House of M

アクセスカウンタ

zoom RSS ショーン・ビーンについてニ、三のこと。…追記しました。

<<   作成日時 : 2013/03/25 16:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

最近また、英国出身の若手ハンサム俳優たちが大きな注目を集めているようです。英国演劇界のみならずハリウッド大作でもその個性を充分に発揮して人気者となり、その勢いを受けて“元”英国美形俳優軍団(ブリット・パックとか呼ばれておったよなあ…遠い目)、現在は燻し銀の美中年俳優愚連隊にも、再び熱い視線が注がれていたりね。

この手のムーブメントって、何年か一度の割合で必ず大きな波になってグワーッとやってきます。上の画像で、王子様の条件“白シャツ”をデレッと着こなしているうちのショーン・ビーンも、かつてはそんな“英国美形俳優”ムーブメントの片隅にひっそりと佇んでおりました。

その後の“英国美形俳優”達のキャリアの変遷を見ると、ショーンは結局、ダニエル・デイ=ルイスのような不動明王的名優にはならなかったし、ケネス・ブラナーのような英国演劇界の大御所的立ち位置にも、もちろんありません。現在のイメージ的にショーンと近しいものがあるのは、意外なところでレイフ・ファインズさん辺りかなあと思ったりもしますが、こんなことを書くと絶対ファインズ好きの方々に撃ち殺されるので(笑)、ここだけの話ってことでお納めください。

つまり、ショーンは決して世界的に著名なセレブ俳優ではないのですが、それでも地道に俳優の仕事を続けていますし、テレビ・シリーズ「The Accused」での名演のように、時に長年のファンを感涙にむせばせてもくれます。相変わらず私生活はアレな人で(爆)、家庭を望む女性の敵で(自爆)、安定した結婚生活に縁がない人ではありますが(青筋)、年を重ねてもマイペースに自分の一番好きな仕事=演技に邁進しています。賞をとろう!とかそういうモチベーションとはまた別の次元で、ショーンはショーンなりのルールで演技の道を模索していると思います。

私なぞは、時々そんなショーンが羨ましいと感じるし、彼もまた、心地よい達成感をキャリアの節目毎に噛み締めているといいなあと願っています。でも案外、彼にとって今こそが“豊かな実りの時”なのかなあと思ったりもしますよ。


英国テレビ局BBC1で放映されている人気ドラマ・シリーズ“The Accused (被告人)”。数々のテレビ・シリーズやテレビ映画を手がけてきたクリエイター、ジム・マッゴーワンとそのライター・チームが制作している、1話完結型法廷ドラマ(1時間)です。本国では既に第2シーズンまで放映済みであり、DVDも発売されている(Amazonではシーズン2のDVDが品切れ状態か?)ようですね。何らかの犯罪に関わり、告訴されて被告席に座ることになった人々と、彼らの周囲にいる人たち、また、法廷で被告人と直接関わることになる弁護士や裁判官といった人たちの織り成す、エモーショナルな群像劇であるそうです。
我らがショーン・ビーンが、昨年秋に放映された第2シーズン最初のエピソード“Tracie's Story”にゲスト出演(今番組は、毎回核となるキャラクターに有名俳優をキャスティングしている)、タイトルロールを演じました。普段は大学の英語教師として働いているごく平凡な中年男性ですが、夜になると艶やかに女装した“トレイシー”となってバーをさすらう…という役どころです。このニュースは、昨年の当館の記事のここここでも簡単にご紹介しました。

“The Accused”― Tracie's Story (Series 2 Episode 1 of 4) (BBC1)

画像

Director: Ashley Pearce
Producer: Sita Williams
Writer: Jimmy McGovern & Shaun Duggan

Cast: Sean Bean (Simon Gaskell & Tracie Tremarco)
Stephen Graham (Tony Baines)
Stephen Walters (Alan Baines)
Michael Maloney (Judge)
Rachel Leskovac (Karen)
Marvin Brown (Cab Driver)
David MacCreedy (Barman)
Chris Michael-Hall (Clerk of Court)
Andrew Readman (Prosecuting Barrister)
Rosina Carbone (Defence Barrister)
Christopher Corcoran (Older Man)
David Smith (Andrew)
Gemma Paige North (Foreman)

画像

これまでにショーンが演じたことのない、全く未知の領域の役柄だっただけに、彼のモチベーションも非常に高い状態で演技に臨むことができたのではないでしょうか。実娘のサポートを受け、役作りのため女装した姿でクラブに出向いた等の努力の甲斐があり、本当に久しぶりに、ショーンの真骨頂である繊細な演技がいかんなく発揮された仕事となりました。ショーンの演技は番組を観た人の心を動かし、The Royal Television Societyからも高く評価されました。


英国内で制作、放映されるあらゆるジャンルのテレビ番組と、それに関連したメディア(ラジオ番組やアート企画)のための最も大きなフォーラムであるThe Royal Television Society(以下RTSと略、総裁はDavid Liddiment)。RTSは、一年間で最も優れたテレビ番組を制作した制作チームを称えるため、The Programme Awardsという賞を設け、毎年最優秀者、最優秀作品を選出しています。この賞が網羅する番組は、子供向けの番組からコメディ・パフォーマンス番組、歴史・科学番組からソープドラマまで多岐に渡るジャンルであり、優れた企画、番組を称えると共に、それらの制作に関わった俳優、司会者(テレビ、ラジオ)、脚本家、監督等の人材の才能をも評価するものだそうです。

2012年度のThe RTS Programme Awardsの授賞式は、3月19日にGrosvenor Houseで開催されました。

The RTS Programme Awards 2012 Winners List

・最優秀女優賞 Actor (Female)
オリヴィア・コールマン 「The Accused」シーズン2 (BBC1)
“Riveting and totally convincing…. The truth in her portrayal of a woman whose son has been murdered gave the audience a horrifying glimpse of what it would be like to lose a child in such violent circumstances.”
他ノミネート:アンヌ・マリー=ダフ「The Accused」シーズン2
シェリダン・スミス「Mrs Biggs 」(ITV)

・最優秀男優賞 Actor (Male)
ショーン・ビーン 「The Accused』シーズン2 (BBC1)
“The winner’s performance was fresh and intelligent with real heart, and was both accessible and totally convincing.―受賞者の演技は新鮮かつ知的であり、真にエモーショナルで説得力のこもったものだった(審査員談話)”
他ノミネート:レニー・ジェイムズ「Line of Duty」 (BBC2)
オリヴィエ・ランスレイ「Best Possible Taste: The Kenny Everett Story」 (BBC1)

・アート Arts
Lucian Freud 「Painted Life Blakeway」(BBC2)
“A beautifully made, landmark documentary. Solid and skillful with amazing access. Emotionally engaging, revealing and…utterly brilliant!”

・子供向けドラマ Children's Drama
「Wolfblood」 (CBBC)
“An exceptional piece of drama which moved the genre on… utterly compelling performances and was beautifully shot.”

・子供向け番組 Children's Programme
「Room on the Broom」 (BBC1)
“Deceptively simple but with complex resonances, the jury described the winning programme as exceptionally rich, moving and powerful - a work of genius.”

・コメディ・パフォーマンス Comedy Performance
Jessica Hynes 「Twenty Twelve」(シーズン2) (BBC2)
“Her subtle performance was laugh out loud funny and made the show talk-about TV.”

・Daytime Programme
「Remembrance Week」 (BBC1)
“…modern and relevant, … fabulously and sensitively produced, incredibly well researched and full of surprises.”

・ドキュメンタリー・シリーズ Documentary Series
「Protecting Our Children」 (BBC2)
“The jury were impressed by this outstanding and illuminating insight into a controversial and harrowing process. Elegantly and thoughtfully chronicled, the series displayed an intelligent lightness of touch that was refreshingly devoid of prurience.”

・連続ドラマ Drama Serial
「Good Cop」 (BBC One)
“Fantastically well written, directed and performed, the Jury felt that this programme moved the genre on from the normal ‘cop show’.”

・ドラマ・シリーズ Drama Series
「シャーロック」 (BBC1)
“Brilliant, intelligent and different - a masterclass in every aspect of film-making that has truly elevated the genre.”

・エンターテイメント Entertainment
「Celebrity Juice」 (ITV2)
“The divine alchemy of the right talent in the right format, with a mission only to create the biggest belly laughs possible, make this an unmissable channel-defining treat.”

・エンターテイメント・パフォーマンス Entertainment Performance
「Anthony McPartlin and Declan Donnelly - I'm A Celebrity… Get Me Out Of Here!」 (ITV)
“The jury said: “They are just brilliant, they get better and better.” Quite simply, you couldn’t have I’m A Celebrity without them.”

・歴史番組 History
「The Secret History of Our Streets」 (BBC2)
“Vibrant and fizzing living history with a strong sense of place and a lightness of touch. An innovative and intriguing concept, beautifully filmed and directed.”

・外国テレビ番組 International
「Girls」(HBO) for Sky Atlantic HD
“Once in a while a show comes along that feels genuinely unique and new. This dazzlingly funny, beautifully observed comedy is already iconic.”

・ライブ・イベント Live Event
「The London Olympics 2012」 (BBC)
“Television both shaped and captured the national mood as the most extraordinary live drama played out across two amazing weeks with the BBC rising magnificently to the occasion.”

・民族と地域番組 Nations and Regions Programme
「The Bank Of Dave (Episode 1)」 (Channel4)
“…the engaging and charismatic central character in the winning programme helped realise a difficult concept and supplied a fantastic feel good factor, as well as capturing the spirit of Burnley.”

・事実に基づく番組 Popular Factual and Features
「Long Lost Family (Series 2)」 (ITV)
“…a brilliantly made programme, demonstrating best-in-class story telling skills with a wonderfully warm and moving quality.”

・司会者 Presenter
Clare Balding 「The Olympics」 (BBC)
“With tour-de-force live presenting skills, [Clare] was joyful, effortless and commanding with a perfect understanding of what viewers at home wanted to know.”

・科学、自然史番組 Science and Natural History
「Operation Iceberg」 (BBC2)
“…primetime science as it should be. Exciting, refreshing and multi-layered, it really made you want to be there.”

・台本に基づくコメディ番組 Scripted Comedy
「Alan Partridge: Welcome to the Places of my Life」 (Sky Atlantic HD)
“Brilliantly funny and clever… the winning programme works on so many different levels and has moved on in form and content.”

・単発ドキュメンタリー番組 Single Documentary
「7/7: One Day in London」 (BBC2)
“… exerted a powerful grip on the viewer. It was a beautifully researched, structured and photographed film featuring some truly innovative use of time, space and chronology.”

・単発ドラマ番組 Single Drama
「The Hollow Crown: Richard II」 (BBC2)
“A classic Shakespeare history play is brought to life ― and made as gripping as any psychological thriller.”

・ソープドラマ番組 Soap and Continuing Drama
「Coronation Street」 (ITV)
“Well-paced, dignified and with artful touches, this show knows its place in a vast market. With strong performances and a quality of writing, the stories enjoy constant injections of humour and retain a warmth which is enjoyed by all.”

・脚本家(コメディ部門) Writer - Comedy
Writing Team of 「The Thick of It (Series 4)」 (BBC2)
“In its characterisation, in its storytelling and in its conception it was flawless. Not only was it very funny, it also managed to be both moving and profound.”

・脚本家(ドラマ部門) Writer - Drama
スティーヴン・モファット 「シャーロック」 (BBC1)
“… the winner’s writing was inventive, witty and fizzed along. With gloriously unpredictable and assured storytelling.”

・審査員賞 Judges’Award
Channel 4’s coverage of 「ロンドン・パラリンピック2012 The London Paralympics 2012」
ダニー・ボイル

・生涯功労賞 Lifetime Achievement Award
Dave Gordon

画像

「どうよっ(鼻息)!!!」
およそ賞とは縁のない俳優人生と思われていたショーン・ビーン、ここへきてまさかのアウォード・ウィナーになってしまいました(笑)。

The RTS Programme Awards 2012で、「The Accused」の演技により最優秀男優賞を見事獲得。偶然にも、女優賞の方も同じ「The Accused」にゲスト出演されていたオリヴィア・コールマンさんでしたね。結局「The Accused」は、男女で演技部門をワンツー受賞してしまったことになりますよ。凄いですね。

画像

やれ、オスカーだのBAFTAだのカンヌだのベネチアだの…。映画賞は世界各地に星の数ほどございます。その中の、ほんの一点に過ぎないこのThe RTS Programme Awardsが、一体どれぐらいの重みをもった賞なのかは分かりません。

画像

(上の画像は、ショーンと実娘のローナちゃん。ローナちゃん…お母さんに似てきたか?すっかり大人の女性になっていたのですね)
でも、トロフィーを抱えたショーンの誇らしげな笑顔を見るにつけ、私にとっては、もちろんショーン本人にとっても、この賞は計り知れないほどの価値があったと思います。

画像

ショーン、お祝いの言葉がちょいと遅れたけれど改めて、受賞おめでとう!


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた
ショーン・ビーンについてニ、三のこと。…追記しました。 House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる