Don’t steal my posts. All posts on this blog are written by me.

House of M

アクセスカウンタ

zoom RSS 子豆ズ、科学館に行く。―“OCEAN!”

<<   作成日時 : 2012/04/02 14:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 0

春休みに入って天候の良い日が続き、一年のうちでも最も気持ちよく過ごせる時期になりました。小さいお子さんをお持ちのご家庭は、週末ごとに行楽に出られる機会も多いと思われます。

画像

数日前、我が家も名○屋市科学館で開催中の“OCEAN!”を見学に行ってまいりましたよ。空は快晴、暑くも寒くもなく本当に良い日和でした。

画像

要は今回の催しは、古代から現代に至るまでの、海に生きた(る)生物の軌跡を、残された化石や骨格標本などで辿っていこうというテーマですね。

画像

我が家にとっては、今回の科学館の特別展示はまさにタイムリーでした。というもの、子豆達、特に2号の方が、海洋生物全般に大変な興味を持っており、一時期失っていた古代の海の生物への関心もを再び甦らせているからです。

画像

それにしても、海は人類などが生まれる遥か昔から、なんと多様な生き物を育んできたのでしょうね。

画像

今回の展示で最も感心したのは、古代の海洋生物の化石標本の状態が非常に良かったことです。

画像

彼らがどのような構造の身体を持っていたのか、そして、それはどうしてそのような形に進化したのか。時代ごとにまとめて展示された生き物の標本を見比べることで、進化の道筋がきちんと追えるようになっていました。

画像

今から約5億4200万年前から5億3000万年前の間、古生代カンブリア紀に突如起こった生命の大爆発(カンブリア爆発、カンブリア大爆発 Cambrian Explosion)によって、地球の海には一気に多彩な生物が生まれることになりました。

画像

どんな生き物も永遠に世代を重ねることは出来ず、必ずどこかの時代で死に絶えてしまう運命ではありますが、世代交代を繰り返すたびに、その時代の環境に適応した進化をみせるのが興味深いですね。

画像

例えば、三葉虫という小さな生き物ひとつを例にとっても、時代が進んで海の中の生態系が複雑化し、生き残るためにより強力になっていく他の天敵から身を守るため、短期間で形状をおどろおどろしく進化させました。

画像

今の私達の遠い遠いご先祖様にあたる生物が生まれるまでに、何種類もの生き物が栄枯盛衰を繰り返していたんですねえ。今私達が立っているのは、いくつもの生物が個々に紡いでいた歴史を幾重にも束ねた、大きな大きな生命の墓の上だとも考えられます。

画像

甲冑魚の中で最も凶暴かつ醜悪な生き物、ダンクレオステウス。

画像

ただ、サメの類は、進化を重ねても形態にそれほど大きな変化はありませんでした。そのことから、サメは最も完成された生命体なのではないかと考える学者も多いです。これはサメ族の首領のような生物メガロドンの口の骨格。

画像

…と、メガロドンの口の中の牙を激写するちっこいカメラマン(笑)。

画像

父豆からカメラをプレゼントしてもらった子豆1号はもちろんのこと、今回のザ・豆ーズの遠征(笑)では、私のカメラを譲り受けた2号もちっこいカメラマンとして活躍してくれました。

画像

それにしても、今回の展示は綺麗な化石標本が多くて勉強になりました。前回の恐竜展より興味深かったかも。

画像

なんといっても、生命に満ち溢れた海には、多様で多彩な生き物が多数生息しておりますものね。人間による環境破壊が進む昨今でさえも、いまだ発見されていない新種の生命体が潜んでいるのですから。カンブリア紀の海はさぞかし、摩訶不思議な形態の生き物たちで賑やかに彩られていたことでしょう。

画像

バシロサウルスの勇姿に見送られ、会場を後にした私達ザ・豆ーズは、次なるミッションに向かいました。


画像

おみやげ物コーナーでお宝をゲットせよ(笑)!これは、アノマロカリス・ストラップです。


画像


画像

古生代の海洋生物アノマロカリスのぬいぐるみ。本物(上の画像)と比較しても遜色ない仕上がり(笑)。


画像


画像

しかも、顔の裏側にはちゃんと口もつけてありましたよ(笑)。この丸い口で、獲物にしていた三葉虫をバリバリ食べていたわけです。アノマロカリスの見た目グロテスクな形状も、ぬいぐるみにしてしまえば可愛いゆるキャラです。みやげものコーナーでも、アノマロカリスのぬいぐるみは人気があったようで、品薄状態でしたね。この写真の子は、素知らぬ顔で横から手を出してきやがった(爆)他所のオバハンをわたくしめが叩き落として手に入れた、文字通りのお宝です(笑)。


画像

2号が大好きな直角貝のぬいぐるみも売られていたので、こちらもゲット。


アノマロカリス、直角貝と、古代の海洋生物の人気役者が揃えば、やってみたくなるのがこれ。


画像

アノマロカリス対チョッカクガイ、生き残るのはどっちだ?!古生代の海で繰り広げられる、それぞれの生存を賭けた闘い…。『アノマロカリスvs.チョッカクガイ暁の死闘』は、今夏公開予定の一大海洋ロマンSF巨編。乞うご期待!

ワンダフル・ライフ―バージェス頁岩と生物進化の物語 (ハヤカワ文庫NF)
早川書房
スティーヴン・ジェイ グールド

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ワンダフル・ライフ―バージェス頁岩と生物進化の物語 (ハヤカワ文庫NF) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


カンブリア紀の怪物たち (講談社現代新書)
講談社
モリス.サイモン・コンウェイ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by カンブリア紀の怪物たち (講談社現代新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログランキング・にほんブログ村へ


日記・雑談 ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 30
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
子豆ズ、科学館に行く。―“OCEAN!” House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる