House of M

アクセスカウンタ

zoom RSS “2人の”フュリオサ大隊長に敬礼っ! Salute Imperator Furiosa.

<<   作成日時 : 2015/07/01 10:01   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

見てきたで。デスってきたで。「マッドマックス 怒りのデス・ロード Mad Max: Fury Road」を。


画像

「マッドマックス 怒りのデス・ロード Mad Max: Fury Road」(2015年)
監督:ジョージ・ミラー
脚本:ジョージ・ミラー&ブレンダン・マッカーシー&ニコ・ラサウリス
製作:ジョージ・ミラー他。
撮影:ジョン・シール
音楽:ジャンキーXL
編集:マーガレット・シクセル
出演:トム・ハーディ(マックス・“マクシミリアン”・ロカタンスキー Max "Maximillian" Rockatansky)
シャーリーズ・セロン(フュリオサ大隊長 Imperator Furiosa)
ニコラス・ホルト(ニュークス Nux)
ヒュー・キース・バーン(イモータン・ジョー Immortan Joe)
ネイサン・ジョーンズ(リクタス・エレクタス Rictus Erectus イモータンの息子)他。

カンヌ映画祭で大受けしていたマッドマックス第4作目「マッドマックス 怒りのデス・ロード Mad Max: Fury Road」に関する当館内の記事はこちら。暇で死にそうな人がおったら、見たって。

画像

メル・ギブソンが主演したあの懐かしい旧シリーズ3部作のうち、特に第1作目と第2作目あたりの雰囲気であるとか、物語の流れなどを踏襲した内容になっていたと思います。旧シリーズをきちんと比較観賞したわけではないので間違っているかもしれませんが、怒りのデス・ロードの道中には、第1作目「マッドマックス Mad Max」、第2作目「マッドマックス2 Mad Max2:The Road Warrior」へのオマージュがあちこちに散りばめられていたようです。後から知ったのですが、第1作目における敵役だったトーカッター Toecutterを演じたヒュー・キース・バーンさんが、今度は“イモータン・ジョー Immortan Joe”となって再びマックスの目の前に立ち塞がっていたんですねえ。すげえ。ヒューさんったら不死身(違)。

先に初見感想から書いておきますわ。

なんか知らんけど、めっさめさ面白かったわー!!!
サイコーやで!!!
世紀末発狂MAXアクション大作として、おそらくこの作品は映画史上に名を残すと思うで。
なんやろ、今まで体内に蓄積されていた鬱憤が、映画と一緒にドッカーーーン!!!て爆発炎上、跡形もなく消滅してしもーたわーという感じか。
アクションも発狂しとったけど、世界観も、出てくるキャラクター連中も、小道具も大道具も音もストーリーも、なんもかんも全発狂状態。
うらうらうらうらうらうらうらうらぁあぁあぁあぁあぁ!!!いてまえー!!!ぐおらぁあぁあぁあぁあぁあぁあ!!!

―閑話休題、この映画を見た後で車の運転をするのはできるだけ避けましょう。―

個人的には、この物語の次に続くお話を早く見てみたいと思ったな。次章では、フュリオサ大隊長がキーパーソンになるような気がするけど、彼女がこの世界でどんな役割を担っていくのか、ものすごく興味がある。


……以上Death、もとい、です(笑)。

画像

映画を見にいったとき、隣の席に年配の女性がいらしたんですわ。お召し物もキュートにキメていらして、素敵な方でした。早い上映時間帯に映画館に行きますとね、映画好きな年配の方によくお会いします。映画三昧の悠々自適の老後をエンジョイしていらっしゃるんですね。たまに、違う映画館で同じ方と再会することもあります(笑)。Maxりにいらっしゃったこの方も、かなりの映画好きとお見受けいたしました。しかしながら、この映画はMad具合も相当なレベルだと聞いていましたし、年配の方のご観賞には少々キツいのでは…。

画像

メル・ギブソンが大好きで、マッドマックス旧シリーズは全て制覇したとか。
…なんのこたない。歴戦のツワモノでござった(笑)。



画像

……本編突入!……



画像

喘息が治りきっていない状態で無理して見たので、エンドロール頃には虫の息になっていたわたくし。

画像

翻って、ばあちゃんはめっちゃ元気(笑)。新マックス役のトム・ハーディ Tom Hardyを褒めておられたよ。メル・ギブソンの大ファンだった大先輩が、太鼓判を押してくれたのだから大丈夫。喜んでくれ、トムハ。それから、ニュークス役のニコラス君も可愛い♪って仰ってたよ(笑)。

画像

作品の内容の方も、旧シリーズの大ファンだった大先輩が太鼓判を押してくれたのだから、大丈夫。喜んでくだされ、ジョージ・ミラー監督。


画像

てなわけで、次のマックスとフュリオサ大隊長の物語に期待を込めつつ、映画の中のフュリオサ大隊長と、映画ファン達にとってのフュリオサ大隊長(ばあちゃんのことね)の双方に、敬礼っ!!!



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた
面白い
ナイス
“2人の”フュリオサ大隊長に敬礼っ! Salute Imperator Furiosa. House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる