Don’t steal my posts. All posts on this blog are written by me.

House of M

アクセスカウンタ

zoom RSS 時間を経ても変わらないもの。

<<   作成日時 : 2012/04/23 23:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

やっぱり、私、この人たちが大好きです…(涙)。

“Don't Believe A Word”(Thin Lizzy) played by Nuclear Valdez (MTV unplugged 1989)


もう23年も前になるとは、俄かには信じ難いです。
…まあ尤も、私が大学生だった頃に惚れ込んで聴き込んだバンドでしたからね。
20年以上経つよなあ…(遠い目)。
しかし、彼らの音楽は、今聴き返してみても全く瑞々しさを失っていません。
とにもかくにも、哀調溢れるメロディの美しさと、ボーカルをとるフロイラン・ソサの艶やかな声に尽きるわけですよ。
本当に不思議なバンドでした。
メンバー全員がラテンにルーツを持つものの、決してルーツミュージックだけに傾倒しているわけでもない。
ロック、ポップス、ジャズ、R&B、へヴィメタル等々。
彼らの音楽は、実に多くのジャンルのそれを吸収し、彼らだけの旋律として昇華されたものだとわかります。
もし、今でも彼らが健在であったら、さしずめ、“オルタナティヴ・ロック”にカテゴライズされるでしょうかねえ。

I Am I
Sony
1989-10-10
Nuclear Valdez

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by I Am I の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


Nuclear Valdezとはまた違ったタイプの独特の湿り気を、その音楽性の中に抱えていたアイルランドのロック・バンド、シン・リジィ。彼らの楽曲をNuclear Valdezがカバーするとは、アンプラグドならではの粋な演出ですね。フロイランのボーカルの上手さは格別。

Nuclear Valdezに関するブログ内記事はこちらから


ブログランキング・にほんブログ村へ


音楽(全般) ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
時間を経ても変わらないもの。 House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる