House of M

アクセスカウンタ

zoom RSS 粘土に命が宿るとき―ニック・パーク Nick Park

<<   作成日時 : 2016/10/20 22:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

彼らは友達…ニック・パークと“ウォレスとグルミット” Nick & Wallace & Gromit, they are best friends.

ニック・パーク Nicholas Wulstan Park
1958年12月6日生まれ
イングランド・ランカシャー州プレストン出身
1997年にCBEの称号を贈られた。

●フィルモグラフィー (監督作) Filmography as director

2018年『Early Man』
2008年「ウォレスとグルミット/ベーカリー街の悪夢 Wallace and Gromit in 'A Matter of Loaf and Death'」(TV映画)
2005年「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ! The Curse of the Were-Rabbit 」
2000年「チキンラン Chicken Run」
1996年『Wallace & Gromit: The Aardman Collection 1 & 2』 (ビデオ)
1995年「ウォレスとグルミット、危機一髪! A Close Shave」
1994年『Wallace & Gromit: The Aardman Collection』 (ビデオ)
1993年「ペンギンに気をつけろ! The Wrong Trousers」
1989年『Creature Comforts』 短編
1989年「チーズ・ホリデー A Grand Day Out」

今やニック・パークも、クレイアニメのみならずアニメーション映画界で知らぬ者のない大御所になりましたねえ。彼が卒業制作として、たった1人で「チーズ・ホリデー A Grand Day Out」を生み出して以来のファンとしては、嬉しいやらちょっぴり寂しいやら。しかし彼が、セル画によるアニメでも昨今はやりのCGアニメでもない、クレイ・アニメーション手法の天才である事実には変わりありません。

クレイアニメとは、粘土で作った人形キャラクターをちょっとずつ変形させながら、一コマ一コマ気長に撮影していくのです。はっきりいって短気な人間にはとてもできない根気のいる撮影方法です。でも、CGとは一味も二味も違う手作り感が伝わってくるアニメーション作品なのですね。よっく画面に目を凝らすと、粘土キャラクターの顔に指紋がうっすら見えたりとか(笑)。そんなところさえ愛おしくなります。

パークは写真家の父親と洋裁家の母親の元に生まれました。母の仕事道具である糸巻きを使って初めて作り出したキャラクターが、『ねずみのワルター』。これが彼の初アニメーション作品となります。高校卒業後シェフィールド・アートスクールに通い、1980年アーツ・オブ・コミュニケーション卒業と同時に国立映画テレビ学校に進むのですが、このころから「チーズ・ホリデー」(ウォレスとグルミットの初めての作品)制作にとりかかります。
イギリスのブリストルに、アードマン・アニメーションズというクレイアニメの老舗スタジオがあります。1972年にピーター・ロードらによって設立されたそこでは、若いアニメーション・クリエイターたちを数多く育成しています。パークも後にこのアードマン・アニメーションズに入社し、約6年かけて件の「チーズ・ホリデー」を完成させました。これが、ウォレスとグルミットの記念すべきデヴュー作として映画となり、世界中で公開されることになりました。

ウォレスとグルミット チーズ・ホリデー [DVD]
アニプレックス
2004-07-28
ジュリアン・ノット

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

「チーズ・ホリデー A Grand Day Out」(23分)(1989年製作)
監督:ニック・パーク
脚本:ニック・パーク
撮影:ニック・パーク
音楽:ジュリアン・ノット
声の出演:ピーター・サリス
日本語吹き替え:萩本欽一。

イギリスは西ワラビー通りに住む自称天才発明家のウォレス(サリス、萩本)は、しっかり者で編み物が得意な賢いわんこグルミットと同居しています。二人はホリデーに行く小旅行の行き先を思案中。
「一息入れて紅茶にでもするかい?」ウォレスは、お茶うけにクラッカーとチーズを用意しようとしますが、大好きなチーズが全くない!
「どうせ行くならチーズのおいしい所に行こう」ちょうど空には大きなお月様が。「お月様はチーズでできてるって、昔から言うじゃないか」
かくして、二人はおいしいチーズを求めて月旅行をすることに。手作りロケットをこしらえて(グルミットは無理やり手伝わされます)、地下室の発射台からいざ出発!
月面でお茶を広げてチーズピクニックを楽しむ二人。月の黄色い土がチーズになってるんですね。そのままがしがしあちこちの土を切り取り、味見するウォレス。グルミットの心配した通り、誰もいないはずの月に取り残されていたロボットに、二人はあやうく捕まりかけます。彼は一人で月を管理しているロボット。でもどうやら地球に帰りたいらしい。あわてて逃げ出すウォレスとグルミットを追いかけ、一緒にロケットに乗り込もうとしますが…。

最後のオチがちょっといい気分にさせられます。ウォレスとグルミットは、ロケットの窓から彼に手を振っています。彼もチーズの丘から手を振り返してる。地球には帰れなかったけど、彼はちょっとしたおもちゃを手に入れることができました。それで彼の孤独も少しは癒されるでしょうね。

日本語吹き替え版では、主人公ウォレスの声を萩本欽一さんがあてていらっしゃいます。またこれがよくあってるんですわ。往年のコント55号時の、「なんでそーなるの!」が幻聴で聴こえてきそうなくらい、ごきげんなテンションです。
また、どんなときでもお茶を楽しみ、大好きなチーズはかかせないというこだわりを持つウォレスは、典型的な英国の中年紳士。トレードマークは緑色の毛糸のベスト。お金持ちではないけれど、天才的な(?)発明の数々で毎日の生活をより快適にしようと奮闘します。
一方、そんなウォレスとともに暮らしているわんこグルミットは、なんと難しい専門書も読みこなし、編み物が大の得意。そして聡明な常識犬。ウォレスが珍妙な発明をするたびに事件に巻き込まれ、おとぼけでうっかりドジをふむウォレスの尻拭いばかりさせられますが、それでも彼はウォレスが大好き。彼と一緒のお茶の時間は至福なのですね。余談ですが、このウォレスとグルミットのコンビをゲイのカップルのようだと示唆した方もいました。そんなふうにも見えるほど、この二人は素敵なコンビです。

この作品から、「ウォレスとグルミット」は人気シリーズとなっていきました。この後の作品は以下の通り。

ウォレスとグルミット ペンギンに気をつけろ! [DVD]
ソニー・クリエイティブプロダクツ
2007-08-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

「ペンギンに気をつけろ! The Wrong Trousers」(29分)(1993年製作)
監督:ニック・パーク
脚本:ニック・パーク
音楽:ジュリアン・ノット
声の出演:ピーター・サリス
日本語吹き替え:萩本欽一。

今日はグルミットの誕生日。ウォレスははりきってプレゼントを用意しました。新品の首輪に、なんとNASA特製のロボットズボン。リモコン操作で自在に動くのだ。「これで君の散歩も楽しくなるだろ?」
ところがお金を使い果たしてしまったウォレスは、当面の収入のために自宅に下宿人を置くことに。早速やってきた新しい下宿人はペンギン。このペンギン、ウォレスにはやたらおべっかを使うのだが、グルミットには敵愾心をむき出しにする。果てはグルミット家からを追い出すために画策する…。果たしてこの怪しいペンギンの目的は?
ヒッチコック風サスペンス、スリル、部屋の中で汽車のおもちゃを使ったアクションなどお話全体の完成度高し。実はストーリーの流れで、ウォレスとグルミットの友情に亀裂が入るのですが…。バディものというよりまるで恋物語な描写が泣かせます。
そして、おそらくシリーズ中最高傑作であろうと思われるこの作品、前述しましたがサスペンス、スリラー映画の父アルフレッド・ヒッチコック監督作品への多大なるオマージュが詰まったものであります。1人の部外者の侵入によってウォレスとグルミットの生活に亀裂が生じ、それが恐るべき犯罪へと繋がっていくストーリーの流れといい、ドラマとエンターテイメントの融合も非常に高い次元で成されていますね。

ウォレスとグルミット、危機一髪! [DVD]
ソニー・クリエイティブプロダクツ
2007-08-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

「ウォレスとグルミット危機一髪! A Close Shave」(31分)(1995年製作)
監督:ニック・パーク
脚本:ニック・パーク
音楽:ジュリアン・ノット
声の出演:ピーター・サリス、アン・レイド
日本語吹き替え:萩本欽一。

ウォレスとグルミットは、新たに街の窓拭きサービスの仕事を始めた。ウォレスはお客さんの毛糸屋ウェンドレン(レイド)に一目ぼれしてしまう。ところがこのウェンドレン、なにやら曰くありげな雰囲気。大丈夫か、ウォレス!
ある夜、ウォレスとグルミットの家に子羊ショーンが迷い込んできた。そのせいで、ひつじ連続誘拐犯の濡れ衣を着せられたグルミットを救うため、奔走するウォレス。結末やいかに!1996年度アカデミー賞アニメーション部門堂々の最優秀賞受賞。これで日本でもメジャーに。

ウォレスとグルミットのおすすめ生活 [DVD]
SME・ビジュアルワークス
2003-05-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

「ウォレスとグルミットのおすすめ生活」(20分)(2002年製作)
監督:ニック・パーク
脚本:ニック・パーク
音楽:ジュリアン・ノット
声の出演:ピーター・サリス
日本語吹き替え:萩本欽一。

ウォレスが日常生活に役立つはず(?)の珍発明を次々とグレードアップ!毎回とばっちりを食うグルミットのあきらめ顔がいい感じです。約2分の短いスケッチを10話収録しています。本シリーズの番外編的DVDですね。

頭はよく、優しくて頼りになる友、グルミット。おまぬけなウォレスを心から愛しています。専門書を愛読し、趣味は編み物(笑)。このシリーズの鍵はグルミットが握っていると言っていいでしょう。
そして、この後いよいよ彼らの長編新作が製作されます。「ウォレスとグルミット/野菜畑で大ピンチ!」ゲスト声優として、レイフ・ファインズやヘレナ・ボナム・カーターも出演しましたね。日本ではCMにも登場して、すっかりお茶の間の人気者として定着した感があります。ほんと、でっかくなりましたよねえ、このシリーズ。

ウォレスとグルミット 20周年記念DVD-BOX
ポニーキャニオン
2009-07-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



「チキン・ラン Chicken Run」(2000年)のブログ内記事はこちら。

「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ! The Curse of the Were-Rabbit 」(2005年)のブログ内記事はこちら。

「ウォレスとグルミット/ベーカリー街の悪夢 Wallace and Gromit in 'A Matter of Loaf and Death'」(2008年)のブログ内記事はこちら。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
粘土に命が宿るとき―ニック・パーク Nick Park House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる