House of M

アクセスカウンタ

更新情報

zoom RSS 2014年に観たベスト映画は何ですか?ーMy best movie of 2014

<<   作成日時 : 2015/01/05 11:25   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

世界中の映画サイトや映画ファンの方々が、おそらく昨年中に既に選出されているだろう、“2014年度に公開された映画の中でこれがベストだと判断した作品はどれ?”という【今年のベスト映画トップ10】リスト。実は私も、自分なりに選んだトップ10映画を発表しようかと考えはしたんですがね。でも、アメリカ本土での公開状況とここ日本のそれには相も変わらず時間差があり、アメリカではとっくの昔に公開されて話題になっている作品も、日本じゃまだ公開の目処すら立っていないという有様ではねえ。選出の範囲が初手から違うのに、“今年のベスト映画”もへったくれもあるかってんだい、こんちくしょうめが(笑)っちゅうことですわ。


まあそんな訳で、世界での公開状況とここでの公開状況が珍しく合致した作品の中で、現時点におけるベスト映画中のベスト映画をシンプルに告白しておきますね。


・豆酢館長の2014年度公開、英語圏映画ベスト1は…… 「6才のボクが、大人になるまで。 Boyhood」(当館内感想記事はこちら)
ーでも「バードマン Birdman」の日本公開がまだなので、暫定1位です。従って、「バードマン Birdman」が無事に公開されれば、この2作品が同点1位になるでしょうね。

・豆酢館長の2014年度公開、外国語映画ベスト1は…… 「イーダ Ida」
ーこれはマスト。不動の1位。

・豆酢館長の旧作だけど2014年に初めて陽の目を見た映画ベスト1は…… 「チョコレート・ドーナツ Any Day Now」

・ついでに発表しちまうと監督ベスト1は…… リチャード・リンクレイター監督 Richard Linklater (「6才のボクが、大人になるまで。 Boyhood」) &アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督 Alejandro Gonzalez Inarritu (「バードマン Birdman」)が同点1位
ーどっちか選べとか言われても無理だべさ(笑)。

・ヤケクソでいっちまえ、男優賞ベスト1は…… マイケル・キートン Michael Keaton(「バードマン Birdman」)とティモシー・スポール Timothy Spall(「ターナー、光に愛を求めて Mr. Turner」)とエディ・レッドメイン Eddie Redmayne(「博士と彼女のセオリー The Theory of Everything」)
が団子状態で同点(爆)。……ベスト1ぢゃないじゃん!ああ、確かにね!ホントはここに「フォックスキャッチャー Foxcatcher」のスティーヴ・カレルも押し込みたかったよ(大笑)!
ーでもあーたね、この中から1人だけ選べますかい?!無理だろうが!私にも無理だよ!!

・こうなったら勢いで言うてやる、女優賞ベスト1は…… ジュリアン・ムーア Julianne Moore
ー彼女は十中八九、主演作「アリスのままで Still Alice」でオスカーにノミネートされ、多分最優秀主演女優賞を獲得すると思います。ウチの師匠の「マップ・トゥ・ザ・スターズ Maps to the Stars」は群像劇でしたので、ジュリアンの純然たる主演作といえるかどうかが、ちと微妙でしたから。師匠映画に出演された歴代のツワモノ女優たちの中でも、彼女は群を抜いて強烈でしたけどね。存在感が既に化け物並み(笑)。今年はぜひともジュリアン・ムーア姐御に女優賞をとって欲しいですわ。


にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

にほんブログ村

2014年に観たベスト映画は何ですか?ーMy best movie of 2014 House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる