House of M

アクセスカウンタ

更新情報

zoom RSS トニー・ソプラノ死す。―Bye-bye, Tony.

<<   作成日時 : 2013/06/21 17:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

2013年6月19日、シシリーで開催されるタオルミナ映画祭への出席の関係でローマに滞在中だった俳優ジェームズ・ガンドルフィーニ(ギャンドルフィーニ)氏が、心臓発作によって突然この世を去ってしまいました。享年51歳。今や天然記念物並みに貴重となった実生活における“本物の男の中の男”っぷりに、仕事を離れても彼を慕う業界人は多く、そのあまりにも早過ぎる死に、ハリウッドにはここ数日衝撃が走っています。

そして、錯綜する情報をまとめると、さらに悲しい事実が明らかになりました。最初の結婚で生まれたガンドルフィーニの10代の息子マイケル君が、このときお父さんと同道していたというのです。映画祭出席というビジネスも兼ねてはいましたが、このたび8年生を無事卒業したマイケル君のために、父子水入らずの旅行にしようとお父さんが自ら発案したもののようですね…。
妻との離婚によって離れてしまった父子の距離を縮めようと、きっとガンドルフィーニが心を砕いたのでしょう。それが、こんな思いもよらない別れを子供に強いることになろうとは。なんだかもう、私たちのほうが胸が痛くなってくるような話です。マイケル君のお母様マーシーさんは、訃報を聞くやいなや即座にイタリアに飛び、たった一人で父親を看取った息子の心のケアに努めたそうです。

志半ばで逝ってしまったガンドルフィーニの無念はもちろんのこと、遺された遺族の方々の痛手を思うとやりきれません。心からご冥福をお祈り申し上げます。

画像

根っからの役者であり、大学卒業後すぐ舞台に立ったほどの演劇人だったガンドルフィーニの、しかし最も有名な作品はHBOで長年放映されていた「ザ・ソプラノズ〜哀愁のマフィア The Sopranos」でしょうね。昔かたぎのギャング・ファミリーのボス、トニー・ソプラノは、特殊な組織の長として采配を振るう一方で、時代の変遷とともに変わってきた社会との関わり方や、伴侶、家族、友人との間に勃発する複雑な問題に心を痛める、ごく普通の中年男でもありました。マフィアという特殊な世界の中で展開される普遍的なドラマは、広く視聴者の共感を呼び、エミー賞も多数獲得した名作TVシリーズとなりました。

ガンドルフィーニは、自身の代表作となったこのTVシリーズの主演の他にも、数々の映画やテレビ、そしてもちろんブロードウェイの舞台でも渋い存在感の助演、主演を務めました。身長185センチ、体重120キロというどっしりとした体格、イタリア系そのものの容貌のため、出演作品では悪役を振られることが多かったですね。「ゼロ・ダーク・サーティ」にもレオン・パネッタ役で登場していたので、覚えておられる方も多いかも。最近ではプロデュース業にも進出し、活動の場を確実に広げつつあった矢先の突然の訃報でした。

ただただ、残念だとしか言い様がありません。

悪い奴ほどよく眠り、いい奴は早死にする運命か。

…それにしても悲しいね。


画像

ジェームズ・ガンドルフィーニ James Gandolfini
1961年9月18日生まれ
2013年6月19日ローマにて没
アメリカ、ニュージャージー州出身

●フィルモグラフィー
1992年「刑事エデン/追跡者 A Stranger Among Us」
1993年「ビッグ・マネー・ブルース Money for Nothing」
1993年「トゥルー・ロマンス True Romance」
1993年「最高の恋人 Mr. Wonderful」
1994年「愛に気づけば… Angie」
1994年「ターミナル・ベロシティ Terminal Velocity」
1995年「アメリカの贈りもの Le nouveau monde」
1995年「クリムゾン・タイド Crimson Tide」
1996年「ゲット・ショーティ Get Shorty」
1996年「陪審員 The Juror」
1996年「NY検事局 Night Falls on Manhattan」
1997年「シーズ・ソー・ラヴリー She's So Lovely」
1997年「12人の怒れる男 評決の行方 12 Angry Men」(TV映画)
1997年「ペルディータ Perdita Durango」
1998年「悪魔を憐れむ歌 Fallen」
1998年「マイ・フレンド・メモリー The Mighty」
1998年「シビル・アクション A Civil Action」
1999年「8mm」
1999年-2007年「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア The Sopranos」(TVシリーズ)主演で全6シリーズ78話に出演
2001年「ザ・メキシカン The Mexican」
2001年「バーバー The Man Who Wasn't There」
2002年「ラスト・キャッスル The Last Castle」
2004年「恋のクリスマス大作戦 Surviving Christmas」
2006年「オール・ザ・キングスメン All the King's Men」
2007年「ロンリーハート Lonely Hearts」
2009年「サブウェイ123 激突 The Taking of Pelham 1 2 3」
2009年「かいじゅうたちのいるところ Where the Wild Things Are」声の出演
2009年「ロストガール Welcome to the Rileys」
2012年「ジャッキー・コーガン Killing Them Softly」
2012年「ゼロ・ダーク・サーティ Zero Dark Thirty」


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

にほんブログ村

トニー・ソプラノ死す。―Bye-bye, Tony. House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる