House of M

アクセスカウンタ

更新情報

zoom RSS 『Mirror Mirror』のキャラクター・ポスターとアーミー・ハマー。

<<   作成日時 : 2012/02/04 15:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ショーン・ビーンが確かに王様役で出演しているはずなのに、トレーラーの中にはその姿が見えないわほんの一瞬登場しただけで、スチールもただの一枚も出てこないわで、目下のところわたくしめの疑心暗鬼を膨張させている映画『Mirror Mirror』。

例の白雪姫リブート映画ですね。「インモータルズ 神々の戦い」で1800円返して欲しかった監督ターセム・シンの新作にあたります。箱庭捩れ空間ファンタジーを撮るべきである映画監督に、最もふさわしい題材を与えた製作会社の英断に拍手したい(笑)作品ではありますが。

この作品、3月30日に本国アメリカで劇場公開だそうですが、内容についての考察はこの記事で書いている以上のことはできないと思われるので(笑)、新しく発表されたポスターデザインについて少々触れておきます。

The Hollywood Reporterによると、王子様に扮するアーミー・ハマー(「ソーシャル・ネットワーク」「J・エドガー」)と白雪姫の邪悪な継母の家臣を演じるネイサン・レイン(「バードケージ」「プロデューサーズ」)のキャラクター・ポスターが出てきたそうです。ポスターのデザインは、リンクから各自該当ページに飛んで確認してください。

主要登場人物がピンで立つキャラクター・ポスターは、大きなバジェットの作品では宣伝目的で制作されたりします。予算が許す限りね。白雪姫のリリー・コリンズ、継母のジュリア・ロバーツ、王子様のアーミー・ハマーまでは、まあ作られて当然でしょう。

問題はその後。

役柄的には、継母の手先となって悪事を働く小悪人を演じるネイサン・レインですら、堂々とピンでポスターを作ってもらっているのに、白雪姫のお父様である国王に扮するショーン・ビーンは、まるで最初からいなかったかのように軽い扱いを受けているわけですよ。どなたか、ショーンの公式スチールか何か、ご覧になった方はいらっしゃいますか?

Sean Bean Onlineさんが唯一見つけてくれたショーン王のお姿がこれ。トレーラーの中に一瞬だけお姿が映ったそうです。…ショーンを探せ!ですね(苦笑)。

画像

背後霊か?

背景と化しているショーン王様ですが、黄色の素敵なガウンを召しておられることは辛うじて確認できますね。

…それだけですが。あ、あと髭生やしてることぐらいか。王冠は被ってるわよねー。

久しぶりにサブリミナル役者の本領を見た気がしますよ(怒)。

一枚でいいので、ショーン王様のキャラクター・ポスターも作ってはいただけませんでしょうかねえ。確かに映画に出演しているという証に(笑)。


これだけでは記事が続かないので、仕方なくアーミー王子様の画像でも貼っておきましょうか。

画像

アーミー・ハマーは「ソーシャル・ネットワーク」のウィンクルボス兄弟(一卵性双生児、一人二役)役でブレイクし、当館でもついこの間ご紹介した作品「J・エドガー」でクライド・トルソン役を演じて、目下のところ大きな注目を集めている若手俳優です。

画像

両作品で演じた役柄はともに、すらりと背が高く肩幅もがっしりしたスポーツマンタイプ、そしてスノッブ極まる上流社会の男ですね。絵に描いたような貴族風味の青年役が印象に残るのは、やはりアーミー自身が折り目正しい美男であるからでしょう。それこそ、30年代から40年代のハリウッド映画に出てきそうな雰囲気。今の若手俳優の中ではちょっと変わった、古風なイメージをかもし出せる俳優だと思います。そのクラシックな佇まいが、逆に演じられる役柄を狭めなければいいのですが。

「J・エドガー」では、フーバーの右腕として半世紀に渡り彼を支え続けてきたトルソン副長官に扮し、実態が分からないフーバー以上に謎の多い人物を好演しておりました。フーバーを演じたレオナルド・ディカプリオの演技は、まあ予想の範囲内だったのですが、トルソンについては、常にフーバーの影に隠れるように付き従っていた関係で、誰もその人となりを知りません。そんな人物をリアルに演じるのは、実は大変難しいことであるのですね。残されている写真等で確認する限り、実際のトルソンは小柄でひょろっと痩せた体躯の男だったようですが、映画では押し出しの立派なアーミーが、その大きな体を時に縮めるようにして、控えめだったトルソンを表現していました。そのいじらしさは、フーバーに心酔し、彼の行い全てに共感できなくても、一生を賭けて一途に愛情を捧げ尽くしたのだろうトルソンの、秘めた信念を観客に伝えてくれます。

今後も、このような、地味ながら難しい役柄に挑戦する彼を見たいものですね。

画像

アーミー・ハマー Armie Hammer (Armand Douglas Hammer)

1986年8月28日生まれ
カリフォルニア州ロサンジェルス出身

●フィルモグラフィー

2014年『2:22』(announced)
2013年『The Lone Ranger』(pre-production)
2013年『By Virtue Fall』(pre-production)
2012年『Mirror Mirror』(completed)
2012年「ザ・シンプソンズ」(TVシリーズ) “The D'oh-cial Network”(2012年)声の出演
2011年「J・エドガー」
2010年「ソーシャル・ネットワーク」
2010年『The Etiquette Ninjas』(video)
2009年『2081』 (短編)


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

にほんブログ村

『Mirror Mirror』のキャラクター・ポスターとアーミー・ハマー。 House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる