House of M

アクセスカウンタ

更新情報

zoom RSS 名作「ソフィーの選択 Sophie's Choice」が遂にBlu-rayでリリース!

<<   作成日時 : 2013/08/29 23:26   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

既に開幕しているヴェネチア国際映画祭の話でもなく、夏休みに見た映画のお話でもなく、たった今目にした驚愕のニュースを叫んで本日はおしまいにしたいと思います!


画像

アラン・J・パクラ監督、メリル・ストリープ主演、ケヴィン・クラインとピーター・マクニコルが共演するドラマ作品「ソフィーの選択 Sophie's Choice」(1982年)の日本語国内版が、遂にブルーレイでリリースされることになりました!ストリープ女史がその美貌の絶頂期に取り組み、オスカーを獲得したこのへヴィーかつシリアスなドラマ作品は、DVD化が長い間待たれていたにもかかわらず(私も首を長くして待っていたのですが)、なぜか今まで放置されたままでした。

これは単なる私の推測に過ぎませんが、第2次世界大戦中のホロコーストの記憶が重くのしかかってくるストーリーの、あまりといえばあまりの過酷さのせいではないかと。ひょっとしたら、日本では永久にDVDにもBlu-rayにもならず仕舞いかもしれないと諦めていたぐらいですもの。

画像

作品の内容については、実際にブルーレイを手に入れてから(本日即行で予約注文しました)じっくり触れてみたいと思います。

ソフィーの選択 [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル
2013-11-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソフィーの選択 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

名作には違いありませんが、観る人によってはトラウマにもなりかねない悲惨なストーリーです。一応、警告めいたことを書いておきますね。自分も子供を持つようになった今、この作品を果たしてきちんと正視できるかどうか、正直不安ではあります。ですが、今のような混沌とした陰鬱な時代だからこそ、また、シリアを中心にした戦いの火種が、再び大きな戦争を引き起こしかねない不穏な世界情勢だからこそ、対峙しなければならない作品かもしれません。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

にほんブログ村

名作「ソフィーの選択 Sophie's Choice」が遂にBlu-rayでリリース! House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる