House of M

アクセスカウンタ

zoom RSS The Olivier Awards 2014....追記完了。

<<   作成日時 : 2014/04/13 16:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

【速報】最優秀主演男優賞はロリー・キニア、最優秀主演女優賞はレスリー・マンヴィルでした!館長の予想はしあさっての方角に大外れでありましたね(爆)!…これだから英国関連の賞って予想できんのだわー(笑)。その他の部門の受賞者、受賞作品は太字でハイライトしてあります。ご参考までに。追記し倒しておりますよ。


アメリカのメディアはあくまでも、オリヴィエ賞を“トニー賞への英国の返答”だと位置付けたいようですが、私は常々逆じゃねえのと思っています(笑)。演劇の歴史が古いのは英国の方ですしさ。

今年のオリヴィエ賞は、ジュード・ローやジュディ・デンチ、トム・ヒドルストンなど映画界でも名を知られたスター達がノミネーションに名を連ねる華麗なラインナップとなりました。

ジェマ・アータートンとスティーヴン・マンガンが司会を務め、ロイヤル・オペラ・ハウスで授賞式が行われる予定です。おそらく日本時間では真夜中の開催となるでしょうから、私は日が改まってから結果をチェックしようかと思っています。ですがまあ、Twitter、あるいはTumblr、はたまた別のSNSのユーザーが世界中で実況中継をしてくれるでしょうから、どうしてもリアルタイムで結果を知りたい方は徹夜でSNSを睨んでいてください。


オリヴィエ賞フェイスブック公式ページ Olivier Awards Facebook Official Page
オリヴィエ賞公式サイト Olivier Awards Official Site

Official highlights reel - Olivier Awards 2014 ...on the red carpet.
shared from Official London Theatre


画像
...shared from Olivier Awards Facebook Official Page

●2014年度オリヴィエ賞ノミネート・リスト The Olivier Awards 2014

・BEST ACTOR
Henry Goodman for 'The Resistible Rise of Arturo Ui' at the Duchess Theatre
Tom Hiddleston for 'Coriolanus' at the Donmar Warehouse
Rory Kinnear for 'Othello' at the National Theatre, Olivier
Jude Law for 'Henry V' at the Noel Coward Theatre

・BEST ACTRESS
Hayley Atwell for 'The Pride' at the Trafalgar Studios
Anna Chancellor for 'Private Lives' at the Gielgud Theatre
Judi Dench for 'Peter and Alice' at the Noel Coward Theatre
Lesley Manville for 'Ghosts' at the Almeida Theatre & Trafalgar Studios

・BEST ACTOR IN A SUPPORTING ROLE
Ron Cook for 'Henry V' at the Noel Coward Theatre
Mark Gatiss for 'Coriolanus' at the Donmar Warehouse
Jack Lowden for 'Ghosts' at the Almeida Theatre & Trafalgar Studios
Ardal O’Hanlon for 'The Weir' at the Donmar Warehouse & Wyndham’s Theatre

・BEST ACTRESS IN A SUPPORTING ROLE
Sharon D. Clarke for 'The Amen Corner' at the National Theatre, Olivier
Sarah Greene for 'The Cripple Of Inishmaan' at the Noel Coward Theatre
Katherine Kingsley for 'A Midsummer Night’s Dream' at the Noel Coward Theatre
Cecilia Noble for 'The Amen Corner' at the National Theatre, Olivier

・AMERICAN AIRLINES BEST NEW PLAY
'1984' at the Almeida Theatre
'Chimerica' at the Almeida Theatre & Harold Pinter Theatre
'The Night Alive' at the Donmar Warehouse
'Peter And Alice' at the Noel Coward Theatre

・BEST NEW COMEDY
'The Duck House' at the Vaudeville Theatre
'The Full Monty' at the Noel Coward Theatre
'Jeeves & Wooster in Perfect Nonsense' at the Duke of York’s Theatre
'The Same Deep Water As Meat' at the Donmar Warehouse

・BEST DIRECTOR
Richard Eyre for 'Ghosts' at the Almeida Theatre & Trafalgar Studios
Maria Friedman for 'Merrily We Roll Along' at the Harold Pinter Theatre
Susan Stroman for 'The Scottsboro Boys' at the Young Vic
Lyndsey Turner for 'Chimerica' at the Almeida Theatre & Harold Pinter Theatre

・BEST ACTOR IN A MUSICAL
Gavin Creel for 'The Book of Mormon' at the Prince of Wales Theatre
Jared Gertner for 'The Book of Mormon' at the Prince of Wales Theatre
Douglas Hodge for 'Charlie and the Chocolate Factory' at the Theatre Royal Drury Lane
Kyle Scatliffe for 'The Scottsboro Boys' at the Young Vic

・BEST ACTRESS IN A MUSICAL
Rosalie Craig for 'The Light Princess' at the National Theatre, Lyttelton
Zrinka Cvitešić for 'Once' at the Phoenix Theatre
Jenna Russell for 'Merrily We Roll Along' at the Harold Pinter Theatre
Charlotte Wakefield for 'The Sound of Music' at the Regent’s Park Open Air Theatre

・BEST PERFORMANCE IN A SUPPORTING ROLE IN A MUSICAL
Stephen Ashfield for 'The Book of Mormon' at the Prince of Wales Theatre
Colman Domingo for 'The Scottsboro Boys' at the Young Vic
Josefina Gabrielle for 'Merrily We Roll Along' at the Harold Pinter Theatre
Nigel Planer for 'Charlie and the Chocolate Factory' at the Theatre Royal Drury Lane

・MASTERCARD BEST NEW MUSICAL
'The Book of Mormon' at the Prince of Wales Theatre
'Charlie and the Chocolate Factory' at the Theatre Royal Drury Lane
'Once' at the Phoenix Theatre
'The Scottsboro Boys' at the Young Vic

・BEST REVIVAL
'The Amen Corner' at the National Theatre, Olivier
'Ghosts' at the Almeida Theatre & Trafalgar Studios
'Othello' at the National Theatre, Olivier
'Private Lives' at the Gielgud Theatre

・BEST MUSICAL REVIVAL
'Merrily We Roll Along' at the Harold Pinter Theatre
'The Sound of Music' at the Regent’s Park Open Air Theatre
'Tell Me on a Sunday' at the St James Theatre & the Duchess Theatre

・BEST THEATRE CHOREOGRAPHER
Peter Darling for 'Charlie and the Chocolate Factory' at the Theatre Royal Drury Lane
Steven Hoggett for 'Once' at the Phoenix Theatre
Casey Nicholaw for 'The Book of Mormon' at the Prince of Wales Theatre
Susan Stroman for 'The Scottsboro Boys' at the Young Vic

・BEST ENTERTAINMENT AND FAMILY
'Derren Brown: Infamous' at the Palace Theatre
'Eric and Little Ern' at the Vaudeville Theatre
'Barry Humphries’ Farewell Tour: Eat, Pray, Laugh!' at the London Palladium
'The Wind in the Willows' at the Duchess Theatre

・AUTOGRAPH SOUND AWARD FOR OUTSTANDING ACHIEVEMENT IN MUSIC
'The Book of Mormon' -- Trey Parker, Robert Lopez & Matt Stone for book, music & lyrics
'Merrily We Roll Along' -- The orchestra
'Once' -- Martin Lowe for composition & arrangements, Glen Hansard & Marketa Irglova for music & lyrics
'The Scottsboro Boys' -- John Kander & Fred Ebb for music & lyrics

・WHITE LIGHT AWARD FOR BEST LIGHTING DESIGN(タイ受賞)
Paule Constable for 'The Light Princess' at the National Theatre, Lyttelton
Tim Lutkin & Finn Ross for 'Chimerica' at the Almeida Theatre & Harold Pinter Theatre
Peter Mumford for 'Ghosts' at the Almeida Theatre & Trafalgar Studios
Paul Pyant for 'Charlie and the Chocolate Factory' at the Theatre Royal Drury Lane

・BEST SOUND DESIGN(タイ受賞)
Simon Baker for 'The Light Princess' at the National Theatre, Lyttelton
Carolyn Downing for 'Chimerica' at the Almeida Theatre & Harold Pinter Theatre
Clive Goodwin for 'Once' at the Phoenix Theatre
Gareth Owen for 'Merrily We Roll Along' at the Harold Pinter Theatre

・BEST COSTUME DESIGN
Nicky Gillibrand for 'The Wind in the Willows' at the Duchess Theatre
Soutra Gilmour for 'Merrily We Roll Along' at the Harold Pinter Theatre
Rae Smith for 'The Light Princess' at the National Theatre, Lyttelton
Mark Thompson for 'Charlie and the Chocolate Factory' at the Theatre Royal Drury Lane

・XL VIDEO AWARD FOR BEST SET DESIGN
Bob Crowley for 'Once' at the Phoenix Theatre
Es Devlin for 'Chimerica' at the Almeida Theatre & Harold Pinter Theatre
Tim Goodchild for 'Strangers on a Train' at the Gielgud Theatre
Mark Thompson for 'Charlie and the Chocolate Factory' at the Theatre Royal Drury Lane

・OUTSTANDING ACHIEVEMENT IN AN AFFILIATE THEATRE
Cush Jumbo for 'Josephine and I' at the Bush Theatre
'Fleabag' at the Soho Theatre
'Handbagged' at the Tricycle Theatre
'Oh What a Lovely War' at the Theatre Royal Stratford East

・BEST NEW DANCE PRODUCTION
Compagnie 111 Aurelien Bory/Stephanie Fuster for 'What’s Become Of You? (Questcequetudeviens?)' at the Barbican Theatre
Eastman - Sidi Larbi Cherkaoui & Sadlers Wells for 'Puz/zle' at Sadlers Wells
Richard Alston Dance Company/Britten Sinfonia for 'Barbican Britten: Phaedra' at the Barbican Theatre

・OUTSANDING ACHIEVMENT IN DANCE
Arthur Pita for his choreography of 'Ballet Black - A Dream Within A Midsummer Night’s Dream' at the Linbury Studio Theatre, Royal Opera House
Clemmie Sveaas for her performance in 'Witch-Hunt' at the Linbury Studio Theatre, Royal Opera House
The Mark Morris Season at Sadler’s Wells
Michael Hulls for his body of lighting work including 'Ballet Boyz - The Talent' at Sadlers Wells

・BEST NEW OPERA PRODUCTION
'The Firework-Maker’s Daughter' at the Linbury Studio Theatre, Royal Opera House
'Les Vepres Siciliennes' at the Royal Opera House
'Wozzeck' by English National Opera at the London Coliseum

・OUTSTANDING ACHIEVEMENT IN OPERA
Joyce DiDonato and Juan Diego Florez for their performances in 'La Donna Del Lago' at the Royal Opera House
Placido Domingo for his performance in 'Nabucco' at the Royal Opera House
English Touring Opera for its brave and challenging touring productions at the Linbury Studio Theatre, Royal Opera House

・BBC RADIO 2 AUDIENCE AWARD
'Les Miserables' at the Queen’s Theatre
'Matilda the Musical' at the Cambridge Theatre
'The Phantom of the Opera' at Her Majesty’s Theatre
'Wicked' at the Apollo Victoria Theatre


…受賞予想のひとつでも書こうかと思っていたのですが、こりゃ無理だべさ(笑)。全く分かんねぇよ(笑)。

なにしろ、ノミネート対象作品が英国内で上演されたものに限られますし、ナショナルシアターが世界に向けて発信し始めたライブ上演にしても、作品数はうんと限られます。トニー賞も同じ状況なのですが、結局は、現地に住んで足繁く劇場に通っていなければ、演劇界最高の権威を誇る賞も、ありがたみが今ひとつ伝わり辛いのかなあ…と。

そういう“距離感”がもっと小さくなって欲しいですし、もっともっと演劇が身近な芸術になればそれに越したことはありませんやね。そのためには、ナショナルシアター・ライブや、シネマ歌舞伎などの企画をもっと一般に浸透させないと。ただ、主要部門について、個人的にこういう結果になってくれれば良いなあ(笑)という希望的観測だけメモしておきますね。

主演男優賞 Best Actor:Tom Hiddleston for 'Coriolanus'
この部門は、コリオレイナスを熱演したトム・ヒドルストンとヘンリー5世を演じたジュード・ローとの一騎打ちになるのではないかと予想しております。協会が、世界中から注目が集まっている今年のオリヴィエ賞を足掛かりに、英国演劇界のさらなるアピールを狙うのだとしたら、これから演劇界を引っ張っていく存在になるであろうトムに賞を与えるでしょう。あるいは、ノミネートされているジュード・ローへの功労的な意味合いが強まるのだとしたら、ジュードの方が受賞するでしょうね。

主演女優賞 Best Actress:Judi Dench for 'Peter and Alice'
演劇界も、若者層に強くアピールしていかなければ、今後の発展は見込めません。それは何処の国でも事情は同じ。ならば、映画やテレビでも活躍して、若者にも知名度の高い勢いのある若手女優にチャンスを与えるのが、最も手っ取り早い方法です。ただ、今回ノミネートされているデイム・ジュディ・デンチは、国際的に大活躍する現役バリバリのウルトラ・スーパー・ベテラン大女優であり、ある意味、別格中の別格的存在。今年はデイム・デンチが受賞するのではないかなあと予想してみました。

助演男優賞 Best Actor in a Supporting Role:Mark Gatiss for 'Coriolanus'
助演女優賞 Best Actress in a Supporting Role:Sarah Greene for 'The Cripple Of Inishmaan'

演出賞 Best Director:Susan Stroman for 'The Scottsboro Boys'
今年のオリヴィエ賞ノミネートでは、今現在のエンターテイメント業界の流れを象徴するような出来事が起こりました。演出賞 Best Director部門の候補者4名のうち、なんと3人までが女性演出家で占められたことです。紅一点ならぬ“黒一点”となって、却って目立ってしまったのは(笑)リチャード・エア氏ですね。しかし今年は、なんとしても女性演出家に受賞してもらいたいですし、近い将来、演出家、あるいは監督の前に“女流”とか“女性”などという言葉をつけずともよくなることを強く願っています。



今年の受賞一覧をざっと見渡してみると、長い伝統を誇る英国の演劇界も、やはり“新しい風”を必要としていることが痛感されます。
最優秀新作賞を獲得した'Chimerica'の演出家であるリンゼイ・ターナー女史が演出賞も見事獲得し、他の技術系の部門―照明デザイン賞、音響デザイン賞、セット・デザイン賞等―でも受賞を果たすなど、複数部門で評価されました。つまり英国演劇界は、今年新作として生み出された'Chimerica'を、今後の英国演劇界における新たな伝統作品の一つとして育てていこうという思惑なのでしょう。
これと同じことが、ミュージカル部門での'The Book of Mormon'の大健闘っぷりにもいえるでしょうね。新作ミュージカル'The Book of Mormon'は今回、主演男優賞、助演賞、振り付け賞など、ミュージカル作品の主要部門を総ナメにしました。英国発の新しいミュージカル作品として、この作品もいずれ海を渡ってブロードウェイに進出するようになるのでしょうかね。'The Book of Mormon'の今後の進化にも要注目です。
実はわたくしめ、今回のオリヴィエ賞では、女流演出家への大量ノミネートに最も大きな感銘を受けていました。リンゼイ・ターナー女史が見事受賞を果たしたことで、たとえ亀の歩みであろうとも、時代の空気が着実に変わりつつあることを確認できて嬉しかったですね。今後も、女性のクリエイター、女性の演出家、女性の映画監督がどんどん増え、活躍の場が広がっていきますように。

さて、館長がものの見事に予想を見誤った(笑)主演男・女優賞、助演男・女優賞部門ですが。これから日本の映画館で上映される予定の、ナショナルシアター・ライブの中の演目として選ばれてもいる「オセロ Othello」(ニコラス・ハイトナー演出)でのロリー・キニア氏が、見事主演男優賞に輝きました。これで、12月に上映予定の「オセロ」そのものへの関心も高まってくれるとよいのですが。…白状しますと、かつてチュイテル・エジオフォーがオセロを演じたバージョンを観てみたかった…という希望を未だ諦めきれずにいるのですが(苦笑)、ロリー・キニア(イアーゴ)とエイドリアン・レスター(オセロ)バージョンも、俄然楽しみになってきました。…ゲンキンなもんですな(笑)。




にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村
マーベル映画が大好きな人たちがたくさんいらっしゃるのは理解しています。ロキちゃんが大好きだという方も大勢いらっしゃいますよね。でもまあ、この方については、そろそろマーベルは卒業して、彼のインテリジェンスや実力に見合った作品に関わって欲しいなあと思っております。次の段階にステップアップする時期。ロキ役が彼の最終目標ではないはずですもんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
The Olivier Awards 2014....追記完了。 House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる