House of M

アクセスカウンタ

更新情報

zoom RSS 第70回ゴールデン・グローブ賞受賞結果。

<<   作成日時 : 2013/01/14 21:46   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

第70回ゴールデン・グローブ賞(The 70th Annual Golden Globe Awards)授賞式。祭りが済んで日が暮れて、後に残るは大変愉快な結果でありました。


第70回ゴールデン・グローブ賞 (The 70th Annual Golden Globe Awards) 受賞結果一覧


・映画ドラマ部門作品賞 「アルゴ Argo」 (2012)

・映画ドラマ部門主演男優賞 ダニエル・デイ=ルイス Daniel Day-Lewis, Lincoln (2012)

・映画ドラマ部門主演女優賞 ジェシカ・チャステイン Jessica Chastain, Zero Dark Thirty (2012)

・映画ミュージカル/コメディ部門作品賞 「レ・ミゼラブル Les Misérables」 (2012)

・映画ミュージカル/コメディ部門主演男優賞 ヒュー・ジャックマン Hugh Jackman, Les Misérables (2012)

・テレビ・シリーズ ミュージカル/コメディ部門作品賞「Girls」 (2012)

・映画部門監督賞 ベン・アフレック Ben Affleck, Argo (2012)

・テレビ・シリーズ ミュージカル/コメディ部門主演女優賞 レナ・ダナム Lena Dunham, Girls (2012)

・アニメーション映画 「メリダとおそろしの森 Brave」 (2012)

・テレビ・シリーズ ドラマ部門主演女優賞 クレア・デーンズ Claire Danes, Homeland (2011)

・外国語映画賞 「愛 アモール Amour」 (2012)

・テレビ・シリーズ ミュージカル/コメディ部門主演男優賞 ドン・チードル Don Cheadle, House of Lies (2012)

・映画部門脚本賞 「ジャンゴ 繋がれざる者 Django Unchained」 (2012),クウェンティン・タランティーノ Quentin Tarantino

・映画部門助演女優賞 アン・ハサウェイ Anne Hathaway, Les Misérables (2012)

・テレビ・ミニシリーズ/テレビ映画部門助演男優賞 エド・ハリス Ed Harris, Game Change (2012) (TV)

・映画ミュージカル/コメディ部門主演女優賞 ジェニファー・ローレンス Jennifer Lawrence, Silver Linings Playbook (2012)

・テレビ・ミニシリーズ/テレビ映画部門主演男優賞 ケヴィン・コスナー Kevin Costner, Hatfields & McCoys (2012)

・映画主題歌賞 “スカイフォール Skyfall” (2012), アデル、ポール・エプワース Adele and Paul Epworth

・映画作曲賞 「ライフ・オブ・パイ Life of Pi」 (2012), Mychael Danna

・テレビ・シリーズ ドラマ部門作品賞 「Homeland」 (2011)

・テレビ・シリーズ ドラマ部門主演男優賞 ダミアン・ルイス Damian Lewis, Homeland (2011)

・テレビ・ミニシリーズ/テレビ映画部門主演女優賞 ジュリアン・ムーア Julianne Moore, 「Game Change」 (2012) (TV)

・テレビ・ミニシリーズ/テレビ映画部門作品賞 「Game Change」 (2012) (TV)

・テレビ・ミニシリーズ/テレビ映画部門助演女優賞 マギー・スミス Maggie Smith, Downton Abbey (2010)

・映画部門助演男優賞 クリストフ・ヴァルツ Christoph Waltz, Django Unchained (2012)


……受賞者発表順に並べたので、ちょっと見辛いかもしれませんがご容赦を。

この結果を一言でまとめるなら、結構ファンキーな受賞ラインナップですね、といったところでしょうか(笑)。

既にあちこちの映画サイトで取り上げられていますが、オスカーでは監督賞候補から漏れてしまった「アルゴ」のベン・アフレック監督が、ゴールデン・グローブ賞(以下GG賞)ではその監督賞のほかにも作品賞も獲得しちゃったという、皮肉な結果になっています。おまけに脚本賞は、まさかのタラ坊の「ジャンゴ 繋がれざる者」が掻っ攫っていきましたしね。この点を踏まえても、今回のGG賞には従来にはなかった“何か”があったような気がしますよ(笑)。なんというか、“どーせオスカーの選考に影響しないんだったら、オレらの好きな作品を好きなように選ぼうぜー!”とでも表現すべきの、ある種の開き直りか(笑)。いやもう、GG賞だってオスカーだって、元はといえば楽しい映画のお祭りなのですから、選考基準なんてそんな感じでいいんじゃないかと思いますよ、わたしゃ。

GG賞のこの受賞結果を見たとき、真っ先に頭に浮かんだのが、“今回のGG賞って、あからさまにオスカー・ノミネートの保守性を皮肉ってる?”という感想です(笑)。映画評論家的な立場の方々が何と仰るかは知りませんが、私には、今まで散々“オスカーの貧しいいとこ”と揶揄されてきたGG賞が軽くキレ、そのオスカーの保守的な側面を挑発するような選考をわざと行ったように感じられてなりませんね(笑)。

観ているこちらとしては面白いことこの上ないし、他の映画賞もどんどん思い切った選考をすればいいんじゃないかと思いました。

画像

映画部門監督賞を獲得したベン・アフレック。

画像

作品賞を受賞した「アルゴ」プロデューサー・チーム。私は個人的に、“ジョージ兄貴の三位一体チーム”と呼び習わしております(笑)。画像向かって左側からベン・アフレック、グラント・ヘスロヴ、ジョージ・クルーニー。

画像

実は今回のGG賞では、もう一つ大変印象に残ったできごとがありました。授賞式の中継をご覧になっていた方はご存知でしょう、ジョディ・フォスター女史への功労賞授与です。この功労賞受賞スピーチの際、彼女は自らレズビアンであることをカミングアウトしました。スピーチの出だしは“私、50歳よー!!”という元気なものでしたし(しかも現在はシングルだそうです)、女史の溌剌とした爽やかな表情に感銘を受けました。最近、著名人が次々とカムアウトしていますが、社会にほんの少しでも理解と受容が広がっていくことを祈っています。


にほんブログ村 映画ブログ 映画備忘録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
ナイス ナイス

にほんブログ村

第70回ゴールデン・グローブ賞受賞結果。 House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる