House of M

アクセスカウンタ

更新情報

zoom RSS 迷子になってた(違)ショーン・ビーンさんが無事保護されたそうです(笑)。

<<   作成日時 : 2012/04/19 09:59   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

ネタバレが嫌だという方は見ないでくださいね(笑)。

これから貼っつける画像も、大いなるネタバレに属するものなので、ここで一旦、煙幕を張らせていただきますね。

今一度、「炎の英雄シャープ」シリーズの新作が制作されることを祈願している方、あるいは、シャープ隊長のシャツがはだけた胸に飛び込んでみたい!と願う方は(笑)、下のバナー↓をクリック・プリーズ。あなたの願いが叶うかもしれません(…叶わないかもしれません)。

にほんブログ村 映画ブログへ


さて。

アメリカのキー局の一つ、ABCで放映中のアシュレー・ジャッド主演のサスペンス・アクション・シリーズ「Missing」には、なんと意外な配役で我らがショーン・ビーンも出演しております。
ただ、パイロット版等を観た限り、ショーン演じるポール・ウィンストンは回想シーンにのみ登場するのかといった、思わせぶりな演出になっておりました。が、どうやらそうでは無さげですよ。とりあえず、ちゃんと生きてる状態のポールさんが、霊体とか幻などではなく(笑)、妻ベッカ(アシュレー・ジャッド)と再会を果たしそうです。

画像

良かった、良かった(涙)。“ショーン・ビーンは出演作で死ぬ俳優だ”とか、“ショーン・ビーン?ああ、あのサブリミナル俳優だろ?”とか、意地悪を言われなくて済みそう…。尤も、今後このシリーズがどのような展開を迎えるかは謎です。「Missing」シリーズのクリエイターGregory Poirierは、実は生きていたポールがどういう理由で再びベッカの前に姿を現したか、その真意は不明だし、ポール自身の去就も不明、彼がベッカと協力して息子マイケルを捜索するようになるのかどうかも不明だとインタビューに答えています。“この話はそんなに単純なものじゃない”と豪語するからには、余程「Missing」のストーリーラインに自信をお持ちなのでしょう。その豪語がビッグ・マウスにならぬよう、Gregory Poirier氏の脚本の出来栄えに期待しましょうかね。

画像

アメリカ時間で4月19日に放送される「Missing」第1シーズン第6話目“Measure of a Man”の内容を待ちましょう。

…関係ないのですが、アシュレー・ジャッドさんの顔の劣化が、彼女の実年齢の割には早すぎるような気がしてきました(苦笑)。お若い頃は、顔がふっくらした童顔系の美女だったと記憶していますが…。上の画像のアシュレーなど、まるで宍戸錠…。欧米の女性は、大人びるのが早い代わりに、老けるのも早いのでしょう。



エンターテインメント ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い

にほんブログ村

迷子になってた(違)ショーン・ビーンさんが無事保護されたそうです(笑)。 House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる