House of M

アクセスカウンタ

zoom RSS 第66回カンヌ国際映画祭招待作品発表。The 66th Cannes Film Festival

<<   作成日時 : 2013/04/18 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さて。毎年、フランス指折りの高級リゾート地カンヌで華やかに催されるカンヌ国際映画祭。今年は第66回目の開催となり、期間は5月15日から26日まで。何日にも渡ってあらゆるジャンルの映画を観まくるという、シネフィルにとってはまさに天国の映画祭であります。今年のカンヌに正式に出品された作品タイトルが発表されましたので、メモしておきますね。

画像

カンヌ国際映画祭 Festival de Cannes 2013 公式サイトはこちら

●第66回カンヌ国際映画祭招待作品リスト

オープニング上映作品: The Great Gatsby (バズ・ラーマン監督 Baz Luhrmann)―コンペ外部門作品
クロージング上映作品: Zulu (ジェローム・サレ監督 Jérôme Salle)―コンペ外部門作品

・コンペティション部門 Competition 審査委員長:スティーヴン・スピルバーグ監督

Only God Forgives (ニコラス・ワインディング・レフン監督 Nicolas Winding-Refn)
La Grande Bellezza (パオロ・ソレンティーノ監督 Paolo Sorrentino)
Behind The Candelabra (スティーヴン・ソダーバーグ監督 Steven Soderbergh)
The Immigrant (ジェームズ・グレイ監督 James Gray)
Venus In Fur (ロマン・ポランスキー監督 Roman Poalnski)
Straw Shield (三池崇監督 Takashi Miike)
Nebraska (アレキサンダー・ペイン監督 Alexander Payne)
Jeune Et Jolie (フランソワ・オゾン監督 Francois Ozon)
The Past (アスガル・ファルハーディー監督 Asghar Farhadi)
Inside Llewyn Davis (ジョエル&イーサン・コーエン監督 Joel & Ethan Coen)
Jimmy P. (アルノー・デプレシャン監督 Arnaud Desplechin)
Heli (Amat Escalante監督)
Grisgris (Mahamat-Saleh Haroun監督)
Like Father Like Son (是枝裕和監督 Hirokazu Kore-Eda)
La Vie D’Adèle (Abdellatif Kechiche監督)
Borgman (Alex Vann Warmerdam監督)
A Touch Of Sin (賈樟柯監督 Zhangke Jia)
Michael Kohlhaas (Arnaud Des Pallières監督)
Un Château En Italie (ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ監督 Valeria Bruni-Tedeschi)


・コンペ外部門 Out of Competition
Blood Ties (ギヨーム・カネ監督 Guillaume Canet)
All Is Lost (J・C・チャンダー監督 J.C. Chandor)


・ある視点部門 Un Certain Regard 審査委員長:トマス・ヴィンターベア監督

The Bling Ring (ソフィア・コッポラ監督 Sofia Coppola)―オープニング上映作品
Omar (ハニ・アブ・アサド監督 Hany Abu-Assad)
Death March (Adolfo Alix Jr.監督)
Fruitvale (Ryan Coogler監督)
The Bastards (クレール・ドニ監督 Claire Denis)
Norte, Hangganan Ng Kasaysayan, dir: Lav Diaz
As I Lay Dying (ジェームズ・フランコ監督 James Franco)
Miele (ヴァレリア・ゴリノ監督 Valeria Golino)
L’Inconnu Du Lac (Alain Guiraudie監督)
Bends (Flora Lau監督)
L’Image Manquante (リティー・パニュ監督 Rithy Panh)
La Jaula De Oro (Diego Quemada-Diez監督)
Anonymous (Mohammad Rasoulof監督)
Sarah Préfère La Course (Chloé Robichaud監督)
Grand Central (Rebecca Zlotowski監督)


・シネフォンダシオン部門 Cinefondation 審査委員長:ジェーン・カンピオン監督

The Norm of Life (Evgeny Byalo監督)
The Magnificent Lion Boy (Ana Caro監督)
O Šunce (Ham Story) (Eliška Chytková監督)
Duet (Navid Danesh監督)
Babaga (Gan De Lange監督)
Needle (Anahita Ghazvinizadeh監督)
En Attendant Le Dégel (Waiting for the Thaw) (Sarah Hirtt監督)
Contrafábula De Una Niña Disecada (Fable of a Blood-Drained Girl) (Alejandro Iglesias Mendizábal監督)
Stepsister (Joey Izzo監督)
Au delà De L'hiver (After the Winter), (Jow Zhi Wei監督)
În Acvariu (In the Fishbowl) (Tudor Cristian Jurgiu監督)
Seon (The Line) (Kim Soo-Jin監督)
Asunción (Camila Luna Toledo監督)
Going South (Jefferson Moneo監督)
Danse Macabre (Malgorzata Rzanek監督)
Mañana Todas Las Cosas (Tomorrow All the Things) (Sebastián Schjaer監督)
Exil (Exile) (Vladilen Vierny監督)
Pandy (Pandas) (Matúš Vizár監督)


・深夜上映 Midnight Screenings
Blind Detective (ジョニー・トー監督 Johnnie To)
Monsoon Shootout (Amit Kumar監督)


・ジェリー・ルイス・トリビュート上映 Homage To Jerry Lewis
Max Rose (Daniel Noah監督)


・特別招待作品 Special Screenings

Seduced And Abandoned (ジェームズ・トバック監督 James Toback)
Weekend Of A Champion (ロマン・ポランスキー監督 Roman Polanski)
Muhammad Ali’s Greatest Fight (スティーヴン・フリアーズ監督 Stephen Frears)
Stop The Pounding Heart (Roberto Minervini監督)
Bite The Dust (Taisia Igumentseva監督 (シネフォンダシオン Cinéfondation)


・インド映画トリビュート・ガラ上映 Gala Screening in honor of India (インド映画生誕百周年を記念する上映会)
Bombay Talkies (Anurag Kashyap, Dibakar Banerjee, Zoya Akhtar, Karan Johar監督)

*なお、太字で示した作品は、監督の処女作にあたるため、“カメラ・ドール賞”審査の対象になります。


今年の招待作品の傾向をざーっと斜め見しますと、女流監督作品の割合が例年より多めであること、ジェームズ・フランコ、ヴァレリア・ゴリノ、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、ギヨーム・カネなど、俳優、女優として名の知れた映画人の監督作品も複数招待されていること、そして、知名度の高い監督の作品と、これから名の通った監督になるであろうと予想されるフレッシュな顔ぶれの監督作品が半々といった割合で選出されていること、そして例年以上に、作品選出国のグローバル化が進んでいることなどでしょうか。

さてさて。パルム・ドールやカメラ・ドール等、主要な賞を獲得するのは一体どの作品になるのか、ちょうど一ヵ月後から始まるカンヌ国際映画祭が楽しみですねえ。

なお、今年のセレモニーの司会を担当するのは、「アメリ」「ダ・ヴィンチ・コード」等で有名なフランス女優、オドレイ・トトゥだそうです。コケティッシュな魅力のオドレイの司会ぶりも楽しみ。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
第66回カンヌ国際映画祭招待作品発表。The 66th Cannes Film Festival House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる