House of M

アクセスカウンタ

更新情報

zoom RSS 超人ハルク、荒ぶる。

<<   作成日時 : 2012/10/09 23:42   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

夏休みも終わろうかというある日、我らザ・豆ーズは、家族連れでごった返す映画館に突撃いたしました。目的は、映画化されたマーベル・コミックのヒーロー達が一堂に会するという、ヤケクソ気味の一大イベント映画「アベンジャーズ The Avengers」を観るため。子豆たちも観るので、吹き替え版3Dで鑑賞と相成りました。

子豆たちはハリウッドの楽しいお祭り映画にすっかり満足し、こと1号にいたっては、アメコミ映画全般に興味津々となった様子。ザ・豆ーズの映画担当であるわたくしとしても、大変満足のいく結果になりました(笑)。

画像

新学期が始まった小学校のクラス内で、“夏休みの思い出”を発表したそうですが、1号は迷わず、映画「アベンジャーズ」の面白さについてクラスメイトの前で熱弁を奮ったそうですよ(笑)。今年の夏休みは、帰省したり水族館へ行ったりと、それなりにイベントを用意して頑張った親豆でありましたが、最後の最後に「アベンジャーズ」にもっていかれるとは(笑)、思わぬところに伏兵が潜んでいたものです(笑)。

画像

数日前に1号が本屋で買った本も…

アベンジャーズ (竹書房映画文庫)
竹書房
ジョス・ウェドン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アベンジャーズ (竹書房映画文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ズバリ、「アベンジャーズ」のノベライズでした(笑)。

画像

それでは早速、ザ・豆ーズの男性陣に伺ってみましょう。アベンジャーズの中で、あなたの一番のお気に入りのヒーローは誰ですか?

画像

「「「ハルク!!!」」」

画像

“うおおおおおおおおお!!!”

ほほーう、我が家ではハルクが一番人気。まあ、ハルクはわかりやすいキャラだもんねー。変身前と後のギャップが凄まじくて、あのキャラクター設定だけで充分ドラマチックなものを感じさせます。その意味ではアイアンマンも同じ。あの鋼鉄の鎧の中に、ごく普通のおっさん(天才発明家で大金持ちだけど)が入っているからこそ、アイアンマンのドラマ性がアップするわけでしてね。

画像

そして何を隠そう、このわたくしめも、「超人ハルク」のタイトルで放映されていたテレビ・シリーズを含め、過去に映画化されたハルク関連の作品は、ちゃんと観ているのでありますよ。CG処理された巨大ハルクもいいですが、己自身の生身の肉体で“ハルク”を演じた、初代ハルクことルー・フェリグノがやはり一番好きですね。そのフェリグノ、映画に活躍の場を移したハルクがスクリーン狭しと大暴れする時代になっても、彼をリスペクトするファンと映画人によって、何かと表舞台に引っ張り出される存在です。今回の「アベンジャーズ」でも、超人化したハルクの声を担当したそうですよ。

それでは、世界中に500万人はいるという(嘘ですよw)ハルク・ファンのために、「アベンジャーズ」からハルクが暴れるシーンのみをマッシュアップした動画を共有させていただきます。

The Avengers - Just The Hulk Smashing & Growling
shared from thecussingchannel

こうして、荒ぶるハルクのアクションを見ていると、男の子(大きいのも小さいのも)がハルク好きになる理由がよくわかる気がしますね。

画像

なんていうか、戦略とかそういうものを一切無視して本能にのみ従って大暴れする姿が、他のヒーロー達と一線を画しているのです。「マイティ・ソー」の北欧神ソーも、どちらかというと本能暴走タイプだと思いますが(笑)、ハルクは本当に純粋に“暴れん坊”。ヒーローが人類を救うために格好良く戦うのではなく、単に子供が癇癪を起こして暴れまわっているだけといった感じですね。その辺りが、おそらく世の男性陣の内なる“少年の心”をくすぐるのではないかとお察しします。

画像

しかし、今回の「アベンジャーズ」で荒ぶるハルクを最も輝かせた瞬間は、なんといっても、ソーの弟、邪神ロキをビッタンビッタンに叩きつけるシーンでありましょう。なんぼ神様の国を追放されたとはいえ、人知を超えたパワーを持つロキをのしイカにするハルクが無敵過ぎ、かつ、あまりに天衣無縫に過ぎ、子豆たちも思わず笑っちまったほどです。

画像

ハルク化する前のブルース・バナー博士は、マーク・ラファロが演じました。このキャスティングも成功の一因です。前の映画版でバナー博士に扮したエリック・バナもエドワード・ノートンも素晴らしい役者さんで、それぞれに個性的なバナー/ハルク像を確立していました。しかし個人的には、望まぬ運命に憔悴しきったバナー博士の苦悩は、ラファロのくたびれた雰囲気に最も似合っていたと思います。我が家の男性陣も、ぜひラファロ主演で、ハルク単体映画を製作して欲しいと声をそろえていましたよ(笑)。

画像

「アベンジャーズ」でバナー博士を演じることについては、キャスティングの打診があった当初、演技派俳優ラファロを相当に悩ませたそうです。何しろハルクは、世界中に熱狂的なファンを持つ有名なヒーロー。彼らの“おらがヒーロー”に寄せる愛情も執着も半端ないわけで、下手をすれば、彼らから“イメージにそぐわない”とボイコットされる結果にもなりかねません。ジョス・ウェドン監督とアイアンマン役のロバート・ダウニーJrに背中を押される形で「アベンジャーズ」入りしたラファロでしたが、ファンサイトの反応をこっそりネットでチェックしちゃったそうです(笑)。
善人も悪人も自在に演じ分ける役者ラファロの演技力は、二面性を持つ屈折したヒーロー、ハルクを非常にリアルな存在に見せることに成功しました。ま、結果オーライっちゅうやつですな。お次は、ラファロ版「ハルク」映画を作ってくれんかなあ。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村






アベンジャーズ:ハルク・ウェーブ! (MARVEL)
ヴィレッジブックス
カート・ビュシーク

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アベンジャーズ:ハルク・ウェーブ! (MARVEL) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

にほんブログ村

超人ハルク、荒ぶる。 House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる