House of M

アクセスカウンタ

更新情報

zoom RSS “手”は口ほどにものを言い。Your hands are talking.

<<   作成日時 : 2015/11/21 18:32   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

ショーン・ビーンという人は、演技をしているときも普段インタビューなどを受けているときも、長い指を顔の前で持て余しているときがあります。

手を口元に置いてみたり、両手を組んでみたり、指で鼻をいじってみたり…。「必殺処刑人」こと(涙笑)「Outlaw」関係のインタビュー画像でも、そんなひとコマがありましたねえ。

画像

今にも鼻をほじりだしそうで、時々心配になります(笑)。

目は口ほどにものを言い、なんて申しますよね。でもよく観察してますと、“手の動き”でその人間の真意が伝わってきたりします。顔の表情などは意識してコントロールできるでしょうが、意外と“手”って無意識のうちに動かしていることが多いのですよ。それに、手には5本の指があり、脳の命令で信じられないほど複雑で繊細な動きを生み出すことも出来る。それがその人間の心情の変化などを伝えることになっても、不思議ではないですよね。


アダムス・ファミリー [DVD]
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
1999-02-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アダムス・ファミリー [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

「アダムス・ファミリー The Addams Family」(1991年製作)
監督:バリー・ソネンフェルド Barry Sonnenfeld
製作:スコット・ルーディン
キャラクター創造:チャールズ・アダムズ
脚本:キャロライン・トンプソン&ラリー・ウィルソン
撮影:オーウェン・ロイズマン
音楽:マーク・シェイマン
主題歌:M・C・ハマー 「Addams Groove」
出演:アンジェリカ・ヒューストン
ラウル・ジュリア
クリストファー・ロイド
ダン・ヘダヤ他。

この作品に、ハンド君というキャラクターが登場していたのを覚えてらっしゃる方もおられるでしょう。ファミリーの当主ゴメスの長年の友人で、名は態をあらわす通り、お手てだけのお化け。ゴメスとチェスを打ったり、ファミリーの危機には意外な活躍をしたり、とにかく手だけしかないのに非常に表情豊か。楽しんだり、かっこつけたり、慌てふためいたり…あらゆる感情をその動きから読み取れるという。

画像

このハンド君を演じたのは、プロのマジシャンでもあるクリストファー・ハート氏だそうです。おお、どおりで、器用なわけだ(笑)。彼はいろんな作品で“手”の演技を披露しております。「刑事コロンボ」でもマジシャン役でエキストラ出演。手タレでございますね。

画像

ハンド君を見てると、“目”ではなくて“手”こそが口以上にものを言うのではないかと思うわけです。


ショーンも、パッと見の印象は強面でハンサム、男の中の男(ぷぷぷっ笑)というもの。ですが彼がちょっとした隙に見せる手の仕草からは、心配性でお人よしな内面を必死で隠そうとしてることが伺えますね(笑)。

画像

「アイランド」から。メリック博士は、クローンたちの創造主として彼らの上に君臨する存在ですが、その実、彼らの未知なる進化に怯える一面を持っていることがわかります。


画像

「ロード・オブ・ザ・リング」SEE版収録のインタビュー映像から。ま、出演作に関してのインタビューですから、ショーンもお仕事モード。“ショーン・ビーンという俳優”を演じている彼の様子が手でわかります。彼は演技に於いても、笑ったり泣いたりする際には手で口を隠すんですよね。俳優という職業が好きであっても、激しい感情表現を露にすることには、やはりどこかしら抵抗感があるのでしょうね。


画像

顔だけ見れば強面の癖に、この所在なげな佇まい(笑)。これは確か「スタンドアップ」記者会見のときのひとコマ。あの映画は彼が主役ではありませんし、その点では宣伝活動も意外と気楽にできるのではないかと思うのですが、大勢のプレスの前に出るのはいかな俳優でも緊張するのでしょうね。そんな自分を隠そうとしてか、あるいは自分自身を守ろうとしてか(笑)、長い指が口元で待機しております。無意識のうちに、自身の中で最も信頼する部分である手で弱い箇所、見られたくない部分を守ろうとするのでしょうか。


画像

無名時代の作品から。この場合、下から掬い上げるような彼の目線以上に、グラスを持つ指の先の方にエレガントさと色気を感じるのですが、皆さんはいかがでしょう。
女優さんの中でも、顔の造作や身体のラインは美しいのに手がダメという人が意外と多いですねえ。身体のラインは日々のケアによって若さは保てるのかも知れませんが、手は持ち主の実年齢を正直に物語っているという。裸の男の肩に乗せられている女の手の指が、長く細っそりしている光景は、裸の身体以上に官能的であると思います。


画像

「リベリオン」から。…そう、ことほどさように、手は饒舌にその人間の人となりや心理状態を伝えるもの。このときのショーンは、身体はもうちょっと絞った方がいいとも感じましたが(苦笑)、このイェーツ詩集を支える長い指が、演じるパートリッジの繊細さを物語っていてエレガントです。好きなシーンの1つです。ええ、この直後、例によって殺されちゃうのですが(泣)。


いかがでしたか?“手”の動きから、その人の真意を読み取るって意外とおもしろいでしょう?みなさんもお暇があれば、そんなところから映画を観たりお気に入りの俳優さんを眺めたりしてください。新しい発見があるかもしれませんよ(笑)。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

にほんブログ村

“手”は口ほどにものを言い。Your hands are talking. House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる