Don’t steal my posts. All posts on this blog are written by me.

House of M

アクセスカウンタ

zoom RSS キャメロンvsビグロー…元夫婦の仁義なき戦い(笑)?

<<   作成日時 : 2010/02/04 19:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第82回アカデミー賞本番において、館長的注目点はただ一つのみ!この、本家“ダビデとゴリアテの戦い”よりひょっとしたら迫力があるかもしれない(爆)、元夫婦対決の行方であーる!!






「アバター」がついに「タイタニック」の興行成績を超え、歴代第1位の座に治まった…と聞かされても、3Dで今作を観ていない館長にはいまひとつピンときません。だって、「アバター」の興行収入の何割かは、3D割増料金なんでしょ?ま、詳しいことはフォーブス誌かどこかがまた分析してくれるでしょうから(笑)、ここでは触れませんね。お金のからくりなんぞ、私ごときにわかるわけがないしな。

それより、キャスリン・ビグロー監督の方に注目しましょうよ。先日、女性監督としては史上初めて全米監督組合DGAを受賞という快挙を成し遂げた方なんですから。ある意味、「アバター」の3D革命より、この事実の方が大切かもしれません。

実はわたくし、この方の監督作品全部観ています(笑泣)。キアヌ子さんと故パトリック・スウェイジがダブル主役を張った「ハートブルー」(1991年)が一番有名なんでしょうが、初期のヴァンパイア・ホラー「ニア・ダーク/月夜の出来事」(1989年)なんかも雰囲気があって好きですねえ。
興行的にも失敗、しかも批評家にも“駄作”の烙印を押された作品「ストレンジ・デイズ/1999年12月31日」も、確かに中盤ダラダラに中だるみはしますが、捩れたダーク・ユーモアというのか、独特のダークな絵柄は結構お気に入りなんです。おまけに、英国美男俳優として鳴らしていたはずのレイフ・ファインズが本質的に持っていた、“どうしようもないダメさ加減”をいち早く見抜き、作品に展開してみせたのだから恐れ入ります。
それに忘れちゃいけない、この方は、かのウィレム・デフォーを見出した慧眼の持ち主でもあったのですよ。モンティ・モンゴメリーとの共同監督作品ながら、デフォーの捩れたセクシーさを「ラブレス」(1983年)で最大限に引き出してみせました。

女性監督で、しかもかなりインディペンデントな映画作りを目指しておられるせいか、作品数はあまり多くありません。しかも面白いのはこの方、女性監督にありがちな甘っちょろいラブコメ映画なんぞ、ただの1本も撮っていないんですね。Bravo!!素晴らしい!!F●ckin' ラブコメ!!Death to ラブコメ!!……えーと、なんでしたっけ。そうそう、ビグロー監督です。
彼女が一貫して描いているのは、“ザ・男の世界”であります。従って、取り上げるジャンルも、自然とアクションものとかホラーものとかに落ち着いてしまうわけで(笑)。メジャーな女性監督としては割りと珍しいタイプじゃないかなあ。ほら、私たち観客だって、“女性監督による作品”と聞けば、“女性ならではの繊細な表現”だとか“女性ならではの子宮感覚”といった表現を用意して待ち構えてしまうでしょ(笑)?
ビグロー監督作品には、不思議なほど“性”の芳しい匂いがしません。代わりに、野郎どもの汗臭い酸っぱい臭いが充満しております(爆)。尤も、それが観客の好き嫌いをはっきり区別せしめてしまう要因にもなるのでしょうが、気をつけていただきたいのは、作品を覆い尽くす野郎臭さに反し、映像の端々には妙に突き放したような冷ややかな視線を感じることなんですね。ぱっと見には確かに、男性監督が撮ったかのようなスリルとサスペンス満載のアクション映画、しかしよーく目を凝らしてみると、アホな野郎どもの生態を、女性ならではの感覚で切り取られた緻密な観察記録映画になっているのですよ。男性諸氏よ、気付いておられましたかな?貴方たち、今までビグロー監督の映画を、“マッチョに憧れるオンナの映画”とバカにしていませんでしたか?Attentionでございますよ!実際には、“マッチョの実態を冷酷に解剖し、白日の下に曝け出す映画”であったのですからね。

一見マッチョそのものに見えるけど、その実、男女のプラトニック・ラブなんかに憧れちゃう乙女なキャメロン監督と、一見たおやかな美女に見える(実際大変お美しい女性です)けど、その実、男どもの単細胞っぷりをあざ笑い続けているタフなビグロー監督。オスカー本番で下される結論で、世間が彼らにどのような認識を抱いているかが、明らかになるでしょうね。楽しみじゃよ。ふっふっふっふ。


ニア・ダーク/月夜の出来事 【ベスト・ライブラリー 1500円:第3弾】 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2009-10-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ラブレス [DVD]
キングレコード
2004-10-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ハートブルー アドバンスト・コレクターズ・エディション [DVD]
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
2006-11-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
キャメロンvsビグロー…元夫婦の仁義なき戦い(笑)? House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる