House of M

アクセスカウンタ

更新情報

zoom RSS クローネンバーグ監督生誕記念日。Happy birthday, Dir Cronenberg!

<<   作成日時 : 2014/03/15 21:55   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

毎年3月15日はカナダはトロントが生んだ鬼才、デヴィッド・クローネンバーグ監督生誕日ということで、カナダではこの日は祝日に指定されています。…もちろん、冗談ですよ


画像

師匠、お誕生日おめでとうございます。…どうかいつまでもお元気で、崖っぷちを全力疾走するがごときの勇気あるキャリアに邁進してくださいませ。

画像

わたくし、一信者として、最後の最後までしかとその生き様を目に焼き付けたいと思っております。


画像

J.Gバラードの名作小説群“テクノロジー3部作”のうちの1作「クラッシュ Crash」を映画化した際の、撮影中の師匠と主演のジェームズ・スペイダー。

画像

向かって右側の英国出身のホラー・幻想作家クライヴ・バーカーが、自身の小説を映画化する作品「ミディアン Nightbreed」で、自らメガホンをとった際の撮影中の一コマ。実は師匠、俳優として他の監督の作品に出演することも度々ありまして、俳優としてのフィルモグラフィーを別に作ってみたら、相当長いリストが出来上がります。

画像

「ミディアン」では物語のキーパーソンとして登場。インテリジェントでエレガントでハイクラスな精神科医という表の顔からは想像もつかないような残忍な連続殺人鬼という、師匠のパブリックイメージそのまんまの役柄です(笑)。本編は、昔懐かしい感じのホラーというよりは、ファンタジー寄りの作品なので、興味を持たれた方はごらんになってみてくださいね。上の画像は、「ミディアン」主演俳優のクレイグ・シェーファーとの2ショット。可愛い(笑)。大好きな画像の一つです。

画像

これは最近作「危険なメソッド A Dangerous Method」撮影中の一コマ。ファスを演出中の師匠です。

画像

画像

過去に、師匠とコンビを組んでくれた俳優はたくさんいますが、それらのコラボレーションの中でも私が最も好きな組み合わせは、ひょっとしたら「戦慄の絆 Dead Ringers」のジェレミー・アイアンズと師匠かもしれません。この二人からは、他の作品とはまた少し違った形のテンションを感じる事が出来ます。

画像

画像

ウィリアム・バロウズの名作「裸のランチ The Naked Lunch」の映画化というリスキーな企画を成功させた師匠。上側の画像は、向かって左側から、師匠、バロウズ、主演のピーター・ウェラーです。下側は撮影中の一コマ。

画像

興行的には失敗したものの、私は大好きな一遍「スパイダー/少年は蜘蛛にキスをする Spider」に主演してくれたレイフ・ファインズを演出する師匠。師匠の視線の見つめる先が、肉体を離れて精神の深遠の中へ向けられるきっかけとなった心理サスペンス映画の秀作です。

画像

画像

師匠最大のヒット作となった「ザ・フライ The Fly」から。主演のジェフ・ゴールドブラムにとっても最もよく知られた作品の一つではないでしょうかね。この作品の後、蠅男のイメージがついて回ってしまったのは気の毒でしたが。

画像

時代をぐっと遡ります。師匠がまだプリンス・オブ・ホラーと呼ばれ、トロントでホラー映画を製作していたトロント土着時代の作品「ザ・ブルード/怒りのメタファー The Brood」撮影中の一コマ。この作品の記事はまだ書いていませんが、要は、自分の嫁を実験台にして、怒りという概念を実体化する実験をしていたら、嫁が彼女自身の怒りの具現化である異形の赤ん坊をぽんぽん産み始め、その異形の子供達が彼女の怒りの対象を襲い始めた…という怖いお話。気の毒な嫁にはサマンサ・エッガー、嫁に酷い仕打ちをする科学者にはオリバー・リードが扮し、彼らの娘役はシンディ・ハインズちゃん。上の画像は、そのシンディちゃんにカメラを覗かせてあげる若き日の師匠です。この作品を撮影中は、前妻と親権を巡って泥沼の離婚訴訟真っ最中だったこともあり、師匠にとっていろんな意味で辛い作品となった「ザ・ブルード」。こんな何気ないひとときが、師匠の気持ちを癒していたのでしょうかねえ。

画像

さて、「コズモポリス Cosmopolis」については、私の大きなミスから感想記事を書けない状態にしてしまいました。従って、今後この作品について何か書くことはないと思いますが、一つだけいいでしょうか。「コズモポリス」における主演のロバート・パティンソン君の演技、演技を超えたカリスマ性、存在感は本当に素晴らしかった。私は彼の底力を完全に見誤っていました。ファンの方々に心からお詫び申し上げます。

画像

ロバート君は師匠の新作「Maps to the Stars」にも出演してくれています。「コズモポリス」では、資本主義経済の申し子にしてウォール街の寵児であった大富豪だった彼、この新作ではちょっと荒んだワイルドなイメージを見せてくれているようですよ。仕上がりが楽しみです。


画像

師匠は、60年代から現在まで40年以上の長きに渡り、本当の意味でオリジナルな映画を作り続けてきました。

画像

その孤高の歩みは、他のどんな映画作家にも真似できないもの。何度でも書きますが、私はそんな師匠の生き様を尊敬して止みません。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

にほんブログ村

クローネンバーグ監督生誕記念日。Happy birthday, Dir Cronenberg! House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる