House of M

アクセスカウンタ

zoom RSS 花…4日目。お豆の花と『Cleanskin』

<<   作成日時 : 2012/03/08 10:51   >>

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

作夏、近所にあるマンションの外壁の柵に、えらいこと生命力の強いツル植物が絡まっていました。

画像

長い間放置されていたのをよいことに、このツル植物、どんどんどんどんどんどんどんどん茎を伸ばす伸ばす(笑)。終いには、マンションの外壁をぐるっと一周せんばかりの勢いで、ツルが伸びていきました。やがて、いけずうずうしいツル植物らしい、ド派手な黄色の大振りの花を咲かせましたねえ。冬になっても頑張って実を結ぼうとしていたのですが、さすがに住人から苦情でも出たか、ある日、根こそぎ引き抜かれ、柵に巻きついていたツルも全て取り除かれてしまいました。

個人的に、ツル植物っていうと、必ず“寄生”という言葉が頭をよぎるので、あんまり好きじゃありません。でも、他所の木に寄生してでも、地面に這い蹲ってでも生きようとする、その貪欲な生への執着には学ぶものもあるのではないかと思うようになりました。周囲に迷惑かけてようが、嫌われていようがどうしようがお構いなし。“これがアタシの生き様よっ!”と鼻息荒くその生命力を誇示するかのようなパワーには、一方、様々な種類の実を生み出すことにより、他の動物達の豊かな食に貢献している側面もあるのです。豆だってそうだしね(笑)。そう、ツル科植物って、殺しても死にそうにない肝っ玉母ちゃん的存在なのかなと思いますよ。

さて。

うちで取り上げるかどうか相当迷ったんですが、まあ一応当館は、ショーン・ビーン非公式ファンクラブNPO法人として登録されているので(嘘ですよ)、お知らせだけしておこうかな。

3月9日に英国で劇場で公開されるところの、ショーン・ビーン久々の新作主演映画『Cleanskin』のプレミアがロンドンで行われたそうです。こちらに、プレミアの際の関係者へのインタビュー動画がありますのでご覧ください。

画像

このアクション・スリラー映画『Cleanskin』(Hadi Hajaig監督)は、中東系の若者がロンドンのど真ん中でテロ活動しようとするのを阻止すべく、ショーン扮するエージェントが闘いを挑むという内容だそうです。

画像

この子が、『Cleanskin』でエージェント・ショーン(笑)と対決する敵役。妙にひょろ〜っとした、日本人的な顔立ちの子ですが、案外こうした地味な雰囲気の人が唐突にとんでもない犯罪を犯したりするものですからね。見た目いかつそうなショーンと対峙すると、面白い絵かもしれません。

緊迫する世界情勢を背景にした、あながち夢物語とも言い切れないリアルなスリラー映画になってくれていると嬉しい。

Cleanskin Trailer 2012 HD


『Cleanskin』公式Facebookページはこちらから

劇中、かなり激しいアクション・シーンやヴァイオレントなシーンもあるそうで、レイティングの方が気になるところではありますが、それ以前に、日本でもぜひ劇場公開して欲しいという希望を最後に述べさせていただきますです(笑)。ショーンのルックスは、私好みのくたびれたワイルド系の風情で、アクションものにありがちなイメージではあるとはいえ、なかなか良い感じですよ。

なにしろ、最近見かけるショーンのイメージが、

画像

極端から…

画像

極端に…

…全力疾走してんのかヲイ!とツッコミたくなるぐらい不安定だったので(大笑)、安心して見ていられるルックスのショーンは貴重なのです。上の2枚目の画像なんかさ、“お前はどこのネイサン・レインだ”って思わず叫んじまったわよ。いえ、ネイサン・レインお姐さまは大好きだけどもさ(笑)。

もうこの際ね、ショーンがどんな格好をしていようと、どんな素っ頓狂な役を演じようと、もういいんです。

ほれ、私、出家したわけだし、もう少々のことでは動揺しないことに決めましたのよ。

画像

たとえ、プレミアのときのショーンのシャツが、なんだか色あせているようだけど、どっかで見たことあるような気がして仕方がないシャツだったとしても…

画像

参考画像1:映画「アイランド」(ちなみに2005年の映画)のプレミア時のショーン。向かって右側。

画像

参考画像2:ショーンのシャツの柄を、目ン玉ひん剥いてよっく見て。

画像

(2005年のときのシャツと)まさか同一シャツ?!という不吉な予感が胸を過ぎったとしてもね…

画像

もう、そんな瑣末なことは気にしないでおこうと思い直したの。だって、物持ちが良いことは、決して悪いことじゃなくってよ? (Thanks for sharing this, Sean Bean Online!)

むしろショーンには、ツル科植物のように、しぶとく映画界をサバイバルして欲しいと願うのみ。途中で枝や茎を切られても、またそこから新しい根っこと芽を出すぐらい、ずうずうしくなって欲しいと思うのよ。いつかどこかで、でっかい“お豆の花”を咲かせてくれたら、私はそれで満足だわ。


にほんブログ村 映画ブログへ


映画 ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
花…4日目。お豆の花と『Cleanskin』 House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる