督を辞めるのは死ぬときだ」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/03 18:19
「フリークス Freaks」Part2―トッド・ブラウニング Tod Browning監督
「フリークス Freaks」Part2―トッド・ブラウニング Tod Browning監督 1931年にブラウニング監督がユニヴァーサルで製作した怪奇映画「魔人ドラキュラ Dracula」(1931年)は、空前の大ヒットを飛ばし、現在も連綿と続くホラー映画の祖と位置づけられるようになりました。(当ブログ内記事『恐怖の闇に呑まれた男−トッド・ブラウニング Tod Browning』をご参照ください。) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/01 21:24
「フリークス Freaks」Part1―トッド・ブラウニング Tod Browning監督
「フリークス Freaks」Part1―トッド・ブラウニング Tod Browning監督 これこそ世にも恐ろしい生ける怪物だ。笑うも驚くも勝手、だがまかり違えば君らも同じ身の上だった…。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/30 21:09
「グリニッジ・ビレッジの青春 Next Stop, Greenwich Village」
「グリニッジ・ビレッジの青春 Next Stop, Greenwich Village」 ニューヨーク、ブルックリン、ユダヤ人として生きることと、愛すべき映画…=ポール・マザースキー。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/08 23:35
人形は生き続ける−ジム・ヘンソン Jim Henson & his Muppets
人形は生き続ける−ジム・ヘンソン Jim Henson & his Muppets “成長し続け、より良い生活を築くことこそ、人生の意義があると思う。僕はそのためには努力を惜しまないし、そんな生き方を楽しんでもいるよ” ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/29 09:55
我らの生涯の最良の映画監督―ウィリアム・ワイラーWilliam Wyler
我らの生涯の最良の映画監督―ウィリアム・ワイラーWilliam Wyler ウィリアム・ワイラーWilliam Wyler ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/07/09 10:49
「ウエストワールド Westworld」―マイケル・クライトンMichael Crichton監督
「ウエストワールド Westworld」―マイケル・クライトンMichael Crichton監督 高性能の人工知能を生み出すことが、私達の未来を左右する重要要素となってずいぶん経ちます。しかし、コンピューターが私達の社会を支える支柱になると、同時に私達は、“ただの機械”にいずれは主導権を握られてしまうのではないかという新たな不安に苛まれることとなりました。“人工知能 vs. 人間”というモチーフをとりあげた映画が、ことごとく世紀末的感傷に病み憑かれているのはそのためでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/23 22:58
無くしたのは、信念。―「スーパー・チューズデー/正義を売った日The Ides of March」
無くしたのは、信念。―「スーパー・チューズデー/正義を売った日The Ides of March」 ジョージ・クルーニー兄貴はきっと、シドニー・ルメット監督が得意としていたような、“社会派サスペンス・エンターテイメント映画”の傑作を撮ることを目指しているのでしょう。自分が主張したいことをただ声高に叫ぶだけのプロバガンダでは、映画は面白くなりません。“良い映画”の価値は、描こうとするテーマをどれだけ上手く表現できるかということと同時に、如何に上手く観客を騙せるかという部分にもあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/12 01:28
「ジム・ヘンソンのストーリーテラー The Storyteller」Part4―ジム・ヘンソン監督
「ジム・ヘンソンのストーリーテラー The Storyteller」Part4―ジム・ヘンソン監督 第9話「心のない巨人」(ドイツ民話より) 監督:ジム・ヘンソン ゲスト出演:フレデリック・ウォーダー(巨人) エリオット・スピアーズ(レオ) ニコラス・セルビー(王様) ジェマ・ジョーンズ(王妃) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/19 00:05
「ジム・ヘンソンのストーリーテラー The Storyteller」Part3―ジム・ヘンソン監督
「ジム・ヘンソンのストーリーテラー The Storyteller」Part3―ジム・ヘンソン監督 第7話「三羽のカラス」(ドイツ民話より) 監督:ポール・ウェイランド ゲスト出演:ミランダ・リチャードソン(魔女) ジョナサン・プライス(王) ジョエリー・リチャードソン(王女) ロバート・ハインズ(王子) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/18 00:04
「ジム・ヘンソンのストーリーテラー The Storyteller」Part2―ジム・ヘンソン監督
「ジム・ヘンソンのストーリーテラー The Storyteller」Part2―ジム・ヘンソン監督 第4話:「幸運の持ち主」(ロシア民話より) 監督:ジョン・アミエル ゲスト出演:スティーヴ・マッキントッシュ(ラッキー) フィリップ・ジャクソン(王様) アントニー・オドネル(小男) ロバート・エディソン(渡し守) ポーリーン・モラン(女王) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/17 17:57
「ジム・ヘンソンのストーリーテラー The Storyteller」Part1―ジム・ヘンソン監督
「ジム・ヘンソンのストーリーテラー The Storyteller」Part1―ジム・ヘンソン監督 “人々が古い思い出話をする時、また今を語らう時、未来に思いを巡らす時、暖炉の傍らを好むもの。昔話の語り手と同じように…” ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/16 17:55
ポール・マザースキーの思い出アルバム―Memories about Paul Mazursky
ポール・マザースキーの思い出アルバム―Memories about Paul Mazursky ポール・マザースキー監督は、現地時間で6月30日の月曜日に入院先の病院で心肺機能停止が確認されました。享年84歳。心からご冥福をお祈り申し上げます。過去記事を再掲しておきますね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/02 05:19
「ニュー・ワールド」―テレンス・マリックと楽園の日々 Terrence Malick
「ニュー・ワールド」―テレンス・マリックと楽園の日々 Terrence Malick テレンス・マリック Terrence Malick ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/26 18:20
「ミラグロ/奇跡の地The Milagro Beanfield War」ロバート・レッドフォード監督
「ミラグロ/奇跡の地The Milagro Beanfield War」ロバート・レッドフォード監督 ここは、ソンブレロを被った天使が舞うところ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/13 10:19
さよなら、ビル・コンドン監督。
さよなら、ビル・コンドン監督。 R.I.P. 'The Fifth Estate' : 18 October 2013 - 31 October 2013 The cause of death : violence and rape by those who hate this film ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/01 08:28
「The Fifth Estate」はアサンジの呪いに打ち勝てるか?
「The Fifth Estate」はアサンジの呪いに打ち勝てるか? 正直な気持ち、今現在この映画「The Fifth Estate」に対してヒステリックに反応されている方々が多くて、“史実は史実、映画は伝記映画と名乗っていても所詮フィクションに過ぎないので全くの別物なんですよ”と書く気力さえ萎えてしまいます…。下手にこの映画について書いたりしたら、私殺されるんですかね?怖いわ。別立ての記事でも書いていますが、今現在バリバリの健在である人物の伝記映画を作るのは本当に難しいんです。それに、描く対象がアサンジじゃあなあ…。相手が悪すぎるとしか言い様がないわ…。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/06 17:41
妄想と現実の綱渡り―ビル・コンドン監督 と「The Fifth Estate」
妄想と現実の綱渡り―ビル・コンドン監督 と「The Fifth Estate」 今や、“「ドリームガールズ」のビル・コンドン監督”と称した方が、通りが良くなってしまったのかしら。あるいは、ラジー賞に輝いてしまった「トワイライト」シリーズ最終章の監督としての記憶の方が強烈か。ビル・コンドン監督は大好きな映画作家の1人ではありますが、今後の彼の方向性に一抹の不安を抱かずにはおれませんでした…(苦笑)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/17 22:19
God bless Mr.Jimmy―「ゴッドandモンスター Gods and Monsters」
God bless Mr.Jimmy―「ゴッドandモンスター Gods and Monsters」 ビル・コンドン監督の本当の意味でのデビュー作品とも言える「ゴッドandモンスター」。私自身は、この「ゴッドandモンスター」こそが、サー・イアンにとっても、またコンドン監督にとっても最高傑作であったと信じて疑いません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/06 23:04
「天国の門 Heaven's Gate」が再び開かれるとき。
「天国の門 Heaven's Gate」が再び開かれるとき。 とある映画評論家が“まるで災害のようだ”と斬って捨てた(この暴言は絶対に許さん)という、マイケル・チミノ監督の「天国の門 Heaven's Gate」。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/05 21:20
Mr.Storytelling for the Human Beings―フランク・ダラボン
Mr.Storytelling for the Human Beings―フランク・ダラボン “12歳のときに観たジョージ・ルーカスの「THX-1138」で、僕は“ストーリーの語り手”になりたいんだと直感したんだ” ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/12 12:31
「リバー・ランズ・スルー・イット」―ロバート・レッドフォード監督
「リバー・ランズ・スルー・イット」―ロバート・レッドフォード監督 かつて、およそ全てのアメリカ人が理想とする美男の典型は、若き日のロバート・レッドフォードでした。今は“美の基準”も多様化し、個々の観客が美しいと感じる俳優のタイプも多岐にわたるようになりました。どんな人が見ても魅力的だと感じる俳優、女優さんはほとんどいないでしょうね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/18 01:03
我が心のジョン・カーペンター(笑) John Carpenter
我が心のジョン・カーペンター(笑) John Carpenter 2005年、フランス人監督ジャン=フランソワ・リシェ監督によって製作された「アサルト13 要塞警察」は、昔懐かしいジョン・カーペンター監督の「要塞警察」のリメイク作品です。一部のB級映画ファンに愛され続けて30年以上にもなる、このカーペンターおぢさんの魅力とは。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/14 12:52
I am “Man”!−マイケル・マン Michael Mann
I am “Man”!−マイケル・マン Michael Mann 彼は男の生き様を“ドキュメント”する。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/19 14:00
「孔雀夫人 Dodsworth」―ウィリアム・ワイラー監督
「孔雀夫人 Dodsworth」―ウィリアム・ワイラー監督 サミー、ヨーロッパでは女性は人生を満喫してる。これからは私も貪欲に人生を楽しみたいの! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/07/06 11:09
シドニー・ルメット監督逝く…
シドニー・ルメット監督逝く… 映画界の巨星がまた1人逝きました…。“ニューヨーク派”映画勢力の草分けであり、骨太な社会派映画といえばこの人の名前が真っ先に挙がるといわれる、名匠シドニー・ルメット監督です。4月9日、リンパ腫の悪化のため、ニューヨークの自宅で亡くなりました。享年86歳。ご冥福をお祈り申し上げます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/10 15:56
24年後の再会―24 years later, "Empire of the Sun "
24年後の再会―24 years later, "Empire of the Sun " スティーヴン・スピルバーグ Steven Spielberg監督の作り出す作品は、賞賛より批判の対象になることの方が多い気がする。理由は色々あるだろう。興行的に大ヒットをかっ飛ばした作品を数多く手がけたことへの、同業者からの妬み、成功した作品と失敗した作品の間にある出来の落差が大きいこと、つまりは、取り上げる題材によっては、その卓越した演出力を充分に生かしきれないケースが目立つこと、そして、彼がユダヤ人であること…等々。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/19 11:00
『J.Edgar』―イーストウッドはJ・エドガー・フーヴァーFBI長官の真相を描けるか?
『J.Edgar』―イーストウッドはJ・エドガー・フーヴァーFBI長官の真相を描けるか? 以前、フランス人作家マルク・デュガンによるスキャンダラスな手記「FBI長官フーバーの呪い」をご紹介しました。そして偶然にも、FBIの本家本元のアメリカでは、そのフーヴァー長官の人生にスポットライトを当てた映画『J.Edgar』がクランクインを目前にしています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/14 11:22
“彼女と彼女”の物語―リサ・チョロデンコ
“彼女と彼女”の物語―リサ・チョロデンコ キャサリン・ビグロー監督のオスカー獲得に準じ、女流映画監督全般への注目度もアップしたのではないだろうか。これから先、多くの女流映画監督たちが製作する作品にスポットライトが当てられ、なおかつ正当な評価が与えられることを期待している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/10 15:17
なんじゃとーっぐおらーっ(激怒)!!
名監督も、お金の魔力には勝てないとみえる。…すいません、あらかじめお断りしておきます。今記事では館長は怒り狂っておりますので、気分を害される恐れのある方はご覧にならないでください。それから「トワイライト」シリーズのファンの方々もね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/01 16:48
キャメロンvsビグロー…元夫婦の仁義なき戦い(笑)?
キャメロンvsビグロー…元夫婦の仁義なき戦い(笑)? 第82回アカデミー賞本番において、館長的注目点はただ一つのみ!この、本家“ダビデとゴリアテの戦い”よりひょっとしたら迫力があるかもしれない(爆)、元夫婦対決の行方であーる!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/04 19:49
「ドリームガールズ」―ビル・コンドン監督
「ドリームガールズ」―ビル・コンドン監督 マイケル・ベネット演出&振り付けで、1981年の暮れに初演されたブロードウェイ・ミュージカル「ドリームガールズ」。ダイアナ・ロスを輩出し、黒人コーラスグループとしても、またガールズグループとしても伝説に残る、 “シュープリームス”をモデルにしたストーリーです。 初演以来、4年間に渡って大ヒット公演を続け、1982年度のトニー賞でも6部門で賞を得るなど、シュープリームス同様ミュージカルの方も伝説に残るショーとなりました。来日公演もありましたので、生の舞台の熱狂を目の当たりにされた方もいらっしゃる... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/01/30 03:36
人と人は出会い、結ばれるべきである―ジェームズ・アイヴォリー
人と人は出会い、結ばれるべきである―ジェームズ・アイヴォリー 「私がいつも描きたいと思うのは、人間の関係についてです。人と人が出会い、つながりをもち、過去に横たわる困難を克服し、愛し合い、助け合い……そういうようなことを描きたいのです」―「上海の伯爵夫人」プロモーション時のインタビューより抜粋 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/12/27 04:43
良心を信じる意志の力−ロバート・レッドフォード
良心を信じる意志の力−ロバート・レッドフォード ロバート・レッドフォード ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/12/11 05:58
「Public Enemies」フランス版DVD購入いたしました!
「Public Enemies」フランス版DVD購入いたしました! 発売日から遅れること2日、「Public Enemies」のフランス版DVDをようやく購入いたしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/27 18:01
恐怖の闇に呑まれた男−トッド・ブラウニング
恐怖の闇に呑まれた男−トッド・ブラウニング トッド・ブラウニング  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/22 05:23
館長、「Public Enemies」を観る。−マイケル・マン監督
館長、「Public Enemies」を観る。−マイケル・マン監督 うちの近所のシネコン、UGC Gobelins(限りなく5区に近い、ぎりぎり13区・涙笑)で「Public Enemies」を観てきましたよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

2009/07/23 00:41

トップへ | みんなの「映画監督列伝(アメリカ編)」ブログ

House of M 映画監督列伝(アメリカ編)のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる