House of M

アクセスカウンタ

zoom RSS ひつじのショーン、映画スターになるの巻♪Shaun The Sheep the Movie!

<<   作成日時 : 2014/04/04 23:43   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

うちのショーン・ビーンの本名と同じ名前を持つ(笑)、小ひつじのショーン(Shaun)。ニック・パークの創造した「ウォレスとグルミット」シリーズに初登場して人気者になったショーンが一枚看板を背負ったのが、「ひつじのショーン Shaun the Sheep」というスピンオフのテレビ番組でした。世界中で放映された「ひつじのショーン」は、老若男女問わず幅広い層の観客の心を捉え、たちまち人気番組に。


この“ひつじのショーン”の冒険(騒動か?笑)が、普段生活している農場を飛び出し(おそらく)、テレビの世界も飛び出して、いよいよ映画館のスクリーンで観られることになりました。

Shaun the Sheep the Movie - Teaser Trailer

ティーザー・トレーラーが先頃公開されたので、早速観てみましょう。

画像

このたびのショーンは、住み慣れた農場から大都会に舞台を移して活躍(大暴れか?w)するお話なのかも。ショーンたら、格好良くスポーツカーを乗りこなすシティ・シープ(笑)になっちゃうのか?と思いきや…

画像

…なんだよ、セットかよ!というオチ(笑)。

画像

そして、手描きの背景をひっくり返せば、ホレこの通り。我らが愛すべき連中が自由奔放に暮らす農場の風景に。

画像

別の物語の映画を撮影中なのは、農場側には秘密なのです(笑)。バレないように皆で作り笑い。

画像

…おーっと、小道具のサイレンが急に鳴り始めた!誤魔化せ、誤魔化せ(笑)♪

画像

そんなこんなで、映画を撮るのってホント大変♪ボクらの映画は来年春に、まず英国で公開されるんだ。その後、世界中のお友達のところでボクらの初めての映画が観られるはず。映画館で会えるのはもうちょっと先になるけど、みんな、よろしくね!!


アードマン・アニメーションのストップモーション技術は本当に素晴らしいものです。しかし、この間観た「アナと雪の女王 Frozen」の前座に上映された短編アニメでも痛感させられたのですが、今日び、過去から受け継がれてきた伝統は、そのままで維持するのではないのですよね。最新映像技術を巧みに吸収させることによって、伝統の良さは損なうことなく新しい方向に進化させなければならないという。アードマン・アニメも然り。伝統的なクレイ・アニメに巧くCG技術を融合させることによって、作品のストーリーラインにより大きな背景とパワーを与えることが出来るようになっています。きっとこの「ひつじのショーン」も、映画館のスクリーンに相応しいスケールと夢いっぱいの作品になるでしょう。

また、前述した「アナと雪の女王」もアードマン・アニメーション最大のヒットとなった「ウォレスとグルミット Wallace and Gromit」も、アニメ作品といえども、いや寧ろ観客層の広いアニメ作品だからこそか、子供騙しの薄っぺらい内容ではなく、よく考えられた緻密なストーリー、深い哲学を内包した作品ですよね。これは、今の時代のアニメ作品に求められているポイントだと思います。「ウォレスとグルミット」シリーズなどは特に、子供の頃の思い出や世界観を、大人になった今現在の自分自身の視線のまま、再構築しようとする試みです。「ひつじのショーン」映画版も、テレビシリーズとは一味異なる“大人子ども”世界が繰り広げられるのではないかなあ。


・ひつじのショーンの生みの親、ニック・パークNick Park監督の作品紹介

「チキン・ラン Chicken Run」
「ウォレスとグルミット/ベーカリー街の悪夢 A Matter of Loaf and Death」
「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ! Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit」


にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい
ひつじのショーン、映画スターになるの巻♪Shaun The Sheep the Movie! House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる