House of M

アクセスカウンタ

更新情報

zoom RSS Films by Numbers 映画でカウントダウンと10の映画達2

<<   作成日時 : 2015/10/26 19:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1〜10までの数字がタイトルに含まれている映画を挙げていこう。5〜1編。


“5”
五月のミル【HDニューマスター版】 [DVD]
紀伊國屋書店
2009-11-28

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 五月のミル【HDニューマスター版】 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

「五月のミル Milou en Mai」(1989年製作)
監督:ルイ・マル Louis Malle
脚本:ルイ・マル&ジャン=クロード・カリエール
撮影:レナート・ベルタ
音楽:ステファン・グラッペリ
出演:ミシェル・ピッコリ
ミュウ=ミュウ
ミシェル・デュショーソワ
ドミニク・ブラン
ポーレット・デュボスト他。

五月革命で揺れていたフランス。母の葬儀のために集まったブルジョワ一家の悲喜こもごもを、美しいフランスの田舎町の風景を織り交ぜながらじっくりと描いていきます。ヌーベルヴァーグの旗手として一世を風靡したルイ・マル監督ですが、後年にはこうしたノスタルジックな人間ドラマに回帰していきました。 1987年に帰仏して製作された「さよなら子供たち Au revoir, les enfants」と共に、学生時代に映画館で何度も観た思い出深い作品ですねえ。演技陣も達者で、時にしっとりと時に軽快に、複雑な人間模様をタペストリーのようにつむいでいきます。フランス映画の豊穣さを感じた逸品ですね。
“ヌーヴェルヴァーグ”というムーブメントに関する解釈及び評価は、人によって様々だと思います。私自身のそれは、これまで何度か触れたように、“よく分からん”というのが正直なところ(笑)。まあそこをあえて説明を加えるなら、伝統的な映画の文法を一度完全にぶっ壊した上で、独自の奇抜なアイデアを映像に付加しようという姿勢が、ヌーヴェルヴァーグの概略です。しかしながら、ヌーヴェルヴァーグの旗手と謳われた映画作家たちのその後のキャリアを見るにつけ、“映画の枠組みを壊す試み”が、映画という表現形態をどのように変えたのか、結局のところ分からなくなってくるのですよね。


“4”
魅せられて四月 [DVD]
パイオニアLDC
2002-04-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 魅せられて四月 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

「魅せられて四月 Enchanted April」(1992年製作)
監督:マイク・ニューウェル Mike Newell
製作:アン・スコット
製作総指揮: マーク・シーヴァス&サイモン・レルフ
原作:エリザベス・フォン・アーニム『en: The Enchanted Spril』
脚本:ピーター・バーンズ
撮影:レックス・メイドメント
音楽:リチャード・ロドニー・ベネット
出演:ミランダ・リチャードソン
ジョーン・プロウライト
ポリー・ウォーカー
ジョシー・ローレンス
アルフレッド・モリナ
ジム・ブロードベント他。

20世紀初頭のロンドンに暮らす弁護士の妻ロティは、イタリアの古城を4月一杯貸し出すという新聞広告を目にします。日々の生活に疲れていた彼女は、一念発起してそのツアーに参加する決意を固めました。同行者としてほかに3人の女性を募り、期待に胸膨らませ、いざ陽光きらめく地中海の国へと向かいます。
皆それぞれに人生の壁にぶちあたっていた彼女達は、目の覚めるような地中海の風景に心癒されつつ、もう一度自分の人生を静かに見つめなおしていくのです。女性達の中の1人に恋心を寄せる男性も現れたりしますが、それで彼女達の友情のバランスが崩れることはなく、静かな湖面を見つめるような毎日が続きます。古城の瀟洒な調度品の数々、女性達が身にまとう1920年代特有の優雅なラインのドレス。画面を彩るリッチな雰囲気は目にも楽しいのですが、その中で交わされるなにげない会話の中には、中年期にさしかかった彼女達の人生への焦りが垣間見られて、身につまされる思いがしますね。魅惑的な地中海の1ヶ月の間に彼女達は心のリセットを完了し、またそれぞれの日常の中へと戻っていくのですが、皆心になにかしら得たような、満たされた表情で帰っていく様が静かな感動を呼びます。最初にイタリア行きを思いついたロティが、ギクシャクしていた夫とまた寄り添っていく後ろ姿が忘れられません。英国らしいエレガンスを感じさせる英国映画だと思います。


“3”
三人の名付け親 [DVD] FRT-133
ファーストトレーディング
2006-12-14

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 三人の名付け親 [DVD] FRT-133 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

「三人の名付親 3 Godfathers」(1948年製作)
監督:ジョン・フォード John Ford
製作:ジョン・フォード&メリアン・C・クーパー
原作:ピーター・B・カイン
脚本:ローレンス・スターリングス&フランク・S・ニュージェント
撮影:ウィントン・C・ホック
音楽:リチャード・ヘイグマン
出演:ジョン・ウェイン
ペドロ・アルメンダリス
ハリー・ケリー・Jr
ジェーン・ダーウェル他。

アリゾナの町で銀行強盗をし、追跡を逃れるために砂漠へと出た3人の無法者。リーダーのボブら3人は、砂漠の中で瀕死の妊婦を乗せた幌馬車を発見します。彼女はなんとか赤ん坊を出産するも、彼らにその子を託してすぐに息絶えてしまいました。3人は、負傷していた若者キッドをいたわりながら、亡くなった女性との誓いを果たすため、赤ん坊を連れてニュー・エルサレムという町へと向かうのです。水もなく灼熱の太陽にさらされる過酷な環境の中、何度もくじけそうになる彼らは、しかし赤ん坊を無事に町に届けるため必死に旅を続けます。
赤ん坊を守る旅は、彼らがそれまで犯してきた数々の悪行を贖う意味も持っていました。旅を続ける中で、彼らが赤ん坊を中心にどのように変化していくのか。周囲の風景を写しとりながらきめ細やかに描かれる人間の成長ドラマは、その心理を執拗に追及する描写と相まって、時代を経ても全く色あせることのない逸品だと思います。実は、最初の子供を妊娠していた頃に鑑賞し、辺りを憚らず大泣きした経験があります(笑)。キリスト教的赦しの精神に則った伝統的なストーリーではありますが、この作品に描かれる登場人物の感情は、普遍性をもって観客を魅了してやみません。
ジョン・ウェイン主演の西部劇といえば、マッチョなヒーローが悪漢を懲らしめ、美人だが気が強くておてんばなヒロインと、角突き合いながらも最後は結ばれるという、典型的なストーリー展開が頭に浮かびますね(笑)。ですが、この作品と、ウェインの遺作となった「ラスト・シューティスト The Shootist」だけは、彼が演じ続けてきた“マッチョで一点の曇りもないヒーロー”幻想の足枷を逃れ、生と死についての彼自身の正直な心境が語られているように感じます。


“2”
おかしな二人 [VHS]
1985-12-16
ニール・サイモン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

「おかしな二人 The Odd Couple」(1968年製作)
監督:ジーン・サックス
製作:ハワード・W・コッチ
原作:二ール・サイモン Neil Simon
脚本:ニール・サイモン Neil Simon
撮影:ロバート・B・ハウザー
音楽:ニール・ヘフティ
出演:ジャック・レモン
ウォルター・マッソー
ジョン・フィードラー
ハーバート・エデルマン
モニカ・エヴァンス他。

私のような人間がとやかく言うことはなにもない、愛すべきバディ映画。実は、1998年に製作された続編も大好きです。作品の出来がどうのという以前に、フェリックスとオスカーのコンビが大好き。彼らがつるんでいる様子を見るだけで、幸せな気持ちになれます。


“1”
特別な一日 [DVD]
レントラックジャパン
2004-07-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 特別な一日 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

「特別な一日 Una giornata particolare」(1977年製作)
監督:エットレ・スコーラ Ettore Scola
製作:カルロ・ポンティ
脚本:エットレ・スコーラ&ルッジェロ・マッカリ&マウリツィオ・コンスタンツォ
撮影:パスクァリーノ・デ・サンティス
音楽:アルマンド・トロヴァヨーリ
出演:マルチェロ・マストロヤンニ
ソフィア・ローレン
ジョン・ヴァーノン他。

1939年5月3日、ヒトラーがローマを訪れた“特別な一日”のできごと。皆出払った無人のアパートで、人生に倦み疲れた風情の中年主婦が、向かいの部屋に一人で潜んでいた反ファシストであるゲイの青年と出会います。同性愛であるというだけでいわれなき迫害を受けたこの時代、ゲイの青年に対して当初偏見を捨てることが出来なかった主婦ですが、やがて彼と通じあうようになって…。戦時下の特殊な状況下、本来なら交錯するはずのなかった2人の男女の人生が、たった一日だけ激しく交じり合ったのです。死の息遣いを背後に感じるかのごとく切迫した彼らの交歓は、夜明けと共に終わりを告げました。翌日官憲に連行されていく青年を見送った後、主婦は再び日常へと埋没していきます。幾多の障壁を一気に乗り越え、一瞬だけこの世に誕生した愛は、そうだと呼べる時間も与えられぬまま、理不尽なる戦争に蹴散らされてしまいました。劇中挿入される戦時下のイタリアの情景とあいまって、それは戦争への哀しみと虚無感を一層強く観客に訴えるようでしたね。登場人物はほぼ2人の密室劇。2人の間に散る感情の火花が実にスリリングに描かれていました。地味ながら、後々まで深い余韻が残る物語ですね。


問:豆酢館長、スティーヴン・スピルバーグ Dir. Steven Spielberg監督の作品の中で一番のお気に入りは何ですか?

1941 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]
UPJ/ジェネオン エンタテインメント
2009-07-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1941 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

答:「1941」(1979年製作)です!驚くなかれ、怪作「1941」こそ、名匠スピルバーグ監督の空前絶後の大傑作なのであーる!

問:…でもこれ、ご本人は失敗作だったって、随分後悔してるらしいですよ。スピルバーグ監督の中じゃ、黒歴史扱いなんじゃ…
答:いいえ!断じて否!!スピちゃんの作品の中でこれが一番エネルギッシュかつ心底バカバカしく、かつ面白いと断言できる!たったひとつのアイデアを、あらゆる映画的楽しさに昇華するカタルシス!このはっちゃけぶり、今のスピの体力ではできないと思うよ。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
いや〜、やっぱり映画っていいもんですね!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

にほんブログ村

Films by Numbers 映画でカウントダウンと10の映画達2 House of M/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる