House of M

アクセスカウンタ

zoom RSS お目覚めのお供にミヒャエル・ファスベンダーを(笑)。

<<   作成日時 : 2012/01/19 09:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

ミヒャエル(マイケル)・ファスベンダー(以下、彼の愛称ファスで呼び名を統一)のファンサイトは、世界中にいくつか存在するのですが中でも最も大きいものが、Michael Fassbender Online(以下MFO)です。このサイトでは、ファスがこれまでに出演したコマーシャル、テレビドラマ、映画、インタビューに関するあらゆる情報やレッド・カーペット動画、無数の画像等々が収められており、目下急増中のファス・ファンたちの巡礼地になっています(笑)。

MFOはYou Tubeにもチャンネルをもっていまして、今ではそうそう見かけることの出来ない貴重な動画も観賞可能です。興味のある方は、ぜひ一度MFO Videosの方にもお運びくださいませ。2011年から今年にかけては、ファスにとって大きな飛躍の時でありました。世界中で催された映画祭、プレミアに精力的に登場した彼の姿を、ここで追うことが出来ますよ。

今朝、Facebookの方で知ったコネタをひとつ。ファスのプロの俳優としての最初の仕事は、SASのコマーシャルだそうです。MFO Videos所蔵のそのコマーシャル動画をまずはご覧下さい。

SAS Commercial

shared from Michael Fassbender Online Videos

フル・フロンタルを披露してまで大熱演した映画「Shame -シェイム-」で、今年度の映画賞レースで旋風を巻き起こしているファス。うむ、ルーツもやっぱりフル・フロンタルであったことがわかりますね(違)。…しかし、さすがにプロ・デビューの頃だけあって、一瞬誰だかわからんぐらい若い(笑)。キュート(笑)。

そして、30代に入り、ちょうど脂ののった時期である現在のお姿がこれ。

画像


画像
 ―from Michael Fassbender Online
デビューの頃は、隣で眠るガールフレンドの姿を確認して幸せそうだった純朴少年も、今や何をもってしても満たされない、立派なセックス依存症青年になりましたとさ(違)。

日本では3月に上陸予定の映画「Shame -シェイム-」では、セックス依存症のヤッピー(死語)の苦悩を表現したファス。発表されたばかりの今年度のBAFTA(英国アカデミー賞)のノミネート・リストにも、しっかり名前を連ねていました。これですっかり演技派俳優として、名前が定着しましたかね。ブレイクする前は、映画でもドラマでもお色気要員だったり、ヒロインのお相手係だったりと、添え物的な扱いが多かったものですが、ここ数本の出演作はどれも興味をそそられる内容です。このまま今後も、触れ幅の大きい、リスクは高いけれども、興味深いキャリアを築いていって欲しいものですね。

なかなか辛い朝のお目覚めのお供に、ファスの動画をお届けしました。

にほんブログ村 映画ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
かわいい
お目覚めのお供にミヒャエル・ファスベンダーを(笑)。 House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる