House of M

アクセスカウンタ

zoom RSS 「コックファイター Cockfighter」

<<   作成日時 : 2013/02/24 11:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

“映画のツキ”に見放された感のある、不遇の映画作家モンテ・ヘルマン Monte Hellman監督の「コックファイター Cockfighter」(1974年)。遠い昔に闇に葬られてしまった作品を、こうして日本のスクリーンで観られることに感謝しつつ、また、“モンテ・ヘルマンの再評価”といった流れが起こることを祈りつつ、勇んで映画館で観てまいりました。大好きなウォーレン・オーツ Warren Oatesの最盛期におけるカリスマ性、そして最良の演技を、じっくり堪能できる作品でもありますね。

画像

上の画像はパンフレットですが、「コックファイター Cockfighter」本編の撮影日誌(原作と脚本を手がけたチャールズ・ウィルフォードによる、小説さながらの味わい深いバックステージ・エッセー)、ヘルマン監督とのインタビュー、そしてもちろんキャスト・スタッフのプロフィール(撮影監督は、なんと名カメラマン故ネストール・アルメンドロス Nestor Almendros!)まで、貴重な資料が満載の読み応えある内容です。映画後にゆっくり勉強させていただきますね。

…製作は、B級映画の帝王だとかのあだ名を持つロジャー・コーマン。ロジャー・コーマンを尊敬する気にはあんまりなれないというのがホンネですが(笑)、彼は映画史の発展に確実に貢献する偉業をいくつか行いました。その一つが、このモンテ・ヘルマンの隠れた佳作「コックファイター」を製作してくれたこと。まあ、ヘルマン監督側には、文句を言いたいことは山のようにあるでしょうが(笑)、とにもかくにもこの映画をヘルマン監督に撮らせてくれたことに関しては、ロジャー・コーマンに感謝の意を表したいと思いますよ。


ではまた後で!



コックファイター [DVD]
キングレコード

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コックファイター [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
「コックファイター Cockfighter」 House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる