Don’t copy my posts. All of them are written by me.

House of M

アクセスカウンタ

zoom RSS FBI失踪者を追え!シーズン1―第19話「堕ちた罠」

<<   作成日時 : 2010/02/22 00:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

若き高校教師エイブラムズ先生は、その華奢な外見に似合わず、理想家肌で志の高い人間であった。問題を抱えた生徒にも心を砕き、彼らを未来に前進させる。迷えるティーンエイジャーを教え導く、近頃では珍しいほどの熱血教師だ。だがある日授業を終えた彼は、何かに怯えるようにそのまま姿を消してしまった。

ダニーとマーティンは、今回の失踪者ジョッシュ・エイブラムズの住むアパートと格闘していた。5階の彼の部屋までたどり着くのに、移動手段が階段しかないからだ。
エイブラムズは26歳、ブロンクスの高校で教鞭を取る化学教師だ。2日前学校を出て以来行方が分からなくなっていた。先ほどダニーとマーティンを悩ませた、階段しかないこの高層アパートのオーナーは、なんとエイブラムズ自身。彼は大学を出てすぐ仲間と共に立ち上げたIT関連の会社で、巨万の富を築いていたのだった。ダニーが棚からヘロインの入った包みを見つける。明らかに売人の包み方だ。

失踪後39時間経過。若く理想に燃えた教師の隠された一面が、麻薬の売人であったのか。まるで3流探偵小説の筋書きだ。麻薬販売ルートや病院、モルグ、ニューヨーク市警からの当日の事件報告からは、失踪に関連した情報はない。唯一捜索に繋がりそうなものは、エイブラムズが失踪した晩に立て続けに4回も彼の家に電話をかけていた、カーメン・ダニエルズという若い女性だ。
ダニーとマーティンチームは、エイブラムズの勤めていた高校のウェスマー教頭に話を聞いた。それによると、彼は生徒達からも随分頼りにされていたようだ。公立高校にはやっかいな問題を抱えた生徒が多いが、新米教師が陥りがちな絶望にもめげず指導者として精一杯頑張っていたという。彼は、優秀な生徒達を集めて放課後化学室で自由に実験させていた。そのゼミからは、科学コンクールで準決勝まで進む生徒が生まれるなど、大きな実績を上げていたのだ。高校にはお定まりのドラッグの問題も蔓延しているのだが。
ジャックとサマンサはエイブラムズの両親と会うために、再び彼のアパートを訪れる。彼の父親は教師で、母親はソーシャルワーカー。一家全員が教育関係の職についているのだ。両親の証言によると、ここ2ヶ月ほど息子の様子は明らかにおかしかったという。電話にも出ない息子を心配した彼らは、数日前きちんと話し合うべく、合鍵を使って息子の部屋に入り待ち構えていた。息子は失踪の3日前夜10時頃、シャツをびりびりに破いたひどい状態で帰宅した。彼はトラブルを抱えた生徒とやりあってしまったとしか言わない。なにか大きな問題に首を突っ込んでしまったらしいのだが、自分の面倒は自分で見られると言い張るばかりだった…。結局、彼の両親も具体的な情報は持ちあわせていなかった。それにしても1人息子とはいえ、息子の家の合鍵まで持っているとは相当に過保護な親であろう。

失踪後47時間経過。ダニーとマーティンはエイブラムズの生徒達に話を聞いた。女生徒ライリーによると、1週間前エイブラムズは、学校でドラッグを売っている生徒の1人メイスと口論していたという。彼が持っていたブツをエイブラムズが取り上げたらしいのだ。エイブラムズは、ブツの卸元のサプライヤーという売人と直接話をつけるとメイスに言い含めたそうだ。ダニーとマーティンはメイスを締め上げる。ブツを取り上げられて困った彼は、“ブルー・パンダ”にエイブラムズのことを話してしまったと白状した。

失踪後43時間経過。ブルー・パンダことジャクソンは、重窃盗罪、武器による暴行、麻薬所持で4件、麻薬売買では3件の裁判が係争中の身だ。おまけにエイブラムズの部屋からは彼のヘロイン250グラムが見つかっているし、エイブラムズが失踪した夜に学校の外で本人と会っているのを4人の人間が目撃してもいる。動かぬ証拠を突きつけられ観念したジャクソンは、その晩あったことを証言した。エイブラムズはジャクソンの脅しにも屈せず、二度とメイスに近づかないことを条件に、ヘロインを明日の晩同じ時間に返すと約束したそうだ。ところがエイブラムズは約束の場所に来なかった。
ジャクソンは失踪には無関係だ。失踪の前日、エイブラムズの口座からは10万ドルもの大金が現金で引き下ろされていることがわかった。
カーメンがFBIオフィスにやってきた。彼女の証言によると、失踪の前日エイブラムズに何度も電話をかけたのに折り返し連絡がなかったので、焦れて直接彼のアパートに行ったのだそうだ。でも彼はどうしても部屋の中には入れてくれなかった。中に誰か他の女がいたのか…。ひょっとすると10万ドルは、彼が自発的に蒸発する資金にするためだったのではないか。

失踪後44時間経過。結局エイブラムズは、完璧な息子像を期待する親からのプレッシャーに耐え切れず、10万ドルを持ってどこかへ逃げたという線が強まる。まだ彼の口座には1000万ドルも残されていることから、ほとぼりが冷めたら帰ってくるつもりなのかもしれない。ここで、港湾パトロールから連絡が入る。ハーレム川上流にあるボートハウス所属のスカルボートが、船着場に流れ着いているというのだ。その船の持ち主はエイブラムズだ。ボートが引き上げられ、鑑識に廻される。

失踪後47時間経過。早速両親に知らせが届いた。エイブラムズは週に2度ほどボートに乗ってはいたが、冬には乗らなかったし、第一こんな荒れた天候の日にボートを出すなんて考えられないという。そのボートのオール受けの部分は意図的に壊されており、どうやら事故に見せかけるための細工の可能性が高い。両親は泣き崩れる。

画像

サマンサとジャックは生徒の1人カルバンの自宅を訪ねた。彼は、エイブラムズの生徒達の中でも成績が悪く、欠席も多い。エイブラムズとトラブルを抱えていた疑いがあるが、本人は否定した。サマンサは、顔にひどいアザをつけたカルバンの妹テリーにさりげなく接触する。テリーは、サマンサのフルネームがハメットの名作「マルタの鷹」の主人公と同じ名前であることを瞬時に見抜いた。古いサスペンス映画をよく見ているらしい。サマンサはテリーを励まし、彼女が父親から殴られたことを聞き出す。酔った勢いだ。エイブラムズも事情を知り、早速家に乗り込んできて父親と直談判したそうだ。だが、一教師の身で家族の事情にまで口を出そうとするエイブラムズに腹を立てた父親が彼に殴りかかり、殺してやると息巻いた。そして失踪した晩、父親は夜遅くまで家に帰ってこなかったという。テリーは父親がエイブラムズを手にかけたと信じ、恐怖に怯えている。

マーティンは、ウェスマー教頭にテリーの父親の暴力の件を伝えた。父親は警察に逮捕された。ところがウェスマーは、今まで隠していたことを告白する。エイブラムズの様子が最近おかしかったのは、彼が生徒と恋に落ちたせいだったのだ。ある日そのことを聞いたウェスマーは狼狽した。相手はまだ未成年だ。アメリカでは最も忌むべき犯罪である。今まで真面目一辺倒で生きてきた彼が、今は彼女のことで頭が一杯。教師としての評判がどうなろうとかまわないという気持ちにまでなっていた。彼は相手の名前を言わなかったが、どうやらそれはテリーではなかったかと。
テリーは、そばについていたソーシャルワーカーの目を盗んで家から脱走した。サマンサはカルバンの部屋で、エイブラムズとテリーが親しく抱き合っている写真を何枚も発見した。2人が付き合い始めたのは多分2ヶ月ぐらい前から。父親はこの写真に逆上してテリーを殴ったようだ。

失踪後50時間経過。サマンサはカルバンをオフィスに連れて行き、テリーの携帯に10分おきに伝言を入れさせる。そのうちテリー本人から折り返し連絡があるだろう。
テリーの父親が怒りの余りエイブラムズを殺害し、怯えたテリーは逃げ出したか、それとも10万ドルを持ってエイブラムズとテリーはどこかへ駆け落ちしたか。もし駆け落ちなら、エイブラムズは自分が殺されたように見せかけるために自分で船に細工したのだろう。ヴィヴィアンは、テリー失踪は自分の意志に基づいた行動だと考えるが、サマンサは納得いかない。なにしろテリーはまだ16歳だ。彼らが駆け落ちしたとしても、法律上はそれはレイプと誘拐を意味する。しかし2人が同意の上で行動を共にしているならば、事件として立証するのは困難だ。カルバンの父親の車が、失踪の翌朝早くエイブラムズのボートハウスの近くで目撃されていたそうだ。そうするとやはりテリーの父親がエイブラムズを殺したのか。
父親の尋問。彼はエイブラムズがテリーと付き合っていたことも知らないし、テリーを殴ったこともない、失踪の晩には子供達と一緒にいたと言い張った。もちろんボートの細工のことなど初耳だ。
マーティンとダニーは意外なところから新事実を引っ張りだしてきた。ウェスマー教頭が半年前、テリーに色仕掛けで迫られ、成績改ざんを頼まれたと報告書を出していたのだ。だが処分はうやむやのままで終わっている。またウェスマーは、この2日間でテリーの携帯に6回も電話をかけている。彼はうまく捜索チームを騙していたのだ。
ウェスマー教頭の再尋問。ダニーとマーティンは彼を締め上げる。つまり筋書きはこうだ。テリーに迫られたとき、彼は彼女を使ってエイブラムズに一芝居打つことを思いついたのだ。テリーはその手管で世間知らずのボンボンを堕とす。恋愛に免疫のないエイブラムズをうまく操り、テリーとの密会現場の証拠写真を彼に突きつけ、好きなだけ金を巻き上げる。金はテリーと山分けだ。ついに尻尾を出したウェスマーは、その計画が全てテリーのアイデアだったと言い逃れした。なかなかいいプランだが、どうして失敗したのかわからない。テリーはわけが分からないと言っていたが、その彼女も消えた。どうやらまんまとかつがれていたらしい。ウェスマーは、金もあり、正義の味方を気取るエイブラムズに嫉妬していた。だから哀れな自分のためにちょっとしたボーナスが欲しかっただけなのだ。
ではエイブラムズの船に細工したのは誰か。テリーでは無理、ウェスマーは自分の手を汚すタイプではない。とするとテリーに協力したのは彼女の兄カルバンではないか。船から彼の指紋が検出されたことにして、彼に揺さぶりをかける。テリーはウェスマーを煙に巻いたと同様、カルバンも見捨てたのだ。彼はテリーから計画を聞かされたことを話した。例の密会写真でエイブラムズから口止め料を搾り取って、その金で2人で家から逃げようと持ちかけられたのだ。だがエイブラムズが突然テリーと駆け落ちしたいと言い始めた。計画は変更され、エイブラムズが失踪した後、2、3日待ってからテリーが後を追って合流することになった。モーテルでエイブラムズから金をもらうから、連絡を待っていてくれと。テリーに言われるまま、時間稼ぎのために船に細工もした。ジャックは、テリーの計画が昔のサスペンス映画「深夜の告白」をそっくり真似ていることに気づく。つまりは、このカルバンもテリーに利用されただけなのだ。
テリーからカルバンに連絡が入った。逆探知が始まる。だが彼女は気配を察知したのか、早々に電話を切ってしまう。周囲の雑音から判断して、テリーたちはオルバニーのハイウェイ付近のモーテルにいることはわかった。だがジャックは、テリーがあと3週間で17歳つまり未成年ではなくなることを考慮し、事件を地元警察に任せると決めた。いくら彼女が、周囲の大人にさんざん弄ばれてきた不幸な少女だからといって、ここで彼女を連れ戻してもまたあの家族の元に返されるだけだ。しかしサマンサの懇願に根負けし、テリーが潜伏するとみられるモーテルに向かっていった。

画像

モーテルの部屋には気絶したエイブラムズが伸びていたが、テリーの姿はどこにもなかった。意識を取り戻したエイブラムズによると、テリーと祝杯をあげたが急速に意識が遠のいていき、最後に見たのは彼女が金の入ったバッグを持って部屋を出て行くところだったという。誘ってきたのはテリーの方だ。彼はただ言われるままに金を下ろし、彼女の「2人で幸せになろうと」いう言葉に完全に騙されてしまったというわけだ。呆れるジャック。だがエイブラムズは本気でテリーを愛していた。呆然としたままの彼はこうして連行されていった。
事件は解決したが、テリーはおそらく見つからないだろう。なにしろカナダの国境は広すぎる。FBIオフィスには、新たにテリーの写真が貼りだされた。




ハンフリーボガードが私立探偵サム・スペードを演じた映画「マルタの鷹」には、いわゆる謎の美女“ファム・ファタール(運命の女)”が登場します。映画ではメアリー・アスターが小悪魔的に演じて、その魅力を存分に発揮しておりました。“ファム・ファタール”は、大抵はこのブリジッドのように不幸な過去を背負い、それから逃れて生き延びるため、周囲に寄ってきた男達を偽りの愛の言葉でうまく利用するのですね。男達は騙されているとも知らず、あるいは知っていてもその女の魅力に打ち勝つことができず、結局いいようにされて身を滅ぼしていく。その女にとって信じられるものは、己の魅力と金のみ。“愛”には何一つ甘い幻想を抱いてはいない。この作品の成功の後、様々な物語に登場する“ファム・ファタール”の定義はこういった形に固定されることになります。いわゆる “悪女”と呼ばれる女の雛形であるわけですが、意地悪な見方をすれば、この定義そのものにも、男達の甘ったれた幻想があるような気がしますね。


マルタの鷹 特別版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2007-12-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


いわく、男は皆強がってはいても、心の奥にたった一つの真実の愛を抱いている。悪女はそれさえ弄び、利用しつくしていく。だがその悪女は、まさに悪魔に魂を売り渡してもいいと思うほどに魅惑的なのだ。本来はロマンチストな男が、その悪の魅力に打ち負かされてしまっても仕方がないではないか…。
なんというか、男が悪女に翻弄されるのを肯定するような考えが底にあるような気がして、いまひとつ興ざめなのですよ。

今回の失踪者エイブラムズもその“甘い”男の典型でした。幼い頃より、厳格な親から過剰なまでの愛情を注がれて育ち、世間を良く知らないまま若くして成功して億万長者になった。彼は挫折もしないうちに、親の期待通りしごく順調に自らの理想を現実にしていきます。彼は、人間は頑張れば必ず不可能を可能に出来ると信じ込みました。人間の“性善説”を疑ったこともないでしょう。もちろん彼自身の努力、人生に生真面目に立ち向かっていく気質、数え上げればきりがないほどの彼の美徳がなせる技ではあります。でもそうしたことが表立てば立つほど、それをねたましく思う人間がいるのが世の常です。彼のように品行方正な人間ばかりではないですもの。例えばウェスマー。小ざかしい彼は、友情であろうが自分の生徒であろうが、利用できるものがあればそれが不道徳な手であっても、自らの利益になることをやらかすでしょう。それに、生き馬の目を抜くような厳しい生存競争がまかり通る世の中で、エイブラムズのような温室で培養された男が無傷でいられるわけがありません。今回その世間の厳しい洗礼を、彼は恋愛を通じて受けることになりました。
テリーはエイブラムズとは対照的に、幼い頃から家族の愛情を知らずに育ちました。彼女にとっては、例え親や兄妹であっても、彼らは自分よりも強い権力を振りかざす脅威でしかありえません。なんとか彼らから受ける理不尽な暴力をかいくぐり、毎日をサバイヴしなければならないのです。彼女はおそらく、成人として独り立ちできる日を心待ちにしていたのではないでしょうか。その暁には、読み漁ったハメットなどの悪女もののストーリーを参考に、自分を踏みにじる男どもに手痛い復讐をしたいとチャンスを窺っていたのでは。ウェスマーに接近したのはその手始めでしょうか。彼に他の男どもと同様の、下衆な匂いを感じ取っていたのかもしれませんね。おかげで最初の実験は失敗したものの、似たもの同士のウェスマーと共闘し、新たなる獲物エイブラムズから願ってもない大金が得られる機会が訪れるのです。その金で晴れて家を出て新生活を始められる。彼女は表向きウェスマーに計画の梶棒を取らせつつ、裏ではミステリー小説仕込の画策を行います。実の兄さえもその肉体的な魅力で自らの虜にし、思い通りに動かす。そして、予想外のハプニングすら逃さず全てを自らの思惑通りにしていく手際は、FBI捜査官も騙されるほどの見事なもの。
しかし騙されながらも、サマンサが最後まで彼女の実情に同情を寄せる気持ちも理解できますね。ジャックにはわからなかったかもしれませんが、結局テリーに騙されたと嘆く男達は―エイブラムズも含めて―、自身が彼女の魅力に屈したことを免罪符に、彼女を利用しようとした下心を認めなかったのですから。彼らはファム・ファタールに狂わされた自分達の悲劇ばかりを嘆き、お互いにお互いを利用しあっていた点で、テリーと同じ穴のむじなである事実に気づきもしないのです。
エイブラムズにしても、テリーと“本当の恋に落ちた”ことを言い訳に、親からのプレッシャーの下での息詰まる人生をリセットしようとしたにすぎません。彼は愛する人のために無謀な行動に走ったわけではなく、あくまで自分のために冒険をしでかしたのですね。彼がそのことに気づくのは塀の中でしょうか。それとも永遠に気づかないままでしょうか。いずれにしても、未成年に手を出した人間がアメリカでどんな末路をたどるのか。様々な有名人の例を引き合いに出すまでもありません。彼にとっては随分高くついた授業料だったでしょう。
それに、やはりテリーが環境の犠牲者であることは否定できません。いなくなった彼女を探しに行こうとする人間は、結局誰もいなかったのですから。

〜〜警告!ここから先はお遊びのオマケ記事です。読まなくても人生になんら支障はございません(笑)。ですから、読んだ後での苦情は何卒ご勘弁くださいませ。〜〜


しかしまあ今回はダニーとマーティンの2ショットブラボー!なエピソードでしたわね。2人が一緒に捜査するシーンてんこ盛りで、館長ウハウハでした(爆)。以下捏造エピソード(笑)。
さて、マーティンは1人で高校に乗り込み、ウェスマーにテリーの父親逮捕の件を伝えに行きました。置いて行かれたダニーはおもしろくありません。夜中にたった1人であの怪しげな男のところに行くなんて、正気の沙汰ではありません。心配が昂じてふてくされ気味のダニーにマーティンは怒ります。


画像

「あのね、僕は一人前の男なの。そんなに心配してくれなくても大丈夫だから!」


画像

「そんなこと言うたかて、心配なもんは心配や。」


画像

2人でウェスマーを再び取り調べることになりました。ダニーは内心ほくそ笑みます。『いてこましたるで、このエロ親父め。俺のマーティンに色目使いやがってからに…』


画像

ダ:「ええか、このうすらハゲ。二度とマーティンに近づくなよ。今度俺の大事な嫁はんにおかしな真似しやがったら、生きながら皮剥いだるさかいな!」
マ:「…ダニー…論点がずれてる上に事実誤認もいいところ…てか、どっからつっこんでいいかわかんない…」

取調べ後、ダニーはしっかり者の未来の嫁にこってりお灸を据えられます。


画像

マ:「何度も言うけど、僕は立派な大人なんだから過保護な真似はしないでいいよ。」
ダ:「むう…ごめんなさい…」


画像

マ:「でもね、ちょっとうれしかったよ、君が他の男にあんなに啖呵きるの初めて見たよ」
ダ:「えっ?ほんま(嬉)?」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
FBI失踪者を追え!シーズン1―第19話「堕ちた罠」 House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる