アクセスカウンタ

更新情報

zoom RSS テーマ「音楽」のブログ記事

みんなの「音楽」ブログ

タイトル 日 時
不滅のエンターテイメント―「バンド・ワゴン The Band Wagon」
不滅のエンターテイメント―「バンド・ワゴン The Band Wagon」 全くの私事で申し訳ありませんが、こんな辺鄙な個人ブログでも、月日の流れに従い、訪れる人の移ろいを感じることが出来ます。立ち上げた当初から長くお付き合いいただいている方もいれば、時間の経過と共に縁遠くなってしまった方も。かと思えば、新しく遊びに来てくださっている方だっておられるでしょう。つまり何事も、未来永劫変わらぬものなどないわけですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/25 22:29
Deep in a Dream of 「ブルーに生まれついて Born to be Blue」2
Deep in a Dream of 「ブルーに生まれついて Born to be Blue」2 現在のところチェット・ベイカー唯一の伝記本『Deep in a Dream: The Long Night of Chet Baker』(ジェイムズ・ギャビン James Gavin著)を紐解くと、この映画「ブルーに生まれついて Born to be Blue」が描いた時期以降のチェットは、復活を果たした後、やはり彼自身の肌身に合っていたのだろう、1975年から単身でヨーロッパに渡っていることがわかる。ヨーロッパを漂うように移動しながら、お呼びが掛かればどこでも旺盛なライブ活動を行い、もちろ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/13 13:27
Deep in a Dream of 「ブルーに生まれついて Born to be Blue」1
Deep in a Dream of 「ブルーに生まれついて Born to be Blue」1 “俺はただ演奏がしたいだけなんだ。自分の思い通りに。” ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/10 17:41
布とケーブルとギター―「playa」
布とケーブルとギター―「playa」 柔らかい布地と、それをクルクル回すために取り付けられたモーター、モーターに電流を流すケーブル、コンピューター。これがアコースティック・ギターを奏でると、世にも妙なる不思議な音色が生まれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/28 01:00
切り絵が描く世界。
切り絵が描く世界。 週始めの憂鬱から解放されたい方々へ、この素晴らしいプロモーション・ビデオ PVをお贈りします。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/17 19:54
「シュガーマン 奇跡に愛された男 Searching For Sugar Man」
「シュガーマン 奇跡に愛された男 Searching For Sugar Man」 「アーティストを10人挙げろと言われたら彼を5番以内に入れる。 ボブ・ディランと比べる奴には”違う”と答えた。 彼と比べたらディランのほうがまだ穏やかだ。…だが売れなかった。アメリカ国内で奴のアルバムを買った奴は何人いた?6人ぐらいか?…南アフリカではヒーローだった?俺の知ったことか。アルバムが大ヒット?そうかい、じゃあその金を払えよ」 ―クラレンス・アヴァント(ミュージシャン時代のロドリゲスを知るサセックス・レコーズの元オーナー) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/05 01:30
2016年クリスマスに逝った男―ジョージ・マイケル George Michael死去。
2016年クリスマスに逝った男―ジョージ・マイケル George Michael死去。 今年2016年は、大勢の著名人が亡くなった年だったと、後々記憶されるでしょうね。アラン・リックマン Alan Rickman、ジーン・ワイルダー Gene Wilder、デヴィッド・ボウイ David Bowie 、プリンス Prince、ビル・カニンガム Bill Cunningham、レナード・コーエン Leonard Cohen、モハメッド・アリ Muhammad Ali、フィデル・カストロ Fidel Castro、アーノルド・パーマー Arnold Palmer、ジョージ・マーティン ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/26 13:14
第74回ゴールデン・グローブ賞 2017 Golden Globe Awards Film
第74回ゴールデン・グローブ賞 2017 Golden Globe Awards Film 第74回ゴールデン・グローブ賞受賞式が開催され、受賞者が発表されましたので、太字でハイライトしておきますね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/16 14:12
「シーモアさんと、大人のための人生入門 Seymour: An Introduction」
「シーモアさんと、大人のための人生入門 Seymour: An Introduction」 "私たちの人格を創る源は、私たちの才能の中に存在する。 The real essence of who we are resides in our talent." -- シーモア・バーンスタイン Seymour Bernstein ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/06 15:49
「25年目の弦楽四重奏 A Late Quartet」
「25年目の弦楽四重奏 A Late Quartet」 “私は音楽を、愛という以外の形では、理解できない。”―ヴィルヘルム・リヒャルト・ワーグナー ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/01 16:50
エブリバディ・ウォンツ・サム!!世界はボクらの手の中に Everybody Wants Some!!
エブリバディ・ウォンツ・サム!!世界はボクらの手の中に Everybody Wants Some!! テキサスはヒューストン出身のリチャード・リンクレイター Richard Linklater監督の作品には、彼自身の人生での経験であるとか、地元テキサスの風物などが色濃く反映されている事が多いように思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/23 11:03
音楽が再び私達を立ち上がらせるまで―「ソング・オブ・ラホール Song of Lahore」
音楽が再び私達を立ち上がらせるまで―「ソング・オブ・ラホール Song of Lahore」 “僕たちを、テロリストとしてではなく、音楽家として受け入れて欲しいんだ” -- バーキル・アッバース Baqir Abbas ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/05 23:28
希望を照らすバッハの旋律―「ストリート・オーケストラ The Violin Teacher」
希望を照らすバッハの旋律―「ストリート・オーケストラ The Violin Teacher」 “Erbarme dich, Mein Gott, um meiner Zahren willen! 憐れみ給え 神よ 私が流す この涙ゆえに”―マタイ受難曲アリア ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/30 10:28
病は人間を語る―「Dr. HOUSE ドクター・ハウス House M.D.」
病は人間を語る―「Dr. HOUSE ドクター・ハウス  House M.D.」 ……当ブログは基本的に映画ブログですので、テレビシリーズのお話はしておりません。ですが、これまでに例外として一時期大ハマりしていたテレビシリーズ「FBI失踪者を追え! Without a Trace」の、特に初期シーズンの中で気に入ったエピソード解説を投稿したことがありました。また、次に気に入ったテレビシリーズ、やはりFBIの捜査もののドラマなのですが、「クリミナル・マインド Criminal Minds」についても少し記事にしましたね、そういえば。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/06 21:05
張り巡らされた蜘蛛の音−ドナルド・フェイゲン「ナイトフライ The Nightfly」
張り巡らされた蜘蛛の音−ドナルド・フェイゲン「ナイトフライ The Nightfly」 1980年代の音楽は、私にとって忘れられない音楽経験であったと同時に、これほど豊穣でバラエティーに富んだ音楽が量産された時代もなかっただろうと思う。80年代に繰り返し聴いた、ドナルド・フェイゲン Donald Fagenのアルバム「ナイトフライ The Nightfly」も、豪奢な80年代を代表する音楽作品だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/04 22:24
「ラブ&マーシー 終わらないメロディー Love & Mercy」
「ラブ&マーシー 終わらないメロディー Love & Mercy」 世界には愛と慈悲が必要だ... Love and mercy, that's what you need tonight. So love and mercy to you and your friends tonight. ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/08 18:08
My life as rock'n'roll! スクール・オブ・ロック School of Rock
My life as rock'n'roll! スクール・オブ・ロック School of Rock "Everybody Wants Some!!" Official Trailer #1 (2016) shared from Movieclips Trailers ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/02 09:55
“ストレイト・アウタ・コンプトン Straight Outta Compton”を離れて。
“ストレイト・アウタ・コンプトン Straight Outta Compton”を離れて。 2015年の映画界というのは、今にして思えば、色々な点において“過渡期”の混乱期にあったのだと思います。その年を象徴するような力強い作品で尚且つ、例えばアカデミー賞の威厳を取り戻させるような品格にも恵まれた作品にはお目にかかれなかったような気もしますね。残念ながら。作品賞候補になった作品を一通り見終えましたが、これだ!!と閃きを感じる作品はなかったかなあ。どれもみな良い作品でしたけどね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/12 17:28
ラテンの風が吹く−Nuclear Valdez
ラテンの風が吹く−Nuclear Valdez 何年も前のこと、“風”を感じさせるような、素晴らしい音楽を奏でるバンドがありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/21 07:41
芸術と煩悩の狭間にあるもの―「カストラート Farinelli Il Castrato」Part2
芸術と煩悩の狭間にあるもの―「カストラート Farinelli Il Castrato」Part2 神の創りし声ー「カストラート Farinelli Il Castrato / Farinelli」(1994年)が生きた時代と映画。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/17 12:54
芸術と煩悩の狭間にあるもの―「カストラート Farinelli」Part1
芸術と煩悩の狭間にあるもの―「カストラート Farinelli」Part1 「カストラート Farinelli Il Castrato / Farinelli」(1994年製作) 監督:ジェラール・コルビオ Gérard Corbiau 製作:ヴェラ・ベルモン 脚本:アンドレ・コルビオ&ジェラール・コルビオ 撮影:ワルテル・ヴァンデン・エンデ 音楽監督・指揮・編曲:クリストフ・ルセ 衣装:オルガ・ベルルーティ 出演:ステファノ・ディオニジ(カルロ/ファリネッリ) エンリコ・ロ・ヴェルソ(リカルド) エルザ・ジルベルシュタイン(アレクサンド... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/17 12:41
ルーツへの回帰―「アワ・カインド・オブ・ソウルOur Kind of Soul」
ルーツへの回帰―「アワ・カインド・オブ・ソウルOur Kind of Soul」 皆さんにとってのルーツ・ミュージックは何だろうか。私にとっての、本当の意味での“ルーツ”と呼べる音楽は、やはりポップ・ミュージックである。子供の頃兄が聴いていた洋楽が、すなわち私の音楽初体験にもなっている。思えばその頃から現在に至るまで、好む音楽性は刻々と変化し続けているわけだが、ここで私の青春時代(笑)を彩ってくれたある音楽に還ってみたいと思う。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/11 16:06
海と太陽とボサノヴァ−「THIS IS BOSSA NOVA ディス・イズ・ボサノヴァ」
海と太陽とボサノヴァ−「THIS IS BOSSA NOVA ディス・イズ・ボサノヴァ」 ボサ:“隆起”+ノヴァ:“新しい”=ボサノヴァ、新しい波。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/09 22:48
マーブルは歌う―“Marble Machine” by Wintergatan
マーブルは歌う―“Marble Machine” by Wintergatan スウェーデンのポップ・バンドWintergatenが、目にも耳にも奇想天外でヘンテコな、でも底抜けに楽しいビデオを作ってくれました。百聞は一見にしかず。まずは一見、そして一聴を。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/08 23:53
漂うピアノ−ジョージ・ウィンストンGeorge Winston Part3
漂うピアノ−ジョージ・ウィンストンGeorge Winston Part3 Pray by the Piano.... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/24 12:48
“ブルータートルの夢 The Dream of the Blue Turtle”とスティング。
“ブルータートルの夢 The Dream of the Blue Turtle”とスティング。 英国の産んだ最強のトライアングル・ロック・バンド、ポリス The Police。1985年、ツアーを終えたバンドが活動を一端休止するのと時を同じくして、その中心人物たるスティング Stingはアメリカのジャズ界にこんな招待状を出した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/21 21:58
漂うピアノ−ジョージ・ウィンストン George Winston Part2
漂うピアノ−ジョージ・ウィンストン George Winston Part2 ジョージ・ウィンストン George Winston ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/21 17:21
漂うピアノージョージ・ウィンストンGeorge Winston Part1
漂うピアノージョージ・ウィンストンGeorge Winston Part1 “僕自身は、自分のプレイスタイルを単なるイージーリスニングだとは思っていない。あえて呼ぶなら『Rural Folk Piano』といったところかな。僕の音楽の土壌には、R&Bやジャズ、ブルース、そしてもちろんロックだってある。特にドアーズからは強い影響を受けたよ” - ジョージ・ウィンストン George Winston インタビューより ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/20 13:46
潜行する自我―「戦慄の絆 Dead Ringers」
潜行する自我―「戦慄の絆 Dead Ringers」 デイヴィッド・クローネンバーグ監督のキャリア上、欠くとこの出来ない重要な位置を占めるサイコ・スリラー作品「戦慄の絆」。1988年に製作・公開されたこの作品のデジタル・リマスター版が、2008年4月25日に新たに発売されることになりました。 これはきっと、新作「イースタン・プロミセズ」で主演のヴィゴがオスカーにノミネートされた効果だと勝手に判断しています(嬉)。従来のDVDバージョンでは、この作品のイメージを決定付ける重要な要素たる色―血のような赤色と深海の底の様な群青色―の対比があまりうまく出... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/16 17:25
Welcome to “The Heavy”Funk & Blues…The Heavy
Welcome to “The Heavy”Funk & Blues…The Heavy 英国からは、本家アメリカを圧倒するような高いR&Bポテンシャルを持つアーティストが、時々現れますね。メンバーの面構えを見ている限りにおいては、彼らがどんなジャンルの音楽をプレイするのか、イマイチわからないこともままあるのですが(笑)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/27 23:28
時代を映した音楽と映画ー「ナッシュビル Nashville」
時代を映した音楽と映画ー「ナッシュビル Nashville」 2006年に製作されたロバート・アルトマン Robert Altman監督の遺作「今宵、フィッツジェラルド劇場で A Prairie Home Companion」を観た時、ああこれは「ナッシュビル Nashville」の完結編なのだなと感じたものです。と同時に、映画人としての人生に幕引きをしようとした監督の、一種の走馬灯的作品であったのだろうとも。残念ながら、作品の出来としては監督自身の最盛期である「ナッシュビル Nashville」に及びませんでしたが、「ナッシュビル Nashville... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/20 15:07
完結する輪―A Perfect Circle ...Part2
完結する輪―A Perfect Circle ...Part2 いつかはきちんと書きたかったA Perfect Circleの音楽のこと。全てを網羅できたわけではありませんが、とりあえずここで一旦終了とさせていただきます。少しでもAPCの音楽に興味を持っていただければ幸いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/12 07:30
天国のデヴィッドへ。最も美しい“Space Oddity”を捧げます。
天国のデヴィッドへ。最も美しい“Space Oddity”を捧げます。 今なら天国から見えるかな。最も美しい「スペース・オディティ Space Oddity」のカバー演奏をデヴィッドに捧げます。約2年前の記事の再掲です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/11 17:31
Focus on Anton Corbijnーアントン・コービンのフォーカス
Focus on Anton Corbijnーアントン・コービンのフォーカス アントン・コービン(“コルバイン”が正しい発音)Anton Corbijn ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/31 17:17
オールラウンド・ミュージックの快感―TOTO Part1
オールラウンド・ミュージックの快感―TOTO Part1 「X-MEN フューチャー&パスト X-Men: Days of Future Past」(2014年)の宣活で、英国の人気トーク・ショー、グレアム・ノートン・ショー The Graham Norton Show Season15 Ep5 (2014年5月2日BBCで放映)に出演したファス男とヒュー・ジャックマンさん、ジェームズ・マカヴォイ先生のエピソードをボーっと見ていたら、ファス男がやたらTOTOのヒット曲“アフリカ Africa”を連呼してましてね。へぇー、ファス男がTOTOを聴くって意外... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/29 11:35
「パトリス・ルコントのドゴラ DOGORA」―音は語る
「パトリス・ルコントのドゴラ DOGORA」―音は語る パリで生まれ育った映画監督パトリス・ルコント。ジャンルに囚われず、幅広いモチーフに創作意欲を燃やすこの映像作家には、日本にも根強いファンが多いと聞きます。いずれの作品にも、少年のようにセンシティヴな感性を保ち続ける監督自身のプロフィールが透けて見えるような気がしますね。今日は、彼の作品の中でも、私自身が非常に気に入っているものを選んでみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/16 00:15
What are your true colors? ―シンディ・ローパー
What are your true colors? ―シンディ・ローパー 2012年に書いた記事の再掲です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/13 07:56
「フランキー・ワイルドの素晴らしき世界It's All Gone Pete Tong」ー希望を感じよ
「フランキー・ワイルドの素晴らしき世界It's All Gone Pete Tong」ー希望を感じよ 音のない世界で 僕は君に出会った。君の笑顔は 僕の音楽になった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/07 17:07
“プロフェッショナル”の意味をこのジジイ達に学ぶ。KISS
“プロフェッショナル”の意味をこのジジイ達に学ぶ。KISS AFPBBNewsの記事には“貫禄ハードロック・バンド”と記載されているんですが、“還暦ハードロック・バンド”と言い換えても可(笑)。実際、正式に“KISS”としての活動が始まった1973年から数えて今年で42周年を迎える彼ら、オリジナルメンバーのジーン・シモンズ先生は今年で66歳になられるわけだし。四捨五入したら70ぢゃん(笑)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/29 16:14
オールラウンド・ミュージックの快感―TOTO Part3
オールラウンド・ミュージックの快感―TOTO Part3 Have a good feeling, TOTO. ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/18 22:14
Vespertine―薄暮性。
Vespertine―薄暮性。 アイスランドが生んだ超個性派シンガーソングライター、ビョークBjörkのソロアルバムに“Vespertine(ヴェスパタイン)”というタイトルの作品がありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/09/14 15:44
よく見りゃ似てるこのハンサム美女 ...Someone like you? Judy & P!nk
よく見りゃ似てるこのハンサム美女 ...Someone like you? Judy & P!nk P!nkの重心の低いボーカルはかなり好き。女性ボーカリストにありがちなキンキンした高音ではないのもグッド。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/26 00:07
2016年度の映画賞(オスカーって誰よ?)レース予想。...Who's Oscar? Part2
2016年度の映画賞(オスカーって誰よ?)レース予想。...Who's Oscar? Part2 さて、昨日から細々と書いております、『2016年度の映画賞レースに絡んでくるのではないかと予想される作品を挙げていこうぜ』企画。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/31 17:50
雨を見たかい?―Have You Ever Seen the Rain?
雨を見たかい?―Have You Ever Seen the Rain? かつて、サンフランシスコを活動拠点にしながらも、泥臭いサザン・ロック(スワンプ・ロック)とフォーク・ロックをベースにした、実に個性的な音楽性を持つバンドがありました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/23 20:43
Turn up the signal with Nusrat. ヌスラト・ファテー・アリー・ハーン
Turn up the signal with Nusrat. ヌスラト・ファテー・アリー・ハーン ....and in this place, can you reassure me with a touch, a smile - while the cradle's burning all the while the world is turning to noise oh the more that it's surrounding us the more that it destroys turn up the signal wipe out the n... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/15 11:00
芸術はf*ckin'テンポだぁっ―「セッション Whiplash」
芸術はf*ckin'テンポだぁっ―「セッション Whiplash」 “1つだけ確かなのは、もしもテレンス・フレッチャー先生の目の前に日本の誇る伝統的家具“ちゃぶ台”があったなら、彼は迷わずそれをアンドリュー・ニーマン君の頭めがけてブン投げたことだろう。つくづく、フレッチャー先生の練習スタジオに“ちゃぶ台”が存在しなくて良かったと安堵したものだ…”―「セッション Whiplash」観賞後の豆酢館長の率直な感想より ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/21 17:17
オーネット・コールマン死去―R.I.P. Ornette Coleman
オーネット・コールマン死去―R.I.P. Ornette Coleman ビル・リー Bill Lee「ねえ、マグワンプ、今月の11日にオーネット・コールマンが亡くなったそうなんだ。85歳だったって。ジャズを新しい領域に導いた、真の先駆者だった…。ボクらの映画『裸のランチ Naked Lunch』でめっちゃクールな演奏を聴かせてくれているよ。覚えてる?」 マグワンプ mugwump「もちろん!『裸のランチ』本編でも、オーネット・コールマン・トリオ The Ornette Coleman Trioとして演奏シーンを披露してくれているよ。ハワード・ショアがいつものよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/13 23:10
「はじまりのうた Begin Again」をもう一度。
「はじまりのうた Begin Again」をもう一度。 上手く言葉に出来ない感情というのはやっぱりあるもので、それを映像にするには、音楽に代わりに語ってもらうのが一番ではないかと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/18 12:03
フランクに語ると映画「フランクFrank」はフランクの映画じゃなかったのよ。
フランクに語ると映画「フランクFrank」はフランクの映画じゃなかったのよ。 ……誤解の無いように強調しておきますが、「FRANK -フランク- Frank」は、可笑しくて哀しくて…というドラメディ作品としては、英国映画らしい味わい(正確にはアイルランド作品)が濃厚でクセになる小品でした。個人的には好きな部類の作品です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/14 19:00
A Perfect Circle Live “Stone And Echo”(ライブ・アルバム)
A Perfect Circle Live “Stone And Echo”(ライブ・アルバム) TOOLのフロントマンにして、その他様々なプロジェクトを掛け持ちしているミュージシャンであり、俳優にしてワイナリーの経営者であもるという、マルチ過ぎる男メイナード・ジェームズ・キーナンと、ギタリストのビリー・ハワーデルが結成したプロジェクト・バンドA Perfect Circleが、ファンの切望についに応えてくれましたぞ。安定したライブ・パフォーマンスにも定評がある彼らのライブ音源がリリースされました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/25 13:02
全ての恐怖心を捨て、怒りを持て―「カムバック! Cuban Fury」
“胸毛も剃ったし、おかげで今もチクチクするけど、いろいろな人と会うことができた。そしてやっと自分のいるべき場所に戻ってこれたような気がするんだ” ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/26 16:21
「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 Inside Llewyn Davis」
最近、情報伝達のスピードがネットによって爆発的に上がったことで、世界が丸ごと巨大な情報の繭に押し込められてしまったような錯覚を覚えます。毎日一秒も休むことなく膨大な量の情報の奔流に晒され、日常生活のスピードまでも日増しに上がっているような気がしますね。何をするにも“より早く、より速く”と急かされるのは、しかさすがに辛い。私も寄る年波には勝てないということでしょうね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/08 11:52
ミスター・タンブリンマン、もう1人の「さすらいのカウボーイ」…Bruce Langhorne
Bob Dylan used to call Bruce Langhorne "Mr. Tambourine Man" and Bruce healed Peter Fonda's film 'The Hired Hand' by his hands. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/02 23:14
The Lost Beatleー「スチュアート・サトクリフ―5人目のビートルズ」
スチュアート・サトクリフ Stuart Sutcliffe ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/15 10:10
愛すべきミュージシャンたち―Tuck&Patti,Peter Gabriel..and more
音楽は、私がどこでどのように生きていようと、常に傍らにあるものでしたし、これからも多分死ぬまでそうなのだろうと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/04 22:23
初めて自分で買ったレコードを晒してみよう♪
現在、「天国の門」と「インサイド・ルーイン・デイヴィス」を観て以来ハマっているフォーク全般と、複数のオルタナティヴ・ロック・バンドの音楽が、頭の中でめちゃくちゃにミックスされて弱っている館長です。皆さん、こんにちは。館長のリアル年齢がもろバレの音楽記事をひとつ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/19 21:08
He's lost “Control”―「コントロール Control」(2007年)
存在?それがなんだというんだ。僕は精一杯存在している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/06/17 00:10
セ・ラ・ヴィ−...「巴里の屋根の下 Sous les toits de Paris」
パリの屋根の下、今日も人は生きる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/03/25 22:34
「ヤコブと七人の悪党」―ガナディ・スピリンGennady Spirin
さて、マドンナの書いた児童書として世界的に話題になった5冊の絵本のうち、「ヤコブと七人の悪党」の挿絵を担当したのが、ガナディ・スピリンというイラストレーターです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/22 22:06
Madonna's picture book―「ヤコブと七人の悪党」Part1
“この本は、偉大なる師、バール・シェム・トヴの逸話をもとに書かれました。どんな人でもエゴを抑えれば天国の門を開くことができるのです。影の後ろには光があるということを、決して忘れないで下さい”―マドンナ・ルイーズ・チコーネ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/15 22:03
Daft Punk rule the Grammy Awards 2014! Get DP!!
“Get Lucky”グラミー賞パフォーマンス動画を追記しました。必見よ!めっさ格好良いから!マドンナ女王様のトリ・パフォーマンスも歴史に残る内容かもしれないので、こちらも早速共有。どちら様も偏見を捨てて、じっくりご覧になってみてください。ついでにいろいろ追記したったわー! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/27 14:40
途方に暮れるLlewyn Davisと猫―全米批評家協会賞(NSFC)受賞者発表。
速報です!!なかなか日本上陸のアナウンスが聞かれず、館長を心配させていた“Inside Llewyn Davis”が、「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」というタイトルで2014年初夏に日本で劇場公開されることになりましたよっ!!…これで安眠できます…。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/06 23:17
破片を拾い集める。―“Pieces”(by RED)
君に名前を呼ばれるたび バラバラに砕け散ってしまっても きっと僕は君の元に飛んでいく 君だけが僕を僕にしてくれるんだ ―REDの“Pieces”の歌詞より一部抜粋 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/04 23:47
「メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー Metallica Through The Never」追記完了!
日本時間で一昨日のお昼前ぐらいに、第41回International Emmy Awards(国際エミー賞)の授賞式がNYで行われました。そこでうちのショーン・ビーンが価値ある最優秀男優賞を獲得したのは、昨日目を腫らしながら書いた記事で既にご紹介した通り。ところが、この国際エミー賞受賞者に関する速報がネットに流れた時間、私はといえば、IMAXシアターでこっそりヘドバンの真っ最中でありました(笑)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/28 01:30
美しく歌われる日本語ージェロ
実はここ数日間ずっと、オペラとポップスのミクスチャーとして世界中でヒットした、あの懐かしの(苦笑)Il DIVOを聴き返している。例のサイモン・コーウェルが仕掛け人になっていた関係で、いろいろな批判もされたグループだけど、やっぱり良いよ。昔の楽曲でも古臭く感じないものね。タイムレスな名曲を選んで歌っているのだから、まあ当然かも知れんけどね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/23 23:25
何処にもいない貴方―「アイム・ノット・ゼア I'm not There」
どれほど悠久の世紀が流れるのか 山が海となるには どれほど人は生きねばならぬのか ほんとに自由になれるために どれほど首をかしげねばならぬのか 何もみてないというために その答えは 風に吹かれて 誰にもつかめない ―“風に吹かれて Blowin' In The Wind”から一部抜粋 (アルバム「Free Wheelin」(1963年)収録) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/08 23:46
3人の男に受け継がれた鎮魂歌―「ウォー・レクイエムWar Requiem」Part2
第3章ジャーマン Derek Jarman ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/16 00:01
3人の男に受け継がれた鎮魂歌―「ウォー・レクイエムWar Requiem」Part1
“親愛なるブリテン様、ご持論ではレクイエムには素晴らしい歴史があるとのことですが、世にレクイエムはもう十二分にあるのではないでしょうか。また、ウィルフレッド・オーウェンの詩をつけたとしても、大勢には受けないと我々は考えます”―デレク・ジャーマン著「ラスト・オブ・イングランド」より抜粋 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/15 14:32
ロックは腹の底で聴け−Finger Eleven
ロックー!!!!!!ぎぶみー・ろっけんろー!!!!!!ハード・ロック、へヴィメタル、スラッシュメタル、デスメタル…(はあんまり好きじゃない)なんでもいいから、めっさハードで血沸き肉躍るロックを聴かせやがれってんだー!!!!!! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/25 12:39
完結する輪―A Perfect Circle ...Part1
A Perfect Circle ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/28 00:13
地球最強の音楽を地球最後の日に。
さ、皆さん。今日もお寒うございます。古代マヤ文明では、時差も鑑みて(笑)今日か明日辺りには、世界が滅亡するんじゃね?とかいう予言がなされていたそうで。そのため、今現在世界的規模で、“地球最後の日には何をする?"だとか、“人類滅亡を逃れるにはどうしたらいい?”だのと、上辺はあくまで冗談を装いつつも、半ば諦念混じりの本気とも、ジョークとも判別できない激論が戦わされていますね(笑)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/21 13:24
ドイツのメランコリア―Peter Heppner…追記終了
日本ではほとんど知られていないアーティストかもしれません。ドイツのミュージック・シーンを代表するベテラン・シンガーソングライター、ペーター・ヘップナー Peter Heppner氏のご紹介記事です。…追記しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/18 09:30
一発屋のほろ苦い思い出…カジャグーグーとリマール
現在、つま先から頭の天辺まで、プログレッシヴ・ハードやらインダストリアル系やらにずっぽり漬かっている館長です。皆さん、今日も元気にヘドバン(これも死語・笑)してますか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/17 23:18
忘れられた「マニック・エデン」の園
日々のストレスに凝り固まってしまった心を解きほぐしたいとき、皆さんはどんな音楽を聴かれますか? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/24 13:32
彼女の名はサックス。―「Sax」
月曜日の憂さを晴らすのにぴったりなショート・アニメ動画を貼っておきます。超ごきげんなミュージック・アニメですし、わずか1分少々で完結する作品でもあるので、手っ取り早く元気になりたい人にぴったりでしょう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/22 12:09
ロックがここにやってきた―「Glastonbury グラストンベリー」
グラストンベリー・フェスティバル ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/21 23:31
生還のお知らせとKaty Puppy♪
生還しました。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/19 18:55
What was your impression of London?
いやー、あっちゅう間に終わってしまいましたねえ、オリンピック。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/14 00:30
Rest On The Water―ジョン・ロード死す。
Deep Purple - Smoke On The Water ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/17 23:08
思い出と今をつなぐピアノ。―「The Piano」
一人でピアノを爪弾いている老人。彼が鍵盤に指を滑らせると、今は亡き妻が静かに彼の隣に座り、かつてそうしていたように二人分の音が重なる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/08 14:55
あるがままに生きよ。―「ボーン・ディス・ウェイ Born This Way」
パフォーマーとしてのレディ・ガガには、斜め上60度の傾斜を滑るごときの奇抜さ、生々しい“女臭さ”といった、誰が見ても引くであろう(笑)わかりやすい“過激さ”を打ち出した、巧妙な戦略が感じられる。そんな姿勢が、伝えたいメッセージをユーモアというオブラートにくるんで提示しようとしていた、故フレディ・マーキュリーの精神を思わせて非常に共感を覚えるところだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/21 11:25
「ヘアスプレー」を捨てた後にわかること。
いやだから、ヘアスプレーはオゾン層を破壊するからいかんっちゅうのに!! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/10 20:23
時間を経ても変わらないもの。
やっぱり、私、この人たちが大好きです…(涙)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/23 23:39
「魔法にかけられて」…いたのは誰?
それは、ディズニー史上最も“アリエナイ”魔法。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/18 09:40
オールラウンド・ミュージックの快感―TOTO Part2
ブロードウェイ発のミュージカルを映画化した快作「ヘアスプレー」を世に送ったアダム・シャンクマン監督の新作は、またまたブロードウェイで大当たりをとったミュージカル作品の映画版になるそうです。その「ロック・オブ・エイジス Rock Of Ages」、日本にも今年の9月に上陸予定であるのですが、既に巷では結構な話題を呼んでいるようですよ。それというのも、あのトム・クルーズ大先生に、なつかしの80年代ロックンロール全盛期のカリスマ・ロッカー、ステイシー・ジャックス役を演じさせたというのですから、驚き桃の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/04 23:38
お子様たちよ、今熱いのは落語だ!(追記あり)
館長家では、帰省の手段といえば車でした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/20 10:16
グラミー賞も遠くになりにけり…なので。ちょっと毒入り雑談。
今年で54回目になるんですかね。ホイットニー・ヒューストンの急逝によって、大きな衝撃を受けたグラミー賞授賞式も無事終了。本当なら、このグラミー賞のステージでホイットニーも歌う予定だったそうです。かえすがえすも、本当に残念な結果となってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/14 11:15
ディーヴァの死―すべてをホイットニーのために。…追記
2012年2月11日土曜日、アメリカの伝説的といってもいい歌手ホイットニー・ヒューストンが、ビヴァリー・ヒルトン・ホテルで死去した(享年48歳)と報じられました。死因についてはまだ明らかになっていませんが、直接的には、ホテルの部屋のバスタブの中で溺れたことが原因で、死去したのだろうと確認されました。ご冥福をお祈り申し上げます。このニュースは、やはり同世代のミュージシャン達に大きなショックを与えたようで、数多くのアーティスト達から故人を悼む声が寄せられています。中でも、個人的にセリーヌ・ディオンの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/12 12:40
人生50年とはもう言わない。―Madonna's Super Bowl Show!
いやいや、皆さん、もうご覧になりましたかね。あっちこっちで動画がアップされている、マドンナ大先生によるスーパーボウルのハーフタイム・ショー。13分弱ありますが、まあお昼休みのお供にでもどうぞ。↓ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/07 12:31
魂は“Little Wing”に乗っていく。
"Little Wing" performed by Steve Lukather (TOTO) ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/13 10:45
A Perfect Circle Reunion!
A Perfect Circle(以下APC)の主だったメンバーが2010年に再び集まり、リユニオンライブを行っていたそうだ。Live! ABC 2010の動画がYou Tubeにあがっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/07 10:21
オジー……Ozzy
リアリティー番組「Osbournes」でオズボーン一家そのものが人気者になって(というか好奇の視線を浴びた)からというもの、かつての血まみれメタルゴッド、オジーの存在感も変わったと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/29 22:13
Come here, Imogen Heap―イモージェン・ヒープ
彼女のことに関しては、実はほとんど何も知らない。ただ、彼女のソロ・デビュー・アルバムからの楽曲“Come Here Boy”をたまたまYou Tubeで発見して、強烈な印象を持った。その後、彼女の活動を後追いしたというわけだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/19 22:22
27クラブの会員の皆様へ―Keep on Rock'n Roll
先日、英国の歌手エイミー・ワインハウスが遺体で発見されるという衝撃的なニュースが世界中を駆け巡りました。彼女が奇しくも27歳で死を迎えてしまったことで、いわゆる“27クラブ(27 Club)”の入会者がまた1人増えたというニュアンスの報道が多くなされていたように思います。音楽的才能に特別秀でているものの、いやむしろそのせいで破滅的な私生活を送り、やがては崩れ落ちるように死に至ってしまったと。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/27 23:56
Rock'n Roll Heat of “Dan Reed Network”
6月9日はレス・ポールの誕生日であり、“ロック”の日なのだそうです!これはいい!ここのところ集中してオペラを勉強していたので、久しぶりにロックンロールといきましょーっ! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/09 11:26
REDが“顔”を取り戻すまで―『Until We Have Faces』
2011年現在のREDのグループショット。やっぱり4人編成のままだなあ…。ドラムは固定メンバーを入れないつもりなのかしらん。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/06/05 23:57
世界で唯一のディーヴァ−「永遠のマリア・カラス Callas Forever」
「この映画を撮るにあたり、はっきりさせたかったことがある。ダ・ヴィンチも言ってるだろう、”天才とは努力し続けることだ”と。マリア・カラスの声は始めは神が与えたものだが、奇跡の歌声と呼ばれるまでにしたのは彼女自身の絶えざる努力だった。天才と言われた女性が、成功を収めるまでにどれほど苦しみ、どれだけのものを犠牲にし、血のにじむような努力を続けたかを創造の過程で明らかにしたかったんだ。…だからこの映画を観る若い人たちに言いたいのは、何事かを成し遂げるためには、自分の才能を信じ、それを高めていくために毎... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/06/03 10:50
豆酢館ストア営業中のお知らせとREDの新作の前振り。
久しぶりに豆酢館ストアの手入れをしてきまして。こちらもぼちぼち営業中だということをお知らせしておきます(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/26 23:38
花はどこへ行った―Where have all the flowers gone?…追記しました。
どうかすると日中は汗ばむような陽気になってきて、沈んでいた気分も多少なりとも慰められる気がします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/19 17:33
愛すべきミュージシャンたちPart2…HR/HM編
現在の館長を形作ったといっても過言ではない、我が青春を彩った(笑)音楽のあれこれです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/15 08:45
天使はブエノスアイレスからやってきた―グラシェラ・スサーナGraciela Susana
アルゼンチンという国は、ブラジルやコロンビアと並び、南米音楽の宝庫であるという。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/01 20:10
元気のでる歌や音楽を挙げていこうか。…動画を追加
音楽はいいモンですよ。心身ともに疲れ切り、さすがの映画狂も映画すら観る気にならないとき、気分をリフレッシュできる良いツールとなります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/09 14:46
What are your true colors?Part2―マーク(Mark Mann)への感謝
前の記事で、東北関東大地震がもたらしたのは、天災・人災含めた甚大な被害ばかりではなく、人々の真実の姿を思わぬ形で知る機会だったというお話をしました。今日はその続きです。震災が起こった直後(本当に、あの凄まじい津波が東北沿岸部を襲った直後だった)から、twitterを通じて私に気遣いのメッセージを送ってくれていた、あるカメラマンのお話をさせてください。Dear Mark,I want to thank to you for your giving encouragement to us.So, p... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/26 23:59
愛しい人が眠るまで…“Wait for sleep”by Dream Theater
著作権等の問題はあるでしょうが、すいません、今だけ今だけ見逃してください!追記しました! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/22 18:38
誰もが俺たちを見つめてる―「ポリス インサイド・アウト」
それぞれの旅の行き先が見えたとき、その旅は終わるんだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/08 00:05
She always makes me big smile!
レディ・ガガ大先生(笑)。もうね、彼女は今の私にとっては、非常に特殊な位置を占めている方ですよ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/22 10:40
“The soul of Blues”Gary Moore's gone..ゲイリー・ムーア逝去
“Gary, I hope Phil (Lynott, late THIN LIZZY legend) was there to greet you. You guys have some time now... Go find Cozy (Powell), and we expect that you have a few records worth of material for us by the time we join you. なあゲイリー、フィル(・ライノット、シン・リジィのフロン... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/07 18:11
「音楽バトン」による館長履歴書(笑)Part2
9.初めに思いつく3ピースのアーティストは? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/25 09:30
「音楽バトン」による館長履歴書(笑)Part1
『音楽バトン』 館長愛聴ミュージシャン特選とも微妙にリンク(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/25 09:25
“Awful Truth”の数奇な運命
“Awful Truth”というバンドをご存知の方は、かなりの通でいらっしゃると思います。私自身は、学生時代に狂ったように聴いていたプログレシッヴ・ロックの流れの中で、偶然出会ったトリオ・バンドでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/11 10:30
ミック・カーン逝去。
訃報が続きますね。英国の音楽シーンに“ニューウェイヴ/ポスト・パンク”という潮流が巻き起こったとき、1974年に結成されたバンドJapanで活躍したベーシスト、ミック・カーンが、1月4日にチェルシーの自宅で亡くなりました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/01/05 09:40
南のドアを開けて―3 Doors Down Part2
「3枚目のアルバムは2005年2月8日にリリースしようと思ってる。目標を決めないと、日々流されてしまうからね」―ブラッド・アーノルド ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/13 13:45
南のドアを開けて―3 Doors Down Part1
3 Doors Down ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/11 20:40
あっという間に転落―3 Doors Down
“Landing In London (All I Think About Is You)” song by 3 Doors Down ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/07 10:09
生肉はよしとこうよ。
先日行われたMTVミュージック・ビデオ・アワードの授賞式で8冠に輝いたレディー・ガガ大先生が、授賞式で着用していたモノホンの生肉ドレス(苦笑)で、批判の矢面に立たされたとか。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/17 16:53
聴くと気合が入る曲とは?
明け方から急に腹痛と下痢に見舞われ、七転八倒しちゃった館長です。辛抱たまらず、先程病院に匍匐前進してきました…。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/09/14 09:50
閑話休題、よく見りゃ似てるこの御仁。
先に謝罪をば。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/14 21:10
野外フェスならヘビメタだ!
野外フェス流行の昨今、世界中で大規模な屋外音楽フェスティバルがいくつも開催されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/11 16:42
「IL DIVO OUR STORY -ぼくたちの物語-」
Il Divoの記事も、これにて打ち止め。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/08 10:18
神に祝福されたルチアーノ・パヴァロッティ
2007年9月6日午前のこと。世界中を駆け巡った“パヴァロッティ氏重体”のニュースは、なんと日付も変わらぬうちに死去のニュースになってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/04 18:08
これは、動物愛護団体的にはOKなのか(笑)?
館長にとって、レディー・ガガの立ち位置は完全なる“芸人”。でも、イロモノという意味ではありません。故フレディー・マーキュリーの正当な後継者であると確信しているのですね。フレディもガガも、天性の才能と努力で以って、彼ら独自のエンターテインメントを確立したと思います。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/02 14:20
やられました…
EmotiveVirgin Records Us 2004-11-24 A Perfect Circle Amazonアソシエイト by ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/26 14:27
ゆうがたクインテットは永遠に。
のだめカンタービレ(1)講談社 二ノ宮 知子 Amazonアソシエイト by 今更内容をご紹介することもないですね。クラシック音楽に身を投じる、個性豊かな音大生たちの悲喜こもごもの爆笑青春物語。 実は読む前は、“どうせ甘っちょろい少女漫画でしょ〜?”とタカをくくっていたのですよ。ところがどうして。ギャグの切れ味はなかなか鋭いし、肝心のクラシック音楽界のリサーチもかなり綿密で、その描写もリアル。なにより、膨大な登場人物のキャラクターの描き分けが非常に丁寧で、それぞれにおもしろみと味わいがある... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/07/26 09:01
「ダーウィンが来た!生き物新伝説」とKenny G
子豆1号…最近では2号の方も毎週放映を心待ちにしている、NHK制作のネイチャー番組「ダーウィンが来た!生き物新伝説」。毎週日曜、NHK総合で夜7時半から30分間放映されています。 毎度毎度、世界中の生き物たちの知られざる生態を紹介してくれる番組で、大変貴重で学術性の高い映像を惜しげもなく披露してくれます。本当に勉強になるばかりか、自然への畏怖の念が自然と沸き起こってくる素晴らしい内容なのですよ。 やはりこういう番組は、NHKでなければ作れませんでしょうね。我が家はNHK受信料を滞納したことは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/06/20 01:27
Sommo Melodiaをライブで―「ライブ・アット・ザ・グリークシアター」
Sommo Melodiaをライブで堪能する喜び。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/13 20:34
音楽のグローバリズム―「オールウェイズ/SIEMPRE」 by IL DIVO
いやあ、個人的に一番好きなアルバムはこれですねえ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/09 13:19
音楽のグローバリズム―「ANCORA」 by IL DIVO
大概の場合、“ポピュラーになりすぎたもの”というのは、世間様から反発を食らってバッシングされたりするもんです。エンタメの世界に限らず、そのような現象はどこでも見受けられるもの。Il Divoの面々も、もちろん例外ではありません。 彼らの場合、なまじルックスが良かったばっかりに、やっかみ半分の批判的な意見が相次ぎました。あるいは、移り変わりの激しい音楽業界で、流行を読み間違えることのないサイモン・コーウェルに対する同業者からの反発、嫉妬もあったと思いますよ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/07 13:05
音楽のグローバリズム―「IL DIVO」
確かに、確かに、サイモン・コーウェルという人にはいろいろ問題もあります(笑)。彼のアーティスト売り出し戦略ってのも、多分にあざといしね。それはわかっちゃいるけど、やっぱり彼がシーンに送り出すミュージシャンたちには、何か光るものがあることも事実。過去に旧ブログで記事にし、一部で不評も食らってしまった(笑)IL DIVOに関する記事を再録しつつ、その理由にも思いを馳せてみましょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/06 23:05
さよなら、デビルホーン…
ロニー・ジェイムズ・ディオといえば、泣く子もちびるHR/HM界の大御所にして生き字引。そんなディオ先生が5月16日に亡くなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/18 22:19
フィンランドに移住希望。
わたくしめ、老後はフィンランドに移住する決意を固めました(笑)。フィンランド語勉強しなくっちゃ。何故フィンランドなのか。それは、次の記事を読んでいただければわかります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/07 11:06
帰って来たおしりかじり虫(笑)
家族で車に乗るときには、いつも大抵子供たちの好きな曲をかけています。 最近では「なんとかレンジャー」(既についていけてない…・笑)のテーマソングとか、「仮面ライダーダブル」(なんだかんだ言いつつ、子供と一緒に結構テレビ放映を観てる)のテーマソングだとか。 ヒーローものや戦隊ものだけでは飽きるので、アルゴリズム体操の歌やらNHK系列の子供の歌、「崖の上のポニョ」「となりのトトロ」等、大御所ジブリ系列の歌なども織り交ぜて、子供用のオリジナル・ミュージック・テープを作っているわけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/04 11:12
リベラーチェはニコちゃんからソダーバーグへ。
もうかれこれ数年前の話になるのですが、ニコちゃんことニコラス・ケイジが自身の所有する製作プロダクションで、ある企画を進めていることを発表しました。アメリカで一時代を築いたエンターテイナー系ピアニスト、リベラーチェの伝記映画だったそうです。さて、そのリベラーチェなる人物とは? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/02 22:20
Drown in heaviness ―RED
REDというロック・バンドの本質を表現するのに、“Modern rock quintet”なる言葉ほど雄弁なものは他にないだろうな。…REDをもっとよく知ってもらうため、今記事に動画を追加しました。よろしかったら観ていって…(涙)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/04/22 22:43
Linkin Parkはロックの夢を見るか。
ハイブリッド・セオリー(通常)ワーナーミュージック・ジャパン 2001-02-07 リンキン・パーク Amazonアソシエイト by ●収録曲 1. ペイパーカット 2. ワン・ステップ・クローサー 3. ウィズ・ユー 4. ポインツ・オブ・オーソリティー 5. クローリング 6. ラナウェイ 7. バイ・マイセルフ 8. イン・ジ・エンド 9. ア・プレイス・フォー・マイ・ヘッド 10. フォガットゥン 11. キュア・フォー・ザ・イッチ 12. プッシング・ミー・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/17 23:44
やっと1週間が終わった…(瀕死)
日本の新学期シーズンって、こんなに大変だったっけ?! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/17 11:47
リッキー・マーティンの新しい日。
1999年の大ヒット曲“Livin' La Vida Loca”で著名なセクシー・シンガー、リッキー・マーティン。そういえばこの曲、日本でもヒロミ・ゴーが(笑)カバーしていましたね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/31 22:38
激動の2007年度映画界総括―第65回ゴールデン・グローブ賞
2008年1月13日に、第65回ゴールデン・グローブ賞(ハリウッド外国人記者協会主催)の受賞結果がビバリーヒルズのホテルで発表されました。以前の記事でも触れたとおり、米脚本家組合のストが解決していないため、主催者側は授賞のセレモニーを行うことが出来ず、受賞者のリストを淡々と読み上げる記者会見のみとなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/05 00:15
クラシックは新しい―ロジェ・ワーグナー合唱団
ロジェ・ワーグナー ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/17 13:46
「ドリームガールズ」―ビル・コンドン監督
マイケル・ベネット演出&振り付けで、1981年の暮れに初演されたブロードウェイ・ミュージカル「ドリームガールズ」。ダイアナ・ロスを輩出し、黒人コーラスグループとしても、またガールズグループとしても伝説に残る、 “シュープリームス”をモデルにしたストーリーです。 初演以来、4年間に渡って大ヒット公演を続け、1982年度のトニー賞でも6部門で賞を得るなど、シュープリームス同様ミュージカルの方も伝説に残るショーとなりました。来日公演もありましたので、生の舞台の熱狂を目の当たりにされた方もいらっしゃる... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/01/30 03:36
ASIAは“詠時感”と読みんしゃい…頑張るじじい達
プログレという言葉を知らない人でも、“Heat of the Moment”という曲を耳にしたことはあるんじゃないかなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/22 00:42
館長、早熟の天才アーティスト、アリシア・キーズに根負けす。
実は、館長は早熟の天才というやつが苦手である。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/01/21 23:43
マイケル・ジャクソン…Last breath
2009年も、実に多くのアーティスト、映画人がこの世を去っていきました。その中でも、おそらく世界に最も大きな衝撃を与えたであろう訃報は、マイケル・ジャクソンその人です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/10 21:24
あの頃、私はアホでした…−「デトロイト・メタル・シティ」
とっくの昔に好評を博し、とっくの昔に熱狂的ファンを集め、とっくの昔に各種研究本やらファン・ブックやらスコア・ブックやらが発売され、そしてとっくの昔に実写化されていた漫画「デトロイト・メタル・シティ」。流行に乗り遅れること幾星霜、このたび我々お豆夫婦は、めでたく揃ってDMCの信者になりましたとさ(大笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/04 17:36
運命の恋の輪舞曲−「ロシュフォールの恋人たち」
“幸せでいっぱいになるような映画を作りたい…”−ジャック・ドゥミ Jacques Demy監督 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/28 16:19
ロックバカの魂―「ハードロック・ハイジャック」
“音がデカイと感じたら、お前はジジイだ” ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/04 04:33
母性の誕生―ケイト・ブッシュPart3
〜第2章:天使、母体に還る〜 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/28 21:53
世界は女で作られる―ケイト・ブッシュPart4
〜第3章:躍動する母性〜 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/27 23:58
音が子宮に宿る―ケイト・ブッシュPart2
魔物語(紙ジャケット仕様)EMIミュージック・ジャパン 2005-11-02 ケイト・ブッシュ Amazonアソシエイト by ウェブリブログ ●収録曲 1. バブーシュカ 2. ディーリアス(夏の歌) 3. 死者たち 4. わずかな真実 5. エジプト 6. ウエディング・リスト 7. バイオリン 8. 少年の口づけ 9. 木の精は夜の香り 10. 夢みる兵士 11. 呼吸 1980 年9月にリリースされた第3作目は、いよいよケイト自らもプロデュース作業に乗り出し、ジ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/26 06:37
嵐が丘に楽園はあるか−ケイト・ブッシュKate Bush Part1
映画「ライラの冒険/黄金の羅針盤」で、サウンドトラックを担当したスタッフの中に、ケイト・ブッシュの名前を発見しました。多くのブリティッシュ・ポップス・ファンにとっては、その名前はある種の畏怖と共に思い起こされるものであり、また私と同様、彼女の音楽が人生の一過程と共にあったという人も多いでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/25 06:15
変わり続ける男ボブ・ディラン Bob Dylan
つい最近、ボブ・ディランをモチーフにした映画「アイム・ノット・ゼア I'm Not There」を観直した。自らディラン狂を公言するトッド・ヘインズ監督の作品だ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/01 05:59
Heaven is waiting for you …レス・ポール死去
ロック界に革命をもたらしたギターがある。“レス・ポール”だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/14 21:38

トップへ | みんなの「音楽」ブログ

にほんブログ村

House of M 音楽のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる