Don’t steal my posts. All posts on this blog are written by me.

House of M

アクセスカウンタ

zoom RSS 広川太一郎さん死去の記事を今頃?…でもいいんでないかい。

<<   作成日時 : 2010/09/09 09:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、某所からやってきたメールをみて、無性にモンティ・パイソンの作品が観たくなってきました。そしてパイソンズの吹き替えと言えば、真っ先に思い出すのが広川太一郎氏。でも、氏は2年前に既に亡くなっていたりしちゃったりなんかして…。

以前、当館でも「空飛ぶモンティ・パイソン」日本語吹き替え復活版DVD-BOXに触れた記事をお届けしましたが、モンティ・パイソンのメンバーの中でも、とりわけ器用な芸風で人気のあったエリック・アイドルの声を担当されていた、声優広川太一郎さんが2008年3月3日、ガンのために都内の病院で亡くなりました。享年68歳。そのパイソンたちの作品「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」のDVD版(2008年5月21日発売)のナレーションを、同年2月に新たに収録したのが最後の仕事となったそうです。

広川さんの特徴は、なんといっても“台本にないしゃべくり”。エリックの吹き替えでも、“この〜!ちょんちょん!”など、見事によどみなくアドリブをかましてくれていました。吹き替えする役柄のイメージを大いにふくらませつつ、彼独自のアイデアを盛り込んだ台詞回しは唯一無二のものでした。
彼が吹き替えを担当したキャラクターは多岐に渡ります。「007」シリーズのボンド役ロジャー・ムーアでは、軽妙な語り口でオシャレなボンド像に大いに貢献しました。そのいかにもな二枚目っぷりからは180度異なる芸風の「Mr.BOO!」シリーズのマイケル・ホイでは、ご本尊であるマイケル・ホイの台詞回しが気に入らず、吹き替えではもっとスピーディーでハイテンションンなしゃべくりを駆使して、キャラクターのひょうきん度をアップ。画面に登場する役者よりも、彼の声の印象の方が強烈に残っている場合が多いですね。
少し低めのトーンで真面目にしゃべってれば、とっても張りのある素敵なお声ですのに、一度しゃれっ気を出しちゃうともうダメ(笑)。怒涛のアドリブ攻撃で、もはや元の台本がどんなであったのかわからなくなるほど(笑)。氏はトニー・カーティスやロバート・レッドフォードの吹き替えも多くこなされていて、元々は二枚目スター担当だったのではないかと思われますが、コメディ的演技における彼の吹き替えの冴えはもはや天才の域。
そうそう、前述のロジャー・ムーアとマイケル・ホイが奇跡の共演を果たした(笑)映画「キャノンボール」のテレビ放映吹き替えでは、その両人の吹き替えを1人2役でやってしまい、演技の引き出しの多さを改めて知らしめてくれましたね。

司会業やテレビ番組のナレーション、ラジオのパーソナリティーなどでも幅広く活躍され、広川さん発のオモシロ言葉を数多く世に放ちました。あの懐かしい“〜しちゃったりなんかしてえ!”を覚えておられる方も多かろうと思います。これも随分流行りましたよ。今で言うところの“流行語大賞”に匹敵する人気振りでしたねえ。

声だけで、己のしゃべくりだけで、長く多くの人々の記憶に残る存在となった広川さんは、まごうことなき“名調子”の人でした。その喪失の大きさを今更のように噛み締めておりますよ。

空飛ぶモンティ・パイソン40thアニバーサリーBOX《フィギュア付・完全限定生産》 [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2009-12-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 空飛ぶモンティ・パイソン40thアニバーサリーBOX《フィギュア付・完全限定生産》 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


「空飛ぶモンティ・パイソン」“日本語吹替復活”DVD BOX
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2008-02-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「空飛ぶモンティ・パイソン」“日本語吹替復活”DVD BOX の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



獣拳戦隊ゲキレンジャー VOL.1 [DVD]
東映ビデオ
2007-08-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 獣拳戦隊ゲキレンジャー VOL.1 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

実はですね、この「ゲキレンジャー」シリーズに登場するキャラ、“臨獣ピッグ拳タブー”(当然のことながら、全被りモノのキャラね)の声を担当していたのが、何を隠そう(隠しませんが)広川氏だったのですよ。有名な“広川節”を全て網羅する勢いの(笑)、セルフ・パロディ・オンパレード。たぶん、元の脚本に書かれていた台詞を9割がた修飾していると思われます(笑)。氏の吹き替えを聞いてるだけでも楽しいですわ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
広川太一郎さん死去の記事を今頃?…でもいいんでないかい。 House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる